« どうして洗濯で失敗するのか? | トップページ | 洗濯機のドライコースって・・・。 »

ウールのセーターのサイズダウンをしたい!

ウールのセーターのサイズダウンをしたい!と言う質問を見かけました。


この質問者の方、どうしても欲しかったセーターが、Lサイズしかなく本来ならMサイズなのに仕方がなく購入してしまった、との事。
何とかしてサイズダウンをしたいんだけど・・・・・、乾燥機で縮みますか?と書いてあります。

いろんな方から返事が返って来ていましたが、ベストアンサーに書かれていたものが、洗濯機を使用しましょう、と言うもの。
ウールを水につけると、絡まりあって縮みます、と書いてあります。

ウールのセーターを洗濯機で洗ったら、はたしてどうなるでしょうか?


ウールのセーターを洗濯機に入れて、ガラガラ洗うと、縮絨(しゅくじゅう)と言う現象がおきます。
いわゆる、セーターが縮む事を指すのですが、どうしてこうなるのか?というと、ウールの繊維独特の性質に拠るからなんですね。

ウールの繊維には、人間の髪と同じようなキューティクルが存在しています。
一つ違うのは、水に濡れると、そのキューティクルが花が開くように広がること。
この広がったキューティクルが、影響をするんですよ。


ウールのセーターを水につけます。
そうすると、繊維のキューティクルが開きだします。
そこへ洗濯機のスイッチオン!
セーターはぐるぐる回りだします。


すると、先ほどの開いたキューティクルが、絡みだすんです。
ウールの繊維は一定方向へ向いていませんので、揉まれる事により、絡みやすくなります。


釣りをする人は分かるかもしれませんが、釣り針には返しと言うものがついてますよね?
魚がかかっても外れないように、針と反対方向に突起物が出ています。
これと同じような感じで、繊維同士が絡むと、ぎゅうぎゅうに絡まっていき、縮んでしまうんです。


縮絨、別名フェルト化、ともいいます。


さて、目的どおり縮ませることに成功すると思うんですが、この縮ませ方には実は問題があります。
それは、ぎゅうぎゅうに詰まって縮むので、元のセーターとは似ても似つかわないものに変化する、と言うこと。


表面は目が詰まり、触ると硬くなり、ニット独特の伸び感はゼロになります。
確かにサイズダウンはしますが、とてもではありませんが着れるような状態にはなりません。

服を縮ませたい、と言うご希望は実は結構あるんですね。

欲しい服のサイズが大きかった、と言うのが多いらしいんですが、そういう時は洗濯で縮ませようとは思わず、修理で適正な大きさに直してもらうほうがいいんですよ。
そっちの方が、きれいですし、同じように着ることが出来る。

洗ってサイズダウンは、目指したいものとは程遠いものになるでしょう。

そもそも、LサイズをMサイズにするほど縮んでしまったら大問題です。(笑)
そんなことあってはいけませんからね。
洗濯で、Yシャツの襟とかが若干縮む、と言うのはあります。
そういうときのために、1センチほど大き目のシャツを買うと言うのは、生活の知恵。
でも、1サイズ丸々ダウン、と言うのは出来ませんよね。

こういうときは、修理屋さんもしくはお近くのクリーニング屋さんにご相談ください。
洗濯で縮ませようとは思わないように。


質問者の方、このままでは着れないので、思い切ってやってみます!と書いてありましたが、絶対うまくいかなかっただろうな。
早めに見つけてればねえ・・・・・、対処法教えてあげれたのに。
残念です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« どうして洗濯で失敗するのか? | トップページ | 洗濯機のドライコースって・・・。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウールのセーターのサイズダウンをしたい!:

« どうして洗濯で失敗するのか? | トップページ | 洗濯機のドライコースって・・・。 »