« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

カビや虫にやられないことってありますか?

先日、変な質問を見かけたんです。

何年たっても、カビや虫にやられないことってありますか?と。


もしかして、この質問をされた方、何かをほったからしにしているんでしょうか?
よくある話で、大学の入学式に来たスーツ一式を、洗わずにそのままにしておいて、三年後に就職活動できようとしたら・・・・・すごい状態になってた、なんていうことは、よくあります。(笑)
ここでの失敗が、後々クリーニングの重要性に気付く事になっていくんですけどね。

何年経っても、虫やカビにやられない、そんなことってあるのか?


ありますよ。
もちろん、絶対合わないということではありませんし、運や条件もあるんです。

カビが生えるのには、条件があります。
カビ菌がいること、湿気があること、温度が高い事。
このどれは一つが欠けると、カビは生えなくなります。
カビはどこにでもいるので、これは無理ですが、他二つは運良く逃れる事が出来たりするんですよ。
カビが生えないケースはありますね。


虫にやられないこともありえます。
虫がやってくるのは、人にくっついてくるんですね。
外を歩いているとき、服にこっそりついてきて、家の中に入ってきます。
緑の多い所に済んでいるとつきやすいですし、ガーデニングをやっているとつきやすいと言う話を聞いたことがあります。

運良く、つかないで入ってこない、と言うことも当然あるわけです。


運良く、って言うなら、放置をしていてもいいの?賭けてみるか!なんて思うのはダメですよ。
服に影響があるのは、虫やカビだけではないんです。


時間の経過で一番怖いのは、汚れの変化です。

先ほどの、大学生の話し、あれは、一度でも着て放置をしていたので、すごいことになってしまったんですね。
ほんのちょっと、入学式で着ただけ、のはずが、襟や袖、お腹周りには汚れが付いています。

汗、体の皮脂、埃、食べこぼしなどです。


これらが時間が経つと、変化をするんですよね。


酸化する、と僕らの業界ではいうんですが、黄色く変色をしたりにおいを発生させたりするようになります。
カビのにおいとはまた違いまして、こちらは運はなく、絶対なってしまうんですよ。


たとえ、運良く虫にやられなくても。
たとえ、運良くカビにやられなくても。

一回の着用でのほんのちょっとの汚れも時間が経つだけで、取り返しの付かない事態へと変化していってしまうんですね。


ですから、洗う、と言うことはとても大事なんです。

ほんのちょっとの汚れをすぐ洗いましょう、と言っているのではなく、長期間着ることがないのであれば、洗ってしまいましょうね、と言うことなんですね。


もう少しで入学式の季節になります。
入学式で着たスーツは、ちゃんと洗ってしまいましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川にIKEAがやってくる。

ここ最近、立川の開発がまた進んでいるようです。
ニュースでこんな記事が。

立川にIKEAが4月10日にオープン。

IKEAがくるとは噂では広がっていましたが、4月にオープンしちゃうほど進んでいたんですね。
出来たらしばらくは渋滞が激しくなるような気がする・・・・・。
しかもうわさでは、コストコも出来るとか。

立川飛行場の跡地が山ほど開いてますからね。
大型商業施設を誘致しやすいんだろうなあ。


IKEAで朝食を食べた後に買い物、昭和記念公園で子どもを遊ばせつつ、僕はコストコで買い物、帰りは立川まんがぱーくでゆったり、そんな日が来るのかなあ。(笑)
ここ中河原から、立川までは結構近いんですよね。
電車でも、自転車でも車でも、ささっと行く事が出来るので、これからが楽しみになってきます。

とりあえず、4月に入ったら一度見に行ってきましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溶けない雪。

仕事の段取りをつけて、富士山に水汲みにやってきました。
この時期、週末にイベントが目白押し。
思うように動けなくなってしまいます。


談合坂にて、時間調整。



びっくりですよ、雪の多さに。
全く溶けてないんだもん。
















屋根の上の雪がすごいでしょ?
ここに来る道中も、一車線規制。
その理由は、路側帯が雪で覆われているので、逃げ道用として一車線とっているからなんですね。


まだまだ、完全復旧には時間がかかりそうな気配です。


山梨方面へお出掛けのご予定があるみなさん、出かける時は気をつけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地震復興応援企画 魔法使いアキットくんのマジックショー IN 福島

さて、日曜日、行ってまいりました、福島へ。
福島の子どもたちへ、魔法使いアキットくんのマジックショーを届けるために。


といいましても、僕らは募金を福島のクリーニング屋さんに託し、福島県クリーニング組合の青年部さんが主催をしてくれて実現をしたんです。


企画から募金、実際にショーが開催されるまで1年ですよ。
長かったようであっという間でしたね。

先週、雪が降ったせいで福島市はまっしろ。
道路は除雪されていますから、問題なく走れますが、問題が起きたのは駐車場の方でした。
雪が積もっていてちゃんと駐車出来ないんですね。
これが後々尾を引くようになります。


ショーの開始時間は午後1時。
こちらからは、今年の大和市クリーニング感謝祭の実行委員長 白栄ランドリーの野田さんと僕とでうかがいまして、福島に着いたのが午前10時頃でした。
開場では福島のクリーニング屋さんが準備中、アキット君も準備中。
みんな、なんとなくそわそわした感じです。

初めてのイベントで、緊張をしていたんですよね。
チケットの売れ行きがすごくて、配り始めて数日でなくなってしまったらしく、全員がきたらキャパがオーバーしてしまうんじゃないか、と言うほどの盛況ッぷりだったらしいんですね。
でも、こういうイベントで配ったチケットの人数全員が来ることはまずありません。
急な予定が入ったりしますので、どうしても減るものなんですが、何しろ今回初めてのイベントだったのでそこが読めない。
最後までドキドキしていました。

準備が進みまして、不意に、窓から下のほうを見ると、なんと入場待ちの人が沢山。
開場一時間前だと言うのに、並んでくれています。
開場15分前にはすでに50人近い人たちが。
心待ちにしてくれていたんでしょうね。


そして、開場。

沢山の人がやってきてくれまして、もうにぎやかです。
小さな女の子が着てくれてましたが、マジック楽しみー、といいながら着てくれたのには、うれしかったですねえ。


開始10分前にはほぼ満席状態に。


会場には当初180席、用意されていたんです。
しかし、ただならぬ雰囲気を察し、急遽座席数を増やしたんですよ。
これが当たったんですよね、足していなかったら、入れない人が出ていたかもしれません。


ほぼ満席の状態で、いよいよショーが始まりました。

福島県クリーニング組合の皆さんのご挨拶の後、アキットくん登場。

すごいですよね、やっぱり。
福島の人は、魔法使いアキットくんなんて誰も知らないと思うんですよ。
なのに、始まってしまうと、みんな大笑い、そして、驚きの声。
福島の人たち、反応いいなあ。(笑)

ジャグリング、すごかったですよね。
右に左に、移動するボール。
不思議がいくつも起こっていました。


ショーが始まってからも、入場者が結構いらっしゃるんです。

雪の影響で、車を止める事が出来ず、何とかとめてやってきてくれたんですよ。
その人たちを会場に入れて、最後は本当に満員。
キレイに座席全てが埋まりました。

1時間後。


ショーが終わり、皆さん満足げな顔をしています。
最後、アキットくんがロビーに出てくれて、皆をお見送りしてくれたんですが、そこでもサプライズが。
お客さんが持ってきたトランプで、即興でマジックを披露してくれたんですね。


残った人たち、大喜びです。


すごいですよね、トランプ一つあるだけでここまで人を楽しませることが出来るんだから。

全てが終わりまして、アンケートを見てみると、そこには沢山の感謝の言葉と楽しかったと言う言葉が詰まっていました。
福島に入った時に、あまりにも普通の光景に、本当にここは地震の被害があったんだろうか、と思ってしまったほど。
それほど、東京とかわらず、普通に生活をしています。


でも、やはりそれは表面的なことで、人の心にはしっかりと傷跡が残っているんですよね。


子どもの気分転換にと思ってきましたが、自分の心が癒されました。


そう書いてくれた方がいらっしゃいました。
すこしでも、お役に立てたのかな、と思った瞬間でした。


ショーの準備、とても大変だったと思います。
沢山の人の気持ちが、繋がっていって、福島でのマジックショーの開催となって行ったんですよね。
そして最後に、福島の人たちの心に届いた、そう思います。

本当にいいイベントでした。

来て頂いたお客様、本当にありがとうございました。

イベント開催に向けてご尽力してくださった福島のクリーニング屋さん、お疲れ様でした。


これからも、頑張っていきましょうね。
心より応援をしております。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご報告。

昨年、当店で募金活動を行いました。
神奈川県大和市のクリーニング感謝祭のチャリティ企画に賛同しまして、当店でも募金活動を行っていたんです。


福島の子どもたちにマジックショーを届けて欲しい。

おととしのクリーニング感謝祭のアンケートにそう書かれていたそうで、昨年は福島でのマジックショー開催を目標に大和市以外のクリーニング屋さんも協力をしていたんですね。

大和市のクリーニング屋さんや僕らの募金活動の結果、合計156122円と言う大きな募金額となりました。

ご協力していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

そして、昨日、福島市音楽堂小ホールにて、魔法使いアキットくんのマジックショーを無事に届ける事が出来ました。

詳しくは明日以降、ここに書かせていただきますが、会場は満員御礼。
最後の数分で座席数を増やしたほど大盛況でした。
楽しみにしていただいていたようで、開場1時間前から長蛇の列。
無事、届けられた事をうれしく思います。

東北震災に関連したチャリティは沢山あります。
赤十字、足長、クリーニング屋さんでも被災したクリーニング屋さんへと言う名目で募金が行われていたりするんです。
数あるチャリティの中で、マジックショーをとどける、と言うチャリティも良かったのかな、と福島の人たちの笑顔を見て思いました。


楽しんでいただいて本当に良かった。


ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島に。

ただいま、福島に来ております。



福島市音楽堂。










これから、皆さんからご協力いただいた募金が形になるところ。



福島の人たちの笑顔を見てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

服を長持ちさせるコツは?

