« クリーニングの活用の仕方講座。 | トップページ | うちで洗ったのはやっぱり臭いがしなかったんだよなあ。 »

汚れなきゃいけないんです。

僕、思うんですけどね、服が持つ機能の一つに、汚れなきゃいけない、という事があると思うんです。
汚れなきゃその方が楽なんですけどね、それでも服は汚れなきゃいけないと思うんですよ。


先日、こんなニュースを見かけました。

これでクリーニング不要!水と油の両方を寄せ付けない新素材を開発。


撥水剤や發油剤と言うものは、今でもあるんです。
クリーニング屋さんで言う所の防水加工、撥水加工がこれですね。
でも、素材自体が、水も油もはじく、と言うのは確かに画期的なんですよ。
これだけでも、色々な方面で活躍できるんではないか?と言うような期待がどんどん膨らんできます。

で、こういうものが開発されると必ず出てくるのが、クリーニングがいらなくなる、と言う文言。
洗う頻度が減ったり、まったく洗わなくても済むのなら、これ以上の喜びはないと思うんですけどね。
でも、ちょっと考えると、それだとまずいよな、と思ったりもするんです。


服ってね、ちゃんと意味があって皆さん着ているんですよ。

ファッションにこだわりをもたれるのも十分意味のひとつだと思うんですが、そもそもは保温の意味があったり、汚れ防止を意味したりしているんですね。

汗の汚れは嫌なんです、確かに。
でも、下着やシャツが汗を吸ってくれないとそれはそれで困るわけで。
汗を吸わないシャツ・・・・・、皆さんもうご想像されていると思いますが、物凄く気持ち悪いですよね。
体を快適に保つためには、必要なだけの汗は服が吸い取ってくれないといけません。


理想は、汗を吸い取ってくれた後に、吸い取った汗を発散してくれる繊維なんです。
こういう服を着ていると、とても体に負担がなくなり、楽になります。


でも、汚れるんですよ。


いや、汚れるから体が快適になるんです・・・・・。

汚れたら洗えばいいんですよね。
でも、服を汚さないでいると、返って体には負担がかかる。
体への負担を減らすために、服を着ているのに、それでは本末転倒になりかねません。

クリーニングいらず、と言うのはうれしいニュースですが、服が汚れて、自分の身代わりになってくれることで快適な生活が遅れていると言う事も考えると、汚れることも案外いいことなのではないのかな、と思うんです。

たとえば、白衣やエプロン。
最近おしゃれなのが出てきましたが、これらは服を汚さないために上から羽織っています。
その白衣やエプロンが、汚れていないとすると、本来付くはずの汚れはどこへいったんでしょう?


壁や床、または他の所についてしまっているんです。
はじく素材を使ったエプロンは、一見よさそうに見えますが、エプロンが汚れを吸収しないので汚れが他へ飛び散ってしまいます。

換わりに汚れるために着ているんですから、汚れていないといけないんですよね。


技術の進歩はめざましく、とてもうれしいです。
上手に使いこなし、生活を便利にしていただきたい。
反面、便利だからと本来の意味を忘れてしまうと、他に害が出始めます。
その辺を上手に使うようになるといいなあと思いますね。

便利や安さを手に入れて、生活が不便になることって多くありませんか?
昔のものの方がよかったって、思うことありませんか?


そうならないように上手に利用して欲しいですね。

汚れる事は悪い事ではないんですよ。
汚れる事はいいことです。


汚れたら、洗いましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« クリーニングの活用の仕方講座。 | トップページ | うちで洗ったのはやっぱり臭いがしなかったんだよなあ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚れなきゃいけないんです。:

« クリーニングの活用の仕方講座。 | トップページ | うちで洗ったのはやっぱり臭いがしなかったんだよなあ。 »