« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

宣伝しないでください。

昔、昔の話。


今から何年前ですかね、僕が子供の頃だったので、30年ほど前の話。
当時クリーニング業界では、出店ラッシュでして、いろんなクリーニング屋さんが、取次店とか直営店という受け渡しだけをする店舗を出店していた時期がありました。


その当時、当店にもそんな話しが持ち上がったんだそうです。
とある業界にメーカーさんから、あるところへ出店してくれないか?と言う打診を受けたんだそうで。
費用はメーカー持ち、いい話であるのは間違いがないのですが、そこでうちの両親は悩んだんだそうです。


受け渡しだけと言うけど、クリーニングで受付はとても大事な場所。
今あるお店と同じ品質を保てるだけの人材を揃えられるか?


なるほど、確かに言うとおりです。
クリーニングって、受付がとても大事なんですよ。
お客様への説明も必要ですし、お預かりした段階で、どう洗うか、どう仕上げるか見極めないといけない。
そして、必要とあれば、その場でお客様に了解を取る必要もあります。
でも、一番重要なのはお客様との会話かもしれませんね。
クリーニングの事、洋服の事、いろんなお話しをお客様とすることで、お客様が変な服を買うことがなくなったり適切なクリーニングをするようになるんです。
その為には、一定の知識を持っていて、それを話すことが出来る従業員が必要と言うのはもっともな話。


もうひとつ、悩んだのは、今あるお店の仕事が続けられない可能性がある、と言うこと。
どうしてもお預かりする品物の数が増えてくれば、それに見合った生産をしなければお客様にご迷惑がかかってしまいます。
今のように、手を掛けた仕事がどこまで出来るか?分からなかったんです。

そこで、その当時ご利用くださっているお客様に、出店の話しが着ている事を伝えて、悩んでいるといったんだそうです。
その時に、お客様がいった言葉が、これでした。

出店なんかしなくていいよ。俺らがめし食わしてやるから。

自分たちがどんどん利用するから、店なんか出さなくてもいい、品質落とさなくてもいい、とおっしゃったんだそうです。
それを聞いて、出店をお断りし、今に至っている、と言う次第。


そして、現代に戻って・・・・・。


先日、集配にお伺いしたお客様とお話をしていたときの事。
その方は、以前ご利用されていたクリーニング屋さんがやめてしまって、いろんなクリーニング屋さんを渡り歩いたんだそうです。
でも、自分が欲しているクリーニングになかなか出会えなくて、やっと当店を探したとの事。


いいクリーニング屋さんは探せばあるんですけどね、いいクリーニング屋さんほど宣伝下手で・・・、と僕。

クリーニングの難しさを知っていると、自信はあっても宣伝をするのをはばかるクリーニング屋三手多いんです、と僕。

うちも、ブログは書いていますけど、チラシを撒いたり、積極的に宣伝をしているわけじゃないですからね・・・・、といった瞬間。

宣伝はしないでください!

とお客様。
やっとの思いで見つけたクリーニング屋さん、お客さんがどっと来て混んだら困るもの・・・・、と。


この話を聞いた瞬間、両親から聞いていた件の話を思い出していました。

今も昔も、うちはお客様に大事にされているなあ、と。
この気持ち、大事にしないといけませんね。

また30年後。
子どもがもし、クリーニング屋をやってくれたなら、同じ事をいってもらえるように、頑張らないと。
日々の積み重ねですからね。


本当にありがとうございます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングの袋って外すの?

先日、お客様とお話をしていて、こんな事を言われました。


クリーニングの袋って外すんですか?
今まで、そんなことしていなくて・・・・。
クリーニングに出して、返って来たら外さなきゃいけないなんて、大変だなあと思いました。


すごくまっとうなご意見だと思います。
クリーニングのときについてきた袋、外さなきゃいけないなんて・・・。
しかも、その理由もちょっとおかしいんですよね。

袋の中に湿気がこもっているから袋を外してください。

お話をしたお客様は、それってクリーニングがきちんとされていないということじゃないの?とおっしゃいます。
僕も同意権なんです。
だって、それって他の業種で考えたらありえなくないですか?


中に火が入りきっていないかもしれないので、もう一度フライパンで火を通してください。

そんな惣菜が売っていたら確実にクレームものです。
温めて食べるとおいしいので・・・と言われたら別ですけどね。


クリーニングの袋を外しましょう、と言う話をなぜか分かりませんが、クリーニング屋さんの多くが言うようになってしまいました。
でも、僕の知っている物凄く丁寧ないい仕事をされるクリーニング屋さんは、みんな外す必要ないよ、とおっしゃいます。

この違いって何なんでしょうか?


袋を外さなければいけないのには理由があるんですね。
その理由は主に二つ。

一つは、仕上げてからすぐ包装をしているお店があると言うことなんです。

仕上げ方も実は違うんですけどね、仕上げてすぐ包装するようなクリーニング屋さんは、服に蒸気がこもりがちなんですよ。
速さ重視のクリーニング屋さんで起こりやすくなるんですが、そういうクリーニング屋さんの場合、クリーニングから返って来たら、袋を外すのが正解。
みなさんが言われたように、袋の中に蒸気が入り込んでいる可能性を否定できないからです。


でも、個人事業主のクリーニング屋さん、いわゆる町のクリーニング屋さんでは、仕上がった後に、蒸気を抜くために、すぐ包装せず、吊っておいてあるクリーニング屋さんがあります。
こういうクリーニング屋さんは、仕上げのときに残っていた蒸気をきちんと取り覗いてから包装しているので、そのまま仕舞っていただいてOKです。


うちもこの部類に入ります。
ですから、当店をご利用のお客様は、袋を外してください、とは言われていないはずです。

たとえば最近、パン屋さんでも、出来立てのパンを買うと、袋をとじないで販売してくれるんです。
出来上がったばかりのパンは蒸気が出てくるので、袋を閉めないほうがいいらしいんです。
でも、作ってから少し時間が経っているパンは、ちゃんと袋をとじてくれます。


クリーニングも同じなんですよ。
そのまま持って帰ったときに、袋から出してもう一度干すなんて、手間じゃないですか。
そこをお客様が手間にならないようにしているクリーニング屋さんもあれば、安さ重視スピード重視でお客様にその後のご協力をおねがいしているか、その違いです。

もうひとつ、袋を外してください、と言うのには理由があります。
袋に含まれている成分が、服についてしまうことがあり、それが空気中の特殊な成分と反応をして、黄色くい変色するという事例が報告されているんです。
これを聞いたクリーニング屋さん、これはまずいと、袋を外すように一斉に告知をしだした、という事があったんです。


うちもこれについては調べましたが、色々調べていると、面白いことが分かってくるんですね。
まず一つ目、包装業界ではこれだけ大きな問題をどこもとりあげていないんです。
騒いでいるのはクリーニング屋さんだけ。
もうひとつ、どうやら、製造されて間もない袋で事故が起こるらしい。


たとえば、季節限定のクリスマス使用の袋とか、お正月用の袋とか、作ってまもなく出荷されているものがどうも安定していなくて袋から成分が流出しているようなんです。

なんか、さっきの話と似てきましたね。(笑)
袋もクリーニングの仕上げも、出来てから少し時間を置いてからのほうがいいみたいです。

当店では、包装の袋も実はこだわっていません。
普通に市販されている、袋を利用しています。
出来立てほやほやの袋なんて、使っていないんです・・・。


袋を外さなければいけないのか?
これについては、ご利用のクリーニング屋さんが、どういう仕事をしているのか?どういった材用を使っているのか?それでずいぶんと差が出てくるようです。


ちゃんとしているか分からないじゃないか?だからみんな外せばいい、そういう考え方もあるでしょう。
一理ありますが、逆に考えると、きちんと乾かしてから包装されているのに、わざわざ袋を外すと言う事は、外気の湿気を服に吸わせてしまう、と言う事になります。
意外と家庭の湿気って言うのは多いんです、袋を外すのがいいのか悪いのか、微妙なような気がしますが・・・。

家の中でも湿気のないところってありますから、そういうところでやれば安心かもしれませんね。


袋を外したほうがいいかどうか、ご利用のクリーニング屋さんに聞いてみてください。
自分たちがどういう仕事をしているか、一番理解しているのはクリーニング屋さん自信です。
どういった風にすればいいかもわかっているはず。
それに従うのが一番だと思いますよ。


当店では外す必要はありません、といっています。(笑)

お客様の手を煩わせないように、こちらが出来ることはこちらで、ですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

還暦のお祝い。

先日、友人が還暦を迎えました。
フェイスブックで、いきなり通知が来まして、本当にびっくり。
便利だなあと思う反面、その人とのお付き合いの長さを改めて思い返してみたり。

初めて出会ったのが、下関でした。

クリーニング屋さんが集まる会へ私も参加したのですが、一人を除いて全部初対面。
その中に、一人豪快に笑う、陽気な人がいたんです。
相性ってあるんだと思います、ほとんど会話を交わさなくても旧知の仲のようにすぐうちとけて、楽しい時間を過ごす事が出来ました。


でも、その時、その友人は子どもたちだけを残して、着ていたんですよね。
小学生ばかりだったかなあ、初めてお留守番をさせて一泊の旅行に来たとかで、逐一電話をかけていたのを覚えています。


まだ、当時の僕にはその気持ちが理解できませんでした。
心配だったんだろうな・・・。

先日、嫁さんと友人が還暦を迎えると言う話をしていて、ちょうど自分がその人に初めて会った年になってる、と言う話になって、すごいなあと思ったんです。
年も同じ、子どもも同じくらいの年子がいる。

僕だったら、子どもを置いていけただろうか?と思うんですよね。

置いていくには準備も必要だし、何よりも子どもへの信頼が無いと出来ないと思うんですね。
今、半日長男だけをおいていくのも、正直僕には無理。
心配で仕方ないんです、でもそれは、信用していないという事の裏返しだとも思うんですね。
子どもはちゃんと出来るんですから。


当時、友人もきっとドキドキしながらやってきていたんだろうと思います。
でも、そんなのをおくびにも出さずに、みんなの前では人一倍楽しい振りをして。
そして、皆の目の届かない所で、子どもたちに色々と電話をしていたんでしょう。

あの頃から今まで、クリーニング業界はずっと下がりっぱなしなんです。
その大変な中、自分ひとりで子育てをしつつ、クリーニング屋さんを切り盛りしてきた友人にはいつもすごいなあと言う尊敬の念しかありません。

そんな忙しくて、大変なのに、僕の事も気遣ってくれて。

年に数回、気を使って電話をくれます。


元気か?今どうだ?


結婚のときも喜んでくれたなあ。
僕よりも嫁さんのほうを大事にしてくれるとてもいい友人でした。

いつも電話で、後十年したら引退するけんね、お前はあと二十年は頑張りんさい、といわれていたのに、もうその話の年に近くなってしまいましたね。
電話の最後は、決まって宝くじの話。(笑)
後数日で3億円が入る予定だから、なんて大笑いしながら電話を切り、次の電話では、当たりは次のときに預けてある、なんて強がってみたり。(笑)


夢を大きく楽しそうに話してくれる人です。


もう、還暦ですか。
早いですねえ・・・・・。
あと、もう少し、お互い仕事頑張りましょう・・・・・。
今年、会えるかなあ・・・・・・。


おめでとうございます。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいお父さんではありません。

今日も、立川まんがぱーくへ行ってきました。
長女が漫画の書き方講座を受講する事にしたので、これから毎週日曜日は通う事になります。
今日は、長男と嫁さん以外でまんがぱーくへ。
子どもたちは、書き方講座へ行ってしまいましたので、僕は一人で漫画を満喫。(笑)


結界師、面白いですねえ。(笑)


ずっと週間サンデーで読んでいたので、あらすじは大体覚えているんですがこうして単行本で読んで見ると、進み方が意外と早かったんだなあと思うことがあったりするから面白い。
週一で読んでいる漫画と、単行本で一気に読んでしまうのでは時間の印象が違うんでしょうね。

こうして、子どもたちをつれて出かけていると、いいお父さんですね、といわれる事があります。
子どもたちをつれて出かけていることもそうらしいのですが、子どもたちが行きたい所へ連れて行っているように見えるらしいんです。

うちのお父さんなんか、子供がいきたいと言うところに連れて行ってくれない。


そんな話を聞いたこともありますし。
でもね、僕だって子供の好きな所へなんか連れて行ってないんですよ。
自分が行きたい所へただ行っているだけなんです。(爆)

ただ、うちの場合は、僕が好きなものは、子どもたちが好きなものが多いので結果的に興味のあるところへ行く機会が多くなるんですね。
うちの子、年の割りにマニアックですから。


僕が録画している深夜のテレビ番組、DVD、欠かさず見てますしね。
数字を当てる、ヌメロンなんて僕よりはまってますし。
ソモサンセッパなんかも大好き。
マツコの番組もよく見ています・・・・・。

こんなんですから、僕が興味を持つものに反応しやすくなっているんだと思います。

他のお父さん形のほうがよっぽどいいお父さん。
周りを見ていていつもそう思うもの。
たまには、お父さんを評価してあげてもいいんじゃないのかな、と他人事ながら思ってしまいます・・・。

一緒に出かけて、一人で漫画を呼んでいる僕よりもよっぽど他のお父さんのほうがすばらしい・・・・。


世のお父さん方、頑張りましょうね。
夏休みはもうすぐそこです!!(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つかず、離れず、見守って。

子どもの成長って、難しいもので、大きくなるとそれにつれて色々なトラブルが起きたりします。
子供の頃のトラブルなんて、成長の一つですから、一つずつ乗り越えてもらって強くなっていくものだと思うんですね。

でも、親ってそれが辛いじゃないですか。

大きく悩む事はまだないにしても、成長の過程でその年齢にあった悩みを抱えている様子を見ると、つい手を貸したくなってしまったりします。
また、口を出そうとしてしまったり。

子供同士で、考え、話し合うことで、色々な成長があるので、僕らはじっと我慢をするしかないんですね。
たとえ、それが、泣きついてきたとしても。
話は聞きますし、公平なジャッジを求められれば、自分の意見として言いますが、基本は彼が自分で結論を出すのをただじっと待つのみ。

だって、そこに大人が介入してしまったら、子殿の成長を阻害するばかりでなく、彼らの大事なテリトリーまで犯すことになるから。


入りたくても、そこはぐっとこらえて、一線を引くようにしているんですよね。


でも、子どもがかわいくて、その一線を越えてしまう大人もいるようで。
子どもかわいさに、ついやってしまう代償はとても大きい。
本当はいい子なのに、大人が介入してしまったせいで、正常な成長が出来ないばかりか、大事な友達まで失いかねません。

子どもがかわいいからこそ、大人は遠くから見ていてあげないと。

転びそうになっても、友達とけんかをしても、じっと我慢をしてみていて、自分で解決をさせてあげないと、いつまでも頼ってきてしまいますから。

僕らはいつまでも子供と一緒にいられませんし、子どもには子どもの人格がありますから。
そこに僕らは入ってはいけないんだろ思うんです。

子どもがかわいいのは一緒、成長を願うのも一緒。
育てるって、本当に難しいですね。

周りの大人、全員で育てられるようになると、いいのかな、と思ったりして。
でも、その中で自分の子だけ特別ならいいと言う人が出てくるとその関係も壊れちゃうような気がします。

むかしは、 地域の大人が子どもを育てているという感覚がありましたよねえ。
いま、必要なのってそういうものなのかなあ。


僕ら大人が、もっとしっかりしないと。

隅田川花火大会の中止を聞いて、ふとそんな事を考えていました。

今の大人、がんばろうねっ!


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗うとなんで気持ちいいんですか?

洗うとなんで気持ちいいんですか?


そんな問い合わせを頂きました。(笑)
洗うと気持ちいいですよね、
その気持ちよさを知っていて、ご自分で洗たくをよくする人や、クリーニングをよくご利用する人がいらっしゃいます。

洗うと気持ちよくなるのは、汚れが落ちるから、なんですね。
この汚れが、様々な不快感を及ぼしているんです。


そうだなあ・・・・・、一番簡単に想像できるのは、何日も頭を洗っていなかった、そんな事を想像してください。
とても気持ち悪いですよね・・・・、頭はべたべた、髪の毛はぼさぼさ、若干においも出たりして。
それは汚れているからですよね?v
その汚れが、服についているから気持ち悪いんですよ。

頭ほどではないにしろ、全体的に汚れると、やはりべたついてきます。
そして、汚れると服が重くなるんですね。
ほんの少しの差なんだけど、重くなった服は体に負担をかけるんです。


だから、洗ってない服は気持ち悪いんですよ。

で、本題。
では洗うと、どうなるか?
皆さんよくご存知の、とても気持ちよくなりますよね。
頭を洗うと、さっぱりするし、軽くなるし、べたつかなくなるし。
さらさらになるじゃないですか。
それが汚れが落ちてキレイになった、と言うことなんですね。

服も同じなんですよ。

洗うと汚れが落ちますから、さっぱりする。
汚れでべたついていたのが落ちるのでべたつきがなくなる。
また、クリーニングに出すときちんとアイロンを掛けてくれるので変なところで体に触れることがなくなり、体への負担が減るんです。
ずっと着用していて、着崩れている服というのは、疲れやすくなるんですよ。


これらが総合して、気持ちいい、と言う表現になるんですね。

唯、一つ身体とは違うのは、服は自己修復機能がないと言うこと。
体は、多少ゴシゴシやっても、治ってしまいますが、服の場合は生地をダメージを与えてしまうと元に戻りません。
ゴシゴシ洗いたいんだけど、ダメージを洗えないように慎重に洗う必要があるんですよね。

また、家庭で洗うのとクリーニング屋さんで洗うのとではさっぱり感が違う、と言う人もいらっしゃいますね。
家庭で、アルカリの強い洗剤を使い、脂分を抜けさせてしまうと、ばっさばさになりやすくなります。
でも、気付かない人はそれrをさっぱりしている、といいます。
僕らプロは、それではまずいわけです。
汚れを落としますが、脂分を落としきらないように、洗うんですね。


そういえば、最近ネットではドライクリーニングをすると、油分が抜けてだめになる、と言うような話を見ることがあります。
油は油を落とす、これは汚れを落とす基本なんですが、大昔ならいざ知らず、今のクリーニングの技術で、パサパサになるような仕事は見たことがありません。
脱脂力の強いドライクリーニングもありますが、ちゃんと対応をされていて、油分を足しながら洗っているので、パサパサになるような事はまずありません。


ドライクリーニングは油を取る、という事が一人歩きして、勝手に創造された話なんでしょう・・・・・。

洗うと気持ちがいい、と言う事を、多くの人に知ってもらいたいですですね。
洗うまでが面倒くさい・・・・、と言うのは分かりますけど。(笑)

でも、その面倒さが苦にならないほど、洗うって気持ちがいいんです。
ぜひ、それを感じて欲しいとおもいます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん花月さん、いよいよ明日開店ですよ。

今日のお昼ちょっと前に、今度お隣にやってくる、らーめん花月さんの店長さんがご挨拶に来てくれました。

とても気さくな方で、腰の低い方でしたねえ。
とてもいい人そうです。

トッピング無料券付きのチラシを何枚かおいていってくださいました。
みなさん気になるようで、いつ開店?と、何回聞かれた事か。


お客さんの情報によると、冷やし中華が美味しいらしいですよ。


食べにいかなきゃ。(笑)

まだ、トッピング無料券がうちにあります。
行かれる方、ぜひよって持って行ってください。


1374763569048.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

年代や性別によって汚れ方は違いますね。

クリーニングをしていると、ふと気付くことがあるんですよね。


服の汚れ方って、特徴と言うか癖のようなものがあります。

職業によるものであったり、癖であったり。
いつも同じ所が汚れるなと言う人もいらっしゃいます。
足元なんかいい例かもしれませんね。
右足の内側だけ、泥汚れが付いてしまう方もいらっしゃいます。
多分、足の癖なんだと思うんですが・・・。

これらのほかに、性別や年代でも驕れ型が違うことに気付くんですよね。


たとえば、女性は襟汚れはひどくないんですね。
その代わり、ほとんどの女性がわきの下の汗じみがすごいんです。
夏場でも、サマーセーターを着こんでいたりしますので、汗をかきやすいのかもしれません。
はっきりと分かるようにわきの下に汗のシミがついてしまうようです。

男性は、わきの下などはあまりひどくはなりません。
その代わり、襟が汚れるんですよ。
これはもう女性の比ではありませんね。
職種にもよると思うんです、室内にいる人と、外で営業をしている人、まったく違いますから。
外にいる人は、汗の汚れのほかにホコリなどもついてしまうので、真っ黒になりやすいんです。
また、髪の毛を染めている人は、染め粉がついてしまうこともあります。


最近、特に多いなと感じるようになってきたのが、50代くらいの方々の襟が、脂のシミが増えているんですよ。
広範囲でついてしまい、洗ってもなかなか落ちません。
クリーニング屋さんのyシャツの洗い方は結構強力なので、これで一度で落ちない汚れと言うのはかなり頑固なんです。


食べ物のせいなのか、暑さのせいなのか、もしかすると栄養剤やお薬の影響もあったりするのかもしれませんね。

若い人の汚れは、また違うんですよ。
若い人は、全体的に汗の汚れがあるのと、ホコリっぽいんです。
理由はなんとなく分かるんですが、まあ・・・・・、着すぎですよね。
そして、ファブリーズなどの消臭剤を吹きかけているので、スーツが硬くなってしまっています。
これも特徴の一つですね。

性別や年代によって、汚れる箇所が違うと、見ているところが違うと汚れに気付きにくくなってしまいます。
お腹の辺りなどを見て汚れを判断するのではなく、襟やわきの下、袖先やモモの辺り、ポケットの周辺などを見てもらって汚れているかどうかの判断をしたほうがいいですね。


早めにクリーニングが出来れば、その分きれいになりやすいですから。


自分が汚す所を知っておくと便利ですよ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニットだってアイロンかけますよ、でも、多分、思っているのと違います。(笑)

先日、いつご利用くださっているお客様がご来店くださいました。
ちょうど僕がアイロンをかけているところでして、アイロン台には山のようなニット製品が。
いつもの仕事で、どこかで見ているはずなんですけどね、お客様、ニットもアイロンかけるんだ?ととても不思議そうな顔。

そうなんですよね、ニット製品もちゃんとアイロンをかけます。

・・・・・、でも、多分、皆さんが思っているのとちょっと違うと思います。(笑)

どうもクリーニング屋さんのアイロン掛けは、誤解されていると思うんですよ、僕。
アイロンをかけるって、ビシーっとベターっと掛ける様なイメージがあるようで。
それが嫌だから、自分で洗う、と言う人もいるようです。


実はクリーニング屋さんの中でも、そう思っている人がいるんですけどね。
アイロンを掛ける掛けない論争と言うのは、うちらの業界内でも静かに起こっているんです。

さてさて、ニットにアイロンを掛けている僕ですが、仕上がった品物は全然つぶれていません。
逆に若干ふわっとしているんです。
それを見ていたお客様、浮かしてるの?と聞いてくるんですね。

うーん、半分正解で半分間違い。
確かに蒸気を掛けていますが、ちゃんとアイロンも当てているんですよ。

ほんのかすかにですけど。


感覚として、触れるか触れないかの微妙なさわり具合でアイロンを掛けているんです。
皆さんが思うように、べたっとアイロンを乗っけてしまうと、ニットの触感がなくなり、これ着たくない・・・・というような風合いに変わってしまいます。
かといって、いくらニット製品でしわが付きにくいといっても、やはり付いたしわは目立つもの。


しわを取りつつ、ニットらしくふわっとさせなきゃいけないんですね。

そこで必要なのは、ふわっとさせる蒸気と、しわを取るためにアイロン掛け、でも、潰してはいけないので触るか触らないかの微妙なタッチでやるんですよ。

いわゆる、これが技術、と言うやつです。


クリーニング屋さんの中には、乾燥機から出てきた、温かいうちに手で整形をしてしまう所もあります。
それでも、しわは取れるんですよね。
大手チェーンなどはそういう仕事をするかな、アイロンを省くことで低価格を実現しています。


それでもいい人はいいんですけどね、アイロンを掛けることにもちゃんと意味はありまして。
一定方向に掛けていくアイロン掛けは、目を揃えるんです。
表面の細かい毛羽も、ふわっとさせつつ少し寝かして。
そして、一定方向へ揃えることで、肌触りがアップし、着やすくなるんですよ。

クリーニングの料金の違いとはこういう事なんですよね。


アイロンを掛けないで低価格を実現しているお店もあるし、きちんと掛ける所もあります。
ああ、おすし屋さんと似ているのかも。

回転寿司もお寿司、カウンターのおすし屋さんもお寿司、でも、微妙に違いますよね。

鮮度がよくて、おいしい回転寿司もありますし、それでもちゃんと握ってあるお寿司はまた違ったおいしさがありますし。
クリーニングもそれと似ているのかもしれません。

僕は自分でアイロンを掛けるからかもしれませんが、基本洗いっぱなし出来るのは嫌なんです。
洗ったときのしわがどうしても目に付くので、出来るなら、アイロンを掛けたい。
どうしても間に合わないときには、目立つ所だけしわを取ったりします。
でも、やっぱり掛けた物の方が着易いんですけどね。

ニット製品、クリーニングで違いを試してみませんか?


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬場の花火、きれいでしたねえ。

昨日は朝からお出掛け三昧でした。

午前3時半に水汲みへ行き、帰ってきてから、立川まんがぱーくへ行き、その後投票へ行き、その後、競馬場の花火を見に行くと言う。
強行スケジュールではないんですが、ハードですよね。(笑)

東京競馬場の花火、現地に行って見たのは実は初めて。
今までは、屋上からかすかに上がる花火を楽しんでいたんですよね。
鉄腕ダッシュ見ている最中に音がなって、そら屋上に上がれ!!と上がってみていたんです。


でも、今年は行ってみようかな?と思い、子どもたちをつれて出掛けたのでした。

6時に家を出発。
東府中を経由して府中競馬正門前へ。
ほとんどの人は府中本町経由みたいでしたね。


駅を降りると物凄い人。
これは大変な所にきてしまったなあと思いました。


それでも順調に中に入っていけまして、どうも内馬場へ誘導をしているんですね。
その流れに乗って、内馬場へ。


物凄い込んでて座る所なんかありゃしない。


広い競馬場ですから、どこかあるだろう、とさまよい続けること30分、新たに内馬場の公園の部分が開放されまして、無事に観覧場所をゲット。
すかさず、飲み物と食べ物を調達しに二手に分かれます。
でもねえ・・・・、物凄い行列をしているんですよ。
こりゃもしかすると、花火の打ち上げに間に合わないんじゃなかろうか・・・・、と思っていたら案の定間に合いませんでした。(笑)


僕と三男だけ、打ち上げを見ることが出来まして。

間近で見るのは何年ぶりだろう?
関戸橋の花火大会が終わってからだからだなあ。
東京競馬場の花火は30分の間に6000発もあがりますから、それはもう盛大なんです。
どんどん上がる花火、はらわたにずどんと響いてくる大きな音。
やっぱり、花火を近くで見るのはいいですねえ。

横にいる三男、変なんですよね。
花火が上がるたびに、うおぉ!とか、がっ!とか言いながら、後ずさりをしている。(笑)
傍から見ていると花火が上がるたびにダメージを受けているよう。(笑)
どうした?と聞くと、お父さん、あれは火花だよねえ?って。(笑)


そりゃ、火花だけれども、花火だよ、といっても、しばらくはダメージを受けていました。(笑)

初めての花火で、大きな音にびっくりしたのかもしれません。

そうそう、内馬場、観覧するのはかなりよかったのですが、ご不満が。
いつ上がるのかな?とまっていたら、突然メインスタンドの方から歓声が。
何か音が流れているんですが、内馬場にはまったく聞こえてきません。
そして、カウントダウンの歓声。

盛り上がっててうらやましかった・・・・。


その後も、音楽が流れて、それに合わせて花火が上がるらしいのですが、内馬場にはまったく聞こえず。
メインスタンドはそのたびに歓声が上がって、そこだけは悔しかったあなあ。
メインスタンドに場所取りをしようとしたら、かなり早い時間に行かないとダメでしょうね。
まあ、競馬場は食べ物や飲み物、トイレなどは充実しているので、だらだらと飲んでいれば時間は過ぎてしまうのかもしれませんけど・・・・。

そうか、だから帰りにへべれけの人が何人もいたんだな。
歩けないほど危険な人を数名見かけましたから。(笑)

そんな悔しい場面もありましたが、花火も楽しめ、無事に終了。
さあ帰ろうと思うんですが、ご想像通り、すごい人なので帰るのすら一苦労です。
まず、競馬場を出るだけでも大変ですよね。
子どもたちが疲れてしまうと、寝ちゃいますから、人の流れが落ち着くまで内馬場で待機。
20分位して人の流れがある程度スムーズになったところで、僕らも競馬場を脱出。
ツイッターとか見ていたら、最初は大変だったみたいですね。
東府中の駅も人でごった返してたとか。
子連れには厳しい状況だったのは間違いありません。


でも、少し待てば、がらがらの競馬場の駅と、電車。
東府中の駅でも各駅にすぐ乗れましたし、快適に帰ってくることが出来ました。

やっぱり、こういうイベントはいいですよね。
関戸橋も復活すればいいのになあ・・・・・・、大変だと思うけど。
花火ってとても大変なんですよ。


会場の設営もさることながら、周辺の警備もあるし、翌日の大掃除もあるし。
打ち上げ花火のごみは周辺に飛んじゃいますからね。
ご近所さんのご理解も必要。
関戸橋のときは、四谷辺りに路上駐車が増えたり、普段なら車が滅多に入ってこない生活道路にばんばん車が入ってきたりと、周辺住民の方がご苦労されていたらしいです。


本当に大変だったらしいですよ。

それでも、やって欲しいなあと切に思います。


これだけ見ている人が幸せになれるんですから。
子どもたちも喜んでるんですから。
大変だけど、価値があるイベントだと思いますよね。

来年も、また見に行きましょうか。
とても楽しかったです。


1374446529405.jpg

1374446529819.jpg

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

立川まんがぱーく大市に来ました。

今日は朝早く出まして、富士山へ水汲みに。
そして、帰って来てから、立川にある、立川まんがぱーくに来て見ました。


1374380271623.jpg


今日は立川まんがぱーく大市というのをやってるんですね。
食べ物が売られていたり、フリーマーケットが出ていたり、人もかなりいて大盛況。


一通り見たあとに、まんがぱーくに入りました。


ここ、すごいですね、本の数がたくさん。
まんがもいろいろな種類があり、ジャンルごとにきちんと分けられています。


食べ物系、ビジネス系、一般と、それを見るだけでも面白い。
思わず手にとって読んでしまいます。

そして、なんとプロの漫画家さんによる絵の書き方講座というのがありまして、ただいま娘と受講中。
娘、一生懸命、デッサンをしてますよ。(笑)

ここ、かなり面白い施設になってます。
ぜひ、一度来て見てくださいね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は東京競馬場の花火です。

毎年、この時期になると、周りで話しが出始めるのが、東京競馬場の花火。
かなりの人手と、短い時間に6000発もの花火を打ち上げるとかで、物凄いキレイらしいんですよ。

でも、府中にいながら、実は僕はまだ一回もいったことが無い。

うちの屋上からかすかに見えると言うのもあるんですが、今まで気付かなくて音がなって競馬場の花火か!と思うことが毎年あったんです。
最近は便利になりましてね、ツイッターで今年の花火の日程を教えてくれる人がいるので気付くことが出来ました。


花火はねえ・・・・、やっぱり間近で見るものだと思うんです。


少し前まで、関戸橋の所でも花火大会がありました。
僕が子供の頃に始まって、結構長くやっていたんですが、残念ながらやらなくなってしまったんですよね・・・。
まあ、色々と理由はあると思いますが、続けて欲しかったなあと今でも思います。

近くで見たときのあの音のでかさ、本当にすごいんですよ。
はらわたまで響く、まさにそんな感じ。
うちからでも遠くないのに、やはり河川敷までいって見たときは物凄い音なんですよね。

子どもたちに、体験させてあげたいなあと思うんですよ。

明日は、結構イベントが各地であって、どこにいっても楽しそうです。
立川まんがパークでも、立川まんがぱーく大市と言うのが開催されるらしいです。
これ、行って見たいんですよね。

そうだ、そして日曜日は選挙だ。


忙しい日曜になりそうです。

子どもたちが夏休みに入りましたね。
いい週末をお過ごしください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色を褪せさせないようにするには?

昨日まで二日にかけて、色が褪せる原因を書いてきました。
でも、一番大事なのは、ではどうすれば色褪せを防げるのか?と言うこと。

これまで原因をいくつか挙げてきましたが、主に二つが原因なんですね。
それは、汗と擦れ。
これが一番問題になります。
と言うことは、これらをどう防ぐか?が鍵になってくるわけです。

出来るかどうかは別にして、服に汗をつけないことが重要になってきます。
下着を着て、表に出ている服には汗を出来るだけ付着させない。
昔は、肌着を着てそれに汗を吸わせていました。
また、そうしていてもこまめに洗うことで汗を定期的に落とし、色褪せを防いでいたんです。
ももひきとか昔お父さんがよく着てたでしょ?
あれはやっぱり大事なんですよ。


洗うのにも注意が必要。
こすれてしまうと表面が毛羽立ってしまうことがあるのでなるべくなら擦らない方がいいのですが、かといって中途半端な押し洗いとかで汗が残ってしまうと、今度は残留した汗で色が褪せていきます。

洗うときには、きちんと汗を落としてしまうことがとても重要です。
そして、こすらずに洗うようにする・・・・・、難しいですね。
実は、これに適している洗濯機があるんですよ。
それがドラム型の洗濯機。
ドラム型は、上から落として叩き効果で汚れを落とすので、毛羽立ちにくいんです。
そして、たたき効果で汚れ落ちもいい。
僕らクリーニング屋さんが使う理由もまさにそこで、汚れ落ちがよく衣類をいためにくいから使っているんですよね。


ただし、洗うときの水の量が少ないので、洗い方を選ぶ洗濯機になります。
一回で、全部の服を、一度に洗いたい、そんな要望にはこたえられません。
きちんと仕分けして、品物にあわせて洗わないと別の問題が出てきてしまいます。


家庭で使う、上級者用の洗濯機、といえるかもしれませんね。

毛羽立ちを抑える方法、実は別のやり方も存在していました。
昔、酵素入りの洗剤ってよくありましたよね、実はあれは、表面の毛羽を溶かしていたんですよ。
小さな毛羽を酵素で溶かすことで、色鮮やかに見えるようにする、そういう効果を狙っていたんです。
酵素というのは本来とても高いものなので、市販されているものはそれほどきつい効果を出すものではありません。
溶かすといっても、衣類にダメージを与えるというほどではなかったから、出来た芸当だといえます。

洗剤も選ばないといけませんね。
白いものと、色物を同じ洗剤では洗えませんし。
きちんと使い分けることで、色鮮やかに洗いあげることが出来ます。

でもね・・・・・、皆さん一つ誤解をされていると思うんですよ。


水で洗っても汗は残ってしまうんです。
だって、皆さんがあれだけご家庭で洗っていて、襟とかが黄ばんでくるじゃないですか。
もし水で洗えば落ちるというのなら、黄ばむはずないでしょ?
たしかに、水で落ちやすくなりますが、洗い方によっては残る、と言うことも覚えておいてもらいたいんです。
水は万能ではありません。

そこで、登場するのがクリーニング屋さん。
クリーニング屋さんも水で洗いますが、温度が違いますし、洗剤も違います。
業務用の洗剤は、市販に比べても効果の高いものが多いので、家庭の洗濯とは一味違います。
大事なものは任せてしまうのも、手かなあと思いますよ。

そして、最後に、着すぎるのは当然よくありません。
いくらお気に入りでも、その服ばかり着てしまっては、着用中の擦れで毛羽立ってしまいますよね。


ローテーションを組まなきゃ。

ある程度の着数をもって、着まわしていくことがとても重要になります。
洗う時間も取れますしね。

夏は汗をかきやすく、洗たく代、クリーニング代がかさんでしまいます。
でも、もうこれは仕方がない、冬に暖房が必要なように、夏にエアコンが必要なように、夏の必要経費として考えるしかありませんね。

毎年、夏に服をだめにして、毎年買い換えることのほうがよほど不経済ですから・・・。

お手入れするって、大変ですけど、それが一番経済的です。
正しい知識をもって、この夏を乗り切ってくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

色が褪せる原因は?その2

昨日は、色が褪せる原因について、生地や作りの面から考えてみました。

色が褪せるのには別の原因もあります。

昨日もちょこっと出てきましたが、洗い方で色が褪せていくこともあります。
全自動や二層式のような、撹拌式の洗濯機では、衣類をこすれ合わせながら汚れを落としていくので、表面が毛羽立ちやすく色が褪せていきやすくなります。
また、一緒に洗う品物によって、変わってきたりもします。
俗に言う、硬い生地、柔らかい生地、と言うものがありますから、弱いほうが負けてしまうのはあたりまえですよね。


洗いでなる可能性で、洗剤の影響もかなりあったりするんです。
この洗剤では平気なのに、この洗剤では色が褪せていく、そういうこともあります。
また、漂白剤の効果で色がはげていってしまうことも。
漂白剤の恐い所は、種類だけでなく、濃度や時間、温度によって効果に差があること。
間違って時間を長く漬け込んでしまって、色が褪せてしまうなんていうことも、ありえるんです。

洗う前から、色が褪せていくこともあります。

汗、かなり影響があるんですよね。
たとえば、汗の中にはアンモニアが含まれているんですが、これが悪さをする事も。
また、紫外線の影響で褪せていくこともあります。


また、ただの水と、汗の水分とでは生地に対するダメージも違うんです。
汗のほうがダメージを受けやすいので、汗で濡れたまま着用していると擦れた所から毛羽立っていくことになります。


そうすお、紫外線は、皆さんの一度は経験されたこともあるかもしれません、部屋に吊るしておいて、半年ほど陽に当てていたら、当たっていたところがしらっ茶けちゃった、とか。
あれも紫外線の影響ですね。

昨日今日と、色が褪せる原因について書いてきましたsが、色が褪せる、と一言で言っても原因は多岐に渡ります。
褪せてしまった衣類を見れば、ある程度は限定できますが、消費者の皆さんには難しいかもしれませんね。


クリーニングが悪い、品物が悪い、洗い方が悪い、そんな事を耳にしますが、意外と違う理由かもしれませんよ。


さて、原因だけ知っていても困ってしまいますね。
明日は、どうすれば防げるか?考えてみようかなと思います。


・・・・、お楽しみに。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色が褪せる原因は?その1

この時期、悩みの一つに、着ている服の色が褪せていく、という事があると思うんです。
大事に着ているTシャツ、ジャケット、ズボン・・・・・今はパンツかな?
大事にしているのに、なぜか色が褪せていって古ぼけてしまう。
洗うのが恐い、と言う方がいらっしゃると思うんですね。


色が褪せるのにも理由があります。
そして、その理由にはいくつか原因があるんです。

色が褪せるもので、気になるものとしたら濃い色のものが多いんではないでしょうか?
そして、その色は・・・・・、青系?
そうじゃありませんか?


色が褪せる原因の一つに、商品の問題があります。

商品の素材が植物系の場合、こすれに弱くて色が褪せていく原因になることがあります。
たとえば、洗濯機でこすって洗っているとき、二層式や全自動の洗濯機は衣類同士をこすれ合わせながら汚れを落としていきます。
すると、表面がこすれて毛羽立ち、色が褪せていく原因になるんです。

また、こすれは着用中にも起こっています。
わきの下やポケットの周辺、モモの辺りなど、サイズが小さめでも擦れ易くなるので毛羽立ちやすくなってしまうんですね。
これらはどんな素材でも起こるのではなく、やはり植物系が多いんです。

綿や麻、レーヨンなどがこれに入ります。
またこれらの繊維は、繊維自体が色褪せしやすい特徴を持っているので、メンテナンスに繊細さを要求する品物なんですね。


でも、そうはいっても、綿素材は下着やらTシャツやら、家でガンガン洗っても平気だよ?


そういう方もいらっしゃると思いますが、それは色が白いから。
これが濃い色になると、途端に色が褪せていくんです。


もうひとつ、たまにある事例として、必要以上に染まっていて、繊維にちゃんとくっついていない、そういうこともあるんですね。
必要以上に染まっていて、ちゃんと繊維にくっついていない、これってどういう状態か?といいますと、繊維の表面に染料がただ乗っかっているだけの状態なんです。
つまり、洗うと、流れ落ちてしまうんですね。


一見、濃い色の服に見えていたのに、表面の染料が落ちてしまい、色が変わってしまうということもあるんです。
ただ、これは稀な事例。
海外製品などでたまにあるんですが、あまりにも発色がいい商品は少し疑った方がいいかもしれませんね。
こういう商品は、色が褪せるだけでなく、一緒に洗ったほかの品物まで染めてしまうので被害が大きくなる傾向があります。
気をつけてください。

ジーンズのように、色がはげていくのを楽しむ素材もあります。
麻なんかも同じように着ていく素材です。
色が褪せていく事を悲しむのではなく、褪せていって変化を楽しんで着る服ですから、これは褪せていくのがある意味正しいんですね。


もうひとつ、これは消費者の方にはマニアックな話になりますが、青色というのは色が抜けやすいんです。
色には抜けていく順番がありましてね、青→赤→黄の順番に抜けていきます。
汗で、黄色くなるでしょ?で、落ちづらいでしょ?黄色だからなんですね、頑固なんです。


素材から染色まで、色が抜けやすい服を着ている、これも色が褪せていく立派な理由となりますね。

これが商品により、色が褪せる理由。
明日は、他の原因による、褪せる理由を挙げて行きたいと思います。
少々お待ちください。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな音は嫌だ。(笑)

最近の家電は色々音が出ますよね。
我が家で使っている家電でも、様々なメロディが流れます。
お風呂が沸いてもなり、お湯が沸騰してもなり、日常に音楽があふれています。(笑)

先日、録画しておいたタモリ倶楽部をみていた時の事。

白物家電から流れる音楽を聴こうというような企画があったんですよ。
まさに我が家と同じで、お風呂が沸いたといってはなり、ご飯が炊けたと言ってはなり(笑)、日常に色々なクラシックが流れています。


僕らも慣れて来ているのか、その音楽を聞くと自然と出来上がったんだなとか、何が出来たのか容易に想像が出来るんですよね。

僕らが使っている業務用の機械も、作業が終わると音が鳴ります。
でも、それは音楽ではなく、全部ブザー。
それはもうけたたましい大きさで、洗い場中に響き渡ります。
乾燥機もブーっとなりますし、水洗機も終わるとピピッとなります。
音が大きくてブザーなのは、気付いてもらうためでしょうね。
モーターの音だったり、蒸気を使っていると音が普段からしていますから、気付いてもらうためには音楽よりもブザーの方が効率的なんでしょうね。

でも、ちょっとだけ、音楽が流れたらいいのになあとも思ったりして。


洗い場って、結構殺伐としているんですよ。
集中しているし、終わったらすぐ出さなきゃいけないし。
クリーニング事故を起さないためには迅速な作業が求められます。
そんな中、音楽が流れたら・・・・・、意外といいんではないかな、と思ったりもして。

でも、これだけは嫌だなあと思ったのがありました。

ベートーベンの運命。

洗いあがったときに、ベートーベンの運命なんて流れた日には心臓に悪そう。
乾燥が終わったときに、ベートーベンの運命が流れたら、真っ青になりそう。

なんか、とてつもない事故が起きてしまったようなイメージになりません?
番組内で運命がでてきて、これはダメだ~、とみんなで。(笑)

やっぱり家電の音って考えられているんですね。

いつかクリーニング屋さんの機械にも音楽が奏でられる日が来るのかな。
そんなのを売りにする時代が来たりして・・・。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIFE屋上にて、仮面ライダーショー。

今日も営業しております。(笑)
祝日で、街の様子がちょっと違う中、仕事をするのもまた楽しい。(笑)


昨日、陶器市にいってから、午後から駅前のLIFEに行きました。


屋上で仮面ライダーショーをやるらしい。


お客様から教えていただきまして、見に行ってきたんです。
子供達と行く予定だったんですけどね、なんと子供達はポケモンの映画に行ってしまったので、嫁さんと二人でショーを見る事に。(笑)


LIFEの屋上は結構いいスペースで日陰もあり、風も心地よく吹いていて過ごしやすい。
まさか、こんな所にスペースがあったなんて知らなかったなあ。
ここ、有効に使えればもっと何かできると思うのですが。下のロータリーの狭い所でやるくらいならここの方が広くてよほど安全。
マンションの方々のご理解が必要だと思いますけど。


大塚製薬プレゼンツのショーだったので、宣伝色満載でしたが、それもまた楽しい。

握手会を始めたのでマクドナルドにいったら、突然の大雨。
ついてましたねえ。


マクドナルドで一息ついて買い物してから帰宅。
なんだかんだ有意義な日曜を過ごしました。


子供達、見にくれば良かったのに。また、こういうイベントをやってもらいたいですね。


1373855584237.jpg


1373855586567.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国大陶器市。

今日は、府中の森公園の中で開催されている、全国大陶器市にやって来ました。


1373768286541.jpg

暑いんですけどね、隣が水遊び場になってまして、それなりに涼しい風が吹いています。


ぶらりぶらりとお散歩がてら、お買い物。(笑)

なんとなく、気のあった店主さんとお話を始め、爪切りやアイスピックなどをお買い物。(笑)


富真さん、ありがとうございました。


最後、ご主人とパチリ。(笑)


1373768288264.jpg

陶器市は明日までやっています。
ぜひ、行って見てくださいね。

追記です。


富真さん、通販もしてるようです。
品質の高い商品を扱っているようですよ。いけなかった方は、こちらでもお求め出来るみたいです。

富真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のお泊り保育。

昨日から、うちの一番下のチビがいません。
今年年長の彼は、昨日今日とお泊り保育にいっているんです。

うちでは最後なんですよ。


長男からお世話になって、都合7年ほどお世話になっています。
長男のときのお泊り保育は、物凄く疲れたらしく、帰って来たらそのままばたんと数時間寝てしまいました。

長女のときは、帰ってきたら泣き出しました。
あまりに楽しかったらしく、終わるのが嫌だと、もっと泊まっていたかったと。
長男のときのように疲れて寝ると言うことはなかったなあ。


次男のときは、長男ほどではなかったですが、やはり疲れてぐっすりと。
下に行くにつ入れ、強くなっていくと思われます。(笑)


みんな、夜ご飯の買い物をしにうちの前を通っていったんですが、今年はあまりの暑さのため、買い物は中止だそうです。
・・・・・、三男の様子がまったく分かりませんな・・・。

お昼過ぎに帰ってくるらしいのですが、果たしてどうなっているでしょうか?

今から楽しみ。(笑)
うちで一番度胸がある子なんですけどね、どうなっているのかなあ・・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長袖は厳しすぎじゃないですか?

今日も暑かったです。

僕らクリーニング屋さんも暑い仕事の代表のように言われていますが、僕らなんかまだまだひよっこと思わせるようなお仕事についている方が沢山いらっしゃいます。
だって、暑いといっても僕らは所詮家の中ですからね・・・、屋根がついていて直射日光を浴びないだけ、暑くてもまだましなんだと思います。

集配に出てましてね、この暑い中、いつも僕たちを誘導してくれるガードマンさんたちがいます。

周りの状況に配慮をし、かつ、僕ら集配の車も安全に誘導をしてくれるプロフェッショナルです。
今日も、暑い中誘導をしてくれたのですが、見ていると顔真っ赤にして、危ないんじゃないの?と思っちゃうくらい辛そう。
何でだろう?とみていて気付いてしまったんですよ、なんとこの暑さの中、長袖に長ズボンを着用している。


いくらなんでも、この服装ではこの暑さの中相当厳しいはずです。

思い切って聞いてみたんですね、半袖ってないんですか?と。
他の現場さんでは半袖を見かけますし、時にはズボンも捲し上げて半ズボンのようにしている人もいます。
もしかして、農家の方とかと同じで、長袖の方が直射日光をさえぎって返って楽になる、そんな理由なのかな?と思っていると、意外な答えが。


大きな現場さんでは長袖の着用なんです。暑くても我慢ですね。

一瞬、そりゃ厳しすぎる!といってしまった僕。
水分補給はしているようですが、それでもちょっとなあと思うような環境ですよね。


たぶん、色々とあるんでしょうね。
大人の事情と言うやつが。


何かこういう人たちのために僕らが出来ることないのかなあと思ってはいても、都合よく冷えるような加工は僕らにはできないんですよ。
せめてにおいを抑えるくらいかなあ。

涼しく感じるようにする加工は存在するんです。

物凄く細かい、目に見えないようなカプセルに、薬品が詰まってましてね、ある一定の温度を過ぎると溶けるので、その時に温度差で涼しく感じるという、加工があります。
-3℃涼しくなります、見たいな触れ込みの洋服が売ってますよね?
あの服にはこういった加工が施されているんです。


ところが、これは、糊をつけるようには行かないんですよね。
きちんと服に定着させるために一定の加工が必要、後からつけることが出来ないんです。


何か協力出来たらなあと、こういう時に思います。
技術の進歩で、後数年のうちに僕らクリーニング屋さんでもこういった加工が出来るようになるかもしれませんね。
その時は、僕らに任せてね!といいたいな。


暑い中、いつもご苦労様です。
本当にありがとうございます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこち

クリーニング | | コメント (0) | トラックバック (0)

解けない氷。

暑い、暑い、暑い。


みなsなん、聞き飽きた、言い飽きたとは思いますが、何度でも口から出てきてしまうから、不思議。
本当に暑い日が続きますね。


外も暑いですが、当店の中はもっと暑い・・・・・、エアコンがない状態ですから仕方ありません。
たまに助っ人で職人さんをお願いしているのですが、今のクリーニング屋さんはエアコンが入っているお店が多いので、本当に申し訳なく思ったりしています。


少しでも気持ちよく仕事をしてもらいたい、と、お昼休憩に、氷水を出したんです。

でも、ただでさえ暑い店内でしょ?
普通に出したら駄目かなあと、あるグラスを使って氷水を出しました。


サーモスの真空断熱タンブラーです。


ここ数年、大ヒットを飛ばしているサーモスさん、タンブラーにも真空断熱を使い、温かいものはずっと温かく、冷たいものもずっと冷たく、と言う商品を作ってくれているんですね。
で、これに、氷水を入れて職人さんに出したんです。


おいしそうに飲んでいただきまして、タンブラーは仕上げ台の前においてたんですよ。


タンブラーの中には、氷がまだ残っています。


・・・・・、店内の気温、40度越えてます。


3時の休憩のときに、職人さんから声をかけられました。

まだ、氷残ってるよ。


えっ!嘘でしょ???
だって、もう2時間以上経ってるし、ここの気温はすごい高いですよ?
いくらなんでも普通の状態ではないから溶けてるんじゃないですか・・・・・・、残ってる!!!!!

なんて一人突っ込みをするくらい、びっくりです。
本当に氷が残っているんですよね。


そして、職人さんが仕事が終わる午後5時半頃。
まだ、氷が残っていたんですよ、
もうね、サーモスさんの技術にはびっくりです。

このタンブラーのいいところは、外に水滴が付かない事。
これ、僕らにはとても大きな事なんです。
ジュースなどを買ってきて、ペットボトルを端っこにおいておくと、しだいに水滴で表面が濡れてきてしまいます。
きちんと蓋を閉めてありますから、中身がつくことはないんだけど、表面の水滴が付いて洗い直しになっちゃうケースがたまにあるんです。


でも、このタンブラーは水滴が付かない。
これはねえ・・・・いいですよ。

一番は、氷が残っている事ですけどね。


次からも、これでお水を出しましょう・・・・。


このタンブラー、いろんな所で取り扱っていますが、僕が見てきた限り、この辺では、西府にあるヤマダ電機さんが一番安いと思います。
ライフでもドンキホーテでも取り扱っていましたが、週末のセールのときにヤマダ電機さんで買うとかなりお得に買うことが出来ます。

この暑い夏を乗り切るにはおすすめです。
だって、僕らの仕事場の過酷な環境でも平気だったんですから。
その性能、ぜひお試しください。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田元所長のご冥福をお祈りいたします。

昨日のニュースでびっくりしました。


福島第一原発の元所長、吉田昌郎さんがお亡くなりになられたそうです。

故人のご冥福をお祈りすると共に、事故後の対応に心より感謝いたします。


ネット上では、放射能のせいだとか、色々騒がれていますが、どうしても今そういう事を議論するべきではないと思うんです。
地震後の福島第一原発の大事故、吉田さんらが逃げ出していたら、もしかしたら今僕らは東京に住めなかったかもしれない、そう思うと、今は吉田さんのご冥福を祈ってあげるべきなんではないのかなと思うんです。

もちろん、いまだに福島第一は収束すらしていません。
まだこれから先、放射能と戦っていくことになると思います。
それでも命を懸けて前線で戦ってくれたことは間違いありませんから。


そのことに感謝をしたいんです。

本当にありがとうございました。


そして、福島の事故が一日も早く収束しますように。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け、物凄い気温、熱中症注意。

関東地方、梅雨が明けましたね。
もう、土曜から物凄い高温で正直かなり厳しい夏のスタートとなっています。


この気温、皆さん危険ですよ。


土曜日なんか、暑さに慣れているうちの家族が、僕が配達から帰ってきたらぐったりして横になってましたから。
気持ち悪くなったんだそうで、本人たちは原因も分かっていて水分補給の失敗だったんだそうで。

熱中症見たいなもんですね。


先日は、大阪の方のテレビ局から熱中症についての取材の問い合わせがありました。
車でエアコンを使っていても熱中症になる人がいるとか。

本当に梅雨明け後は厳しいですから、皆さん気をつけてくださいね。


水分補給を忘れずに。


僕らも、仕事の順番を大幅に変えて対応をしています。
朝一で仕事をし、あまり暑くならないような人はそのまま仕事。
仕上げなど汗を異常にかく仕事は夕方から始める、などなど。
エアコンを使えない仕事場だからこその、夏用のタイムスケジュールです。


臨機応変に、倒れて仕事を休んじゃったらそれこそ大迷惑。
そうならないように、皆さん気をつけましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

信用できないんだよっ!

昨日、僕らが富士山へ水を汲みに行っている間に、お店へお問い合わせの電話があったんだそうです。
帰ってきたら、家の中がなんか変な空気。
子どもたちとケンカしたのかな?と思っていると、そうではない様子。
電話の内容に色々と考えていたみたいでした。

日曜はお休みを頂いているのと、家の電話をかねているので、つい電話に出たときに、お店の名前を名乗らず、はい、とだけ言ってしまったんだそうです。
すると、お電話の先はお問い合わせだったらしく、かなりきついい方で、名前も名乗らないようなお店は信用できない!といわれてしまったんだそうで。


たまに、このようなお電話をいただくことがあります。
お店の名前を名乗らなかったのも悪いなあと思いますが、それが信用出来る出来ないに繋がらなければいけないほど、クリーニングって信用ないのかなあ、と言う話になりました。


もし、僕が他の業種にお客として電話をしたとしても、たまに名前を名乗らない所もありますから特に気にしません。
また、それがそのお店の信用にまで発展する事もありません。
もし、それがあるとしたら・・・・・、その業種でかなり痛い目に合ったことがあるとき、でしょうか。


クリーニング屋さんで、嫌な思いをした方、結構いらっしゃるのかなと思う時があります。
と言うのも、お客様のいらいらっぷりが半端ないんです。

頭にきてるけど、自分で洗えないから仕方なく任せている、そんな空気をびしびし感じる事もありますよ。


そういうお客様は当店のご利用は初めてで、お話をしていくうちにどんどん今まであった嫌なことが出てくるんです。
きっかけは、思うようにならなかった、という事が大半ですが、その後の対応で、頭にくるようなんですね。

お客様の言い分も、分かりますし、クリーニング屋さんの言い分も分かる。
どうやったら、お互い理解できるのかな?と考えた事もありますね。


うちの両親には、きっとお電話のお客様も、クリーニングで嫌な思いをしちゃったから、クリーニングを信用できなくて困ってるんだよ、と伝えました。


せめて、どんな事でご不満があったのか、聞ければ何かお話しが出来ると思ったんですけどね。


たとえば、 キレイにならないとご立腹のお客様がいらっしゃって、確かにきれいにはなっていなかったんだけど、それはお客様にも問題があったこともあったりして。
ワイシャツを一週間着続けて、4枚を一月に一回しか出さなければ、どこのクリーニング屋さんでもキレイにするのには限界があります。

出来ない、と伝えるのではなく、どういうタイミングでどのくらいのスパンで洗うのが適切か?ということをご説明したこともあります。


また、服そのものの問題だった事もあります。

クリーニング屋さんが問題だった事もありますが、結構な数、クリーニング屋さんが問題ではない事もあるんです。


疑われているクリーニング屋さんが説明をするのはいいわけに聞こえちゃうのかな・・・・。
こんな時、クリーニングのセカンドオピニオンが必要だなあと思うんですよね。


と、実は今年、セカンドオピニオンをやってみようかな、と考えています。
かなり難しい案件なので、頭の中でまとまった時点で、となりますけど、クリーニング屋さんとお客様の誤解を解く架け橋になれば・・・・。

不幸のスパイラルはどこかで絶たないと。
お互いかわいそうですもんね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産登録、おめでとうございます。

今更ですが、富士山の世界遺産登録、おめでとうございます。

1373145037318.jpg


その影響か、朝から激混みです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事のスタイル。

一昨日の、仕事ハッケン伝はクリーニング屋さんにとっても非常に面白い番組になりました。
なぜか?それは、かなりこだわったクリーニング屋さんだったからです。


番組を見ている限りですが、Yシャツは手仕上げ、今主要になっているような機械は見当たらない、いわゆる時代に逆行するようなお店なんですね。
でも、いい仕事をしているのは間違いがなく、クリーニング屋さんは釘付けになったんではないでしょうか。


昔は機械化されていなくて、ああいう仕事の仕方をどこでもしていたんですよ。

手で洗い、干し、手仕上げをする。
ごく当たり前の事なんですが、今そんな事をしたらクリーニング料金がとんでもない金額になるので、どこのクリーニング屋さんも皆さんがご利用しやすいクリーニング料金にするために工夫をしながら機械化をしていった経緯があります。
実際、一昨日のクリーニング屋さんのクリーニング料金は、高めです。
普通一般のクリーニング料金を考えているとびっくりされる方も多いかもしれませんね。

番組を見ながら、父と話をしていました。

父はカラキヤさんの事を知りませんし、ただ漠然と番組を見た感想を話していたんです。

『ずいぶん手を掛けているなあ。機械を入れてもいいだろうに。』

父のいう事ももっともな話で、機械化って悪いことばかりではありませんから、することはいいことだと思うんですね。
多分、番組を見逃していたか気付いていなかったかだと思うのですが、実際は全部ハンドアイロンというわけではなさそうで必要な機械は入っていましたけどね。


そして、こうもいったんです。

『ここまで手を掛けて仕事をして、料金もかなりかかるだろう。お客様が付いてくるのかな?』


普通一般のクリーニング屋さんは、技術と皆さんが利用しやすい料金とをうまく調整しながら仕事をしています。
たとえば、ワイシャツを手仕上げするのはいいけど、普通の人は毎日着るワイシャツに手仕上げのクリーニング代ではご利用できない、機械化して利用しやすいようにしなきゃ、と言う風に。


ただ、同時に職人でもありますから、その中でどこまで品質を上げられるか?を常に考えているんですけどね。

僕、父の話に反論をしたんです。

『そりゃ、クリーニング屋さんの一方的な思い込みでしょ?」と。


『こちらが勝手にお客様の懐を想像して、機械化してきたのが今のクリーニング屋さんじゃない?
お客様は全員が機械化を望んでいるわけではないから、例えクリーニング料金がかかろうとも手仕上げを望む人のためのクリーニング屋さんがあってもいいとおもうけど。』

何で僕がここまで強気に話したか?と言うとですね、実は番組を見ながら番組公式ツイッターを見ていたからなんです。
そこには、消費者の生の声がありました。


そこには、高いと思いつつもいい仕事を望んでいるお客様は多くて、そういう方々は機械化の不満を持っておられる。
機械化といっても品質は各お店違うけど、みんながみんな同じような方向に向かなくてもいいのではないのかな?と感じたんですね。

実際、手仕上げを望むお客様が居られるんですから。

ただね、僕は今の料金で手仕上げをすることは反対なんです。
やはり、手をかけ手間を掛けて仕上げる以上、それなりの料金にしなければいけない、と思うんです。
いい仕事が安いっておかしいですもん、きちんとした技術だからこそ、適正な料金を提示しなければ、クリーニング屋さんの未来はないと思っているんですね。


料金が先か、品質が先か。

これは商売をしている人たちにとっては永遠のテーマだと思います。
自分が満足するような徹底した品質を提供しても、お客さんにご利用していただけなければ意味がありません。
また、お客様がご利用しやすい料金設定をして、その中で出来る品質を提供する、と言うのも裏を返せば品質の低下ともいえます。

商売っていろんな形があっていいと思うんですね。


大きくしなければいけないわけではない、みんなが利用しやすいお店でなければいけない、そんな事はないと思うんです。

お客様も色々いらっしゃいます。


こだわり抜いた仕事を提供するお店、いいじゃないですか。
たとえ、一般のクリーニング屋さんよりも数倍のクリーニング代がしたとしても、お客様がその品質を望んでくださっていて、その料金に納得されていれば。

リーズナブルな料金だけど、品質はそれなり・・・でもいいじゃないですか。
それをお客様は望んでいる。
お客様は、自分にあったものをきちんと選んでいるんですよね。

僕らが、お客様を勝手に想像してこうあるべきだ、なんていうのはおこがましいと思うんです・・・・・。

番組を見ていて、クリーニング屋さんの目には、こだわった普通ではないお店のように映ったと思います。
それを見て、批判するようなクリーニング屋さんにはなって欲しくないなと思うんです。


逆に、刺激を受けるくらいでないと。


改めて自分のクリーニングを見つめなおしてみたり、自分の売りをもう一度考えてみたり、同じ仕事だと自信を持ってみたり。
そういう風になっていくと、クリーニング屋さんももっとお客様に喜んでもらえるようになると思うんですけどね。


まあ、クリーニング屋さんは職人ですからね・・・・・、負けず嫌いですから・・・・・、仕方ないんですが・・・・・。


父とは、番組終わるまでちょっとした議論です。(笑)
うちはこうして、自分達の仕事を見つめなおしています。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事ハッケン伝。

一昨日、テレビでクリーニング屋さんが取り上げられるよ、と友達から連絡が入りました。
NHKの番組で、仕事ハッケン伝と言うもの。
芸能人の方が一週間、その職場で働いてみるというもののようです。
一応、録画しておいたのですが、家族中で視聴することになりました。(笑)


今回の芸能人の方は、磯山さやかさん。
かわいいんですよね。(笑)
人気のある方だと思います。
対して、クリーニング屋さんは、高輪のカラキヤさん。
昔、もう10年以上前にとある勉強会でご一緒したことがあります。
お年を召されたけど、昔どおりのいい笑顔でしたねえ。(笑)

一週間、クリーニング屋さんで働くといって、どんな事をするんだろう?と見ていると、流れ全てをまんべんなくやってもらったようなんですね。

品物の仕分け、洗い、しみ抜き、しあげ、集配。

初日、一日中仕分けをしていたようですが、多分相当疲れたと思いますよ。
普通の人は、繊維の違いなんてあまり気にしませんから、全部チェックして分けるってかなり大変。
しかも、オール×、洗濯が出来ないと言うものまであるんですから、それを判断するのはかなり頭の中が混乱したはず。
終わった後の、終わったー、と言う一言に全てが表れていたように思います。(笑)


毎日、どんどん違う仕事をしていくんですが、カラキヤさん、かなり手間をかけた丁寧な仕事をされていらっしゃるんですね。
今風の、機械でプシュー、と言うようなのとは違い、全部に手が掛けられている。
見ていた方も、クリーニング屋さんは大変だなと思ったんじゃないでしょうか。


手洗いもしていましたが、かなり神経を使っていたように見えたの、分かりましたかね?
神経使うんですよ、あれは。
番組内でもいっていますが、汚れを落とすためには、叩いたり揉んだりしないといけない、でも、強すぎると毛羽立ってしまうので強くは出来ない、かといって弱すぎると汚れが落ちない。


そんな微妙な力加減を要求され、またそれぞれの服で力加減は違いますから、とにかく神経を使う仕事なんですよ。


普通は経験を必要とする仕事。
番組内では、映ってはいないでしょうけど、ちゃんと指導されながらやっていたと思いますよ。

しみ抜きも、頑張っておられました。
簡単に落ちるものから、やはり神経を使うものまで。
番組内で磯山さんが、人のものを作業するのが怖い、と言うような事をおっしゃっていましたが、まさにクリーニング屋さんの思いそのまんまでした。

僕らは、人様のものをお預かりして仕事をさせていただいています。
代わりのない商品なんですね。
万が一、失敗をしてしまったら、取り返しが付かない、同じものが用意できないことが多く、思い入れのあるものも多くやってきます。
そんなお客様の思いが詰まった品物を扱う怖さ、これはやった人にしかわからないと思うんです。
この言葉、重かったなあと思います。

yシャツの仕上げにも挑戦していましたが、やっぱり難しいですよね。

まあ、初めてやれば一時間近くかかるのは当たり前。
僕も、初めてYシャツにアイロンをかけたときは、1時間で3枚しか仕上がりませんでした。
いい思い出ですね。(笑)

クリーニング屋さんの大変さ、お客様に喜んでいただけることがモチベーションであることなど、余す所なく映されたいい番組だったと思います。
日常にとても近い番組でしたから。
クリーニング屋さんが一年で一番忙しい時期に、取材を受け入れたカラキヤさんすごいなあと思います。

番組を見ながら、番組公式ツイッターのアカウントがあると言うので、見ていたんですが、少々残念なことがかいてありました。

このクリーニング屋さんはすごいけど、うちの近くのはよくないな、とか。
最近、手仕上げのクリーニング屋さんはないよな、とか。


そうかー、世間の評価ってそういうものなのかと改めて感じました。
でもね、カラキヤさんだけではないんですよ。
丁寧な仕事をされているクリーニング屋さんはどこにでもあります。
ただ、そういうクリーニング屋さんはちょっとだけ宣伝下手なだけ。
皆さんの近くにひっそりと営業をされているんですが、知られていないんだと思います。

僕ね、いつも思うのですが、せっかくこういう風にクリーニング屋さんが取り上げられたんですから、もっと多くのクリーニング屋さんがこれについて発信をするべきだと思うんです。
だって、実際、番組を見た視聴者の方々は、カラキヤさんと磯山さやかさんには好印象でしたが、世のクリーニング屋さんには割りと否定的だったんです。


自分の口で、僕らも同じように丁寧な仕事を心がけているといわなきゃ。
大変なのはどこのクリーニング屋さんも一緒です、気を使うのも。
キレイにするために、着心地よく着てもらうために、毎日頭使いながら体動かしながらやっていると言う事をもっと発信していかないといけないと思うんですね。


テレビで取り上げられたから、クリーニングの事をよく思ってもらえると思ったら大間違い。
もっと知ってもらうために、もっとすばらしいと思ってもらうためには、人がやった事で満足するのではなく自分の言葉でお客様に語らなければいけないと思うのです。

今回の番組を機に、いろんなクリーニング屋さんが、発信をしていってくれたらいいなと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洗濯表示には従わないとダメッ!

ちょっと面白いデータを見つけたんです。
家庭洗濯についてのデータなんですけどね、使っている洗剤の種類やら、柔軟剤やら仕上げ剤やら、いろんな質問に消費者の方々が答えているんです。


そのデータを読み解くと、面白いことに、洗濯の仕方を分かっている方が洗剤や柔軟剤を複数所持していて使い分けているようなんですね。
こだわり、とてもいうものらしいです。
そういえば、僕がクリーニングの集配にお伺いすると、かなりの数の洗剤を見かけることがあります。
もしかすると、クリーニングをご利用されるお客様は、洗濯やクリーニングに元々強い興味があるのかもしれませんねえ。

そのアンケートの中で、興味深いと思いつつ、ちょっとまずいなと思うことが一つありました。
それは、洗濯表示に従わない理由はなぜか?と言う問いに、従わなくても洗えるから、と言うのがあったんです。

家庭の洗濯において、洗濯表示は絶対なんですよ。
従わなきゃダメなんですね。
僕らクリーニング屋さんは、今の所、洗濯表示は参考にしか出来ません。
今後、ISO表示が主流になると、僕らも当然従うようになるんですけどね。


みなさんが、洗濯表示に従わなければいけない理由は、洗濯表示は皆さんのために作られたものだからなんです。
消費者の皆さんが、それを見れば安心して使えるように作られているんですよ。
逆に、僕らプロ向けに作られたものではないので、アパレルメーカーさんとトラブルになっても、洗濯表示の話を出してもあまり意味がないんです。

プロなんだから、自分で見抜いて洗いなさいよ、と言うことなんでしょうかね。

僕らが洗濯表示どおりに洗って何か起こったとしても、なかなかアパレルメーカーさんは責任を取ってくれませんが、消費者の皆さんが表示どおりに洗って問題が起こったら、きちんと対応をしてくれます。
もし、表示どおりに洗わなかったら・・・、もちろん対応してくれませんよね。

そんな事いっても、洗っても問題ないじゃん、と思っている皆さん。
それはとても危険ですから。
皆さんが気付いていないだけで、十分おかしくなっているんですよ。


たとえば、縮んだり。

たとえば、色がにじんでしまったり。


今年の春先にブログに書きましたが、古着屋さんで売られている古着のかなりの数が事故品だったと。
水で洗えないものを水で洗ってしまったがために起こった、縮みがいたるところで見受けられました。
売る側も、買う側も、お互いおかしい所が分からないので、普通に陳列されているんですよね。

僕らクリーニング屋さんは、繊維の事を知っています。
水に強い繊維、水に弱い繊維、こすれに強い繊維、弱い繊維、繊維の性状を詳しく知っているので、合わせたクリーニングが出来るのですが、残念ながら消費者の方で僕らレベルで繊維の事を熟知している方は滅多にいらっしゃいません。


知らないのに、表示どおりに洗わなかったら・・・・・、危ないでしょ?

ですから、きちんと表示を読み、出来ることと出来ない事を確認して、表示どおりに洗って欲しいんです。

どんな仕事も同じですが、いつも大丈夫だから、この程度は何てことないから、と言う慢心が大きな事故になります。
僕らも一緒。
だから、手で触れば分かるような素材でも、きちんと表示を見て確認をするんです。

慢心から、確認を怠ってご迷惑をかけたこと、クリーニング屋さんなら誰しも経験があるはずです。
もう二度とそういう事を起こさないように、きちんと確認をするんですね。


皆さんも、面倒くさがらずに、表示どおりに洗うようにしてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングから返って来た服のにおい。

僕のブログには、色々な人に来ていただいているようです。
検索エンジンで、調べていてたどり着いた・・・・、と言うお客様、結構いらっしゃいます。

最近、気になるなあと思っていたのが、こんなもの。

クリーニングから返って来た服からのにおい。

気になるんでしょうね、場合によっては物凄く不快なんでしょうね。
だから、何でこうなるのか、理由を調べているんでしょう。


クリーニングから返って来た服ににおいがついている場合、主に二つの原因があるとされていました。
一つは、ドライクリーニングの液体の残留。
もうひとつは、脂肪酸と呼ばれる汚れの残留。
これらは匂いがまったく違うので、嗅げば何が原因かすぐ分かるんです。


ドライクリーニングの液体の残留であれば、石油臭くなるんですね。
何でこんな臭いが出るのか?と言うと、乾燥不足。
きちんと乾燥をすると、全て消えてしまうのですが、乾燥しきる前に取り出すと、服に残ってしまい臭いが出てしまうのです。
残りやすい所は、肩パッドの辺りとか、縫い目の辺りとか、生地が重なっている所とか。
要は乾きづらい所に残るんですね。

対処法としては、クリーニング屋さんへ持ち込んでもらって再度乾燥しなおしてもらうか、数日干してもらえば消えてしまいます。

注意点は、においがしているときは絶対着ては駄目。
化学やけどと言うやけどを負ってしまうので、においがしたら、着用は絶対しないでくださいね。

もうひとつ、脂肪酸と呼ばれる汚れの残留。
これは、さらにいくつか原因があるんですけどね、たとえば洗う量が多かったとか、洗剤の量が少なかったとか、洗う液体そのものが汚れていたとか、洗う時間が長すぎたとか。
このように、いくつか原因があるんです。
対処法としては、洗い直して貰う他ありません。
においは、先ほどの石油のようなにおいとは違い、汗のにおいのような感じ。
クリーニング屋さんへ再度洗い直しをお願いしてみてください。


今までは、この二つが主な原因とされてきましたが、最近はこれ以外にもいくつか理由があるようです。

その一つが、着用のし過ぎ。
要は汚れすぎと言う事ですね。
世間では、ドライクリーニングでは汗が落ちない、と言うような噂が出ていますが、これは間違いなんです。
ドライクリーニングでも汗は落ちます。


ただし!落ちる量には限界があります。


こまめに洗っていただけると、ドライクリーニング一回で十分キレイにすることが出来るのですが、汚れがあまりにもひどいと一回ではキレイにすることが困難なケースが出てきます。


汚れすぎる原因は、着用の回数が多いことと、汗を直にスーツにつけてしまっていること。
昔は、1シーズンに8着くらいのスーツを着まわしていました。
今は、多い人でも4着くらい、少ない人だと二着ほどで着まわしています。
すると、簡単に計算をしても、昔の倍は着ている計算になりますよね。
その上、ズボン下などをはかなければ、直にスーツに汗はついてしまいます。
そして、クリーニングに出す機会がぐっと減っている今を考えると、その汚れたるや昔の・・・・・何倍でしょうね???
3倍、いや4倍以上はあるかもしれません。


みなさん・・・、着すぎですってば・・・・・。


じゃあ水で洗えばいいじゃない?と言うのは言うは簡単、やるのは考えちゃう代物なんですね。
水で洗うとどうしても腰が抜けてしまう。
僕らが洗って仕上げたときはきちんとしていても、お客様が着用されて30分ほどでヨレヨレになってしまうようでは困るじゃないですか。
水で洗うか、ドライクリーニングを何回かしてきれいにするか、いつも悩む所です・・・。

そして、もうひとつ、最近気になっているにおいの原因が、柔軟剤。
最近流行ってますよね、匂いの出る柔軟剤が。
あれがね、悪さをするんですよ。


クリーニングして、乾燥をした時に、熱で香りが壊されて、元にある魚の腐ったようなにおいを発生すると言う報告があります。
いままでぇあ、洗うのは全部クリーニング、と言うのが常識でしたが、最近はシーズン終りにクリーニング、それまでは自分で、と言う方がいらっしゃいます。
その時に使った柔軟剤の成分がクリーニングしたときに悪さをするようなんですね。


クリーニング屋さんが気をつければ何とかなるものから、思いも寄らぬにおいの発生まで、クリーニングした後に出るからタチが悪い。
クリーニングが悪いんだっ!となりかねないから困るんですね。

においにも原因があること、対処の仕方もあること、お客様の協力も必要なこと、ぜひ、覚えて置いてください。


クリーニングに出すときに、気軽に話せるお店を持っておくといいですね。
そうすれば、クリーニングに出すまでの話しが出来て、クリーニング屋さんで対処してもらいやすくなりますから。
お医者さんと同じです、皆さんの着用の状況、洗濯の仕方など教えてもらうことが多いほど、いいクリーニングが出来るようになりますから。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しわが取れない理由。

このブログのアクセス解析を見ていると、似たようなキーワードを調べている人がいることに気付くんですね。

ポリエステルのしわが取れない。


どうやら、このことで悩んでいる方が多いようです。
以前、リボンだかベルトだかの話で取れなかったしわを取った話を書いたことがあったんですが、多分それにヒットするのかもしれません。

しわが取れない、と言うことはどういうことなんでしょうか?
おそらく、ご自分で洗って、しわくちゃになった衣類のしわが取れない、その素材がポリエステルだった、と言うことなのかな?

しわが付くのにも理由がありますし、状況により付いたしわがどこまで頑固か想像出来ます。
どんな状態で付いたしわか?そこが結構重要だったりするんですよ。


ポリエステルは、皆さんのお言葉を借りると、てれんてれんの服で自分で洗っても平気そうに見えます。
昔は、強い繊維の代名詞で、水でガンガン洗っても平気だったんですよね。
ですが、最近はポリエステルといっても、昔とは違い、水で簡単に洗えないものも出て来ているんですよ。
いや、正確には水で洗えるんですが、その後の仕上げが難しいために水で洗わないほうがいい、といった方がいいかな。


こんな理由で水洗いをしないこともあるんですね。


最近は、手触り肌触りが柔らかいものが主流で、繊維が細くなって来ています。
繊維が細くなるとそれだけで、様々な影響を受けるようになるんです。
水の影響だったり、熱の影響だったり。
今までは平気だったものが、おかしくなってしまい、僕らクリーニング屋さんでも悩むことがあります。
また、表記はポリエステルでも素材は違ったりね。
一般の皆さんが手を出しづらいような状態とも言えると思うんですよ。


しわへの対処は、まずしわが付かないように洗う、という事が大事です。

しわが付く原因が、水で洗うことだったら、水で洗っては駄目。
家庭で洗えるドライマークの洗剤も、水洗いだから駄目。
おとなしく、クリーニング屋さんに出しましょう。


しわが付く原因は他にもあります。


脱水時に付いたり。
濡れたまま放置をしていて、しわが強烈に付いたり。
乾燥機で乾燥をしてそのまま放置しておいて、しわになったり。


熱や水の影響は大きいので、これらの作業をするときには、放置しないで終わったらすぐハンガーなどにかけるのが基本ですね。
それだけでかなりしわが軽減されるはずです。


洗えば、どんなものでもしわが付くのは当たり前です。
それを取るにはアイロン掛けが必要。

アイロン、かけられますか?

先ほど、仕上げの難しいものはクリーニング屋さんで、と言いましたが、ここにその理由があったりします。
ポリエステルでも色々あると書いたでしょ?
嵩だかって分かりますかね?表面がぶわっと毛が立っているような生地があったりします。
この手のものは、しわを伸ばすのはまず家庭では無理なんです。
また、生地が薄くてアイロンをかけるとすぐ光っちゃうようなものも難しいですよね。


クリーニング屋さんにはそういうものを伸ばすための機械があります。
だから、自分でやるのは難しいですよ、となるんですよね。

しわが付くのは、水分と圧力と熱が必要です。
これら全部が一気に必要と言うわけではなく、素材により、状況により、単体もしくは複合的に絡み合ってしわが強烈に付くんです。


たとえば、熱が原因で付いたしわ。
ポリエステルなどの化学繊維でありがちなこのしわは、通常のアイロン掛けでは取れないんです。
熱でセットされてしまっていますから、セットされたときより高い温度のアイロンをかけないと取れないんですね。
ですが、繊維ってアイロンの温度を選びます。
下手に高い温度でアイロンをかけてしまって溶けてしまう・・・と言う事もありえますし。

ポリエステルだからって、テロンテロンだからって、ジャージみたいな生地だからって、軽く考えないで大事なものはクリーニングに出しましょうね。
せめて1シーズンは着たいじゃないですか。
失敗したら、1シーズンも着ることが出来なくなってしまいますから。


失敗したことがあるなら次からはクリーニング屋さんへ任せましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんの勉強は?

最近、クリーニング屋さんになろうとしているのか、クリーニング屋さんの勉強方法を調べている人がいるようです。
ここでもずいぶん前に、クリーニング屋さんになるには?と言うような内容の投稿をしたことがありますから、検索エンジンでやってくる人が多いのかもしれませんね。


今回の話は、それとはちょっと違った、クリーニング屋さんになってからの勉強の話。


クリーニング屋さんになってからも、勉強は必要です。
新しい技術、新しい繊維、新しい洗剤など、色々なものが出てきますから、常にアンテナを張っていないと遅れてしまいます。


では、どうやってクリーニング屋さんは勉強をしているのか?

一つは、セミナーや講習会への参加。


色々な地域で、色々な団体などがセミナーや講習会をを開いています。
そこに参加することで、勉強をしている人たちがいます。
クリーニングの組合だったり、勉強会だったり、色々な所が開催をしているんです。

また、組合発行の新聞などで知識を得ることもあります。
これがまたよく出来ていまして、発行している人が勉強しているんでしょうね、今必要な事例だったり新しい繊維の話だったり、載っていたりするんです。
また、最近の事故事例などもあったりしますから、気をつける必要のある品物、ブランド、メーカーなど知ることが出来たりします。

最近は、ネットでの情報の流通も盛んです。
同業者同士交流をしている人たちもいれば、クリーニング関連の各団体がコラムで情報を流していることもありますから、ネットのチェックは必須。
これらを読み解くにはそれなりの基本的知識が必要です。
僕らクリーニング屋さんが読むから分かるんでしょうね。


そして、最後は、現場で、必要になるものを調べるんです。


たとえば、素材表示にまったく知らない表示があったとき。
そのままでは洗えませんから、色々な手を使って調べます。
どんなものが使われているか?どのように作られているか?そして、どんな性格を持っているか?


たとえば同じポリエステルでも、作り方や素材の違いで表示はポリエステルでもまったく性格が異なります。
本来なら、熱に強いはずのポリエステルが弱くなっていたりすることもあるので、繊維の性格を知ることはとても重要なのです。

常に新しい素材や繊維は出てきます、
そのたび、僕らは勉強を知ることになるんです。
初めて出てきたときは、わからずに事故が起きてしまうこともあると思います。
とても悲しいことですが、それらを糧にして、対策を練り、情報を共有して、クリーニング屋さんが安全に取り扱える品物がどんどん増えていくんですね。

そして、ファッションは回ります。
数年前、いや数十年前にはやったものが今なぜかブームになると言うことも、しばしばありますが、クリーニング屋さんには過去の情報の蓄積がありますから、突然過去の繊維が出てきても対処出来るんですよ。

だから、常に勉強、なんですね。


クリーニング屋さんになりたい方、なるまでも勉強ですが、なってからも勉強です。
肝に銘じて置いてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »