« どうでもいいよ。(笑) | トップページ | パソコンが壊れた? »

撥水と防水。

先日の雪の時に、思ったことがありました。

ああ、コートに撥水加工をして置けばよかったかなあ、と。

普段、雨の日も風の日も晴れの日も、外に出るときは配達が多いので、たいてい車。
乗るまで傘をさせばいいし、降りても傘をさせばいいし、あまり撥水加工を必要としていなかったんですよ。
濡れるなんて事が滅多にありませんでしたから。


だけど、先日の雪は、関係なく濡れるんですよね。
雨みたいに直線ではないから、傘をさそうが横から入ってきてコートにつくわけです。
すると、どんどん濡れていくわけですよ。

ああ、転ばぬ先の杖、雨が降る前に撥水加工だな、なんて思った次第です。

撥水加工・・・・・を過信してもいけないとは重々承知しているんですけどね。
撥水加工は、濡れてしまいますから、それでもないよりはあったほうが全然いいのは間違いありませんから。


以前にも書きましたが、撥水加工と防水加工というのはまったく違う代物です。


撥水加工とは、文字通り水をはじく加工の事。
よくテレビなどで見る映像がこれですね、生地の上に水滴を垂らすと、丸い球のようになって転がっているやつです。
あれは、撥水加工剤が水をはじいて、丸く球になっている様子を表しています。

しかし、ここからが大きな違い。
撥水加工はこのままの状態にしておくと、水の球がすぅーっと染み込んでしまうんですよ。
僕が先ほど、撥水加工は濡れる、と書いたのはこれの事なんですね。


つまり、撥水加工は、一旦は水をはじくけれど、時間が経つと染み込んでしまう特徴を持っているんです。


片や、防水加工。
こちらは、完全に水をシャットアウトしてしまいます。
後から加工する事は出来ずに、ゴム引きなどで水を完全に排除するように作ってあります。
生地の表面に水を垂らしても、はじくわけではないので丸く球にはなりませんし、その代わり、何時間置いておいても水が染み込む事もありません。


水を完全にシャットアウトする防水加工、完璧でいい事尽くめのようですけど、難点もあります。
蒸れるんですよね。(爆)
合羽を思い出してください、蒸れ蒸れでしょ?

蒸れを技術的になくした、特殊な繊維もあります。


透湿防水布、といいまして、水は通さないけど、中の湿気は外に出す、と言う優れものの繊維があります。


商品名で言うと、ゴアテックスが有名ですね。

水の分子は通さないけど、湿気の分子は通す、そんな作りとなっているんです。
・・・・・、それでも若干蒸れますけどね。(笑)


ねえ、撥水と防水、全然違うでしょ?

でも、商品の中には、皆さんに分かりやすいように、撥水加工剤を防水加工剤として売ることもあると思います。
中身は撥水加工剤なので、水を付けっぱなしにしてしまうと、濡れてしまうのでご注意を。
雨粒がついたと思ったら、服をばたばたさせてはじいちゃってくださいね。


どうも金曜の夜あたりからまた雪らしいですね。


撥水加工、しておこうかなあ・・・・・。
間に合うかな・・・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| |

« どうでもいいよ。(笑) | トップページ | パソコンが壊れた? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撥水と防水。:

« どうでもいいよ。(笑) | トップページ | パソコンが壊れた? »