皆さん、たぶん気にしているであろう事は、どうやったら服が長持ちするか?と言うことだと思うんですね。
何かしらの事はしていると思うんです。


頻繁に洗ったり。
逆にまったく洗わなかったり。
お気に入りの服が一日でも永く着ることが出来るように、自分たちで出来ることはないのか?そういう風に考えている人って多いと思います。


今日は服を長持ちさせるコツを、少し考えて見ました。

服を長持ちさせるには、まずその服自体に耐久性がないと始まりません。
服を買うときから、コツがあると思ってもいいと思うんですよね。

どんな服を買うか?

僕は100%で出来たものをおすすめします。
理由は、メンテナンスしやすいから。
色んな素材が組み合わさっていると、たとえば洗いづらかったり、素材同士で傷めあってしまったりと弊害が出てきます。
100%、一つの素材で出来ているほうがシンプルでしょ?
複雑にするよりも、シンプルな方が長持ちするのは、当たり前だと思うんです。


また、繊維によって強い弱い、と言うものもあります。


基本的に、化学繊維は強いと考えていただいてOK。
ポリエステル、ナイロン、アクリル。
しかし、強い反面、肌触りが思うようでなかったり、ウールや綿と比べると風合いがよくなかったりすることもあります。
好みの問題もありますが、ただ強度だけ求めて買っても、おしゃれ度が低くなってしまうので、あまりおすすめできません。

服の特徴を把握する意味でも、買った時に、どんな繊維か?はしっかりと覚えて置くようにすると後々いいと思いますよ。

次に着用。

これはズバリ、連続で着用しないこと、です。
服は一回着用してから休ませると、復元します。
元に戻る力があるんですよ。
休ませてあげないと、どんどん傷んでいくことに。
連続できまわさないように、数着服を持つようにして、着まわしてあげると長持ちするようになります。


また、カシミヤやアンゴラ、アルパカなどの柔らかい繊維のものを着るとき、バッグを持ったり、肩掛けかばんを持ったりするのはNG。
傷めるどころか、服を傷つけることもあるくらいです。
デリケートな服のときは、持ち物も注意をしたほうがいいですね。

そして、次に大事なのが、定期的に洗うこと。

クリーニング屋だからいうわけじゃないですよ。
洗うと言うことはとても大事なんです。
先ほど、復元力の話を書きましたが、これも汚れが付いたままだと、元に戻る力がどんどん弱くなっていってしまいます。

汚れていないよ、と言うのは勘違いで、着用をすれば服はどんどん汚れていっています。


汗もついているし、食べこぼしもついてたりする。
排気ガスやほこりも付着しているんですよ。
自分が気がついていないだけで服には相当のストレスがかかってしまっているんです。

これを落としてあげないとダメージを追うばかり・・・・・。


ここで、先ほどの100%のものを選ぶ理由が出てきます。
100%のものだと、洗いやすくなるんですよ。
たとえば、綿だったら、服によって家庭でも洗うことは十分可能ですよね。
ウールでも、洗うことが出来ることがあります。
ところが、色んな繊維が組み合わさってしまうと、ほんの数パーセントの繊維のために、家庭で洗えないと言うことも起こり得るんですね。
素材を一種類にすると言うことは、メンテナンスがしやすくなる、そういうことなんですよ。


洗うことに関して、もう一つつけたさせていただくと、家庭で水で洗うのは、長持ちの観点で言うと実はあまり好ましくないんです。
水ってね、実はかなり繊維に負担を掛けてしまうんですよ。
自分で洗っていって、どんどん白っぽくなっていった経験がある人は多いはず。
手洗いをしているのに、どんどん腰が抜けていって、テロンテロンになってしまったことも・・・・・。

これは、どういう風に洗ってもなっていってしまうんですよね。


服が安物だからとか、いい商品じゃなかったからだとか、そういう風に思っている方がいらっしゃいますが、それは違います。
水で洗うと、腰が抜けていってしまうんです。
これは、ドライマークが洗える洗剤も同じ。
水を使って洗っている以上、避けられない現象なんですね。

では、どうすればいいのか?

ドライクリーニングが一番長持ちするんです。


ドライクリーニングは、ダメージを負いにくい洗い方なんですよね。
これは水と比べても圧倒的に差が出てしまいます。
何せ、洗った服がほぼもとのまんま出てくるんですから。
洗ったときの崩れた感じがまったくなく、生地の風合いもそのままに洗いあがってくるので、長持ちしやすくなるんですね。

しかし、問題が無いわけではありません。


ドライクリーニングと水洗い、汗などの汚れはどうしても水洗いの方が落ちやすいんです。
ドライクリーニングでも落ちるんですが、落とせる量に限界があるんですよね。

すると、あまり長く着用をしてしまうと、ドライクリーニングだけでは足りないことが出て来てしまうんですよ。


ではどうすればいいのか?と言うと、こまめに洗うこと、ここに行き着くわけです。


汚れがすごくなる前に、こまめに洗っていると、ドライクリーニングだけで十分汗のよふごれも落ちます。
水を使わなくていいので、何度洗っても風合いは元の状態に近いまま。
びっくりするくらい、傷まなくなるんですよ。


ここまで読んでくださった方にはなんとなく流れが読めていると思うんですが、全て繋がっているんですよね。


100%のものを買う理由、着数をもつ理由、傷まないように着る理由、こまめにクリーニングしやすいようになっているんです。
でも、これは洗う為にそうしているんではなくて、長持ちさせるコツが、汚れをためないこと、なんですよ。


だから、汚れを落とせるように工夫することが、長持ちさせる最大のコツになるんですね。

着用中にもうひとつ、出来ることがあります。
それは、脱いだらブラッシングをしてほこりを落とすこと。
ハンガーにきちんと掛けてしまうこと。
半日くらい、クローゼットに仕舞わないで、湿気を飛ばすと尚いいですね。


そして、保管。


もちろん、ここでも、仕舞う前にはきちんと汚れを落とすのは基本中の基本です。
そして、虫やカビにやられないように、防虫剤を入れ、除湿剤をクローゼットに入れ、防中防カビ対策をばっちりと。
これで、服は次のシーズンも安心して着ることが出来ます。


着用していると、どうしても服が痛んでしまうケースもありますね。
袖口とか、裾の方とか、切れてくることってあると思うんです。
こういう傷をこまめに修理すると、長持ちするようになるんですよ。
こまめに修理をすることで、スーツなどでも10年はゆうに着ることが出来るようになります。


なるべく傷まないように着ること。
汚れを落とすようにすること。
傷んでしまったら、すぐさま直すこと。


これらを守ることで、お気に入りの衣類は長持ちすると思います。

ぜひ、お気に入りの衣類が何年も着ることが出来るように、試してみてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

服を洗うと言うことは、素材だけ見ていればいいわけじゃないんですよ。

クリーニング屋さんをしていて、思うのは、服を洗うと言うことは、とても難しいと言うことなんです。
変化しやすいものを、元の形にもどしながら洗うわけですから大変なのは間違いありません。
しかも、お客様は日本人。
日本人の気質を考えると、求められる品質と言うのはシビアなくらい高いんです。
これが外国だったりするとですね、要求もまた違うものになって行きます。

プレスにこだわっていて、汚れ落ちにはあまりうるさくない国もありますから。
日本では考えられないでしょ?(笑)


僕らが洗う時に、基本的にまず見なくてはいけないのが、洗濯表示と素材表示。
クリーニングする服が、どんなもので作られているのか?どういう風に洗うことが出来るのか?確認をするのが一番最初の仕事です。


でも、これだけではどうやって洗おうか?決めることは出来ないんですよ。

だって、服を洗うのは、汚れているからでしょう?
その汚れがどんなものか?で、洗い方が違うのは当たり前の話。

油汚れが付いているのなら油汚れが落ちやすい洗い方を、汗の汚れがひどいのなら汗の汚れが落ちやすい洗い方を選ばないと、いくら洗ってもきれいになりません。

最近は、ご家庭で自分で洗う人も増えてきました。
洗濯本もかなり発売されていますし、洗う前に洗濯表示や素材表示を確認する人も増えて着ているんじゃないかなあと思います。
この素材は洗える、そういって洗っている人、かなりいるんじゃないですか?

だめですよ、素材だけで判断して洗っては。

汚れを落とす為に洗うんですから、どんな汚れか?そこをちゃんと確認しないと。


洗濯表示と言うのは、どういう洗い方が出来るか?を示したもので、どういう洗い方をしなさい、と言う指示をしているわけではないんです。
汚れの質によって、洗い方は当然違うものになりますからね。

こう考えるとね、理想の服って言うのは、水洗いも当然出来て、ドライクリーニングもできて、漂白剤も使える、と言うものだと思うんですよ。
そもそも、服にどんな汚れがつくかなんて誰も想像できません。

食べこぼしかもしれないし、油汚れかもしれない、汗かもしれない、ペンキのようなものかもしれない。

それをきれいにしたいわけですから、この服は水洗いできません、なんて書いてあったら汗の汚れとかどう落としていいか?と言うことになってしまいます。

どんな洗い方も出来る、と言う服は、どんな汚れがついてもきれいにしやすい、と言うことですし、アパレルメーカーさんも本来なら、水系も油系も両方落とせるようにどっちの洗い方も出来る服を作るように目指すのが理想だと思うんですよね。

でも、現実はちょっと違ってたりして。

洗濯表示を見ると、何でこれでドライクリーニングが出来ないのか?理解に苦しむ表示を見つけたりします。
おかしいな?と思ってメーカーに問い合わせると、肌につけるものだから汗の汚れが付くので、水洗いを推奨したい、と。
だから、ドライクリーニングは出来ないと言う表示にしている、と言うんですね。

これって、おかしくありませんか?

