« 運動会っ! | トップページ | 何でしわが付くのか? »

洗えない理由、洗いたい理由。

クリーニングと言う仕事はいつも悩みの連続です。
昔はこんなに悩んでいなかったんだろうなと思います。


何でこんなに悩むようになったか?


理由は簡単、繊維の素材が複雑化してきたからなんですね。
大元は、天然繊維に似たものを、安価に、また安定的に供給させるために化学繊維が開発されてきたのですが、化学繊維自体に色々な魅力が出てきて、それが普通に使われるようになって着ました。

そして、異素材が普通に組み合わされるようになってきたのも、大きな原因の一つです。

僕たちクリーニング屋さんがどのように洗うか決めているか?と言うと、まずは汚れの具合なんですね。
どんな風に汚れているか?それでどのように洗おうか判断をします。
でも、そこに素材の壁が立ちはだかるわけです。


洗いたいのに、この洗い方では洗うことが出来ない、そういう事が大いにあるわけです。


厳密に言うと、洗う事は出来ても、風合いが変わるのでその洗い方は避けたい、とか。
この辺はクリーニング屋さんの感性によるので、うちでは洗えないけど他では洗っているのかもしれません。

ここで悩むんですよね。


この汚れを落とすためには、この洗い方がベスト。
でも、そういう洗い方をしてしまっては、風合いが変化してしまう。
どうしたものかなあ・・・・、と悩むんですよ。

たとえば、これが装飾品の類で洗うことが出来ないのなら、違った解決方法とかがあるんですね。
たとえば、装飾品が外せないか?外せるのなら、外して洗ってしまえばいいし、何かで覆ってしまえば洗いの影響を受けないのであれば覆ってしまうし。
それなりに対処法があるわけです。
しかし、繊維となると、服そのものですからそういった逃げ道がなくなるんですね。

きれいにしたいけど、風合いが変わってしまう。
風合いを取るか、汚れ落ちを取るか。
何回かに分けて洗えば落ちるかな?と試行錯誤を繰り返して洗っています。


ファッション性が高まるにつれて、クリーニングは難しくなっていきます。
難しい理由は、僕らはプロなので、求められる品質が高いから。
今はご家庭でも洗う事は出来ますが、ああいう洗い方で、また品質でよければ僕らも簡単なんです。
いわゆる、それなりでよければ何とでもなります。
でも、それではお金を頂いている以上、いけないと思うので、日々悩みながら試行錯誤しながら、洗っている、と言うわけなんですね。

たまに、思うこともあるんです。


他の素材と組み合わせないで、100%で作ってくれないかなあ、と。


変な装飾品をつけないで、素材勝負で作ってくれないかなあ、と。


でも、そういう服ってかなりの高級品なんですよね。
素材だけで見せることが出来る服というのは、かなりの高級品です。
中々ないものですから・・・・・。

おそらく20年前と今ではクリーニングの難しさは段違いになっているだろうと思いますね。
それだけ、やりがいもあるんですけど。
画期的な技術が開発される事もあるかもしれない。
それまでは、僕らの頭で代用ですね。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 運動会っ! | トップページ | 何でしわが付くのか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗えない理由、洗いたい理由。:

« 運動会っ! | トップページ | 何でしわが付くのか? »