« 八ヶ岳グレイスホテルさんでマジックショー。 | トップページ | 着用中でも縮みますよ。 »

100日間洗濯なしでいけるのか?

多分、どこかで必ず聞かれると思うので、その前にここに書いておこうと思うのですが、先日びっくりするような記事が出ました。

100日間洗濯なしでOK 「自己クリーニング機能付き」のワイシャツを開発 米企業

実はこの手の話は昔からあるんです。
洗わないで着ることが出来る服が作れないか?と言うのは永遠のテーマらしく、この話題はよく聞いていたんですね。
この記事、ツイッターにも出ていましたし、他でも取り上げられていたので今までの中では割とセンセーショナルだったと思います。

ただ、記事の内容を読んでいると、本当なの?と言う思いがぬぐえません。
突っ込みどころが満載なんですね。

ウール素材で出来ている、と書いてありました。
動物系の繊維ですから、繊維に弾力性があり、復元力があります。
しわは・・・・・・、付きづらいんですよね。
これは実は当たり前の話。
ウールの繊維の特徴なんです。


でも。

これは特徴の一側面というだけであって、問題がないわけではないんですね。
皆さんご存知の通り、ウールは縮みます。
縮まない加工を施す事も可能ですが、記事を読む限り、そういう事をしているのかなあと言う疑問が。


そして、例えしていたとして、これは絶対おかしいんですよね。

ウールは、他の繊維と比べ汗の吸収を効率よく行い、ニオイの原因であるバクテリアが表面に発生する前に蒸発させてしまうため、ニオイの吸着を防ぐ。


これね、小学生でも分かる話なんですよ。
汗を吸収して、蒸発させている、と言う事は、蒸発するのは水分で、汗の成分は生地に残るんですよね?
それって、変色の原因になると思うんだけど。
それに、要は菌の発生が起こりにくいようにすばやく乾燥する、と言う事を言いたいんだろうけど、そこまで早くはないぞ、と。

あくまでもクリーニング屋の感覚ですけどね。

これで、自己クリーニング機能付き、と言うのはかなり乱暴だと思いますよ。
ただ、現物を見ていないので最終的な判断は出来ないんです。
今まで挙げた問題を解決するような加工は存在しています。
それらを生地に対して施しているのか?しているのなら、宣伝文句に偽りなし、と言う事ですから。


どうなんだろうなあ・・・・、一年位前に某柔軟材が爆発的にヒットしたときに、電車の中がくさいと言う噂を耳にしました。
気がついたらそんな自体になっていなければいいけど。


自己クリーニング機能は、実は昔からあるんですよ。
光触媒、というものがありまして、これには本当に自己クリーニング能力があるんです。
昔、生地に加工できないか?色々と模索をしていた時期がありました。
問題が多少あったので、断念したんですけどね、今ならもしかすると新しい技術でいけたりするのかもしれません。
技術の進歩とはそういうものなんです。


100日洗わなくても平気なシャツ、いつごろうちにも出てくるかな。
100日だから、年末辺りまでこないかも。
気になりますねえ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 八ヶ岳グレイスホテルさんでマジックショー。 | トップページ | 着用中でも縮みますよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100日間洗濯なしでいけるのか?:

« 八ヶ岳グレイスホテルさんでマジックショー。 | トップページ | 着用中でも縮みますよ。 »