« クリーニングして着ましょうよ。 | トップページ | FMやまとさんにお邪魔してきました。 »

回す?叩く?

クリーニング屋さんが使う言葉って結構独特なものがあると思うんですね。


仕事の合間に、調べ物をしていたときの事。
家庭用の洗濯機の話なんでしょうが、洗濯機を回す、と言う言葉に驚いている人がいらっしゃったんです。

これって、一般の人にはどうなんですかね?
ぼくらクリーニング屋さんは普通に、回す。
でも、驚いた方々からすると、洗濯機を回すという表現は合わないんでしょうね。

そういえば、うちはテレビのチャンネルも回すだな。(爆)
うちの子供たちは、チャンネルを回す、と言う意味がわからないと思うんですが、チャンネル回してと言うと別の番組に変えます。(笑)

話を元に戻しましょう。


僕らは他に、乾燥機にも、いくつか言葉を使い分けているんです。


普通に感応する事を、乾燥機にかける、と言います。
でも、ある時は、乾燥機で叩く、と言うんです。


どういうときか?


これは回転式の乾燥機、タンブル乾燥機といったほうがわかりやすいでしょうか、これを使って短時間でほぐして干すときに、乾燥機で叩いて、と言うような指示を出します。
乾燥機での乾燥に合わない、でも、そのまま干すとふんわりと仕上がらないときに、軽くタンブリングをして、ほぐしてからハンガーにかけて干す、という作業をするんですね。


これらを一言で、乾燥機で叩いて、と表現します。(笑)


この叩いて、に、ダウンと言う言葉がつくと、またちょっと意味合いが変わってくるから不思議。
ダウンと言う言葉がついたときには、偏ったダウンを乾燥機でタンブリングしながらほぐして乾かして、と言う意味になります。
この場合、乾燥時間は物凄く長いんです。


乾燥機でダウンを叩いて、とこのような指示を出された場合は、上記のような作業をする事を指します。


面白でしょうか?
ほんのちょっとの言葉の違いで、僕らはその次の作業の指示を出していたりするんですね。
と同時に、この指示が出るということは、たとえば、乾燥に弱い商品を扱っていると言うことになりますし、ダウンだったらほぐす必要がある、と言う事になります。

言葉一つから色々な情報をやり取りしているわけです。


クリーニングってね、汚れや繊維の特徴、装飾品の特徴、などを考慮しながら作業をしていきます。
これらが総合的に頭の中に入っていないと、次の仕事が出来なくなってしまうんです。


やるべきこと、やってはいけないこと、その中でどこまで出来るか、こんな事を常に考えながら作業をしているんです。

叩く、回す、と言う表現をたまに使いますが、驚かないでくださいね。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« クリーニングして着ましょうよ。 | トップページ | FMやまとさんにお邪魔してきました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回す?叩く?:

« クリーニングして着ましょうよ。 | トップページ | FMやまとさんにお邪魔してきました。 »