« クリーニング屋さんの悩み。 | トップページ | 去年出した時に・・・・。 »

クールビズと衣更え。

昨日、ニュースでクールビズが始まったと出ていました。
ここ数年、話題に上がるクールビズ。
要は軽装を奨励するものなんですが、仕事の現場でどのような軽装をすればいいのか?皆さん悩むんですよね。


番組として取り上げて、どのような格好がいいか?なんていうのも見たことありますし。


結果的に、カジュアルすぎず、でも少し大胆で、さわやかっぽいのが好まれているんでしょうか。

昨日のニュースであれ?っと思ったのが、衣更えより早いの?じゃあ衣更えは?と言う疑問でした。
学校の制服は6月になってから冬服と夏服の入れ替えが始まります。
ちょっと前まで、6月に入ってから皆さん夏服のスーツに着替えていったんです。
ところが、クールビズは5月にはいってから。


頭の中に、???とはてなマークがいくつも出てきたのでちょっと調べてみました。

なるほど、クールビズを一ヶ月前倒しをしたんですね。
原発事故で電機の調達が厳しく、エアコンなどが使えない為、服装で温度調整をはかろうとしたんでしょう。
昔と違い、5月にはいれば気温もぐんぐん上がりますし、それならこの時期から軽装で、と言うことなんだろうな。


色々調べていると、すでに世の中から衣更えがなくなっている、といいます。
今で言うクールビズは昔は普通に衣替えとして、行われていた、と。
涼しげな格好をしていたもんだ、とある人は書いていました。

たしかに、クリーニングで受付をしていると、一年を通して同じスーツの方も多く見受けられますから、そういう方にとっては、衣更え、と言われてもどのように涼しげな格好をしていいか、分からないのかもしれません。


そこにクールビズ、軽装と言うわけなんでしょうね。


先ほど衣更えがなくなっている、と書いてあった人は、こんな事も書いてありました。

昔のビジネスマンは、暑くなってくると、木綿のYシャツに糊をビシッと効かせて涼しげにして過ごしていた、と。
クールビズの原型はここにあった、と書いてあるんです。

今と昔の違いはここなのかなあと思います。
格好だけでは涼しくないんですよ。
クールビズも、ただ軽装というだけではいまいち涼しくなりません。


夏は、糊をしっかりとつけたほうが、涼しい。

今、この事実を知っている人がどれくらいいるのかなあ。
洗いざらしは、体にまとわりつくので、NG。
疲れやすくもなります。


糊をつけて、アイロンをかけて、涼しげな格好をしてくれるとうれしいなあと思いますね。

もし、それが手間だと言うのは私たちの出番。
クリーニング屋さんに任せてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« クリーニング屋さんの悩み。 | トップページ | 去年出した時に・・・・。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クールビズと衣更え。:

« クリーニング屋さんの悩み。 | トップページ | 去年出した時に・・・・。 »