« 服を見る。 | トップページ | クールビズと衣更え。 »

クリーニング屋さんの悩み。

昨日の話にちょっと関連した話です。

クリーニング屋さんはいつも悩んでいます。
何に悩んでいるのか?と言うと、服の品質と、クリーニングの対応について、なんです。

どういうことか?といいますとね、服に洗うのに困難な品質があったとします。
こういう商品は、本来欠陥商品ですから、アパレルさんが弁償なり交換なりをするのが筋なんですが、何でもかんでもそれを言っていると、困るのはお客様になる。
クリーニング屋さんが、工夫をして、技術を用いて、本来洗うのが困難な商品を洗っている、そんな現状があるんです。

洗えているんだからいいじゃないか、と思うんですが、残念ながら全ての品物、全てのクリーニング屋さんで出来るか?と言われると、それも難しい。
気付かずに、普通のクリーニングをして、服がおかしくなってしまうケースもあるんですね。


元が悪いのだから、クリーニング屋さんに非はないだろう、と思うでしょうか?
しかし、現状は、クリーニングをしたんだから、クリーニング屋さんにも非がある、このように解釈をされます。
気付いて対策を取っていれば言い訳で、それが仕事だろう、と言うわけですね。


一応、あまりにも変な商品が出回ると、注意情報が流れたりします。
しかしそれも、一部のクリーニング屋さんのみだったりして全体にいきわたるには相当な時間を要するんです。

つまり、いきわたる間は、日本各地でその服の事故が増えているんですよ。


ここで昨日の話。


感覚を研ぎ澄ませていると、肌でおかしい、と感じます。
この手の新しい服や問題のある服が出てきても、そうそう事故なんか起こさないんです。
長年の職人さんがいるお店では、クリーニング事故はほとんどありません。

ところが、リーズナブルな価格でクリーニングを提供している所では、大量生産をする必要から、パートさんやアルバイトで仕事をまかなっています。
すると、服の違いを見極めることは困難で、今までの常識から機械的に仕分けをしていくようになるんですね。
すると、その仕分けをするりとすり抜ける服が出てきて、思わぬ事故が起きたりするんです。

クリーニング屋さんは、いつも悩んでいます。


果たしてこれはクリーニングの責任なのか?


アパレルさんがちゃんとした製品を売り出していれば問題が無いんじゃないのか?


洗える商品を、テストをきちんとして、売り出せばこんなことにはならないんじゃないか?


品質管理をして、不良品は外に出さず、良品だけきちんと売り出せばこんなことにはならないんじゃないか?


なんて思ったりするんです。
でも、同時に、こんな事も思います。

クリーニングの技術が足りないんじゃないか?


僕らが気付いて、その衣類にあわせた洗い方をすれば事故なんて起こらないんだから、僕らの責任なんではないか?


責任の所在を考えること事態、お客様には関係のないことで、一番の迷惑をこうむっているのはお客様、黙って仕事をしている方がいいんじゃないか?

なんて考えたりしているんですよ。
世の中、全て厳密に割り切って、なんていうことは出来ません。
でも、こんな事を考えてしまうほど、普通に洗って普通に仕上がるものだけじゃない、と言うことなんですね。


預かった以上、きれいにして、返す。

これはどこのクリーニング屋さんも一緒です。
なんだかんだいいながら、対応をするように考えるし、洗えないと言われている製品も技術を確立し、洗えるようにしてしまいます。

でも、ほんのちょっとだけ、いいたいときもある。


ちゃんと作ってあればなあ、もっとキレイに出来るのに、って。
クリーニング屋さんの悩みでした。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 服を見る。 | トップページ | クールビズと衣更え。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング屋さんの悩み。:

« 服を見る。 | トップページ | クールビズと衣更え。 »