« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

服を見る。

僕らの仕事は、服を見ることから始まります。

お客様がクリーニングにお持ちになった時に、たいていの方は何も話してはくれません。
どこで買ったとか、いくらで買ったとか、どれくらい着たかとか、どこに汚れがあるか、とか。
また当然服もそんな事は話してくれません。(笑)
たまに、お客様に質問をすることもありますが、それは何か問題があるときで、質問をする為にも僕らがその服をよく見る必要があるんです。


クリーニング屋さんは、服を見て、感じ取らなければいけないんです。

何で感じ取らなければいけないのか?

有名なブランド、いくつもあります。
でも、もしそれが偽物だったら?
あきらかにニセモノと分かればいいですが、そうでなかったとき、不具合が分からなければ事故が起きてしまいますよね。

もちろん、僕らの仕事はブランドの真贋を判定することではないので、本物か偽物かはさほど意味はなさないんですけど。

また、有名でないブランドの中にも非常に高価なものもあります。
値段よりも、高価な理由としてつくりの違いなどを把握する必要があるわけです。


このように、自分が知っている知らないにかぎらず、また本物か偽物かに限らず、僕らはクリーニングに出てきたら、洗わなければいけないんです。
クリーニングする時に、名前なんてたいした意味は持たなかったりします。

それより大事なのが、作りや素材、質感なんですよね。


そこから得られる情報が、どのように洗うか、どんな風に仕上げるか、と言う方向性を決めさせてくれるんですよ。


素材も同じ。
綿と書かれていても、綿だって千差万別。
取れた地方が違えば性状も違うし、撚り方編み方の違いはかなりの差を生みます。
綿と書かれているから、こういう洗い方で大丈夫、そんな事はないんです。


分かりやすい例が、ウールの縮み。
ウールの縮みには、揉み作用、水分、熱、この三つが必要で、この三つが合わさると縮むんです。
ところが、ウールと書かれているにもかかわらず、この三つがそろわなくても縮むことがあります。


厳密に言うと、この三つがそろってしまっているから縮んでいるんですが、普通のウールなら問題のない洗い方だったのに、繊細に出来ていた為にほんの小さな力でも縮んでしまう事があるんです。


こういう事故を防ぐ為には、服そのものをよく見なければいけません。
ブランド名や、商品名では、見抜けないんですよ。
服を見て、違和感を感じ取らなければ、安全にきれいに洗う事が出来ない、と言うわけです。

僕らは、国家資格のクリーニング師と言う資格を取る時に、繊維の勉強などを一通りやっています。
素材の知識はあるわけです。
また、ブランド名も、有名ブランドはたいてい知っています。


しかし、現場では、ブランド名や素材の知識は参考にはなれど、それが一番大切、と言うわけではないんですよね。
あくまでも参考に、目の前の服をよく見て、触って、感じ取って、洗わないと。


では、どのようにして感じ取っているのか?というと、そこはもう経験でしかないんですよ。
繊維の知識、服の知識がある上で、たくさんの服をさわり、洗い、仕上げ。
そこで得た経験の中で、違和感を感じ、分別をしていくわけです。


この感覚が研ぎ澄まされていると、知らないブランド品が出てきても、有名ブランドの偽物が出てきても、ブランド品でない問題のある服が出てきても、感じ取って別の洗い方で対処が出来るようになるわけですね。

ブランドの名前に頼っていたら、安全に洗う事は出来ないかもしれません。
それほど、日頃から、感性を磨く必要があるわけです・・・・・。


何で今日突然こんな話をしたか?といいますと、僕がお世話になっている湯江鍼灸接骨院の先生と話をしていたんですよ。
すると、こんな話になったんです。

治療をしていると、骨が一つ多かったり、あるはずのない筋肉があったりすることがある。
骨格図や人体模型などは頭の中に入っているけど、あくまでも参考に。
目の前の患者さんの体からの情報が一番で、それにあわせて治療をしていくんです、と・・・・。


なるほど、うちらと同じじゃないか、と思ったんですよ。
そして、改めて、知識はあくまでも参考に、仕事は現場で目で見て、が基本だなあと思った次第で。
昔、よく言われたなあ。教科書読んでも意味ないぞって。
多分、こういうことだったのかもしれませんね。


でも、骨が一つ多いとか、筋肉が多いとかって、さすがにちょっとびっくりしました。
普通にある話らしいですよ。
まあ、僕らの仕事の話も、お客さんが聞いたらびっくりすると思いますけどね。

ある意味、イレギュラーがあっても、対応しちゃうので、お客さんは気付かないっていうだけで。
日本のクリーニング技術もすごいんだと思います。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹の子道場。

おはようございます。
今朝は、八王子に来ています。


竹の子道場です。(笑)



ええ、竹の子掘りですね。(笑)
お客様のご好意で、この時期、掘りに来ないか?と呼んでいただいてます。


この竹藪、見事ですよね。











竹の子は後の処理が結構大変。
アクを抜くのが大変なんですよね。


しかし、ここでは、薪と羽釜でアク抜きをしてくれるんです。
ガスと違い、薪の火力ってすごいんですよ。
ここでアク抜きをしてもらった竹の子は、全くアクがなくて、それでいてものすごく柔らかいたけのこになるんです。


歯の悪いお年寄りが、これなら食べられるって言うほど、柔らかくなります。


子供たちは竹の子を掘りに、僕らは掘った竹の子を湯がいています。

おいしくなるといいなあ。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

しみ抜きの実演を見て思うこと。

昨日は、長野にいっていまして、お祭りに参加をしてきました。
震災復興イベントとお祭りが合体したような不思議なイベント。
フェイスブックのつながりで、数人の中まで話し合ったものが大きく膨らみ、昨日だけで200人近い人が集まったらしいです。
僕もお邪魔させていただきまして、とても楽しんできました。


このイベントに、クリーニング屋さんの友達が、しみ抜きの実演で出店をしていたんですよ。
目の前で、シミを抜きます!バッグをきれいにします!と実演をしているんですけどね、それがまた面白いのなんのって。(笑)

僕らクリーニング屋からすると、いつもどおりの風景で、いつもどおりの仕事で。
機械も薬品も同じ、やることも同じ、ただ場所が山の中のお祭り会場というだけで。(笑)
で、さらに違うのは、その服の持ち主が目の前にいる。
そして、シミがあれよあれよ、というまに落ちていく所を目の前で見ている。(笑)


皆さん、びっくりしてましたねえ。


僕らからすると当たり前の姿なんだけど、どうysら消費者の皆さんには当たり前だとは思っていなかったようで。
お祭り会場をMCの方が、練り歩きながら色んなブースを紹介していくんですけどね、当然クリーニングのしみ抜きのブースも紹介をしてくれるんです。
その時の言葉がとても印象的でして。


クリーニングで、こんな事をしているなんてまったく知らなかったんですよね。
僕らは、どんな事をしてくれるのか、まったく知らないんです、と。

僕らクリーニング業界では当たり前の事も、お客様にとっては当たり前ではない、シミがおちると思っていなかったし、クリーニング屋さんできれいになると思ってもいなかったし、どこに頼んでいいか分かたなかったし。
お客様はまったく知らなくて、僕らのアピール不足を痛感したんです。


こうして、お祭りできなところで、しみ抜きの実演と言うある種、場違いに見えそうなところでも、こうして実演をやることで皆さんに伝えることが出来るんだなあと改めて思いました。


多分、伝えたかった事は、染み抜きがすごい!と言うことではないと思うんです。

クリーニング屋さんの普段の仕事を見てもらうことで、諦めていた汚れや、お気に入りの服を捨てなきゃいけないと思っていた残念な気持ちが、クリーニングに出せばきれいになってまた着ることが出来ると、そう伝えたかった事だと思うんですよね。

そして、しみ抜きでキレイにすればすむと言うことではなく、やはり定期的に洗ってメンテナンスをしてもらいたい、と知ってもらいたいと思うんですよね。


今回、しみ抜きの実演を見ていて、大変だなあと思ったことが一つありました。

それは、僕らがお店で預かったものと違い、汚れた服を一部分だけきれいにしなければいけないんです。
どういうことかといいますと、全体的に汚れていると、一部分を染み抜きすると、その部分だけキレイになってしまって、逆にシミみたいに見えてしまうんです。
僕らはプロなので、後は全体を洗いなおせばまっさらになる、と思いますが、お客様はまず全体が汚れているとは思っていません。
ギャップがそのままシミに見えてしまうんですよね。


やっている方もとても苦労をしていました。


シミを抜いた後の色が本当に色で、その周辺お色は汚れてくすんでいる色なんだよね・・・・・、と。

全体を丸洗いしたいなあと、やってる方々はみんな思っていたはずです。
たとえ、洗ったばかりの服を着て着ていたとしても、家庭で洗ったものは落ちきれていないことが多いので、全体的に色が悪いんですよ。
でも、毎日見ているので、その違いがなかなか分かりづらいんです。


僕らクリーニング屋さんは、染み抜きをした後に、全体的にもう一度丸洗いをします。
そうすることで、キレイに元に戻せるようになるんです。


実演はいわば出張しみぬき。
しみ抜き機を持っていくようにはなりましたけど、どうしても出来ることも限られてしまいます。
もっとキレイにする方法を知っているのに、その場では限られてしまうジレンマ、やってる方はもっとやりたいと思っていたでしょうね。


