« 仕上げづらい理由は? | トップページ | 精一杯やって仕方がないのなら。 »

品質と料金を考えてみました。

雪、降っちゃいましたね。
昨日、遅めの昼食を取りつつ、テレビを見ていたら、東京は温かいだろうから雨でしょう、といっていたので信じていたんですよ。
でも、接骨院の若い先生とは、意外とこういう時に積もるんですよね、なんて笑っていたら、あらら雪が積もってる。
こんなもんなんでしょうね。

値段って、品物やサービスの品質をはかる一つのバロメーターになっていると思います。

高いものはいいもの。

安いものは良くないもの。


一応こんな基準は皆さんの中にあるんではないでしょうか。
最近は安くていいものも沢山出てきたので、一概には言えなくなってきていると思いますけどね。
100円ショップ、あなどれませんもんね。
便利なもの、多いですよ。

値段って、それなりに理由が付けられて売られていると思うんです。
僕は料理をするわけではないし、男の人特有の思いついたら、目に付いたら買う癖がありますから、実は品質とかよく分かっていなかったりします。(^^;;;

肉やお魚、野菜の品質なんてわからないですもの。
高いからいい商品なんだなあ、とか、産地が特別に書いてあるからいいものなんだなあとか、POPにいいものと書いてあるからいいものなんだろうなあ、位の感覚しかないんですね。
あと、売っているお店の信用、とか。
デパートなら間違いないものを売っているだろうとか、ここのスーパーはいいもの扱っているから間違いないだろう、くらいでしょうか。

安いものを求めると、それなりに買うところも気をつけるようになります。
特にうちのように大人数で暮らしていると、普通のスーパーで買い物をしていると間に合いません。(笑)
必然的に市場で買うようになる・・・・・・、いや、仕入れるようになる。(笑)
買うときの値段も、業者価格になり、安く購入できるようになるんですね。

ところが、値段だけ見ると、市場は最安ではないんです。
安さだけで見るなら、スーパーの特売の方が安かったりする。
何だ、市場って高いんじゃん、と思ってこともありました。

まあ、値段だけしか見ていなかったんですよね。

ところが、これがうちの嫁さんや母と買い物に行くとがらりと印象が変わるんですね。
彼女たちは買い物をするときに、品質も見るわけです。

このお肉がこの値段なら買いだね、とか、この野菜は新鮮で形もそろっているからいいものだ、とか。
私にはちんぷんかんぷん。
でも、絶対的値段だけで決めていないということはよく分かります。


品質と値段、両方を考慮して、買い物をしているんですね。


そんな時、家族が僕ひとりだけおいて出かけた日がありました。
当然、ご飯は自分で用意しなければいけません。
でも・・・・・、ご飯もたいていなければおかずもない。
たぶん晩御飯も食べて返ってくるでしょうから、ご飯を炊いてもあまりだけ・・・・・、弁当でも買いに行こうとスーパーへ行ったんですね。


まあ、目に付くものを相変わらず衝動買いをしていくわけです。
サラダを買い、お弁当を買い、うちに帰って食べてみたときに、サラダが干からびていてびっくりしたんです。
買うときは、サラダってこんなに安いのね、と買うほうが良くない?なんて軽く考えていたんです。
でも、いざ食べてみると、いつも家で食べているものとまったく違うんでびっくり。
はじめて、生きが違うってこういう事を言うのね、新鮮ってこういう事を言うのね、と思ったんですね。

なるほど、値段だけでははかれない、品質とのバランスってあるんだなあと、ここで一つ勉強になりました。


ふと、クリーニングってどう思われているのかな?とふと考えます。
よく、クリーニング屋さんが言う所の、クリーニング店も色々あります、と言う事はこういうことなんでしょうね。
クリーニングをしてくれる所といっても、品質は様々、ちゃんと選んでくださいね、と言う事を伝えたいんだろうなと思うわけです。
ところが、クリーニング屋さんはお店にせよって、年中セールをしています。
もう、セールの値段が通常価格なんじゃないだろうか?(笑)と言うくらいセールを一年中しているお店、ありますよね。

セールをしていると、お得だってイメージがあるじゃないですか。

それは、品質は変わらないのが前提で同じ物を買うことが出来るのなら、安いほうがお得、と言う事。
これ自体はすごく正しいと思うんです。
また、そういう期待をして、買うわけですし。


ところが、実際はセール中の商品は品質ががくんと落ちるケースがある・・・・・・となると、果たしてそれは本当にお得なのか?と思い出すんです。
これがね、食べ物だったりすれば、最悪捨ててしまえば済むんですよ。
うちのような大家族のうちなら、はずれを引いても、みんながちょっと食べればすぐなくなりますし。(笑)
消費して、次買わなければ済むだけなんですよね。

でも、クリーニングの場合、そうは行かないから困るわけです。


クリーニングするのはお客様の衣類、お客様の手元にクリーニングした後の品物は残るわけです・・・・・・・・、捨てるわけにも行かず、簡単に新しいものを買うわけにもいかず、途方にくれてしまいます。

やっぱり、品質って大事ですよ。
過剰な品質では消費者も困りますけど、普通に使える食べられる、サービスを受けられる、そんな品質はとても大事。
当たり前の品質を損なうような、値引きや値段設定は、本当はお客様にとって不利益になっていると言う事を考えた方がいいのかもしれません。

お店の人は言います。

自分たちもいいものを売りたいんだ、でも、お客様は安いものを欲しがるんだ、と。


でも、お客様も言います。


私たちは品質のいいものを欲しいんだ、決して安かろう悪かろうと言うものは欲しくないんだ、と。

結局、みんなきちんとしたものが欲しいといっているんですよ。
・・・・・・・・・、答え、出てますよね。(^-^)


昔を懐かしむわけではないですけど、ちゃんとしたものを売りたい、ちゃんとしたものが欲しい、そんな風になっていけたら、みんな幸せになるんじゃないでしょうか。
作り手も生きがいを感じ、お客様もよろこぶ。
誰も、好き好んで手を抜いた商品なんか作りたくないですもんね。


うん、頑張っていいものを提供していくましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 仕上げづらい理由は? | トップページ | 精一杯やって仕方がないのなら。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品質と料金を考えてみました。:

« 仕上げづらい理由は? | トップページ | 精一杯やって仕方がないのなら。 »