確かに肌にそのまま着るものなら汗汚れが一番付きやすいと思うんです。
でも、だからといって、油汚れが付かないとは限らない。
もし、万が一、ついてしまったら、どうすればいいのか?
洗濯表示は、メーカーさんからの情報の一つです。
出来ないものにはそれなりの理由が本当はあるはずですから、鵜呑みにして洗わない人が出てきてもおかしくない。


そもそも、僕らクリーニング屋さんを馬鹿にしているのかな?と勘繰りたくなるような話ですよね。


僕らだって、繊維と汚れ具合を両方見て、クリーニング方法を選んでいます。

汗の汚れがひどく、ドライクリーニングで落ちる量を超えているな?と思えば躊躇せず水洗いをします。
逆に、油汚れが付いていて、これはドライクリーニングでないとおとせないな?と思えばドライクリーニングを当然します。


ドライクリーニングは、きちんと乾燥をすれば、残留することもないので実は安全。
水洗いの方が、すすぎ不足でも起こしようものなら、洗剤が残留してしまいます。
洗剤はそのままにしておいても、揮発する分けないので、残留したまま。
片や、ドライクリーニングの液体は、揮発性があるので、もし万が一残ってしまうことがあっても、揮発してなくなってしまうんです。

・・・・・・・・・・・、ね、どう洗うか?はプロに任せてくださいよ。
僕ら、ちゃんと素材や汚れ具合を判断しながら適切なクリーニングをしているんですから。


プロを、あまり馬鹿にしないでいただきたい。


それよりも、ドライ、水洗い、どちらも行ける服を作るほうが大事ですよね。
そうすれば、格段に、衣類の持ちがよくなります。
長持ちするんですよ、適切なクリーニングが出来れば。
水洗いはどうしてもダメージが大きいので、へたりやすいんですね。
水洗いしか出来ない衣類がある、と言うことは、大きな問題だと思いますよ。

アパレルメーカーさん、洗う、と言う事を考えながら作っていると思うんですが、もう一歩踏み込んで、洗うことを前提に服を造って見てもいいと思いますが、いかがでしょう?
きっと、いい服が出来上がると思います。(笑)


いつかそんな服がクリーニングに出てくるといいなあ。
楽しみにしています。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイロンやポリエステルが溶ける?

不思議な縁があるんでしょうか、クリーニング関係のものをよく見つけるんですよ。(笑)
テレビを何気なく見ていると、クリーニング屋さんの話しが出ていたり、新聞を読んでいるとクリーニング屋さんのきじが出ていたり、雑誌を読んでいるとクリーニング屋さんが出ていたり。(笑)
職業柄気になる、と言うだけでは済まないほど、クリーニング屋さん関連の話しが舞い込んできます。


つい先日も、何気なくネットを見ていると、気になる投稿が。

乾燥機でナイロンやポリエステルが溶けるか心配だ、と言う話なんですよね。

その人は、クリーニング屋さんに洗ってもらうよりも、コインランドリーで洗うほうが好きらしいのですが、ダウンジャケットを洗うのに心配だとおっしゃっているんですね。
心配の種は、乾燥機でナイロンとかポリエステルが溶けるんじゃないか?と言うことなんです。


温度の調節とか出来るのかな?とか、溶けないような工夫はありませんか?なんて書いてあります。


・・・・・・・・・、溶けないから。


・・・・・・・・・・、乾燥機では溶けないから。

最初読んだ時にね、この人は何を言ってるんだろう?と思ってしまいまして。
溶けた経験があるのかな?とびっくりしました。

ナイロンやポリエステルの溶融温度はえらい高いんです。
200度以上にならないと溶けないんですよね。
乾燥機で、200度以上になる・・・・・・、そんなことになったらえらい大変。
近づけないんじゃないですかね?そもそも。


アイロンですら200度になると持つ手が熱く感じ始めます。
乾燥機作っているメーカーだって、そんな危ない機械、作りませんって。(笑)


乾燥機の熱源には種類がありまして、業務用の乾燥機の熱源は、蒸気か電熱。
上がり過ぎないようにサーモスタット、温度を調整する機能がちゃんと搭載されています。
心配をするような事は起こらないから安心してください。


でも、溶融温度が200度以上だからって、そこまで平気というわけでもありませんからね。
乾燥機でも普通に高温になると影響が出始めますが、乾燥機が壊れでもしない限り起こりえない話なので、普通は心配をしなくていいという話。

大事な服なので、色んな事を想定してしまうのも分からなくもありません。
でも、少し大げさすぎるような気がしますよ。


服が傷む、と言うのも、中には過剰に心配をされている方もいらっしゃいます。
そこまで気にしだしたら、着ないのが一番になっちゃいます、なんていうケースもあるくらいです。

商業クリーニングの歴史も、ドライクリーニングが普及し始めてから50年以上経っています。
それ以前も、紺屋さんなどクリーニングの歴史は長いんです。
ここまでの長い歴史の中で、機械メーカーさん、洗剤メーカーさん、僕らクリーニング屋さん、皆が一つずつ問題を解決して来ています。

だから、今のクリーニングは安心なんです。

でも、皆さんは僕らのようなプロではありません。
どうしても心配をしてしまうかもしれませんよね。
そんなときは、遠慮なく、クリーニング屋さんで聞いてみてください。
きっと、問題が解決するはずです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さく、汚れは落ちていませんって・・・・。

クリーニング屋として、いつも不快に思うCMがあります。

ファブリーズのコマーシャル、あれどうにかならないんですかね?


商品に文句をつけているわけではないんです。
いい商品だと思いますし、需要があるのは間違いありません。
問題があるのは、CMの方。


イメージ広告、と言うのは分かるんですが、さもファブリーズを吹きかけると、洗っているかのようなCM。
実際、お客様の中にはファブリーズをかければ、洗ったのと同じ効果がある、と思っていた方もいらっしゃいました。

前回も確か、問題になったはずですが、今回はもっと悪質じゃないですか?

明らかに言葉で、洗えるよ、と言っている。
そして、ファブリーズを吹きかけるわけです。


しかし、画面には小さな文字で、汚れは落ちていません、と出ている。

洗うって何だ?
除菌は洗うと言うことなのか?


そんな疑問すら、吹っ飛んだのが、ちょうど横で見ていたうちの母には、その文字が読み取れなかったんです。

つまり、高齢の方には、小さな注意事項なんて読み取れず、ただファブリーズは洗っていると言う印象しか残らないCMになってしまっているんですよね。

これ、明らかなミスリードでしょう?

ちょっと悪質すぎませんか?

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい緊急時の対応だと思います。

先日の大雪のせいで日本各地で、孤立した所や、道路上で動けなくなった人、家に帰れなくなった人がたくさん出ています。
ニュースなどで見ていると、すでに3日もその場で待つだけ、と言う人も。
車なんかは、ガソリンも心配ですし、ご飯や寝る所も心配ですし、ニュースを見ていても心配でなりません。


しかし、そんなニュースの中で、日本人らしいなと思うような優しいニュースも飛び込んできます。

道路上で立ち往生している人たちに炊き出しをしている人たちがいました。
近くのコンビニなどへ買い物へ最初の頃は出かけていたようですが、コンビニだって仕入れがままならない状態。
お店の中の食料品だって、底を付いてしまっています。
周辺の民家の方々が、炊き出しをして、温かいご飯を食べさせてあげている。
こういうのってすごいなと思うんですよ。


山梨方面も今回はすごい被害。
特に中央高速では、降りることが出来ずに雪に埋もれてしまった車も多数ありました。


僕もよくよります、談合坂サービスエリアにも多数の車が出れない状態でまっていたようです。

ネット上では、神対応だ、と言う話しが沢山出ていますが、山崎パンのトラックの人が、談合坂サービスエリアにいる人たちに、パンを提供したんだとか。
好きなだけ持っていってください、この言葉に救われた人たちは沢山いたことと思います。
また、サービスエリア内にある、すた丼やさんなんかも、無料で食事を提供したらしいですね。


緊急時のこうした企業の対応って、すごいなあと思うんです。

こういう時にね、企業の姿勢と言うのが表れると思うんですよ。


僕がこの業界に入って何年かした頃に、福島で水害が起こりました。
水があふれかえって、民家に浸水、沢山の人が被害にあわれたんです。
その時に、クリーニング屋さんの友達が、皆さん困っているだろう、と、クリーニング工場の乾燥機を無料開放したんですよね。

浸水して、服がびしょぬれになって、着ることが出来ない状態。
乾かすにも時間がかかってしまうので、乾燥機を使って乾かしてください、と言うすばらしい心意気です。

当時、クリーニング屋さんにも色々いまして、無料で開放するなんて、と文句を言う人もいたんだとか。
でも、友達は譲らなかったんですね。
困っている時に、助けるのはお互い様、と、無料で乾燥機を開放し続けました。

また、泥で汚れてしまった衣類も、出来る限りキレイにしようとクリーニングを。
泥を落とすには水で洗うのが一番なのですが、衣類によっては水で洗うのがあまり得意でないものもあります。
でも、そんな事をいっていられない、とクリーニングし、着られる状態に何とかしようと頑張っていました。