シミを抜きながら、日頃の衣服のメンテナンスの仕方を伝える。
その場の売り上げは震災復興のチャリティへ。
いいイベントじゃないですか。


ぜひ、次もやってもらいないなあと思いますね。

昨日は日付が変わる前に無事帰宅。
これくらいで帰ってこれるなら、またいけそうです。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭Tプロジェクト

さっそく、お買い物をして来ました。
買ったのは、手ぬぐい。


岩手県大槌町の中学生の部活の活動費を支援するプロジェクトで作成されたもの。


なかなかいい感じです。(≧∇≦)











宮沢賢治の、雨ニモマケズがデザインされているんですよ。
ほかに、トートバッグ、Tシャツなども販売していました。


トートバッグ、欲しすぎる…。(^_^;)
イベントが終わるまでにこっそり買ってしまいましょう。(笑)



インターネットでも販売してるようです。
ぜひ、購入してあげてくださいね。


鮭Tショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春だわっしょい!みんな浮かれろ春祭り!!震災復興支援

こちらは春です。(笑)


今日は長野のウッドファクターさんにお邪魔しております。



春だわっしょい!みんな浮かれろ春祭り!!震災復興支援 に来ております。
Facebookの声掛けから始まったこの企画、たくさんの出店があるんです。


その中の一つに、クリーニング屋さんがシミ抜きの実演として出店しているんです。
今日はそこにお邪魔した次第。


みんな元気ですよね。
楽しそう。

いろんなものが売っているので、復興支援に協力しようかな。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

制服を今出せ!

長男が中学校に通い出して、初めて制服をクリーニングしようと思いました。
でも、今日は朝から長男も忙しそう。
部活の試合があるとかで、初めての遠征らしいんですね。


洗うなら今日の午前中に洗わないと、月曜日に間に合いません。
朝から家族中から、制服を早く出しなさい、と言われまくっていました。(笑)



でも、なかなか出さない長男。
どうも、たかをくくっているようなんですよね。
どうせ、すぐ洗えるんだろうから、急がなくてもいいだろうと。


しかし、こちらとしてはそう言うわけにはいかないんですよ。


だって、制服はドライクリーニングで洗います。
いつでも洗って仕上げられるわけではないんですよね。
お店の機械が動いてて、僕らの手が空いている時で無いと、長男の制服を洗うことが出来ないわけです。


いつまでたっても洗いに出さない長男。
しまいには、部活から帰って来てから出すよ、と。


瞬間、みんなが一斉に、それでは間に合わない!と一言。


長男、びっくりしたような顔をしています。(笑)
どうやら、下着なんかの水洗いを想像してたようなんですね。
ささっと、洗って、ぱぱっと払えば、すぐ着られると思ってたみたい。

確かに、下着みたいにばさっと洗って、たたんで済めば楽なんですけどねえ。
制服はアイロンをかけないと着られないからダメなんですよ。


長男に、もう一度説明。
やっとわかったらしく、制服を持って来ました。



まあ、初めてスーツのようなウール製品を着てますからね。
扱い方を知らないのも無理は無い。
これから、徐々に仕込んでいかないと、どんどん制服をダメにして行っちゃいそうです。



クリーニング屋の息子ですらこんな感じですから、他ではどうなんでしょうか?
制服の正しい扱い方って、どうやって知るんですかね?

こんなこと言ってる僕も、制服やワイシャツは任せっきりでしたから、扱い方をちゃんと覚えたのはこの仕事についてから。


学生に正しい制服のメンテナンスを教える講習会とかやったら面白そうな気がしますね。


長男の友だちにこっそりやろうかな。(笑)



とりあえず、洗えてホッとしました。
定期的にクリーニングして行って、状態の変化も見たいですよね。
そこも教えないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中市で集配をしてくれるクリーニング屋さん。

衣更えが始まり、クリーニング屋さんもどんどん忙しくなって来ています。
冬物のクリーニングだけでなく、布団やカーペット、量が多いなど、持っていきたくてもクリーニングに持っていけないお客様もいらっしゃるんですよね。


そこで、せっかくクリーニングを利用しようとしても、持ち込めないお客様のために、府中市内を集配してくれるクリーニング屋さんを紹介したいと思います。


集配とは、玄関まで引き取りにうかがい、仕上がった後、玄関まで届けてくれるサービスです。

府中市内を回るクリーニング屋さんは結構ありまして、府中市内全域を回るクリーニング屋さんから府中市内の一部地域を回るクリーニング屋さんまで様々です。
多摩市や、国立市、国分寺市や日野市など、他市にあるクリーニング屋さんが回って着てくれるケースもあります。


府中市内で、デリバリーをしているクリーニング屋さんが、スターズデリバリーさん。
デリバリーとは、お電話をいただいてからすぐ駆けつけてくれるサービスです。
一般的な時間帯の集配をカバーしてくれています。
夜8時くらいまででしょうか。

東府中にあるシマナカクリーニングさんも有名です。
ここはルート集配ろデリバリー形式があるようです。

ルート集配とは、毎週決まった曜日決まった時間にお伺いする集配サービスの事。
定期的にご利用されるお客様向けのサービスです。

浅間町や白糸台、清水丘など府中市内の一部地域を回っているようですね。


国立から来ている、宅配専門Myクリーニングさんも、丁寧と定評があります。
国立で営業をされていますが、府中市内一部地域も集配エリアになっております。
府中市の西側のほうを回っているような感じですかね。


他にも大々的に宣伝はしていませんが、集配、宅配クリーニングをしているクリーニング屋さんは結構いらっしゃいます。
お店によって見て、取りに着てくれますか?と聞いてみると、引取りに着てくれるクリーニング屋さんは結構ありますよ。

大きなものがあったり、量が多かったり、車などの移動手段がなかったり、子どもが小さくて外に出られなかったり、忙しくてそれどころじゃなかったり、クリーニングに出しにいけない方は様々あると思います。
そんな時、電話一本で、クリーニング屋さんが引き取りに着てくれれば、とても便利だと思いますよ。
ぜひ、宅配クリーニングをご利用していただきたいと思います。


そして、当店、一伸ドライクリーニング店も宅配をしております。
うちの集配エリアは広いですよ。(^^;;;
府中市、多摩市、日野市 稲城市、国分寺市、三鷹市、調布市、基本この辺はいつも回っています。
さらに、お客様のご要望にあわせて遠くまで行くときも。
明日は、杉並区の高井戸までお伺いします。
・・・・・・クリーニング屋さんが聞いたらびっくりするようなエリア。(笑)

また、営業時間も長いんです。
朝8時から夜の10時まで。
お店もその時間まで開いていますので、ぜひいらしてくださいね。


そろそろゴールデンウィークです。
洗い忘れがないように、まとめてクリーニングに出してしまいましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウイークのお休みのご連絡です。

いつも一伸ドライクリーニング店及びカシミヤクリーニング.comをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


気がついたら早いところでは今週末からゴールデンウイークに入るようで…。

時間の経つのが早いなあと感じます。
年だな…。(^_^;)



今年のお休みの予定です。


5月5日にお休みをいただきます。
あとは通常営業、いつも通りのお休みになります。


基本、当店は日曜お休み、祝日は営業をしております。
今年の暦でいいますと、今週日曜はお休みですが、来週の火曜日、29日はいつも通り営業しております。
5月3日土曜日も通常営業。
4日、5日と連休になりまして、6日は通常営業です。



朝晩の冷え込みもそろそろ終わりを迎えると思います。
ぜひ、この連休の間に、冬物の衣類をまとめて、当店へお越しください。
お待ちしております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイシャツが白くならなくなる???

今朝、びっくりするような記事を読みました。


LEDのせいで、洗濯洗剤の白くなるトリックが台無しに。

むむ、どういうことかな?と読みすすめていくと、どうもLED照明になると白い服が白く見えなくなる、らしいんですね。
どういうことか?説明しましょう。

一般に、ご家庭で洗っている洗剤には蛍光増白剤と呼ばれるものが入っています。
これは、白をより白く見せる為の薬品です。
少し青みがかるとより白く見える、と言う原理を応用しています。


家で洗ってワイシャツが真っ白!


とか、

Tシャツもまっしろ!

なんていうのは、たいていこの蛍光増白剤のおかげです。
この薬品がついた服は日光のしたでは物凄く白く見えるんですが、おしゃれな飲み屋さんとかにある、ブラックライトに照らされると青く発光するんです。

より白く見せる為に使われている薬品なんですけどね、どうもLED照明には反応しないようで。
白く見えなくなるらしいんですよ。

すると、どうなるか?

オフィスなどで、自分の着ているワイシャツが・・・・・・、くすんで汚い、なんていう事が起こり始めます。
実際は今までも、汚れが落ちていなかったんですけどね、それを薬品でごまかしていただけなんです。
外に出れば、相変わらず白く見えますから大丈夫ですが、室内に入ると汚れが目立った服を着ている事になってしまうかもしれません。

この、蛍光増白剤、色物に使うと色が微妙に変わってしまう為、服のタグに蛍光増白剤の入っていない洗剤で洗ってください、なんていう注意書きのある服もあるんですよ。
でも、はいっていない洗剤を探すのはかなり大変。
それほど、家庭の洗剤には日常的に含まれているものなんですよね。

もしかして、洗浄力の時代がやってくるのかもしれません。

クリーニング屋さんの真っ白と、家庭洗濯の真っ白と、質が全然違います。
それがよりはっきりしてくるかもしれませんね。


クリーニング屋さんで洗うと、どこにいっても白いんだよね!なんていう時代がくるかもなあ。
ちょっと待ち遠しいかもしれません。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臭いがしなくなったのよね。

クリーニングにお悩みの方はたくさんいらっしゃるようです。
最近、特に多くなって着ているのが、クリーニング後のにおいについて。
うちでは、初めてご来店くださったお客様の中で、たまにそういうご相談wの受けることがあります。


今まで利用していたクリーニング屋さんは、帰ってくるとにおいがしたのよ、と。


ネット上でもそういうお話を見ることがありますし、このブログにもそういった事を調べてやってくる方が結構いらっしゃいます。

たぶん、今はにおいに敏感な時代なのかもしれません。
家庭用の洗剤や柔軟材も、臭い重視。
CMを見ていると、においの良さをアピールするものがたくさん出て来ていますね。
アメリカの柔軟材が広く使われるようになり、街中で独特な柔軟剤のにおいを嗅ぐようになってから敏感になって来ているような気がします。


香り付けと言ってもやはり不快な香りってあるものなんですよね。

去年から当店の集配をご利用されているお客様とお話をしていました。
今まで長くご利用されていたクリーニング屋さんが、病気で廃業されたとの事。
それから色々なクリーニング屋さんを探して歩いていたけど、なかなか自分にあったクリーニング屋さんとめぐり合えず、苦労されていたようです。
たまたまのご縁で当店とお付き合いが始まりまして、一年近く経とうとしています。


話の最中に、クリーニングから返ってきたにおいの話になりました。
とにかく返ってくるとにおいがする、との事。


クリーニングから返ってきた品物ににおいがあるというのは、いくつか原因があります。
その原因がどれか?が結構重要なんですね。


石油のようなにおいがしたとき。
これは乾燥不足が原因。
乾いていない証拠ですね。
僕がネットで見るにおいのケースもこれが結構占めているような気がします。
たまに、クリーニングのにおいって何とかならないの?なんていう書き込みを見ますが、ちゃんと乾燥をすれば、このにおいがしません。


この臭いがしないようになってから本来納品するものなんですよね。
つまり、乾いたかどうかの一つの指標となっているわけです。

じゃあ、何でこんな不完全な状態で返してくるのか?


多分、気がつかないんでしょうね。
一つは、この時期、工場の中は自然乾燥品なんかで、普通に石油の臭いがしています。
人間、なれって恐ろしいもので、最初のうちは石油のにおいを感じているんですが、その中にいると鈍感になってくるんですよ。
で、大丈夫、と判断したら、実はまだ不完全だった、と言うケース。

時間で乾燥時間を決めているところはこういう事が起こりがち。
また、パートさんやアルバイトくんでやっているところは、細かい仕事の所は分かりません。
僕ら、クリーニング師がおかしいと思うことも、彼らにはおかしいと思わない。
工場長がきちんと見て指導をしている所は問題ないですが、そうでないと・・・・・、ありえますよね。


また品物が増えてくると、どうしても乾燥時間もかかっていきます。
と同時に、納期に終われるようになるので、工場の中は大騒ぎ。
見逃しが増えてしまうんじゃないのかなあ、と思うわけです。

手広く商売をしている所は、この辺が難しいでしょうね。


乾燥不足が原因のときは、乾燥をやり直してもらえばにおいが取れます。
自分のうちで陰干しをしていてもいいんですが、クリーニング屋さんに持ち込んでやり直してもらいましょう。
石油のにおいは・・・・・、体にあまりよくありません。
ちゃんとやり直してもらうほうがいいですよ。


また別の原因もあります。
汚れが最付着してしまって、臭いが出る、と言うこともあるんです。
こちらは、くすんだよな臭い、とでもいいましょうか、変なにおいなんですね。
これは干してもにおいは取れません。
洗いなおしてもらわないと。

昔は、ドライクリーニングの液体の管理が悪いから、なんていわれていましたが、最近は管理もよくなって着ているので、たぶん原因は別。
洗い方の問題でしょうね。


連続して洗ったとか、適正量を守らず洗ったとか。
要はつっこみすぎ、と言うやつです。


もし、液体の管理が悪いのなら、全ての服からにおいがするはずなんです。
ところが、お客さまに聞いていると、においがするときとしない時がある、とおっしゃる。
大丈夫なときもあるから、一伸さんにお願いすれば安心と分かっていても、つい出しちゃうのよね(笑)、と言われた事もあります。(笑)
それはそれで、よく分かる。(笑)
ある種のギャンブルのような感じですかね。(^^;;;

石油と名違う匂いのとき、これもクリーニング屋さんで洗い直しをお願いしましょう。
きちんと洗いなおしてもらうことで直る確率が高くなります。
他のお店で・・・・と思いがちですが、まずは最初にやってもらったお店で。
そこが基本ですね。


そして、もうひとつ、最近になって増えてきたのが、においが破壊されて魚の腐ったようなにおいが発生することがあるんです。
柔軟剤などに使われている香料が、乾燥時の熱で破壊され、元の成分のにおいが出て来てしまうんですよ。
若い人に多いですかね、服に匂いをつけようと、買ってすぐに自分で洗う人が。
しかも、適量の倍とか入れて強烈ににおいを付ける方とかいらっしゃいます。
香料が壊れなければいいんですけどね、熱に弱いらしく、壊れると厄介なにおいが。


柔軟剤のにおい、結構気をつけたほうがいいと思います。

こんなにおいの原因の話と可能性をお客様としていたんですね。
すると、お客様から、こういわれました。


今まではクリーニングから返ってきて、においがするからいつも気にしていたんだけど、一伸さんにお願いするようになってから、まったく臭いがしなくなったのよね。
クリーニングを安心して任せられるようになって、本当に楽になりました。


ありがたいお言葉で。
と、同時に、自分たちもいつミスするか分からないので、気を引き締めなきゃな、と。
クリーニングの知識をフル活用して注意しながらやっていかなきゃな、と思いました。

安心して任せられるって、大事ですよね。
クリーニングもそうあるべきだ、と思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいクリーニングのあり方を目指してリニューアルオープンだそうです。

昨日、友達のクリーニング屋さんがリニューアルオープン記念イベントをしていました。
若い彼は、おじいさんのお店を受け継いだんです。
東北地震の年の11月に大阪の展示会のときに、お礼を兼ねてお邪魔したことがあります。


クリーニングとファッションとカルチャーなどの融合を目指しているそうで、その一環が昨日のイベントとなったようでした。

ささやかながら僕も花を贈りまして。
ぼくね、花を贈るセンスがどうもないみたいなんですよ。(爆)
今までも何回か色んな所に花を贈ったことがあるんですが、いつも物凄く大きな花が行くようなんですね。(爆)
イメージでは、テーブルに乗るくらいのおお願いしているはずなんですけど、どうも違うようで・・・・・、邪魔になっちゃ悪いなあといつも思うんですが・・・。

昨日は、しみ抜きの実演などをして、着てくださったお客様にクリーニングを知ってもらう機会を設けたようです。
彼は、とてもアクティブに動いていまして、地元のアパレルさんとかと組んでファッションショーを企画したりしているんですよ。
すごいバイタリティだと思います。


ここ数年、クリーニング屋さんも次の世代が出てきました。
新しいクリーニングの形を求めて、店舗を改装したり、新しいメニューを作ってみたり、やっておられる方が出てきたようです。

クリーニングが日本に出来て50年ちょっと。
その前にも紺屋さんなどで、日本式のクリーニングもあったんですけどね。
ドライクリーニングが出来て50年ちょっとだったかな、僕らの親の世代がドライクリーニングを引っ張ってきました。


そして、僕らよりちょっと上の世代がそれを引き継ぎ、伸ばして着て。
時代の変化を感じ取り、今新しいクリーニングの形を模索する人たちが出て来ています。


今から5年後、クリーニングはどうなっているのかな、なんてふと考えてしまいます。

洗っているものがまったく変わってしまうかもしれませんし、クリーニング単体ではなくほかの業種との複合になっているかもしれません。
クリーニングがクローズアップされているかもしれませんしね。


どんな風になっているのかなあ、とこういう人たちの活動を見ていると、わくわくしてきます。
五年なんてあっという間、その頃はオリンピックだと騒いでいるでしょうけどね。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマルファーストフード ケバブ

チューリップをみた後に、立川に寄りました。
IKEAじゃありませんよ?(笑)


僕がお世話になっている、湯江鍼灸接骨院の院長先生が教えてくれたんです。


工藤さん、立川においしいケバブ屋さんがあるのを知ってますか?



…、知らない、そんなお店知らない。



曙町の交差点、銀だこの隣にある小さなお店です。
ねえ、教えてもらったら、一度はいってみないと。
で、寄って来ました。







本当に小さいお店。
いい香りがして来ます。
お土産に二つケバブを買って、帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップ公園。

おはようございます。
今朝は子供達を連れて、太宰治の玉川上水を抜け、羽村市にある、チューリップ公園へやって来ました。


休耕田を利用して、チューリップを植えているんですよね。
辺り一面、チューリップだらけ。(笑)
壮観です。







子どもたちはカエルの方が興味あるみたい。(笑)







震災の年に来れなかったから3年ぶりかなあ。
変わらず綺麗ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一度もおかしくなったことないですもんね。

この時期、皆さんクリーニングには相当悩むようで、呼ばれてお伺いすると、玄関先でどうしようか?と悩まれるお客様がたくさんいらっしゃいます。


洗わなきゃいけない、とは思っているようで、でも、クリーニング代も馬鹿にならないし・・・・、と言う感じ。
主婦の皆さんは家庭を支えていますからね、出費を抑えたい気持ちもよく分かります。


自分で洗えないか?
ほかのクリーニング屋さんで洗ったらもっと安くなるんじゃないだろうか?


そんな風に思うようです。


昨日も、杉並区のお客様の所へ集配。
うちから杉並なんてかなり遠いんですよ。(笑)
多分、同業者が聞いたら、おかしいんじゃないの?と言われるくらいの距離。
何年もお付き合いをしているのもありますし、途中引っ越されてどんどん離れていってしまった、と言うのもありますし、何より呼ばれているうちが花ですからね。(笑)


玄関先で、どれをクリーニングに出そうか、僕と相談しながら決めます。


どれもこれも、気を使うような服。
ちゃんと洗って置けば次もキレイに着ることが出来ますが、洗い方を間違えると途端に古ぼけて見えるような服です。
まだ十分に着ることが出来るので、僕はクリーニングをおすすめ。
でも、お客様は、もう10年は着ているしなあ、と悩んでいる様子。


10年経ったら、普通の人は悩みますよね。
今の人の感覚だと、下手すると2年も経たない内に捨てちゃう人いるんじゃないでしょうか?
服がそんなに永く着ることが出来るなんて、知らない人もいるような気がします。


服がとても10年着ているようには見えないくらいきれいなこと、洗い方を間違えるとたんに古ぼけてしまうこと、この服を買い換えるのとクリーニングするのではクリーニングする方がお徳だと思うこと、を伝えまして、最終的にクリーニングをすることになりました。


そこでポツリとお客様がこういったんです。

私、他のクリーニング屋さんを知らないんですよね。
値段もどれくらい違うのか分からないし、仕上がりもどんな感じで来るのか分からないし。
でも、一伸さんでお願いをしていて一回もおかしくなったことないんですよね。
一伸さんにとっては当たり前かもしれないけど。

僕も他のクリーニング屋さんの事はそこまで詳しくはありませんが、以前宅配専門のクリーニング屋さんから下請けを依頼された時に、クリーニング屋さんで自分の所で仕事をされている所は驚くほどトラブルが少ないんですよね、と言われた事があります。

あまり意識していないので、いわれて見てそうかなあと思ってしまいます。(笑)
でも、確かに、いつも普通にお届けしている。
これって、お客様からしたら、普通ではなくすごいことなのかもしれませんね。


洗っているときや仕上げているときは、いつも悩みながら仕事をしているんですけどね。


これ、どうする?

衣更えが始まると、この言葉が何回連発される事か。(笑)
どうやって洗おうか?どうやってきれいにしようか?どうやって仕上げようか?
そんな風に悩む商品がどんどん増えて行ってるんですよ。
その中で、きれいにして、普通に届けるって、案外すごいことなのかな。


ちゃんと洗えば、10年でも着ることが出来る。
だから僕らの仕事はとても大事なんですね。

衣更えで、クリーニングするか悩んでいる皆さん、1着新しいのを買うお金で全ての服がクリーニング出来ます。
逆に、もったいないと洗わないと、全ての服がだめになることもあります。


服のクリーニングは大切ですよ。
必ずするようにしましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング代はケチるなっ!(笑)

先日、ちょっとした調べ物をしていて、一番笑った一言。

クリーニング代をケチるなっ!(笑)


何で突然こんな言葉になったのか、読んでいると、どうもクリーニング代がもったいないと自分で洗ったみたいなんですね。
したら、自分が想像してたのと違っちゃって、こんなんだったらクリーニング屋さんに出しておけばよかったと。
その締めくくりに、今日の教訓として、クリーニング代はケチるな!と出ていたんです。


お気の毒だなあと思いつつも、そのケチるな、と言う表現に思わず笑ってしまったんですね。

気になったので、もう少し調べてみると、クリーニング代をケチるな、と言う言葉でブログなり何なり書いている人が結構いらっしゃるんです。
皆さん、なにかしらいやな目にあってるみたい。

いつも出しているところよりもたまたま安いお店を見つけて出したら・・・・、とか。
節約しようと自分で洗ったら・・・・・、とか。


多分、ケチるな、と言うくらいですから、普段は掛けるものにお金を掛けているタイプなんでしょうね。
いいものを知っているだけに、クリーニングや洗濯の品質も気になってしまうんでしょう。

良いものが分かる人は、ケチっちゃいけませんね。(笑)


クリーニング代はケチるな、覚えて起きます。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング、かさばって持っていけないんですけど・・・。

衣更えで、冬物の衣類をクリーニングに出そうとすると、あまりにもかさばって持っていけない、そういうお問い合わせをいただくことがあります。

今日も夕方、一本のお電話をいただきました。

杉並区からのお電話・・・・・・、不思議でしょ?
杉並区にもクリーニング屋さんなんてたくさんあるだろうに、何でわざわざ府中のクリーニング屋に電話をかけて来るんだ、と。(笑)
お客様にとっては結構切実な問題なんですけどね。

以前、府中市に住んでおられて、引っ越して杉並区に行かれたお客様なんです。
最後にご挨拶をして、それから数ヵ月後にわざわざ当店へもう一度お持ちになった経緯があります。

・・・・・・・・・・・・、何かあったんでしょうね。


それからと言うもの、季節ごとですが、わざわざご来店くださっていたんです。
ところが、今年はかさばる衣類が多い、と。
持っていけないんだけど、とおっしゃいます。


僕、結構広範囲で集配に回っているんですが、ちょうど近くまでいく用事があったので、この日ならお伺いできますが、と伝えますと、残念ながらその日は都合が悪い、との事。
結局、宅配便で送っていただくことになりました。


相談の上、出来上がった衣類も宅配便で送ると言うことに。
当店から代引きで発送が出来るので、お支払いも出来るのでよかった、との事。
何とかお客様のご要望にお答えできそうです。


冬物の衣類はどうしてもかさばります。
一人分でさえかさばるのに、ご夫婦の分やご家族の分、なんていったら、とてもじゃないけどクリーニング屋さんに持ち込める量ではない、なんていうことも。

そんなときは遠慮なく、呼んで欲しいんです。

集配可能な地域でしたらお伺いします。
出来ない地域の場合、今回のように宅配便でのご利用をお願いすることもありますが・・・。
何とかご要望にお答え出来ると思います。

うちは、こういったケースがとても多いんですよ。
特に大々的な宣伝をしているわけでもないし、チラシやポスティングも今の所行っていません。

なのに、以前利用していたと言うお客様が引っ越した先からご利用くださったり、噂で聞いたとわざわざご来店くださったり、そういうお客様が特に多いんですね。


それだけ、クリーニングで困っていると言うことなんだと思うんですが・・・。


クリーニング屋さん、昔ながらのお店は裏路地でひっそりと営業されていたりするので、地元の人でも見つけられないことがあると思うんですよね。
うちのように、昔からやっている個人のクリーニング屋さんで、大通りに面しているお店って案外少ないのかもしれません。
それでいて、仕事も丁寧にやるって言うのは立地的に考えても珍しい。


昔よくメーカーさんに言われましたもん、もっと大量生産すればここならお客さんがたくさん来るよ、って。

そういう仕事にしていないから、こうしてお客様が遠くから来て下さるんですけどね。
うちにはうちの仕事のやり方があるので、多分このスタンスは変えないんだろうな。(笑)

クリーニングにかさばって持っていかにと言う方がいらっしゃいましたら、遠慮なくお問い合わせください。
お待ちしております。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験中。

色んな所へよく出かけるので、色んなものを見る機会に恵まれます。
昨日、そんなご縁からお客様がご来店くださいました。

クリーニングとは関係ない某メーカーさんから。


まったく関係がないこのメーカさん、出かけた際に見かけて、気になったので少しお話をさせてもらったんです。
そこで、では試験をして見ましょうか、と言うことになり、昨日、当店へご来店くださってサンプル品をお預かりしました。

これから、色々テストをしていく事になります。

こんな事もやっているんですよ。(笑)
詳しい話はまだ出来ないんですが、使えるという事が分かったら画期的なものになるんじゃないか、と思っています。
そのためには、いくつか試して見ないといけないことがありますね。

春の繁忙期の真っ只中、こつこつとやっていくしかないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗うメリット。

最近ね、ちょっと思うんですが、汚れてないと思っている人が多いような気がしてるんです。
クリーニング屋さんへも、しみ抜きのご依頼が多くて、逆に言うと、しみが付かなければ汚れてない、洗う必要がない、と思っている方が多いような気がするんですよ。


もったいないなあ、と思います。

洗うって、メリット多いんですよ。

皆さん、自分で洗濯をしているからわかるとおもいますが、まず洗うと気持ちいいですよね。
汚れが付いていると、服が肌に変にまとわりつくので、疲れやすくなります。
洗うことで、汚れが落ち、服がリセットされて、汚れのない状態に。
買った新しい服は、気持ち悪くないでしょ?
あの感覚に戻るんですよ。

特に、クリーニング屋さんのクリーニングでは、家で洗うよりも、より元の状態に近くなるんです。
洗う時に使う、ドライクリーニングの液体がそうさせるんですけどね、また機械も傷まない様なつくりになっているので元の状態に戻りやすくなります。


洗うことのメリット、二つ目はにおいがなくなる、と言うこと。

においの原因は汚れ。
ファブリーズなどの消臭剤で、においけしをしている人がいますが、クリーニングとの大きな違いは、大元の原因が残っているか、いないか。
ファブリーズは、大元の原因が取り除かれるわけではないので、一時的に匂いは消えるかもしれませんが、また出てきます。
さらに、表面に吹き付けるため、消臭剤の成分が表面に堆積していくんですよ・・・・・・、それも嫌じゃないですか?

クリーニングだと、全てを洗い流してくれるので、原因が取り除かれてしまいます。
どっちが服にいいか?分かりきった話ですよね。

もうひとつ、洗うメリットは、全体的に色が良くなること。
これは染み抜きではありえない話なんです。

最初に書きましたが、汚れってシミだけじゃないんですよね。
埃、排気ガス、空気の汚れ、壁や椅子、人の体に、服は触れていきます。
特に空気系のものは服全体に影響を及ぼすので、気付かないうちに段々と、薄汚れて着ているんです。

シミみたいに、一箇所、思いっきり汚れていればとても分かりやすいのですが、そういう汚れとは違いまして、徐々に汚れていくので、気付きにくい汚れなんですね。

気付きにくいから、クリーニングをしない人が増えている。
でも、冷静に考えてみて、一日着た服が、まったく汚れないってありえないと思いません?
それを、間を空けても、数日着ているんですから、汚れるのは当たり前。

しみ抜きは部分洗浄ですが、クリーニングが全体洗浄、全体の汚れを落とすと、服がぱあっと明るくきれいになるんです。

よく、この服はもう駄目だよね、とおっしゃるお客様がいらっしゃいます。
ダメだ、と思う理由は、汚れているから、古ぼけて見えてしまうため。
クリーニングをして、きれいにすると、またぜんぜん着ることが出来るようになってしまうものなんですよ。

徐々に汚れていくので、分かりづらい全体的な汚れ。
どうすれば、洗うタイミングが分かるか?

一つはにおいが目安になると思います。
はっきりとくさくなったら遅いんですが、逆に汚れたときの臭いにおいを感じたらクリーニングするのではなく、洗いあがったときの臭いがしなくなったら、洗うタイミング、と覚えてもらうといいかもしれません。
臭くはないけど、クリーニングから返ってきた時の様な感じではない、これは立派に洗うサインですね。


もうひとつ、見た目で判断も出来ます。
うっすらとですが、汚れますから、見ていると分かる。
でも、毎日着ているからこそ、こんなもんでしょ、と気付きにくいのも事実。

では、どうするか?

最後は、ある一定の期間着たら、クリーニングする、と言うルールを作るんです。

着たら汚れないわけありません。
シミは、普段の汚れとは違い、特殊な事情の汚れ。
それ以外はある一定量、着れば常に汚れているものなんですよね。

嵐のように埃が舞っていた、とか、物凄い汚れた所に出入りをしていた、とか、そういう特殊な事情のときは、その場の判断でいいと思いますが、そうでない、いつもの日常、会社に行くとか、友達とお茶をするとか、幼稚園に迎えに行くとか、そういう普段の行動のときは、ある一定の回数、時間、日数で洗うように決まりごとを作るといいと思います。

5回着たから洗う、とか。
最初に着てから、1ヶ月たったから洗う、とか。


これに、季節の事情を加えると完璧かもしれません。


夏は少しサイクルを早めようとか。
冬は長めに着用しよう、とか。


僕はこんな感じで洗っていますよ。
夏はほぼ毎日。
冬は着用をかなりしてから洗います。


そうすると、常に一定して、きれいに着ることが出来るようになるんですね。


洗うメリット、皆さん覚えていただけたでしょうか?
洗わないとどうなるか?皆さんもう経験されてますよね?

着ようと思ったら、黄色く変色していたり、臭かったり、汚れがひどかったり、虫に食われたり、カビが生えたり。
しわくちゃで、着れない、なんていうこともあったでしょう。

これらは洗うことで解決します。
ぜひ、クリーニングをしてみてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点回帰。

仕上げをする際に、霧吹き器を使います。
いわゆる、スプレーというやつです。


シワを伸ばすときや綿などを仕上げるとき、ちょっと霧を吹くと綺麗に伸びてくれるんですよ。
クリーニング屋さんには必需品。


僕がクリーニング屋さんになった頃に、スプレーはプラスチックで出来ている園芸屋さんで売ってるようなやつを使っていたんです。
もっと子供の頃は、金属で出来たやつを。
父が、今はこんないい奴が出たんだ、といって、スプレーを使っていたのを覚えています。


しかし、最近そのスプレーにいささかご不満でした。


理由は、霧が細かくないこと。
スプレーから出る霧が、細かくないと色々と支障が出ます。
いいスプレーもあったんですが、いつの間にか売られなくなってしまったり。


そこで、思い出して購入したのが、昔からクリーニング屋さんでつかわれている、霧吹き器でした。







昔使っていたのはもう何処かに行ってしまったので新しく購入。
クラマタと僕らの間では呼ばれています。

この中に水を入れて、ポンプで圧縮。
レバーを押してるだけで、細かい霧がずっとで続けるんです。



かなり、いや、相当便利。
なんで、これを手放しちゃったかなあ。


クラマタは高いんですよ。
スプレーは全然安い。
出来たばかりのスプレーは霧の質もよかったのかましれませんね。


それにしても、この使い勝手、やっぱり、ぼくらクリーニング屋さんが使うのはこれだなあと、実感します。


昔からあるものがいい、と言うわけではないんですが、こうしてみると、昔に作った製品の方がいい仕事をするものが多いんですよねえ。

原点回帰です。


今日もクラマタを使って、ワイシャツを仕上げています。


気持ちいいー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚田屋さん。

絶賛!買い物中。(笑)



舞茸を買ったので、お土産にお蕎麦を買いに寄りました。


群馬の渋川の名店、厚田屋さんです。







持ち帰り用のお蕎麦とうどんがあるんですよ。
てんこ盛り。(笑)







これ、誰が持って帰るんだろう?(^_^;)
うちのはこんなに多くないですよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここでも雪の影響が。

タイヤを田舎のうちにおいてから、赤城まいたけセンターにやって来ました。







舞茸が、ない。(。-_-。)



どうやら、雪の影響で電気が止まり、出なくなったらしいです。


こんなところにも雪の影響が、って感じですね。
途中、潰れたビニールハウスを幾つも見ましたし。
すごかったんだなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

るなぱあく。

無事、タイヤ交換も終わりました。
タイヤを田舎のうちに置きに行かなくてはいけません。


僕は田舎のうちへ、子供達はその間、るなぱあくで遊ぶようです。


子供たち、満喫してますなあ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の目的は、ここっ!

今日の目的地にとうちゃくしました。







コストコです。
スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換をしに来たんですね。



交換してもらっている間に、しばしお買い物。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、イチゴ狩りへ。

お墓参りも無事終わりまして、子供たちご希望のいちご狩りに来ました。

こ、混んでる。(^_^;)







二月の大雪の影響で今年は露地栽培が全滅らしい。
楽しみにしてたのになあ。
やっぱり、水耕栽培よりも露地栽培の方が甘みも強いし、美味しいんです。


残念だけど、がっつり食べてもらいましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓参り。

お墓参りに来ました。
この辺は、桜が見頃なんですね。

府中は桜はもう終わってましたから、なんだか得した気分。(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬の朝は早い。(笑)

おはようございます。
昨日の夕方から群馬に来ています。


群馬はまだまだ寒い。(笑)



そして、群馬の朝は早いのでした。








今日来たのは用事を済ませるため。
まずは、赤城農産物直売所があくのを待ちましょう。


お野菜の買い物から始まりっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングから返ってきたネクタイが締めづらい・・・。

最近、ネクタイのクリーニングのご依頼が増えているんです。


ネクタイのクリーニングって、したことない人、結構いらっしゃるんじゃないですかね?
使い捨ての人も結構いらっしゃると思いますし、100円ショップで売っていますからね、普通に。
しかもクリーニング代も見かけによらず高いので、洗ったことがない人が多いかもしれません。


同じように着ている服があれだけ汚れていて、ネクタイが汚れていないはずがないんですけどね。
見慣れると汚れに気付きにくくなってしまいます。


最近、当店へのネクタイのクリーニングのご依頼が多いのは、主にしみ抜きなんですね。
純粋にしみが付いてしまったから落としてくださいと言うものから、他店で洗ったけど落ちなかったのでやってみてください、と言うものまで、幅広く集まってきます。


ネクタイはシルクで出来ているので、クリーニングもしみ抜きも気を使い難しいんですが、それよりも気になるのが、ネクタイのプレスの仕方なんですよね。

ばちん!とネクタイをプレスされている人が結構いらっしゃるんですよ。

ネクタイって買ったときは、割と立体感があって、角も潰れていないんですが、クリーニングでプレスされてまっ平らになってしまっているケースが結構あるんです。
でね、先日、友人で先輩の方から電話をいただきまして、その方が、最近ネクタイのクリーニングで潰される、とおっしゃるんですよ。
で、潰されるとネクタイが締めづらくなる、とおっしゃるんです。


この方は、数年前までクリーニング屋さんを経営されていまして、クリーニングから服の知識まで幅広く持っておられます。
クリーニング屋さんをやめて、自分でお客さんになって色んなクリーニング屋さんを利用するようになって、最近気づくようになったとか。

安く洗ってくれるから、そこまで求めちゃ行けないと思うけど、使いづらいのは困るなあ、と。

ネクタイのクリーニングにお金がかかるのってここなんですよ。
洗うのも難しい、そして、仕上げるのも難しい、だからクリーニング代がかかるんです。
ペロンとした平らなものだから、プレス機でバチン!通しちゃえば楽チンでしょ?と言うわけには行かない。
そういう仕事をすると、先の話のように締めづらいネクタイになってしまうんですね。


クリーニング屋さんも、もっとこういう話をお客様にしてあげればいいのかもしれない。

何であらうのか?どうして値段がかかるのか?


クリーニングなんて洗っているだけでしょ?と思われていますが、そこには風合いを損ねずに、なるべく元のまま維持しようとする努力があります。
そして、こうして使いやすいように仕上げも工夫をするわけです。

この手間隙がクリーニング代、と言うわけですね。

ネクタイのクリーニングって、結構大事だと思うんですよ。
かなり汚れてますよ?
全体的に汚れてますし、一番触る首の付け根周辺とかは、ともすれば真っ黒になっている人も。
スーツをお洗うのと同じように定期的に洗っていれば、色合いもよく、スーツを映えさせるアイテムにずっとなってくれると思います。

ぜひ、ネクタイも洗ってあげてくださいね。


ネクタイのクリーニング良し悪し、ネクタイを潰されないお店がいい。
忘れずに。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカからご指名。

これは、あそこじゃなきゃダメ!

そんな買い物って誰にでもあると思います。
ケーキを買うならあそこ!とか、お肉を買うならあそこ!お魚はあそこが新鮮!とか。
クリーニングもどこで洗っても一緒、と思われがちですが、たまにご指名いただくと物凄くうれしかったりするんですね。

先日、お客様がご来店くださいました。

その日は特に品物をお持ちになったわけではないのですが、クリーニングの予約をしにご来店くださったんですね。


クリーニングの予約・・・・・、聞きなれないですよね。(笑)
あるんですよ、この日に持ってくるのでいつまでに仕上げてもらえますか?と言う予約が。
一番多いのが、カーテン。
カーテンは、外しっぱなしと言うわけには行かないので、一日で返さないといけないケースが多いんですね。
すると、事前にご相談いただいておいて、この日に洗いましょう、と決めて起きます。
僕らのほうは、その日の機械を完全にあけて置いて、品物の入荷を待ち、入ってきたらその品物から洗い仕上げるんです。

今回のお客様のご予約がスーツ一式のご予約でした。


息子さんがアメリカから帰って着て結婚式に参列するんだけど、そのとき着るスーツ一式をお願いしたい、と。
一伸さんで洗って!と言う息子さんからのご指名だそうです。

事前の相談どおり、お預かりしまして、クリーニングをして、本日お返し。
息子さんもご来店くださって、少しお話をしました。

アメリカでもクリーニング屋さんはあるんだけど、どこで洗っていいかわからないし、いいものなので変なところに出したくない、と。
帰国するんだから、こういう服は一伸さんへお願いするのが安心だ、とお母様にお願いされたとか。


確かにいい素材で出来ていて、ちょっとだけクリーニングに気を使う服でした。
これを上手に洗うのはどこでもいいというわけには行かないでしょうね。
うちを選んでくれたことが素直にうれしく思います。

日本と外国のクリーニングの違いを軽く説明します。
日本と外国の違いは、気候や考え方の違いが大きく出ているんですね。
やはり、日本人には日本のクリーニングの品質が一番合うと思います。
海外にいる間は一切洗わず、帰国してからクリーニングにお持ちになるお客様もいらっしゃるんですよ。
それだけ、日本のクリーニングはすばらしいんだと思いますね。

今の時期はご指名がかなり多いんです。


一伸さんじゃなきゃダメだから、この服は他に出せないから、そんな事をよく言われたりします。
選んでいただいたことに感謝ですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自画自讃。(^_^;)

今日も朝から、絶賛仕上げ中!(笑)


皆さんの衣替えが例年より早いので、今年はこの時期から忙しく動いております。


今年は寒かったんでしょうね。
ニット類の多いこと、多いこと。
うちは、他店よりもカシミヤやアンゴラが特に多いのですが、今年はさらに輪をかけて出ているように感じています。


ニット類をね、仕上げていると、いつも思うことがあるんです。


うちで洗うと、本当に綺麗になるよなあ、と。(笑)



はい、自画自讃なのは承知してるんですけどね、それでも、毎回仕上げていると思うんですよ。



特に、ピンクや薄いブルーがとても綺麗。



この二色は洗うと違いがはっきりと出やすいんですよ。
みなさんも記憶があると思うんですが、ピンクや薄いブルーのニットが、くすんでくると、もう着たくなくなりませんか?

薄汚れたようになって、古着になったようで、着たくなくなってしまうんですよね。


うちで洗うと、それがない。
しかも、柔らかいまんまなので、仕上げていても気持ちがいいんですよ。



この時期のニットの仕上げはカラフルだし、柔らかくて気持ちいいし、楽しいんですよね。


午後、気合い入れて仕上げましょうかね。
まずは、腹ごしらえだ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形態変化の原因は?

クリーニング屋さんでは、色んな展示会があります。
資材の展示、機械の展示。
年に一度の大きな展示会もありまして、そこには全国からクリーニング屋さんが集まってくるんです。


2月にちょっと変わった展示会がありました。

クリーニングでの事故品の展示会。

クリーニングをした時に、何かしらの問題が起きてしまった衣類を集めた展示会です。
僕はちょうど福島へ行った日だったので、母が行ってたんですよ。
今年は形態変化した商品を集めたらしいんですね。


形態変化・・・・・、縮んだり、型崩れしたりと言うことです。

展示会から帰ってきた母から、感想を聞くと、洗い方の問題だね、と一言。
商品に問題があるんだけど、商品に合わせないで洗ってしまったものが結構あったなあ、と。

なるほどな、クリーニングって、機械に入れてガラガラポンッ!と言うわけではないんですよね。
商品にあわせて、洗浄時間を変えたり、機械の動く早さを変えたり、液温を調整したり、細かくセッティングをするんです。
デリケートな商品がありますから、たとえばそのデリケートな商品を強く洗うとおかしくなってしまうわけです。

ですから、ソフトに、優しく、扱うんですよ。


形態変化をしてしまった、もしくはさせてしまった、と言うことは、結果的にですが洗い方があっていなかったと言う事でもあります。

そして、先日、某業界紙が届きました。
そこには、例の事故品の展示会の記事が出ていたんですが、そこにでかでかとこんな文字が。


安易な水洗いが形態変化をおきやすくしている。

確かに、水洗いがブームなんですよね。
クリーニング屋さんで、水洗い、Wクリーニング、ウェットクリーニングをおすすめされたお客様は多いと思うんです。
これらは全部水で洗う洗い方なんですけどね、水はどうしても変化が起き易いんですよ。
業界紙では、何でもかんでも水洗いすることが、形態変化を引き起こしているんではないか?と僕らに問いかけているわけです。


たぶん、うちの母がいいたかったこともこれだろうな、と思うんですが、その母と業界紙が来たついでにまたこの件の話をしてみたんですね。


僕にも思うところがありまして。

すると、なんと母と僕の意見が一致。(笑)
僕らの見解はこうでした。

安易に水洗いをしてしまう事が形態変化に繋がっているのは確かだけど、水洗いをしなければいけないほどここ数年の衣類の汚れがひどい、と。
本来なら、ドライクリーニングで汚れを落としていける範囲なのに、着用のしすぎでドライクリーニングだけでは間に合わなくなって着ている。

この形態変化の事故を防ぐには、クリーニング屋さんが適切な洗濯方法を選ぶことと、お客様がもっと早く洗うことが大事だ、と。


つまり、洗わなさ過ぎて、汚れがひどく、水洗いをしなければいけない状況も出てきている、と言うことも問題だと思うんです。

ここまで着ちゃいけませんよ、と言う衣類が本当に多くなって着ました。
もうちょっと早く洗ってくれれば、きれいになるのに、という事が増えてきました。
これらも大いに影響をしていると思うんですよ。


反面、ドライクリーニングで十分きれいになるのに、安易に水洗いをしてしまうクリーニング屋さんもいます。
まあ、ここの安易に、という事がも少し行きすぎなんですけどね、
クリーニング屋さんは良かれと思ってやっているんで・・・・。
でもなあ・・・・・・・、適切でないのは間違いじゃないし・・・・・・・、うーん・・・・・・、むずかしいな。

でも、早めに洗うに越した事はありませんよ。
こまめに洗うのは理想ですが、まずその前に、今までの洗う間隔よりも、ちょっとはやめに洗うことからやってみてはいかがでしょう?

それだけでも、形態変化の不安は激減しますし、何よりキレイになりますよ。

そう、まずは自分が着ている服をチェックしてみてください。
案外自分の服をまじまじと見ないので、どれくらい汚れているか?気付いていないケースが多いですから。


そして、汚れているな、と思ったら、クリーニングに出しましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい制服。

今年の我が家は、入学式ラッシュ。

昨日、住吉小学校に三男が入学。
そして、今日、府中第ハチ中学校に長男が入学です。

僕も通っていた学校。
僕も着ていた制服。(笑)
制服って変わらないんですね。(笑)
お客様の制服を仕上げていて知っているはずなのに、自分の子供が制服を着ると改めてびっくりしたりして。

制服を見るとどうも職業柄か、洗う事を考えてしまいます。

この制服を何年持たせられるか?
特にうちは、まだ下に兄弟がいますから、着ようと思えば9年は使える。

それだけ着続けることが出来たらすごいと思いますか?


クリーニングの挑戦だな。(笑)
時間を掛けて、クリーニングでいかに長持ちをするか、実験してみましょうかね。

楽しみだぁ。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうですよ、しまう前に洗うのが基本ですよ。

最近、いい感じだなあと思うんですよね。
段々と洋服のお手入れが皆さん上手になっていっているような気がするんですよね。

昨日、メールで届いたヤフーの知恵袋に、こんなことが書いてありました。

今までは服を着る前に洗っていたのですが、服を洗ってから仕舞うのがいい、と言う事を最近知りました。
クリーニングから返って来た物をそのまま閉まって、着るときにはそのまま着ていいんですか?

そう、そうなんですよ、服はしまう前に洗うのが基本です。
洗ってから仕舞う、これが当たり前じゃなくなってからずいぶんと長い時間がかかりました。
僕らクリーニング屋さんも、そうじゃないんだよ、服は洗ってから仕舞うものなんだよ、と色んな所で色んなクリーニング屋さんがアナウンスをしていたんですよね。


だんだんと、服の上手な仕舞い方が広がっていっているなあと思います。

で、どうせですから、次着るときどうすればいいか?と言う質問に、答えてみましょうかね。

クリーニングから返って来た物を仕舞いますが、その時にぎゅうぎゅうにつめてしまうと、しわが付いたりします。
ですから、あまり詰め込みすぎないことが基本なのですが、逆にこんな考え方もあるんですよ。

最初から、たたんでしまうようにする。
次、着るときにはプレスだけクリーニング屋さんにお願いをする。

実はこれは昔よくやっていらしたんですよね。
皆さんのお父さんはこうしてしまって、次のシーズンが来たら着ていたんです。


どうしてこんな面倒な事をするのか?当時の収納の背景があったりします。
今みたいにウォークインクローゼットなんてない時代、服を仕舞うのは箪笥だったりしました。
そこで、たたんでしまう、と言う需要が生まれたんです。

しかし、これが実に理にかなっていまして、たたんだ服の上に防虫剤を置くと、効果をいきわたらせる事が出来ます。
そして、畳んだしわはクリーニング屋さんで伸ばしてもらう。
気持ちいい状態出来ることが出来たのでした。


それが、ウォークインクローゼットが出来てから、畳まないで吊るしたままで収納が出来るようになったんですよね。
でも、畳まないと、意外と収納って少なくなるんですよ。
結果的に、詰め込みすぎて、本来そのまま着られるはずのものが、しわが付いたりしてしまうようになったんです。


吊るしてしまっておけば、そのまま着られるはずなんですけどね。

クリーニングから返ってきた品物は、そのまま着る事が出来ます。
しかし、収納の仕方によっては、再度プレスが必要なケースがあります。
家での仕舞い方を十分検討していただいて、必要であればクリーニング屋さんをご利用してくださるといいと思いますよ。


クリーニング屋さんによっては、保管サービスつきで洗ってくれるところもあります。
そんなクリーニング屋さんを探してもいいですね。

今年は、消費税の影響か、はたまた陽気がいいからか、クリーニングの出が早い気がします。
今週は暖かいようだし、もう衣更えを完全にしちゃってもいいんですかね?
僕としては、若干不安なんですが・・・。


もう少し、様子を見てもいいような気がするんですけどねえ。
どこかでまだ寒い日が繰るような気がする。
杞憂で終わればいいんですけどね。


まあ、1着、コートを残しておけば十分だと思いますよ。


残りは洗っちゃいましょう。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファブリーズで除霊。

世の中にはいろんな噂話があります。


先日、お世話になっている、チョウさんからメールが。
メールの中にはリンクが張ってありました。
飛んだ先にあったのは、目を疑うような内容。


ファブリーズで除霊。



ファブリーズは僕らの業界ではいろいろとありますからね。
それこそ、いろんな話を耳にするんですが、中でも、今回のが一番強烈でした。(笑)



例えば、匂いが消える、汚れが落ちる、花粉が除去出来る、この程度なら全然ついていけるんですよね。
真偽のほどは別にして、まだついていける。


でも、除霊となると、読めば読むほど全くついて行けないんですよね。


そもそも、除霊されたとして、誰がそれを確認するのか、どのような状態を除霊されたとみなすのか、全くわかりません。


いやー、久しぶりに、頭一つ抜け出た、飛び抜けた話を読みました。



果たして本当に除霊されるんですかね?
こう言うのって稀にあるんですよ。
詳しい理屈を知らない人が、いわゆる体感で、新しい機能を付け足してしまうんです。


本人が、そう感じた、と言うことなので、はたからみててもわからないんですよね。
解釈の違いの問題かもしれないし。



うーん、ファブリーズにそんな機能はないとおもうんだけどなあ。
謎だ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母からのメール。

今朝、メールを確認していたら、母からメールが来ていました。


以下、全文。


お母さんです。元気にしてますか?


隆文へ

元気にしてますか?お母さんです。突然のメールでごめんなさい。
あなたの携帯がつながらなかったので、川口君に連絡先を聞いて
メールしました。

お父さんが仕事中で事故に合い、今記念病院に入院してます。
仕事忙しいと思いますが、よかったらお見舞いに来て、顔を見せて
あげてください。

左足の骨折ですんで本当によかったです。ただもうお父さんも歳
なので元気づけてあげてください。きっと喜びます。

あと佐々木君が来月に結婚するそうです。招待状を送りたいので
あなたの新しい住所を教えて欲しいと言ってました。

とにかくメールをみたら一度お母さんに連絡ください。

平日はパートに行ってるので、17時には家にいます。


・・・・・・・・・・、僕、隆史なんですけど。(爆)
母はメールなど打てませんけど。(爆)
このメールを開けた時、下で元気に朝ご飯を食べてましたが。(爆)


間違いメールを装ってきてるんでしょうね。
間違ってますよ、と返信したら色んな厄介なメールが来ると言う例のものじゃないのかな、と。

多分、いろんな人の所に同じメールが飛んでいるんでしょうね。
皆さん、お気をつけくださいませ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングしたらキレイになってよかった!

昨日、仕事の休憩中に、ツイッターを覗いていました。
ツイッター、何気に便利なんですね。
リアルにつぶやいている方がいるので、気になることがあると、検索してみたりします。


たとえば、うちの前の鎌倉街道が急に混みだした時に、検索してみると、関戸橋のあたりで事故があったりとか。
誰かがつぶやいているので、ああ、それで混んでいるのね、なんて分かったりします。


この時期、よく調べるのがクリーニング。
ありがちですよね。(笑)


みなさん、クリーニングのどんな事をつぶやいているのかな?って思うんですよ。


やはり、衣更えの時期と言うこともあって、クリーニングに出しに行った!とか、クリーニング引き取りに行かなきゃ!といった呟きが多いんですね。
たまにクリーニング代が高い・・・とつぶやいていたりする方もいらっしゃいますが。(笑)


多くの方がクリーニングに出しに行かなきゃ、と言っているのを見ると、なんだかほっとするんですね。


というのも、ここ数年、クリーニングに出しに行こうという呟きが少なかったんですよ。
そこを危惧していたんです。
クリーニングの不満のつぶやきもいくつか見られましたし、これはいけないな、と。
いろんなクリーニング屋さんが、勉強をし、お客様へアピールをしています。
それが少しずつでも伝わっているのかな、と少しほっとしたんですよね。


噂って恐いでしょ?


今までのつぶやきには、嘘が平気でちりばめられていたんですよね。
あたかも本当のように、間違いを間違いと思わずにつぶやいていて、それが浸透してしまっている。
また、間違いや嘘ってね、本当っぽいんですよ。
一度浸透してしまうと、それを覆すのはとても大変。

たとえばね、服は洗いすぎるとよくない、なんていう間違った情報が浸透すると、次に起こるのはお客様の服が虫に食われたり、変色してしまったりと、服の変化が起き始めるんですね。
すると、毎年、服をだめにして、買わなければいけなくなる。

買い足していくのと、買い換えていくのとでは、意味が違いますから。

間違った情報でお客様が損をしていくのはいけないなあと思うんです。

いろんなところでのクリーニング屋さんの活動が花を開いてくれているならうれしいですよね。

そんな中、昨日一番のうれしかったつぶやきはこれ。

クリーニングしたら、めっちゃキレイになった!クリーニング屋さん、ありがとう!


本当に良かった。
こんなつぶやき、大歓迎ですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転勤。

この時期、転勤されるお客様がいらっしゃいます。
ご挨拶に寄ってくださるお客様もいらっしゃいますし、気がつくとご来店くださってないなと後で分かるケースもあります。

先日、携帯にメールが入りました。

週一でお伺いしているお客様から、明日いますか?と。
消費税増税前で、いつもなら一日仕上げをしているのですが、この日は集配が入っており、午後になれば帰って来れます、と返信をしたんです。

メッセージを書いて欲しい、午後にお伺いをします、とお返事が来ました。


メッセージって、なんだろう?と思い、翌日お店にいると、お母様がご来店くださったんですね。
お話をうかがうと、娘さんが転勤になったとか。
しかも、かなり離れた離島に転勤になったとの事。
そこで、クリーニング屋さんに一言メッセージをお願いで着ませんか?と言うお話だったんです。


この仕事をしていまして、お客様の節目に出会うことはよくあるんです。


卒業、結婚、出産、生き死ににあう事もあります。
そして、転勤。

こうして声をかけてくださることに、とてもうれしいなあと思います。

娘さんが社会人になって、僕がお伺いしながら色々お話をさせていただきました。
服のお手入れの仕方や、どんな服を買うのがいいか、気をつけたほうがいい服、保管の注意点、色々話をしましたね。
クリーニング以外でもお話をしていますし、この間数年ですが、僕も本当にお世話になったんです。


突然の転勤の話で、メッセージは書いたんですけどね、どうしても一言ご挨拶をしたくて、お出かけになるその日の朝一にお伺いしまして、ご挨拶をしてきました。


次に会うのは数年後になるでしょう。
もしかすると、結婚をしてこちらには帰ってこないかもしれませんね。
そんな事を思いながら、お話しをしてきました。

声をかけてもらえると、生活の一部に入っていたのかなあと思えて、とてもうれしいんです。
僕が子供の頃のクリーニング屋さんは、こんな感じでしたからね。
まさに生活の一部。
自分も、お客様とそういう関係に慣れているんだなあと、しみじみしてしまいました。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と知らないクリーニング屋さん。

クリーニングって、色々あるんです、お店によって違うんです、といいながら、実は言ってるクリーニング屋さんが一番知らないんじゃないのかな?と思うようになって来ました。


知らない、と言うかですね、ここ数年、色々とお客様にクリーニングを知っていただこうとやっていた中で、色々気付く事がありまして。
昔なら大手チェーン店と個人店くらいの違いしか思わなかったものが、個人店でもその仕事は千差万別で、どんな仕事をしているか?知らない事が多いよなあと思い始めたんです。

洗って、乾燥して、仕上げる。

使っている機械もどこもほぼ同じ。
でも、やることと機械は同じでも、結果が全然違ったりします。


クリーニング屋さんに相談に言った時に、何でこうな風になるのか分からない、理解できない、そういう答えを聞いた人は多いと思うんですよ。
他店でクリーニングをして、別のクリーニング屋さんへ持ち込んだ時によくいわれると思うんです。
クリーニング屋さんはプロのはず。
なのにわからないって?


それだけひどい仕事をしたのか?
手抜きをされたのか?


不安になりますよね。
でも、たぶん本当に理解できないんだと思うんですよ。
相談されたお店では、普通に洗っていれば落ちてしまう汚れだったりすると、余計分からないと思うんです。


品物を見れば、どのようなクリーニングをしたか、誰でも分かります。
分かるがゆえに、何でこうなるの?と理解不能になってしまうんでしょうね。

これは、一つにクリーニング屋さんがあまり考えてこなかったのも原因だと思うんですよ。

僕らの親の世代から、クリーニング業界は成長してきました。
その当時はどこも個人店で、どこも職人の仕事をしていた。
ところが、景気がよくなりクリーニングの需要が伸びるにつれて、クリーニングも職人仕事から、工場へとシフトしていきました。


画一的に洗っていく工場では、クリーニング代が安くなる反面、仕事も画一的。
職人から見たら手抜きのような仕事に見えてしまうんですね。

その当時から、大手チェーン店は仕事が悪い、きれいにならないのは溶剤管理が悪いからだ、と言われてきました。
そして、この言葉は、いまだに多くのクリーニング屋さんが使っています。

果たして本当にそうなのか?


実は誰も知らないんですよ。
一部のお店で、そういう事があったという話は聞いていますが、今は大手チェーン店も機械の管理をしっかりしているので、ドライクリーニングの液体の管理はしっかりされています。


もし、汚れが落ちないようなことがあったら、それは別の理由があるはずなんですが、それを考えもしないで、判を押すように溶剤管理のせいにしてきた、クリーニング業界の付けが回って来ているような気がしてならないんです。

汚れが落ちないのには、いくつか原因があります。

たとえば液体が汚れている、と言うのも原因の一つ。
でも、それだけが主の原因ではないんですよ。
もしね、それが本当に原因だとしたら、そこで洗ったもの全てが汚いまま、汚れも落ちないで返って着ているはずなんです。
ところが、お客様は、キレイになって返って来る事もある、と感じてる。
つまり、キレイになるときとならないときがある、と言うんですね。
それだとすると、液体が汚れているから、と言うのは原因ではないと思うんですよ。

ドライクリーニングをした、と言われて、疑うことなく自分のうちの洗い方と同じものを想像してしまうんでしょう。
すると、絶対キレイになるように洗われているので、この条件で汚れが落ちないのは・・・・という風に考えてしまう。
でも、本当にそう洗っているのか?疑ってもいいはずなんです。


たとえば、一回で洗える量の限界をはるかに超えて洗ってしまったとき。

汚れが落ちないのは当たり前。
ともすれば色が悪くなる事もあります。


洗う時間が短かったら。


これも汚れ落ちに影響をします。
長すぎてもダメ短すぎてもダメ、適切な洗浄時間で洗っていることがクリーニングには大事なんです。

と、こんな風に、キレイにならない理由は他にもあるんですが、その他の可能性を考えないで、ひとくくりにしてしまうので問題が解決されないし、お客様も理由を把握できずにもやもやしてしまうんだと思うんですよ。


でもね、実はクリーニング屋さん、これらの原因はちゃんと知っているんです。
汚れが落ちない原因はみんな知っている。
だから、自分の所ではおちないやり方はせず、きちんと落ちるように仕事をしているんです。

・・・・・・・・・、分かっていて、考えないようにしてきたんですよね、今ここまで。


これではいかん、と思うんですよ。

僕らがきちんと説明を出来なければ、誰がお客様の不安を取り除くというんだろう、と。
これが、まったく知らないんだとしたら、勉強しようよ!と声を挙げて言うんですよね。
でも、ちがうんですよ、国家資格のクリーニング師を持っているだけあって、ちゃんと知っているんです。
でも、その知識を適切に使えていないのが原因なんですよね。


もっと冷静に、全ての可能性を疑わないで、見極めるようにすれば、きっと真実が見えてきて、お客様に説明が出来ると思うんです。

そして、クリーニング屋さんは色々、と言う言葉をもう一度自分たちで理解する必要がありますよね。
ドライクリーニングも、洗い方が違います。
違いを知るために、工場見学とか行っていると思うんです。
今までの経験と知識を総動員するのは、今ここだと思います。


思い込みや、既成概念を捨てて、お客様に向き合っていけるといいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングは後回し。(笑)

今日から消費税が上がりました。
当店も、今日からお預かりしたものに関して、消費税が8%課税されます。
3月までにお受けしたものに関しては、5%の消費税をお預かりします。


昨日は、増税前日とあって、どこも盛況のようでした。
クリーニング業界もご多分に漏れず、どこも大盛況の様子。
当店でも、今日中に引き取りに来て、と言うお客様のご予約が数件入っておりまして、朝からばたばたと動いて深夜遅くまで集荷に出かけていました。

配達の途中、所々で渋滞が見受けられる。
時間はもう9時を回っています。
今頃なんだ?と思っていたら、渋滞の先にはガソリンスタンドが。
皆さん、ぎりぎりまでガソリンを入れようとしていたみたいですね。

全ての集配を終え、11時を過ぎた頃に帰宅の徒についたのですが、静かなんですよね。
車もあまり走っていない。
先ほどまで物凄い車だったガソリンスタンドも営業を終えています。


みんな早仕舞いして、消費税の準備に取り掛かっていたようでした。

昨日を振り返るとなんとなくざわざわして一日でしたねえ。

面白かったのが、当店には慌ててご来店くださったお客様が何人かいらっしゃったんです。
引き取りに着た、とおっしゃるんですが、3月一杯お預かりしたものは消費税は5%のままですよ、とお伝えすると、皆さんそれなら要らない、と帰っていくんです。(笑)
ある人は、ここは大丈夫なら今日は別のものを買いに行く!と言って自転車で颯爽と走っていってしまいました。


主婦のパワー、恐るべし。(笑)

クリーニングは後回しですよね。(笑)


上がった消費税が、きちんと必要な所に回って生かされますように。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »