« クリーニングを取りに行かないと??? | トップページ | クリーニングを洗濯の変わりだと思っているとちょっと違いますね。 »

知識や勉強は全てはお客様のために。

少し思うところがあって書いています。

僕が若い頃・・・・・・、と言うほど年を取っていませんが(笑)、20代の頃がむしゃらに勉強をしていました。
クリーニングの。
少し遅れてクリーニング業界に入ったり、両親の技術の高さや経験に焦りを覚えたりしていたので、何とか追いつこうと一生懸命勉強をしていたんです。


クリーニング学校に通わせていただきながら、それとはまた別に本を買い漁り、通学の行き帰りで勉強。
繊維の勉強、洗剤の勉強、クリーニングに関係する事を一生懸命詰め込もうとしていたんですよね。


時には、アパレルの資格を取ろうと勉強してみたり。

やってきた努力はそう裏切らないものなんですよね。
積み重ねた分、確実に色々な事を知っていく事になります。
おかげさまで、クリーニング学校を優等賞という賞まで頂いて卒業することが出来ました。

ところが。


色々な事を勉強して知っているはずなのに、なぜかお客様へ説明が伝わらないんですよね。
間違った話は何一つしていません、ちゃんと教科書に載っている話だったり、本に載っている話だったり、情報としては正確。
でも、お客様に説明をしても、伝わっているような感じはしませんでした。


20代は、かなりそういったことで悩んでいたように思います。
両親の説明は聞いてもらっている、お客様は皆納得をしているのが横で見ていてわかります。
何よりも、お客様の信用しきった視線を見ていると、僕の方がより正しい情報を話しているのに、なんでだろう?といつも悔しく思っていたんです。


その時、母によく言われたのが、『正しい情報を言っていれば話しが通じるわけではない』と言う言葉でした。

その当時は、まったくその意味がわからず、正しいこと以外になにがあるんだ???と反抗したものです。
また、こうも言われました。


『お客様を学者かなんかにしたいのかい?』


別にそんな事は考えもしませんでしたが、正しい情報はお客様の利益に繋がると思っていたのは確かです。
もやもやした時間を過ごしていく中、何とかしてお客様へ伝えようとしているうちに、説明に工夫をするようになって来ました。

お客様に共感をしてもらえるような説明にしよう。


日常生活で、あるある、と言うような話しが絶対あります。
そこをまず想像してもらって、判りやすいように説明をしてみたらどうだろうか。


と思いついてからまた試行錯誤の毎日。(笑)
いつもお客様と顔をあわせたら何らかの説明をしていたんでは、お客様も疲れちゃいます。(笑)
必要なときに、ご迷惑にならない話し方をしなければいけない、そんな事も徐々に学んでいきましたね。

時間が過ぎて、振り返ってみてわかったこと、それは全ての勉強はお客様のために、と言うことです。
本を読んだり、資格を取ったり、毎日洗ったり。
それらは自分のためでなく、お客様のためにやっていることなんだと、本当に心から思うようになると、視点が変わるので、話し方も変わってくるんですよ。

気付いた瞬間から、今までの勉強や知識が生きてくるようになりました。


クリーニング屋さんの目線とお客様の目線は違います。
お客様の立場で物を見て話すようにすると、同じ情報でも伝え方が変わってくるんです。

たとえば、綿の素材の特徴を説明するときに、クリーニング屋さんの説明だと、本当の特徴だけなんですね。
植物系の素材だとか、表面が毛羽立って白っぽくなりやすいとか、水に濡れると強度が増すとか。
クリーニング屋さんは、こういう情報でOK、後は自分たちで判断をすればいいんです。
所が、お客様はクリーニング屋さんでもなければ、学者さんでもありません。


本当に欲しい情報、それは、だから何なの?と言うことなんですね。


だから、どういう風に気をつけたほうがいいですよ、とか、だから綿を選んだほうがいいんですよ、とか、そういった結論が欲しいんです。
そこを間違ってしまうと、プロのクリーニング屋さんに話すような、説明の仕方をしてしまい、結局伝わらない事が多くなるんですよね。


何で勉強をしているのか?何で資格を取ったのか?


自分のメンツやプライドのためではないんですよ。
取ったからオーケー、勉強したからオーケー、と言うわけではなく、そこでした勉強をどう伝えていくか、現場で生かしていくか?がとても重要なんです。


そして、そこが実は一番難しい所でもあります。

たいてい、やってきた勉強や資格を生かしきれない人が多い・・・・。

現場で結果がでないと、それを振り切るように勉強をすることがあります。
僕にもそんな時期があったなあと、ふと昨日思いました。
勉強や知識は常に必要、でも、勉強した後にそれを生かすのは、また別の話で、そこがまたとても重要。
勉強して知識を得た事にあぐらをかかないで、さらにそれをどう生かしていくか?精進していって欲しいなあ・・・・・・・、とある若い人に送ります。(笑)


なんかね、見ていて自分もそうだったなあって思っちゃいまして。
いま、いろんな意味でつらいんだろうな、と。
でも、その頑張りは、いずれ生きてくるから、と見守っていくしかないんですよね。


わかいっていいな、がむしゃらになれて。
そんな事を考えていた、一日でした。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« クリーニングを取りに行かないと??? | トップページ | クリーニングを洗濯の変わりだと思っているとちょっと違いますね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知識や勉強は全てはお客様のために。:

« クリーニングを取りに行かないと??? | トップページ | クリーニングを洗濯の変わりだと思っているとちょっと違いますね。 »