本当にすごい人なんですよ。

東北地震の時もね、自分たちだって被災していたのに、避難所回ってクリーニング品を集めたり。
ニュースに出ていて、変わらないなあと、胸が熱くなったのを今でも覚えています。

クリーニングって、緊急時に出来ることがあまりないんですよ。
食べ物、飲み物、衣類、お風呂、まずそこから必要になります。
でも、こんな僕らでも、災害時に協力できることはある。


零細企業の集合体のようなクリーニング屋ですが、心の中には、企業としての社会貢献と言う志はいつも持っていなきゃいけないと思うんですよね。


阪神淡路大震災、東北地震、これらを経て、僕ら商売人はいざと言う時に助け合うと言うものを学んでいます。
それが今回の雪の災害でも出たんだなあと、なんだかうれしくなりました。

まだまだ復旧出来てないところもあるようです。
何とかしようと頑張って雪かきをしてくれている人もいます。
炊き出しをして助け合っている人もいます。

災害を通じてですが、よくなっていってるんだなあと本当に思いますね。


皆さんの無事と、一日でも早い復旧を祈っています。
そして、支援しているみなさん、頑張ってくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセモノと本物。

今日、ちょっとした用事で同業の友達の所へ電話をしたんです。
用事はすぐ終わったんですが、当然それだけで終わるはずもなく。(笑)
最近気になったものをお互い聞いていたんですね。

そこで、出てきた話しが、高級ダウンの色落ちの話。

モンクレールのダウンで、色が落ちる現象が起きているようだ、と言う話を聞いたんです。
モンクレールは、実はかなり偽物が出回っていまして、不具合が出るのは偽物のせいだ、と、メーカーさんがクリーニング業者向けに講習会を開いたことがあるくらい。

人気の商品は偽物がよく出るから困るんですよね。


しかし、今回の色落ちの件、どうやら正規品で起こっているという話なんですよ。

保管中に色がはげてしまうようで、お客さんがびっくりするらしいんです。
大阪のテレビによく出るクリーニング屋さんに問い合わせたら、それは偽物じゃないですか?と。
本物でそんなの見たこともない、と言われたとか。
でも、メーカーへ問い合わせをすると、そういうこともあります、と認めたらしいですから、どうやら正規品でも起こる事故のようです。


友達と話をしていまして、げんいんはなんだろうね?と。
考えられるのは、糸の細さによる影響ではないのかな、と。
昔、化学繊維というのは丈夫な代名詞でして、縮まない、傷まない、色が落ちない、と言った具合に植物性の繊維の悪い所を全てカバーする、物凄い繊維として開発をされたんです。


実際、それほどの強度もあったので、今までは問題にならなかったのですが、昨今の化学繊維は様子が違うんですね。

糸を細くした、マイクロファーバーと言う繊維にする為、昔ならありえなかったような事故が起きてしまうことがあります。


色がはげるのもその一種。
この前かいた、 色泣きとはまた違う、昇華と言う色が消し飛んでしまうような状態になるようです。

話を元に戻します。

清水の舞台から降りる覚悟で、せっかく買った高級ダウンの色がはげてしまったら、お客様はとても悲しいですよね。
何とかして着れる様にならないか?色んなクリーニング屋さんを探すわけです。

でも、モンクレールをよく扱うと言うクリーニング屋さんでも、偽物だからと言って断られてしまうらしく、お客様が途方にくれているようだ、と言う話になりました。


僕の友達、そんなダウンを直しちゃうんですよ。


でね、友達と話をしていて、なるほどだなあと思うことがあったんです。

本物か偽物か、僕たちに関係があるのかな?と。
本物だろうと、偽物だろうと、お客様は着れなくなって困っている。
修正して着れるように出来るのなら、やってあげたほうがいいんじゃないのかな?


と言うんですね。
モンクレールは、ニセモノというだけで断るクリーニング屋さんがあるらしいです。


でも確かに僕らの中で、本物と偽物、区別をしなければ行けない理由はないんですよ。
偽物が断られやすい理由があるとすると、正規品に比べて、弱かったり事故が置きやすかったりすることがある、と言うことでしょうか。


何か起こった時に問合せ先がない、と言うのも断る側の理由としてあるのかなあ。


友達は続けます。


破れてしまったりとかはどうしようもないけど、色がはげているとかなら十分直せる。
お客様が着れなくて困っているなら、それを直すのもクリーニング屋さんの仕事じゃないのかな、と。


なるほどなあと思います。

クリーニングするに当たって、ブランド物は注意をする一つの情報になります。
でも、名前をクリーニングするわけではないですし、正規品でも事故が起きる可能性はあるわけです。

それなら、名前などに惑わされず、品物そのものを見て、出来る限りの仕事をするのが僕らの本当に仕事なんじゃないのかな?

そういわれている様で、とても参考になりました。


何気ない友達への電話だったんですが、いい話を聞いて、そして刺激を受けて。
こういう友達がいるので、僕も頑張らないといけないんですよ。(笑)

切磋琢磨ってきっとこういう事を言うんでしょうね。
いい情報、ありがとうございました。
また一つ、お客様にお伝えすることが増えましたね。


彼のお店を利用しているお客様は、きっと幸せだろうなあと思います。
いつもきれいな服を着ていられるんですから。
いいクリーニング屋さんですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助け、助けられ。

今日の午前中、買い物に車で出かけました。
多摩から八王子方面へ出かけたんですけどね、いやー、とてもすさまじい雪の量に驚きです。


中河原の周辺では、積もっていますが、さすが二日もたつと溶け出してきてそれなりに動けたりするんですが、八王子の方では、今日、雪かきを始めたところが沢山あるんですよ。
あまりにも雪が多すぎて、昨日は何も出来なかったんじゃないのかな?と思うんです。


道路もすごいし、屋根の上の雪もすごい。
下手すると幹線道路なのに、車が乗り捨てられたまま。
屋根の上に雪が乗っかっている様子を見ると、少なくとも一昨日から昨日の朝の間で乗り捨てられたと言うのが分かります。
ほんの数キロの距離でここまで雪が深いなんて・・・・・、もうこれは軽い災害レベルですね。

そして、昨日、配達に出かけようとした僕の車はまったく動きませんでした。
行く気満々で、何とか駐車場まで出かけたんですけどね、車の周りの雪が多すぎて、出るに出られない。
雪で配達を断念したのは初めてじゃないかなあ。
スコップを持ってきてくれた嫁さんと、こりゃダメだ、とドリフの長さんみたいに半ば笑いながら諦めてお店に帰ろうとしたんです。


北京家庭菜さんの前の信号を渡ろうとすると、一台の車がスタックをしていました。
男の人と男の子とおばあちゃんで必死に雪をかき出している。
ちょうど僕らの手元にはスコップがあったので、救助に向かいました。


昨日の鎌倉街道は道路の真ん中は車が走っていて雪はなかったんですが、両脇は30センチはまだ雪が残っている状態。
そこに乗り上げちゃったんですよね。


皆で雪をかくこと20分ほど。
最後は、うちからタオルケットを持ってきて何とか脱出成功!
皆でよかったねえと話をしていると、一緒にいたおばあちゃんと男の子は通りすがりの人だったと判明。
車がスタックをしたので助けなければ、と手伝っていたらしいです。

前回の大雪の時に、男の子が怪我をして、昨日、恵仁会病院で抜糸に来た帰りだったとか。
雪が溶けている中の手伝いでしたから、、みんな真っ黒。
でも、みんな笑顔です。(笑)


いい子がいるんだなあ、と、家族で話しながら帰宅をしました。


さてさて、お店に前に来れば、今度はうちの前も雪かきをしなければいけません。
歩道は何とかしましたが、道路の雪が溶け出し、排水溝がふさがれているので、水浸しの状態。
必死になって排水溝を探して、水が流れるように雪かきをしていたら、今度は、僕がお世話になっている湯江鍼灸接骨院の渡瀬先生が通りかかったんです。


工藤さん、雪かきですか?


と訪ねられた僕。
事情を説明して、先生はなにやってたんですか?と聞くと、接骨院の周辺の雪かきをしてきた所です、と。
雪で今日は休診日なのにわざわざ出かけて雪かきをしてきてたらしいんですよね。

本当にここの先生方は頭が下がります。


商売をやっているようなところでも、自分の店の前、ともすれば一人分くらいしか雪かきをしないようなご時世なのに、回り全部をしてきました、なんて・・・・・。
その姿勢、見習わなければいけませんね。


すると、渡瀬先生、スコップありますか?と聞いてくるんですよ。
これだけしかないんですね、と言うと、じゃあ僕がやります、といって雪かきを手伝ってくれたんです。


患者さんがこれ以上体を悪くしちゃ困りますからね、ですって。

先生、靴はびっしょり濡れているし、しかも、水はけをよくするためにはうちの前だけでなく周辺もしなければいけないのに、進んでやってくれたんですよ。
正直、先ほどの救出劇で僕の足は痛み出していたんです。
先生、ぱっと見てそれがわかっちゃったんでしょうか・・・・、ここの先生方は自分からどこが痛いですとか言わなくても分かっちゃう人たちですからね。
気付いていたのかもしれないなあ。

その後、渡瀬先生のおかげで無事に排水溝までの雪かきが終わり、どんどん雪が溶け出して流れていくようになりました。
こうなると、溶けるのも早くなるんですよね。


その後、なんと、渡瀬先生、駐車場もやってくる、といってスコップ片手にいっちゃったんです。
子どもたちもついていって、先生が雪かきをしているそばでかまくら作りをしていたらしいですが、何から何までお世話になってしまいました・・・・・。


本当にありがとうございました、渡瀬先生。m(_ _)m

全部が終わって、話を聞いていると、びっくりするような事実が発覚。
なんと、渡瀬先生、昨日が結婚記念日だったとか。
本当は奥さんと食事に出かける予定だタらしいのですが、この雪で諦めたらしいです。


そんな大事な日に、僕らの手伝いをしてくれたなんて、とても申し訳なく思いました。
・・・・、記念日か・・・・・、お礼兼ねてお祝いを贈りましょうか。


食べ物ですけどね。(笑)


今日の午前中の買出しは、そのお礼の買い物です。
先生のおかげで車もらくらく駐車場から出れましたし。
気に入ってくれるといいんですけどね。

この大雪のせいで、色んなトラブルに出会いますが、その分人との優しさにも多く触れ合っているような気がします。
お店の前を通る人たちが、ありがとうございます、といって通ってくれるんですよ。


心は温かだな、


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排水溝が大事ですね。

120年ぶりの大雪だそうです。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?


