« 知識や勉強は全てはお客様のために。 | トップページ | 悪いクリーニングってなんだろう? »

クリーニングを洗濯の変わりだと思っているとちょっと違いますね。

昔、クリーニング業界では、こんな風にこれからのクリーニング屋さんを分けて考えていた事があります。

家事代行業のクリーニング屋さん。


メンテナンス業のクリーニング屋さん。

かれこれ何年前でしょうね、僕がクリーニング学校を卒業したときにとある勉強会で聞いた話で、その時すでに何年も前にしていた話だと言いますから、もしかすると20年以上前の話かもしれません。
でも、それがいまだに業界内で話されていたりします。


真理なのか、成長がないだけなのか、どちらなんでしょうね。(^^;;

家事代行業とはそのものズバリ、家庭洗濯の代わりです。
自分で洗うことが出来るけど、面倒だからとか、頼んだ方がらくだからとか、そういった方々向けのクリーニング。
家庭洗濯の代わりなので、仕事はそんなにきれいにすると言うわけでもなく、リーズナブルな価格でご利用しやすい料金内での仕事がメイン。

片やメンテナンス業というのは、これが解釈がとても難しいんです。
いまだに話し合われている原因がここにあります。
洗ってきれいにするだけがメンテナンス業ではない、と言うことらしく、その服が本来持っている機能を回復させる、と言うような話だったかな?

実はどこのクリーニング屋さんも、メンテナンス業としてやっているつもりでしたから、この話しが出たときにさっぱり通じなかったんですね。
今までも、大事に服を洗ってきてるじゃないか、そんな感じだったと思います。

機能を回復する、と言う言葉が理解しづらいですが、デザインなども考慮して洗うべきと言う話でしょうね。
キレイになれば何でもいい、と言う時代から一歩進みましょう、と言う話しなんだと思います。

そして、時代が過ぎて、今、世間ではどんな事が起こっているか?と言うと、家庭洗濯とクリーニングがほぼ同列で語られてしまっているんですね。

クリーニング代が高いから、自分で洗った、なんともなかった、全然着る事が出来る。

こんな話、周りでも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?
そう、クリーニグと家庭洗濯の品質が同じかのように語られ始めているんですよね。
うーん、家庭で洗うこと自体には何の問題もありませんが、自分で洗ってもクリーニングで洗っても大して変わらない、と言うのはちょっと困った話です。


本当にクリーニングとホームクリーニングが同じ品質と言うのなら、何も言わないんです。

クリーニング屋さんはもっと精進しましょう、と言う話になるだけですから。
ですが、実際はそれだけではなく、きれいになっているかどうか判断つかない人が多くなってしまっているようなんですね。


皆さん、どこできれいになった?と判断してますか?

言い方を変えると、汚れたと思う時ってどんなときですか?


多分、ほとんどの人がこう答えるでしょう。


においがする。
においが消える。

しみが付いたとか明確な場合もあると思いますが、きれいになったかどうかの判断、汚れているかどうかの判断はにおいで判別していると思うんですね。
で、それは間違いではないんです。
汚れの質にも寄りますが、目に見えにくい汚れ、汗汚れなどを判断するときはにおいがとても有効だったりします。


ホームクリーニングをすると、このにおいが取れるんですよね。
すると、一見キレイになったと思いがちなんですが・・・・、皆さん服をまじまじと見ていますか?
よーく見てもらいたいんですが、本当にキレイになっていますか?

洗う前と代わらない・・・、と言うのはもしかするとキレイになっていないということではないでしょうか?
キレイになっていたら、少なくとも洗う前よりも洗った後のほうがキレイになっているはず、それは見た目でも判断が付くのが普通なんです。
ところが、洗っておかしくならないことが優先事項の中に入っているので、縮んでないと言う事だけで満足されていないでしょうか?


何でこういう事を言うかといいますとね、クリーニングより、ホームクリーニングの方がキレイになると言うことは普通考えにくいからなんです。
でも、今は、自分で洗ってもきれいになる、と言う方が非常に多い。
そして、僕らの所にクリーニング品が持ち込まれるとき、見ているとみんな汚れがかなり残った状態でやってきているんですよ。


洗っても落ちていないんだろうな、と言うのは一目瞭然です。


ホームクリーニングとクリーニング、どうしてクリーニングの方がキレイになるか?と言うと、それだけの洗い方をしているからなんです。
逆に言うと、ホームクリーニングは無難な洗い方が多く、きれいに洗うというよりは縮ませない洗い方だったり、現状を維持するような洗い方だったりしているんですね。


それでは汚れは落としきらないんですよ。
だから、クリーニングのほうがキレイになる、とはっきりと言えるんですね。

ただ、最近こんな声も聞かれます。

クリーニングに出したら、しみが付いて返って来た。


クリーニング屋さんでそんなことってあるんでしょうか?
まったくないとは言い切れませんが、仮にクリーニング屋さんでつけてしまった場合、付いてすぐだから洗うと取れてしまうのが普通なんですよ。
それが残っているとなると、考えられるのは主に二つ。

シミを見逃したか、クリーニング屋さんで付けたシミではないか。

クリーニング屋さんでつけてない場合、古いしみと言う事になります。
古いしみは落としづらいんですよね。


最近ね、クリーニング屋さんと会うとよく話題に上がるんですが、最近の服は汚れているのが多い、そういう会話が多くなっているんです。
理由は明白、皆さん着過ぎなんですよ。
そして、着数を持っていないので、服を休ませる時間もない。
ニ、三着を着まわしていて、クリーニングをするのが半年に一回あれば多い方、ともすれば一年に一回しか洗わないと、汚れが何層にも付いていて、一度洗ったくらいではキレイにならないものが増えてきました。

クリーニングをしたために、シミが目立ってきてしまった。

こういう事が最近あるんですね。
食べこぼしなどのしみが付いていて、その上からどんどん汚していって、見た目、薄汚れているのでしみが見えづらくなっている。
そこをクリーニングする事で、表面の薄汚れがキレイに落ちて、その下にあったシミがひょっこり顔を出す。


こういうケースがあるんです

今まで自分で洗ってきたのに。

そういう方もいらっしゃいますが、自分で洗ってきれいになっているなら、古いシミが残っているはずないんです。
しみが新しいか古いかは見ればわかります。
古いしみが残っていて、今までわからなかったと言う事は、表面の汚れさえ落としていなかった、と言うことの何よりの証明ではないですか?


クリーニングは、汚れを落とすために、化学的見地や物理的見地から、色々な手法を考えられて作り上げられてきたものです。
キレイにするために考えられてきたものが、誰でも簡単に出来るホームクリーニングよりキレイにならない、もしくはホームクリーニングと同じ、なわけないじゃないですか。


クリーニングのご利用に当たっては、皆さん予算もあるでしょうから、全てクリーニングをご利用くださいとは私どもからはいえません。
いえませんが、ホームクリーニングとはまったく違う、と言うことだけは言えます。


悩ましいでしょうが、クリーニングのよさと、ホームクリーニングのよさを上手に使い分けてもらいたいなあと思いますね。

キレイになるのと、服が傷まないと言うことに関して、クリーニングはなかなかいいパフォーマンスを持っています。
クリーニングの真髄を知っているからこそ、僕ならクリーニングを選びます。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 知識や勉強は全てはお客様のために。 | トップページ | 悪いクリーニングってなんだろう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングを洗濯の変わりだと思っているとちょっと違いますね。:

« 知識や勉強は全てはお客様のために。 | トップページ | 悪いクリーニングってなんだろう? »