« クリーニングから返って来た服のにおい。 | トップページ | 仕事ハッケン伝。 »

洗濯表示には従わないとダメッ!

ちょっと面白いデータを見つけたんです。
家庭洗濯についてのデータなんですけどね、使っている洗剤の種類やら、柔軟剤やら仕上げ剤やら、いろんな質問に消費者の方々が答えているんです。


そのデータを読み解くと、面白いことに、洗濯の仕方を分かっている方が洗剤や柔軟剤を複数所持していて使い分けているようなんですね。
こだわり、とてもいうものらしいです。
そういえば、僕がクリーニングの集配にお伺いすると、かなりの数の洗剤を見かけることがあります。
もしかすると、クリーニングをご利用されるお客様は、洗濯やクリーニングに元々強い興味があるのかもしれませんねえ。

そのアンケートの中で、興味深いと思いつつ、ちょっとまずいなと思うことが一つありました。
それは、洗濯表示に従わない理由はなぜか?と言う問いに、従わなくても洗えるから、と言うのがあったんです。

家庭の洗濯において、洗濯表示は絶対なんですよ。
従わなきゃダメなんですね。
僕らクリーニング屋さんは、今の所、洗濯表示は参考にしか出来ません。
今後、ISO表示が主流になると、僕らも当然従うようになるんですけどね。


みなさんが、洗濯表示に従わなければいけない理由は、洗濯表示は皆さんのために作られたものだからなんです。
消費者の皆さんが、それを見れば安心して使えるように作られているんですよ。
逆に、僕らプロ向けに作られたものではないので、アパレルメーカーさんとトラブルになっても、洗濯表示の話を出してもあまり意味がないんです。

プロなんだから、自分で見抜いて洗いなさいよ、と言うことなんでしょうかね。

僕らが洗濯表示どおりに洗って何か起こったとしても、なかなかアパレルメーカーさんは責任を取ってくれませんが、消費者の皆さんが表示どおりに洗って問題が起こったら、きちんと対応をしてくれます。
もし、表示どおりに洗わなかったら・・・、もちろん対応してくれませんよね。

そんな事いっても、洗っても問題ないじゃん、と思っている皆さん。
それはとても危険ですから。
皆さんが気付いていないだけで、十分おかしくなっているんですよ。


たとえば、縮んだり。

たとえば、色がにじんでしまったり。


今年の春先にブログに書きましたが、古着屋さんで売られている古着のかなりの数が事故品だったと。
水で洗えないものを水で洗ってしまったがために起こった、縮みがいたるところで見受けられました。
売る側も、買う側も、お互いおかしい所が分からないので、普通に陳列されているんですよね。

僕らクリーニング屋さんは、繊維の事を知っています。
水に強い繊維、水に弱い繊維、こすれに強い繊維、弱い繊維、繊維の性状を詳しく知っているので、合わせたクリーニングが出来るのですが、残念ながら消費者の方で僕らレベルで繊維の事を熟知している方は滅多にいらっしゃいません。


知らないのに、表示どおりに洗わなかったら・・・・・、危ないでしょ?

ですから、きちんと表示を読み、出来ることと出来ない事を確認して、表示どおりに洗って欲しいんです。

どんな仕事も同じですが、いつも大丈夫だから、この程度は何てことないから、と言う慢心が大きな事故になります。
僕らも一緒。
だから、手で触れば分かるような素材でも、きちんと表示を見て確認をするんです。

慢心から、確認を怠ってご迷惑をかけたこと、クリーニング屋さんなら誰しも経験があるはずです。
もう二度とそういう事を起こさないように、きちんと確認をするんですね。


皆さんも、面倒くさがらずに、表示どおりに洗うようにしてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« クリーニングから返って来た服のにおい。 | トップページ | 仕事ハッケン伝。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯表示には従わないとダメッ!:

« クリーニングから返って来た服のにおい。 | トップページ | 仕事ハッケン伝。 »