先週よりも凄いつもりっぷりにびっくりしています。
先週はまだ車に乗って配達に行けたのに、今回は車にすら辿り着けません。


雪もそうですが、溶けた水が池のようにいたるところに溜まっています。


排水溝が雪で覆われているからですね。



我が家でも、雪かきよりも排水溝を探して水をはけさせることを優先。
先ほどから復旧活動をしています。


埋まってしまってもすぐ見つけられるように、排水溝の位置がわかるような目印、必要な気がする。



やっとついた駐車場でも、車が埋まって出れません。
今回は、かなり厳しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色泣きの正体。

先日、色泣きの事を書きました。


京都の友達に了解を得まして、書いた記事。
写真もあって、人によってはびっくりするような写真だったかもしれません。
洗う液体があんな色になっちゃうなんて・・・・、と。

色が出るのにも、色々と原因があります。
服の記事から色が出ることが多いのですが、それ以外にも、色が出るようそって結構あるんですよ。

服って、生地だけで出来ていないじゃないですか。
たとえば、ボタン。
ボタンに無理な染色がしてあって、洗うと色が出てしまう、そんな事もあります。

バックルもありますね。


刺繍も色が出やすいかな。
刺繍はえてして違う糸を使っていることが多いんですよ。


ビーズからも出ることがあります。


実は、ここに衣類の問題点が隠されているんですよね。
そもそも洗濯表示って、生地に対してのものなんです。
生地の段階で問題がなければ洗濯表示をつけることが出来る。
過去に使っていて問題がなければ、洗浄テストをしなくても絵表示をつけることが出来ます。


ところが、生地と服は違うんですよね。

ボタンもつくし、装飾品もつきます。
芯地もつきますし、時には刺繍もしてあったりします。


生地は問題なく洗うことが出来ても服になると洗うのに問題があるケースがあるんです。

だから、本当は服を、洗浄テストしなければいけないんですよね。

もうひとつ、びっくりするのが、メーカーが出荷した後に、服に何かしらをつけるケース。
自分でボタンやビーズをつけるのが流行っていますよね。
時には、ショップで売れ残ってしまったからと、服を染め直してしまった、なんていうケースもあるんです。

嘘のような話でしょ?


でも、本当にあって、洗濯表示では問題が無いのに、後から染め直したおかげで洗えなくなってしまった、という事が本当にありました。
洗ったら、色泣きを起こしたので、びっくりして、メーカーに問い合わせてみると、問題のない商品だったと。
通常はその場で話しが終わってしまうんですが、何となく服の色について言うと、その服はそんな色ではない、とメーカーの人が。
そこで初めて、本来のものとは違っていることに気付く、なんていう事があるんですよ。

僕はここのブログで、前にかいたことがあります。


あらゆる可能性を否定しない、って。


その理由がまさにこれなんですね。
絵表示を信じていればいい訳ではなく、絵表示を参考にしつつ、服全体を見て、可能性を全て考えていく。
その中で、最適なクリーニング方法を検討し、洗う。
だから、一伸さんで洗ったものは全然違いますね、といわれますし、長持ちするようになったと頻繁にクリーニングされるようになります。

キレイになるのにも理由がちゃんとあるんです。

それでも、あらゆる可能性を否定しない、と言うのはかなり神経を使うんですよ。
急げない理由もここにあったりします。


急ぎのクリーニングもお受けしますが、これは神経を使って集中して洗わなきゃ、と言うものに関してはお預かりの時に急げませんよ、とお伝えしています。

お客様にとっては不便かもしれません、でも、これがうちで洗ったものがおかしくならない理由でもあります。

当店ご利用のお客様は皆さんご存知ですよね。(笑)
これからも、この仕事は変わらないでしょう。
絵表示が本当に信用できるものになったとしても、変わらないだろうな。
だって洗う時に注意する所をかならず覚えておかないと洗えないですもん。


これがうちの仕事のスタンスなんだな。(笑)

これからも気を抜かず、頑張っていきましょう。


ご家庭で洗うときも、これらのリスクがある事を忘れずに。
生地だけでなく、装飾品なども注意しておかないと大変なことになりますから。
自分で洗ってクリーニング代を節約♪のつもりが、ダメにして買い替えで高くついた、なんていうことになりませんように。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが壊れた?

色々と起こるものです。

先日、ふとしたことで、ブレーカーが落ちてしまいました。
一度は復旧したのですが、すぐさまブレーカーが落ちることに。


ブレーカーなんて入れなおせば済むんですけどね、すまないものもありまして・・・・・・、パソコンが起動していました。
急いでパソコンのある部屋に行くともちろん、電源が切れています。
恐る恐る、起動させると・・・・・、いきなりチェックディスクが始まるではないですか。(爆)
突然何の予告もなしに、電源が落ちれば、最悪ハードディスクが壊れてしまう事もあります。
今使っているパソコン、そろそろ作り変えようかな?と思っていまして、すでに5年以上使っている代物。


・・・・・、いつ壊れてもおかしくないんですよね。


パソコンに張り付いていても仕方がないので、チェックディスクを放置したまま、仕事場に戻ったんです。

そして、夜。

水曜日恒例のネット会議に出る前に、パソコンの様子を見ようとやってくると、普通に起動をしているじゃないですか。
良かった、とりあえず壊れた所はなかったんだな、と安心をして、メールチェックをしたり、お気に入りのブログなんぞを覗きにいったりしていたんです。


カリカリカリカリカリ・・・・・・、嫌な音がするんですよね。(爆)


どうも、ホームページを読みにいくと変な音がするみたい。
これは壊れる直前か?と思い、どうやってバックアップを取ろう?いつ作り直そう?最悪一台買ってきてしまうか?などなど、考えていたんですよね。

それでも、信じられずに、耳を澄ましてパソコンの様子を見ていると、あれ?音がしない。
もしかして、工事の音?と外を見るも、こんな夜に工事なんて今はやってない。
でも、時折、変な音がするんです。

すると、隣から、笑い声が。

はっ!と咄嗟に思いついて、障子を開けたんですよ。
そこには、お布団に包まれながらこっそりとゲームをやっている長男がいました。(爆)

そう、イオンの正体は、ゲームの音だったんです。(爆)


パソコンがおいてある部屋の隣が子どもたちの寝室。
今のゲームは、通信をしながらやるようで、友達とチャットしながらやっているようで。
そういえば、最近こそこそ豊中にゲームをやっているな?と思っていたんですよね。


普段なら、僕がパソコンの前に来るのは深夜遅く。
昨日は会議があるので10時には着てしまったので、布団に隠れてしていたようで。


あー、びっくりした。

いつ、何が起こるかわかりませんね。
教訓として、とりあえず、大切なものをバックアップとっておきましょうか。
そして、早いうちに、移行させちゃいましょう。


本当に、心臓に悪いなあ・・・・・。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撥水と防水。

先日の雪の時に、思ったことがありました。

ああ、コートに撥水加工をして置けばよかったかなあ、と。

普段、雨の日も風の日も晴れの日も、外に出るときは配達が多いので、たいてい車。
乗るまで傘をさせばいいし、降りても傘をさせばいいし、あまり撥水加工を必要としていなかったんですよ。
濡れるなんて事が滅多にありませんでしたから。


だけど、先日の雪は、関係なく濡れるんですよね。
雨みたいに直線ではないから、傘をさそうが横から入ってきてコートにつくわけです。
すると、どんどん濡れていくわけですよ。

ああ、転ばぬ先の杖、雨が降る前に撥水加工だな、なんて思った次第です。

撥水加工・・・・・を過信してもいけないとは重々承知しているんですけどね。
撥水加工は、濡れてしまいますから、それでもないよりはあったほうが全然いいのは間違いありませんから。


以前にも書きましたが、撥水加工と防水加工というのはまったく違う代物です。


撥水加工とは、文字通り水をはじく加工の事。
よくテレビなどで見る映像がこれですね、生地の上に水滴を垂らすと、丸い球のようになって転がっているやつです。
あれは、撥水加工剤が水をはじいて、丸く球になっている様子を表しています。

しかし、ここからが大きな違い。
撥水加工はこのままの状態にしておくと、水の球がすぅーっと染み込んでしまうんですよ。
僕が先ほど、撥水加工は濡れる、と書いたのはこれの事なんですね。


つまり、撥水加工は、一旦は水をはじくけれど、時間が経つと染み込んでしまう特徴を持っているんです。


片や、防水加工。
こちらは、完全に水をシャットアウトしてしまいます。
後から加工する事は出来ずに、ゴム引きなどで水を完全に排除するように作ってあります。
生地の表面に水を垂らしても、はじくわけではないので丸く球にはなりませんし、その代わり、何時間置いておいても水が染み込む事もありません。


水を完全にシャットアウトする防水加工、完璧でいい事尽くめのようですけど、難点もあります。
蒸れるんですよね。(爆)
合羽を思い出してください、蒸れ蒸れでしょ?

