« 何でクリーニング屋さんは、他のクリーニング屋さんの文句を言うんだろう? | トップページ | ナイロンの時代。 »

ワイシャツ、どうだった?(笑)

今年の春から長男が中学校へ通っています。
僕も通っていた中学校の制服はブレザーにワイシャツ。
毎日、子どものワイシャツを仕上げているんですが、僕の子供の頃もこうして仕上げてもらっていたんだなあと、思ったりします。

そんな長男、最初の頃は帰ってくるときちんと制服をハンガーにかけ、ワイシャツは洗いに出していたんですが、段々と億劫になって着ているんでしょうね。(笑)
最近は、バッグに入れて帰ってきた制服を、だしもせず、しわくちゃにしていることが増えてきました。


鏡で自分の姿を見ているわけではないですから、しわくちゃの制服がいかにおかしいか?気付かないんでしょうね。
僕らのほうが、きちんとしなさい、と言う始末。
困ったもんです。


その長男、とうとうワイシャツを洗いに出し忘れました。
きちんと着て出していれば、アイロンのかかったシャツが着ていけるはずなんですが、全部出し忘れとうとう着るものがなくなることに。
でも、学校へ着ていかなければ行けません。
嫁さんが気付いていたので、洗濯機で洗い、干しておいたんですね。
そして、前日の夜、家庭用のアイロンをかけて置いたらしいんです。

そして、翌日。
学校から帰ってきた長男に、ワイシャツ、どうだったよ?と質問をしたんですね。
すると、なんかおかしかった、と。(笑)
着づらかったんだと思います。

着づらかった理由は、のりがついていないから。
後、仕上げが違ったからだと思うんですよね。


のりがついていないので、ワイシャツが妙に体にまとわりついたはず。
いわゆる、着心地が悪い、型崩れしたような感じを受けたことと思うんですね。
いつもは僕らが普通にクリーニングをしているので、その差を感じたんだと思います。

そして、アイロン掛けも、当然違う。
プロが掛けてないから、と言うことではなくて、道具が揃っていない所で掛けてもきちんと伸びないんですよ。
アイロンは、アイロンがよければ伸びるというものではないんです。
よく、お客様が、プロのアイロンはやっぱり違うわね、とおっしゃいますが、僕が思うのはアイロンよりもアイロン台が一番の違いかな、と。
アイロン台があるおかげで、きちんと伸びてくれて、長持ちしてくれるようになるんですよ。

おそらく、嫁さんではなく僕が仕上げても、同じように着づらかったんではないかと思っていますから。


道具って大事。


そして、ノリって大事。(笑)

いつも当たり前に着ていて気付かなかったんでしょうが、これでちゃんと洗いに出してくれるようになるかな。
経験するのが一番分かりますからね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 何でクリーニング屋さんは、他のクリーニング屋さんの文句を言うんだろう? | トップページ | ナイロンの時代。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイシャツ、どうだった?(笑):

« 何でクリーニング屋さんは、他のクリーニング屋さんの文句を言うんだろう? | トップページ | ナイロンの時代。 »