« ニット類はハンガーに掛けてはいけません。 | トップページ | スーツが集まってきました。 »

クリーニングして艶がなくなるのはアイロンに関係が。

クリーニングにまつわる話をネットで見かけない日はありません。
特に今の時期はようやく冬服と入れ替えをし始めた時期ですから、同時にクリーニングも利用が多くなる時期。
必然的に、ネット上にクリーニングに関する質問などが多く出回る時期でもあります。

こんな質問がありました。

ブランド物のスーツを買って、そろそろ洗いたいんですが、普通にクリーニングに出していいのでしょうか?


どうやらクリーニングにどう出していいか迷っているようです。
近くのクリーニング屋さんでいいのか、ネットでやっているクリーニング屋さんがいいのか、評判のいいクリーニング屋さんはどこで探せばいいのか?そんな事を悩んでいるんでしょうかね。

それに対する答えを見ていて、ああ、そういう風に思っているんだなあという答えがあったんです。

クリーニングすると、傷むので光沢がなくなります。


僕らの感覚からすると、光沢がなくなる、と言う感覚が実はまりありません。
どうしてこういう話しになってしまうのか、よく分からないんですが、少し考えてみたんです。


多くのクリーニング屋さんはこの話を聞くと、多分こういうだろうと思います。

キレイになっていないから光沢がなくなるんだよ。

昔から何かといえばすぐこういう事をクリーニング屋さんは言いたがるのですが、実は違うのではないのかな?と思うんですよね。
と言うのも、各クリーニング屋さんでの仕上げの仕方が全然違う。
その違いが、生地の光沢というものに繋がっていると思うんです。

クリーニグ屋さんって、全部がアイロンを掛けているわけではないんですよね。
アイロンを掛けないで仕上げをしてお返しをしているクリーニング屋さんって結構あります。
手抜きではなく、コストダウンのため、色々研究をしてそういう仕上げに行きついたんだと思うんですよ。

主に大手チェーン店で採用されている仕上げ方でして、アイロンでしわを伸ばさない代わりに、蒸気と風を上手に使ってしわを取り除いていきます。

アイロンは職人による仕上げですから、とても手間がかかり時間がかかるのと同時にコストがすごくかかるんです。
リーズナブルな価格でクリーニングを提供しようとすると、仕上げにアイロンを使うことが難しくなります。
機械も進歩していますから、ノーアイロンでも形よく仕上げられるようになって着ているんです。


しかし、このノーアイロンが問題なんだろうなと僕は推測をしています。

服ってね、洗うと表面の細かい毛羽が起き上がるんですよ。
今まで汚れていたり、こすれていて寝ていて毛が、汚れが落ち、蒸気を当てられたりするとふわっと起き上がる性質があるんです。
はっきりと目に見えるわけではないんですが、毛が起きている状態なので、光沢なんかはなくなっているように見えます。


ここにアイロンを当てて毛を寝かすと、光沢が出てくるんです。


光沢・・・と言うとクリーニング屋さんは実は嫌なイメージにしかならないんですが、服の色合いがはっきりと変わるくらい、アイロンを掛けるときれいに仕上がるものなんですよね。

もしかしたら、光沢がなくなるって、こういう事を言っているんじゃないのかな?と思うんです。


大手のクリーニング屋さんも洗い方には十分気を使うようになって来ました。
その中で、洗いでおかしくなるケースもなくはないかもしれませんが、別の要因も考えられると思うんです。
個人で経営されているクリーニング屋さんでやってもらったら全然違った、と言う話を聞きますが、青おきな違いってここだよなあと思うんですよね。

でね、先ほどから光沢と言う言葉が余り僕らの中ではいいイメージがないといいましたけど、それにも理由があるんです。


アタリ、といいまして、アイロンによる、テカリを僕らは嫌うんですよ。
ですから、仕上げをする際、なるべくテカリが出ないように注意をしながら仕上げていくんですが、昨今のデリケートな服ですと、どれだけ注意をしていてもテカリが出てしまうことがあるんです。
で、これを回避するには、アイロンを掛けないで、蒸気で仕上げていくしか方法がない、と言うジレンマがあるんですよね・・・。


くしくも仕上げの問題点を解決しようとした結果がお客様へのご不満となってしまっているのかもしれない、と思います。


もし、クリーニングをして光沢がなくなるのが嫌だ、とお考えでしたら、アイロンを掛けてもらえるようなクリーニング屋さんにお持ちになってください。
個人のお見せでは普通にアイロンを掛けています。
また、大手チェーン店でもデラックスと称するものは仕上げ行程が違いますからアイロンを掛けてくれる所もあります
個人のお見せで、アイロンを掛けますか?なんてきいたら、当たり前だろ、といわれちゃうかもしれませんが、心配ならそういう質問をしてからクリーニングに出す事をおすすめします。


大事なお気に入りのスーツ、大事にしたいなら今洗うべきです。
クリーニング屋さんに持っていきましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« ニット類はハンガーに掛けてはいけません。 | トップページ | スーツが集まってきました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングして艶がなくなるのはアイロンに関係が。:

« ニット類はハンガーに掛けてはいけません。 | トップページ | スーツが集まってきました。 »