蒸れを技術的になくした、特殊な繊維もあります。


透湿防水布、といいまして、水は通さないけど、中の湿気は外に出す、と言う優れものの繊維があります。


商品名で言うと、ゴアテックスが有名ですね。

水の分子は通さないけど、湿気の分子は通す、そんな作りとなっているんです。
・・・・・、それでも若干蒸れますけどね。(笑)


ねえ、撥水と防水、全然違うでしょ?

でも、商品の中には、皆さんに分かりやすいように、撥水加工剤を防水加工剤として売ることもあると思います。
中身は撥水加工剤なので、水を付けっぱなしにしてしまうと、濡れてしまうのでご注意を。
雨粒がついたと思ったら、服をばたばたさせてはじいちゃってくださいね。


どうも金曜の夜あたりからまた雪らしいですね。


撥水加工、しておこうかなあ・・・・・。
間に合うかな・・・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいいよ。(笑)

我が家には四人の子供がいます。
長男、長女、次男、三男。
面白いもので、兄弟がこれだけい手も、全員性格が違うんですよね。
それぞれの子供がいろんな事をしてくれるので、あまり経験が役に立ちません。(笑)

子どもが成長するたびに、その子独特の問題が起きたりして、どうしようか、いつも悩んでいます。


ああ、一つだけ慣れた事があるとすれば、慌てなくなった事でしょうか。(笑)
まあ、色んな事をしでかしてくれるので、たいていの事では動揺しません。(笑)
大人も成長するもんですね。(笑)

ただいま、我が家で一番のやんちゃ坊主は、幼稚園に通う三男。
こいつがですね、いままでで最強に曲者なんですよ。(笑)


お兄ちゃんお姉ちゃんを見ているからなんでしょうね、まあ、要領がいいわけです。
まず、怒られるようなポジションには絶対いない。(笑)
子供たち全員で悪い事をしていたはずなのに、いざしかられる時になると、三男は関係ないような顔をして、絶妙な距離をとっているんです。
最初は、こいつうまいな?と思っていましたが、こちらもいつもいつもやられているわけにも行きません。
三男も並ばせてお説教をしても、他の子に比べて緊迫感がないんですよ。

上が怒られているから、僕は平気、とてもいいたげな感じ。(爆)


子供たち全員色んなことでてこずってきましたが、あの手この手が通用しないのは三男ですね。


そんな三男と、先日買い物へ出かけたんです。
あまり僕についてこないので、せっかく僕とスーパーへ来たんだからと、好きなもの買ってあげるよ、と僕が言うんですが、三男は、どうでもいいよ、と言います。


まだ欲しいものが分からないのかな?と思って、これはどう?あれはどう?と話しかけるんですが、どれを見ても、どうでもいいよ、好きにすれば、といいます。
何回も言われていると、欲しくないんだな、と思いますよね。
そこで、僕はこういったんですよ。


そうか、どうでもいいなら、今日は買わないで帰ろう。

すると、三男、さっきまでのすかした態度が一変。

それはダメだーーーーーー!!!!!

と、物凄い剣幕で僕を止めるんです。
僕もびっくりですよ、だってついさっきまでどうでもいいとか言っていた子供が突然ダメだと主張するわけですから。


それならと、好きなものを入れなよ、というと、好きにすれば、とまたいいます。


おかしいんですよね。

で、冷凍食品の所で、子どもたちがよく食べているラザニアかなんかを見つけたので、これ食べる?かごに入れなよ?と三男に言うと、こいつ、僕にこういってきたんですよ。


お父さんが入れなよ。


勘のいい方ならすでに分かったかもしれません。
こいつね、自分が欲しいといったり、自分でかごに入れたら、家に返ってから自分の責任になって怒られる、と思っているんですよ。(爆)


だから、何を聞いても、好きにすれば、どうでもいい、と知らん振りをするんです。
でも、買うのをやめようというと、本当は欲しいから全力で阻止をする。
僕に察して買いなさい、といっているわけですね。

す、末恐ろしい子どもや・・・・・。

結局、僕が選んでかごに入れて買い物は終了。
家に帰ったんですが、家に近づくと、三男が僕を置いて先に家に入っていくんですよね。
買い物した袋を持って。


何をしにいくと思いますか?


お母さんへ、報告に行くんですよ、お父さんが自分で買ったと。(爆)
僕が買ったわけじゃないからね、と先に帰って説明をする為にお父さんより早く帰ったんです。(爆)


こいつ、本当に策士だ。(爆)

もう、本当にこの子が一番やりづらい・・・・・。
これが、長男だったら、正直者なので、欲しいものは自分で入れるし、例え叱られても自分で買ったというんです。
長女もほぼ同じ。
次男は、お父さんが誘惑した、とか言うかな。(笑)


でも、三男ほど周到に計画をして行動をする子はいないなあ。
一番下の子は知恵を使うんですねえ。


そんな三男も、後一月ほどで幼稚園を卒園します。
そうしたら小学生。
長男は中学生です。

早いなあ・・・・・。
あっという間、とまではいいませんけど、楽しい幼稚園時代でありました。
お世話になった、聖イリナ・モンテッソーリスクールの先生方、本当にありがとうございます。

三男との戦いはしばらく続きそうです。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーツをクリーニングすると艶がなくなる?

僕は一度も感じた事が無いんですが、最近たびたび見かけるものに、とても違和感を感じるものがあります。

それは、クリーニングすると、スーツの艶がなくなる、と言うような書き込みです。

最近はクリーニングがさん以外でもスーツのお手入れの情報などを発信している方が多くなって来ているのですが、事クリーニングに関する記述は首をひねるものがとても多い。
僕と認識がずいぶんと違うんですよね。


たいてい、クリーニングをすると傷むのでなるべく洗わない、と書いてあるんです。
クリーニング屋さんのドライクリーニングは、脂を取ってしまう、と。
スーツには羊毛の脂があるので、クリーニングするとこれが取れてしまい、艶がなくなる、と言うんですね。


うーん、ちょこっとずつ聞きかじったものを、強引につなぎ合わせたような感じ、といいましょうか。
クリーニング屋さんなら僕のこの言い回し、理解してもらえると思います。

全部が嘘ではないんですよね。


たとえば、確かにドライクリーニングは有機溶剤と呼ばれる石油のようなもので洗っています。
これらは油を溶かす力が大きく、それを上手に利用してクリーニングをしているんです。

かたや、ウールに脂があると言うのも事実。
ラノニンと言うのがありましてね、これが羊毛に含まれています。


油を落とすもので油を洗えば、落ちるじゃないか、多分、こういう理屈なんですよね。

もし、そのまんまで僕らが何もしていなかったらひどい仕事すぎるじゃありませんか。

実際は、使っているドライクリーニングの液体によっても差がありまして、パサパサになるようなことはないんですよ。
今はデリケートな衣類が増えて着ていて、油を落とす力の弱いもので洗うのがクリーニング業界の主流。
もっとも、昔はかなり強いもので洗っていた時期もあったようで、そのときでもパサパサにならないように洗いながら油を足していたんですよ。

クリーニングすると、脂が落ちる、と言うのは、かなり誤解を与えていると思います。

ちなみに、ドライクリーニングで油を落とす、と思っている方が多いと思いますが、水洗いでも脂って落ちるんですよね。
落とし方にはいくつか方法がありますが、たとえば家庭用の洗剤は、アルカリが強いので油を落としやすいと思います。
それこそ、自分で洗っているうちに、Yシャツが買ったときよりもぱさついているような気がしませんか?
それが嫌で、柔軟材などを加えていると思うんですが、不思議なことに、Yシャツをドライクリーニングすると、家庭で洗ったようなぱさつきはないんですよ。


おかしいですよね?
油を落とすドライクリーニングなのに。
でも、これがドライクリーニングなんです、洗ったまんまの形で出てくる。
これを知らない消費者の方は多いんじゃないかなあ。

風合いやぱさつきって、実は原因を見極めるのが難しいんです。
というのも、商品によっては、買った時に過剰にお化粧のような事をされているものもあるからです。


その服本来の風合いではなく、より柔らかく、より肌触りがいいように加工をされているケースもあります。
クリーニングして変化をしてしまった中には、ただ本来の姿に戻っただけ、と言うものもあるんですよ。


家庭洗濯と、僕らのクリーニングとの大きな差って、どこまで風合いを近づけるか?だと思うんです、


きれいにすればいいわけではなく、しみが取れればいい訳ではない。
いまや家庭の洗濯もキレイになりますからね、それだけが理由ならば自分でやりますから。


僕らクリーニング屋さんに求められているのは、きれいにするだけでなく、風合いを維持し、形よく仕上げる、と言うことも求められていると思うんですよね。
そこが家庭との一番の大きな違いかな、と。


うちでも気にするのが風合い。


風合い変わったらダメだよ、と耳が痛くなるほどいわれるし、口がすっぱくなるほどいっています。
お互いプロなんですけどね。(笑)
でも、そのプロ同士でも、必ず確認をするほど、風合いを大事にしているんです。


スーツをクリーニングして艶がなくなる・・・・・なんていう事がもしあったら、見逃すはずがありませんよ。

しかし、何でこういう間違った情報が出回るんでしょうか。
こういう間違った情報を見た人が、思い込みでおかしくなった、と言うケースが増えているように思います。

・・・・・、クリーニング屋さん、こういう情報に負けないように、正しい情報をもっと流していかないといけないんじゃないですかね?
いい仕事をしていれば分かってもらえる、と言うのは過去の話。
もっと伝える努力をしないと、消費者の方々が不幸になってしまいます。


クリーニング屋さんの出番ですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に東京?

昨日から一夜明けまして、雪もようやくやみました。
大雪警報が頻繁に出てましたね。
こんな景色、府中で見たことはないかもしれません。


去年、長野で見ましたか。



勉強会で長野に行き、帰れなくなった景色と似てます。
ふと、思い立って、長野の友達にメール。(笑)


長野に似てない?と。(笑)







昨日の午後、四谷新道で撮った写真です。
これ見た友達から返信が。



これは、もう長野ですね。(笑)




今回の大雪、長野並みに降ったんしょうね。
でもね、東京の方が走りづらいんですよ。
理由は簡単、除雪車が走ってないからです。

降ったら降ったまんま、踏み固めたら踏み固めたまんま、これでは災害レベルになってしまいますね。


除雪車、用意しておけばいいのに、といつも思うんですが、ほとんど使わないものを買えるはずないだろうと周りからも言われます。


使わない時は地方へレンタル、とか。


そんな工夫ができないものか、と思ったりしますね。


今日、あちこちで雪かきをしていたようですが、多分明日の月曜も凍結してることと思います。


みなさん、お出かけの際は気をつけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀世界。

予報通り、東京にも雪が降りましたね。
お店の前も真っ白。
朝から、今日の配達は無理しないでください、というメールやお電話をたくさんいただきました。



でも、行くんですよ。(笑)



このくらいの雪、どうってことありません。
昨年、長野でもっとすごい雪に見舞われてますから、この位ならへっちゃら。(笑)
ご機嫌で配達に出ております。


一息ついたのでファミマにてコーヒー飲みながら雪を眺めておりました。



ぶるぶる震えながら温かい飲み物を飲むのが、大好きなんですよ。


だから、昭和記念公園のイルミネーションも大好きだし、冬の花火も大好き。


いや、好きなのはその時に飲む温かい飲み物なんですけどね。(笑)
幸せを感じるんですよねえ。


安く済むな、おいら。(笑)



飲み終わったら、お店に帰りましょう。
お店の中は南国。(笑)
バリバリ仕上げましょうかね。



写真は配達先のマンションからと国立の桜通り。
やはりいつもと景色が違いますね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機のドライコースって・・・。

最近、思うんですけどね。
洗濯機についている、ドライコースと言う名前、あれ、他のものに変えたほうがいいんじゃないか?なんて思ったりしていました。


その理由は、消費者の多くの方が、本当のドライクリーニングとドライマークが洗える洗剤とをごっちゃにしている、と言うこと。
ドライマークの衣類が洗える、と言うのはそれだけで消費者の方には物凄いインパクトだったと思うんですよ。
そこに、洗濯機のドライコース、これも実に紛らわしい。


ヤフーの知恵袋でも、洗濯機のドライコースってドライクリーニングの事ですか?なんていう質問が、いつも出てきます。
クリーニング屋さんでも、ドライクリーニングとドライマークが洗える洗剤とでは、まったく洗い方が違うので、注意喚起をしているんですが、テレビなどでの宣伝には勝てず、いまだに誤解をされている方が多いんですよ。


消費者に分かりやすい表現と言うのは必要だと思います。
しかし、だからといって、ここまで誤解をされるようだと、それはそれでまずいんじゃないの?と思ったりするわけです。


いいかげん、関係省庁から注意が発令されてもおかしくないと思うんですけどね。

だって、水洗いとドライクリーニングとでは全然別物ですから。
間違って洗ってしまうこともあると思うんですね。


僕らクリーニング屋さんが、ドライマークが洗える洗剤はドライクリーニングではありません、と何年も前から注意喚起をしていますが、製造販売をしているメーカーさんが、一言、これはドライクリーニングではありません、と商品に入れてくれれば一発で解決すると思うんですよ。
だって、実際、ドライマークとは関係なく、水洗いのマークがついていないと洗えない洗剤なんですからね・・・・・・。


これだけ認知されてきた商品です、そう言う意味ではよく出来たいい商品だと思うんですよ。
だからこそ、そろそろここで、適切な表現、もしくは誤解を受けないような注釈をつけてもいいんじゃないのかな、と思います。

洗濯機メーカーも同じです。

みんな、分かっててやるんだもん。
ちゃんとしましょうよ。


予報では今晩未明から雪らしいですね。
明日は一日雪だとか。
明日は危なさそうですから、なるべく出かけないほうがいいかもしれませんね。

うちはいつもどおり営業をしていますが、無理してご来店くださりませんように。


うちは日曜意外、いつでも開いています。
安全な日に、ゆっくりとご来店くださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウールのセーターのサイズダウンをしたい!

ウールのセーターのサイズダウンをしたい!と言う質問を見かけました。


この質問者の方、どうしても欲しかったセーターが、Lサイズしかなく本来ならMサイズなのに仕方がなく購入してしまった、との事。
何とかしてサイズダウンをしたいんだけど・・・・・、乾燥機で縮みますか?と書いてあります。

いろんな方から返事が返って来ていましたが、ベストアンサーに書かれていたものが、洗濯機を使用しましょう、と言うもの。
ウールを水につけると、絡まりあって縮みます、と書いてあります。

ウールのセーターを洗濯機で洗ったら、はたしてどうなるでしょうか?


ウールのセーターを洗濯機に入れて、ガラガラ洗うと、縮絨(しゅくじゅう)と言う現象がおきます。
いわゆる、セーターが縮む事を指すのですが、どうしてこうなるのか?というと、ウールの繊維独特の性質に拠るからなんですね。

ウールの繊維には、人間の髪と同じようなキューティクルが存在しています。
一つ違うのは、水に濡れると、そのキューティクルが花が開くように広がること。
この広がったキューティクルが、影響をするんですよ。


ウールのセーターを水につけます。
そうすると、繊維のキューティクルが開きだします。
そこへ洗濯機のスイッチオン!
セーターはぐるぐる回りだします。


すると、先ほどの開いたキューティクルが、絡みだすんです。
ウールの繊維は一定方向へ向いていませんので、揉まれる事により、絡みやすくなります。


釣りをする人は分かるかもしれませんが、釣り針には返しと言うものがついてますよね?
魚がかかっても外れないように、針と反対方向に突起物が出ています。
これと同じような感じで、繊維同士が絡むと、ぎゅうぎゅうに絡まっていき、縮んでしまうんです。


縮絨、別名フェルト化、ともいいます。


さて、目的どおり縮ませることに成功すると思うんですが、この縮ませ方には実は問題があります。
それは、ぎゅうぎゅうに詰まって縮むので、元のセーターとは似ても似つかわないものに変化する、と言うこと。


表面は目が詰まり、触ると硬くなり、ニット独特の伸び感はゼロになります。
確かにサイズダウンはしますが、とてもではありませんが着れるような状態にはなりません。

服を縮ませたい、と言うご希望は実は結構あるんですね。

欲しい服のサイズが大きかった、と言うのが多いらしいんですが、そういう時は洗濯で縮ませようとは思わず、修理で適正な大きさに直してもらうほうがいいんですよ。
そっちの方が、きれいですし、同じように着ることが出来る。

洗ってサイズダウンは、目指したいものとは程遠いものになるでしょう。

そもそも、LサイズをMサイズにするほど縮んでしまったら大問題です。(笑)
そんなことあってはいけませんからね。
洗濯で、Yシャツの襟とかが若干縮む、と言うのはあります。
そういうときのために、1センチほど大き目のシャツを買うと言うのは、生活の知恵。
でも、1サイズ丸々ダウン、と言うのは出来ませんよね。

こういうときは、修理屋さんもしくはお近くのクリーニング屋さんにご相談ください。
洗濯で縮ませようとは思わないように。


質問者の方、このままでは着れないので、思い切ってやってみます!と書いてありましたが、絶対うまくいかなかっただろうな。
早めに見つけてればねえ・・・・・、対処法教えてあげれたのに。
残念です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして洗濯で失敗するのか?

今日はネットで会議の日。
週に一度、クリーニング屋さんが集まってネットで話し合いをしているんです。


今日出た話は、大和市の友達が、まちゼミをやった、と言う話。
町のお店がお客さんを招待し、その仕事について教えてくれる、と言うもの。
友達のお店では、二人を招待して、クリーニングについて授業をやったらしいんですね。

その中で、やはり生徒さんからは洗濯の話しが出たようで。
洗濯で失敗をしたことがある、といっていたそうです。
でも、どうして失敗したのか?は分からない。
うまくいくときと、失敗する時がある、服が悪いのか、運が悪いのか、理由がわからないと言った感じだったそうです。


それはですね、結果には理由がちゃんとあるものなんですよ。
失敗をするのにも理由があるんです。

自分で洗ってセーターを縮ませてしまった。
こういう経験をされた方っていると思います。
でも、うまくいく時もあって、その理由が分からない。

うまくいくときと失敗するときの違い、それはズバリ、素材の差です。


素材によって、同じ洗い方でも縮んでしまうことがあるんですよ。
化学繊維が入っていると、結構丈夫なので、洗っても割りと平気なんですが、ウール100%のものだと、手洗いの最中に揉んでしまうと縮んでしまいます。
毛足の長いもの、柔らかいもの、デリケートなものだと同じウールでもさらに繊細になります。
ドライコースで洗っても縮んでしまうことも。

これを回避するのは、揉まないことと、洗うときの温度を低くすること。
お湯で洗ったりしたらダメですよ。

セーターの洗い方で、揉まないで、押して洗ってください、と書いてあるのはこれが理由です。
ね、失敗するのには理由があるんですよ。

他にも、レーヨンを使っていると、水につけただけで縮んでしまいます。
よく出来ている品物でも、縮まなかったとしても少し硬くなるとか。
水洗いに適していない服を洗ってしまうことも、失敗の元です。


水洗いに適していない服を洗ってしまうと他にも失敗してしまうことがあります。


ちょっと前に書いた、色泣きと言う現象が起こることがあるんですね。
服から、色が溶け出してしまい、他の衣類に付いたり、もともとの服の色が薄くなってしまったり。
これも防ぐには、洗濯表示どおりに洗えば大丈夫。


洗って、今回はうまくいった、前回はダメだった、と言うような話をよく聞きます。
そして、その結果を、運や服が安物だからと切り捨ててしまうことがありませんか?


それは絶対違うんです。


失敗には必ず理由があります。
そして、その多くはきちんとすれば失敗せずにすんでしまいます。

素材に適した洗い方をする。

洗濯表示に従う。

服にあった方法で洗うことで、服は長持ちをするようになります。

もうひとつ、覚えておいて欲しいことは、自分で洗って見た目変わらないように見えても、水で洗うとどうしても腰が抜けてしまいます。
腰が抜けるということは、型崩れを起すということ。
着用中にヨレヨレしだしてしまうんですよ。
これを防ぐには、ドライクリーニングしかありません。
衣類を長持ちさせるにはドライクリーニング、これは覚えて置いてくださいね。


ここでは何度もドライクリーニングの話を書いています。
どうしてドライクリーニングがいいのか?は過去ログをぜひ見てみてください。(笑)


もし、僕がお気に入りの服を買ったとしたら・・・・、家庭用の洗濯機では洗いません。
洗えるなら絶対ドライクリーニングをします。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yシャツを同じ大きさで畳める理由。

今日の雪はすごかったですね。
午前中からみぞれっぽくて、午後3時頃から思いっきり雪。
外を見ても、真っ白で積もるかも?なんて子どもたちは期待して・・・・・・・、積もりませんでしたけどね。(笑)
明日の朝、皆さんご注意を。

こんな雪の日でも、クリーニング屋さんは物凄く暖かいんです。(笑)
僕、半袖でYシャツを仕上げていましたから。
体を動かしているから暖かい、と言うだけでなく、蒸気を使っているので部屋中が暖かくなるんです。


そんな中、お客様がご来店。

僕が仕上げているYシャツをじっと眺めています。
何が気になるのかな?と思っていると、不意にこんな事をおっしゃるんですよね。


家でアイロンを掛けているとね、上手に畳めなくて・・・・。
大きさがバラバラになっちゃうの。


ほほーう、なるほど、確かに大きさがそろいづらいですよね。
でも、クリーニング屋さんから帰ってくるYシャツは大きさがそろっている。
どうやって揃えているんだろう?と思うのは当たり前かもしれません。

僕らはですね、仕上げている時に大きさを測って仕上げているんですよ。
だから、同じ大きさで畳めるんです。


どうやってはかっているか?と言うと、ずばり、指の本数で測っています。
指何本分、と言う決まりを自分で作っておいて、それでたたんでいくんです。
そうすると、どれを仕上げても同じ大きさになるんですよ。


この測り方、アートバルーンでも同じようにはかるんですよね。
長野県の某マジシャンのアートバルーン教室で教えてもらったんですが、アートバルーンも指何本分と言う具合に大きさを決めて作っています。

・・・・・、僕のように指が普通の人より太いとちょっと工夫をしなければいけませんが・・・・・。

アートバルーン、欲しい方はお店で僕に声かけてくださいね。
その場でお作りします。(笑)


最近は、Yシャツを畳む機械と言うものもあるので、導入されている所はその機械でたたんでいます。
こちらはやはり機械ですので、さらに正確。
大量生産をしている所が使っていますね。


キレイに畳む人は、何枚重ねても倒れてくることがないくらい正確。
これも、技術ですね。


シャツを畳む道具も売っていますね、そういえば。
ご家庭ではそういうのを利用してもいいかもしれません。
慣れてくると自分の指で十分ですけど・・・・。

同じ大きさで畳める理由、お分かりになられたでしょうか。
気になる方はぜひご来店をして、僕の手元を見てくださいね。
お待ちしています。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、いる?

今日、電話がなったんです。
出たのは、母。


電話の主はこういいます。

今日、いる?


ここでも書いたことがありますが、うちの母、おれおれ詐欺に引っかかりそうになった経験があるんですよね。


すかさず、いるよ、と応えた母。
誰よ?と聞くと、相手はこう応えたんだそうで。

うん、たかし。

たかしって僕の名前なんですよね。(爆)
以前引っかかったときは鉄道警察を名乗って、僕がちかんで捕まっている、といったらしい。(笑)

すかさず、母はこういったんだそうで。

うちにもたかしがいるよ。

なんていう返しをするんだか。(笑)
経験がうまく言わせたんでしょうか。(笑)

その後、どこのたかしよ?と聞くと、鈴木だけど、と。
おかしいなあといって、電話を切られたらしい。

さて、この電話、単なる間違い電話だったのか、詐欺の電話だったのか。
間違いにしても、こんな掛け方をしていたら、本当に詐欺からかかってきたら引っかかっちゃいますよね、この身内の方は。

いけませんよ、こういういい方は。
気をつけましょうね。

今回は、引っかからなかったみたいだな・・・・、ちょっと安心。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中河原にラーメン屋さんが増えましたね。

日曜の昼下がり、みなさんいかがお過ごしでしょうか。(笑)
子供を連れて鉄道カフェのTbさんにお邪魔したら満席。(笑)
横の公園で時間を潰しています。



中河原に新しいお店が幾つか増えました。
特に多いのがラーメン屋さんでしょうか。
うちの隣のセブンイレブンさんの跡地にはらーめん花月さんが。
その横には天下一品さんが。
恵仁会病院の入り口のところには春夏冬さんが。
駅の向こう側には、えぞ千さんに梅花皮亭さん、その他たくさんあります。
他にも中華屋さんがありますからかなりの激戦区となってますね。


今、一番並んでいるのが、郎郎郎(さぶろう)さんでしょうね。








まだ行ったことないんですけど、噂では二郎系らしい。
つまり、ましましのお店のようです。(笑)


今日もお店の前には行列が。
すごい勢いですね。


いつか、お腹がぺこぺこの時に、行って見たいと思ってます。


もう、そこまで食べられないもの。(笑)
あと五年ほど早くできてればなあ、通いつめたのに。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常に、オンだ!(笑)

僕が大好きなテレビの番組で、北海道で放送されている、水曜どうでしょう、と言う番組があります。
ローカル局の番組でありながら、DVDを発売するとオリコンの一位に入ってしまうような人気の番組。
スタッフ二人とタレント二人が旅をしている番組です。

この番組のなかで、僕がとても共感する言葉があるんですね。
この番組の特長ともいえるんですが、撮影の最中、オンとオフの切り替えがあまりない番組なんです。
シナリオがあるわけじゃない、事前に現地を視察するわけでもない。
いわゆる行き当たりばったりの旅ですから、何が起こるかわからないわけです。


すると、常にカメラを回している、と言うことになる。


ある時、タレントの一人がこういいました。
この番組はオンとオフがよく分からない、と。
すると、ディレクターが放った一言が、これ。

オンかオフかといったら、常にオンだっ!


もう、本当にその通り。(笑)
そこに妙に共感をしてしまったんですね。


僕は自営業者なので、プライベートと仕事の区別があまりつきません。
いわゆる、オンとオフの区別がつきにくい、と言うのは番組と一緒。
で、僕もプライベートはあまり気にしていなくて、どちらかというと常にクリーニング屋でいるんです。

食事に行っても、遊びに行っても、友達とのみに行っても、接骨院で治療を受けていても。
どこへ行っても、僕は仕事だと思っているし、クリーニング屋である事を常に自覚をしています。

そこにどんな意味があるのか?といわれると、正直分からないんですよ。
でも、プライベートと分けるのも難しいし、クリーニング屋はクリーニング屋だし。(笑)
どこへ行っても、何をしていても、仕事の意識を持っていると、何かと発見や気付きがあるものなんですよ。

僕の同業の友達は、僕のこんな話を聞いて、ふっと笑うことがあります。
単なる飲み会じゃねえか、と、ただ飲んでいるだけで仕事も無いだろう、と。
確かに、そうかもしれません、でも、意識をちょっと仕事に持っていくだけで、同じものを見ていても違う風に見えることがあるんですよ。


僕らクリーニング屋さんは、実はあまり外へ出られないんです。
意外と気ぜわしい職業で、朝から晩までそれなりに仕事をしていると、世間とずれてしまうことがよくあります。


せっかく、外へ行く機会があるのなら、勉強しないと、と思うわけですよ。(笑)

だから、ディレクターの常にオンだっ!と言う言葉に、共感をするんだと思います。

昔、ある漫才師の方がこんな事を言っていました。
一日23時間漫才の事を考えている奴と、24時間漫才の事しか考えていない奴は、数年後に大きな開きが出来る。
一日だと1時間しか違わないけど、一年で365時間、5年で1825時間も差が出来る。
もう、追いつけなくなる、と。

なるほどなあと思いまして。
ちょっとの差でも、積み重ねると大きな差になる。
常に一生懸命考えているやつにはかなわない、と言うことなんでしょうね。

だから、オンなんです。
いつでもどこでも、全部なくても、どこかに仕事の意識は残して。


そういえば、クリーニング屋さんの先輩も同じような事を言ってました。
クリーニングは一生勉強だよ、って。
皆言うことは同じです。

頑張りましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »