« 東京蚤の市&北欧市。 | トップページ | ワイシャツ、どうだった?(笑) »

何でクリーニング屋さんは、他のクリーニング屋さんの文句を言うんだろう?

ぼく、クリーニング屋さんが他のクリーニング屋さんの文句を言うのが大嫌いなんです。
もうね、聞いていると本当に嫌になります。


クリーニングって、ある意味、職人の世界なので、腕に自信のある方が多いんですよね。
ですから、どうしても自分が一番だっ!と言うような人が多いんです。
まあ、それは気持ちとしてよく分かります。
でも、自分の腕がいいと言う事を、他のクリーニング屋さんを否定することで、正当化するのを聞いていると、同業者としてとても嫌な気分になるんですよ。


その程度なのか、と。


まっとうな腕を持っているのだから、他のお店の話を引き合いに出さなくてもいいじゃないか、と。
そんな、傍から見て見苦しい比較を持ち出さなければ、自分の腕を認めてもらえないような、そんな仕事なのか、と。
そう思うんです。


でもね、そう思いつつも、気持ちが分からなくもないな、と思うときはあります。
たとえば、クリーニングについて、今かなりの誤解があると思うんですよ。


クリーニングすると傷む、クリーニングで汗は落ちない、洗ってはいけない。
他にもたくさん間違った情報が出回っています。
でも、それらはまったく嘘なのか?お客様が嘘を言いふらしているのか?と言うと、あながちそうでもないんですよね。
お客様は、実体験として感じた事を話しているんです。
つまり、これらの話しは実際にあった話しでもあります。


でも、僕らからすると、そういう仕事になるほうがおかしい、と思っているので、つい口から、他店の批判をしたり、ちゃんとしたクリーニング屋さんを選んでくださいね、なんていう言葉が出てきたりするんですよね。

どちらが一部のクリーニング屋さんかは分かりませんが、僕の感覚で、汗の汚れが落ちないと言うことはないし、クリーニングで傷むということもないし、クリーニングから返ってきた服が油くさい、なんていうこともありえません。


だって、そういう風にならないように注意して仕事をしているから。


上記のような事って、確かに起こりえる話なんですよ。
でもね、そうならないように注意して仕事ってするもんじゃないですか。
だから、うちではそういう中途半端な仕事はしないようにしているし、不完全な状態でお客様に返すような事はしていません。


たぶん、これを読んでうなづいているクリーニング屋さんでも、同じようにそういう仕事はしていないと思います。


でも、ではそういったクリーニング屋さんがどれくらいあるのか?そこも問題なわけですね。
いま、クリーニング屋さんと呼ばれるお店にはいくつかの形態があります。


工場兼店舗でやっているお店。
受け渡しの店舗だけのお店。
集配業務だけをやっているお店。


そして、昔ながらの工場兼店舗のお店はどんどん減っていってて、受け渡しのみの店舗が圧倒的に多い状態なんですよ。
いわゆる、チェーン店と言うやつですね。


受け渡しの店舗が悪い、と言うわけではありませんが、リーズナブルな価格でクリーニングをすると言うことは、それなりにリスクもあると言うことになります。
扱う品物の量も多いですし、それに合わせて仕事もこなさなければいけない。
扱う量に比例して、どうしても不備が出て来てしまうんですよね。

中で仕事をしている人も、僕らのような国家資格のクリーニング師を持っているわけでもないですから、細かい対応は出来ない。
問題が起きやすいんですよ。

お店の数が多くて、不備も出やすい、どうしても疑ってしまう条件は揃ってしまうんですよね。

そして、お客様は僕らのような個人でやっているクリーニング屋さんに相談に来られる。
詳しく話を聞いてみると、クリーニングそのものに問題があることが多く、そこを責めるしかない状況が出来上がってしまうんです。

同業者だからと言って、かばう事は出来ません。
一番迷惑をこうむっているのはお客様ですから、まずはお客様へきちんと説明をしないといけませんから。


こういう事が何回も起きてくると、何も起きる前から、他のクリーニング屋さんを批判してしまう癖がついてしまうんだと思うんですよ。


起こった出来事で、きちんと分析して、それについて批判をするのは構わないと思うんですね。
問題なのは、自分の腕の良さをアピールするのに、他店を貶める事。
それは、卑怯な振る舞いだと思うんです。
たとえ、腕が確かだとしても、そんなことをしていると、価値がどんどん下がっていってしまうと思うんですよね。


きちんとしているクリーニングはすばらしい。


僕は胸を張ってそういえます。
だから、このブログでも、クリーニングの良さを伝えて行きたいと思っているし、間違った情報でクリーニングや服のメンテナンスで悩んでいる人がいたら、その人たちに知ってもらいたい事が山ほどあります。


他のお店なんて、関係ないんですよ、本当は。

きれいにしてくれるクリーニング屋さんがある。
任せて安心なクリーニング屋さんがある。

そういう事実を堂々と伝えて行けばいいんです。
僕らが、振り回されて、ダメになっていっちゃいけないんですよ。


堂々としていないと。
それがお客様に伝わっていくはずだと思います。

胸を張って、きれいに出来る、安心して任せられるクリーニング屋さんが全国にはたくさんいます。
どんどん出て来てもらって、どんどんクリーニングの話を皆さんにしてもらえたらなあと思います。

僕らが負けちゃいかん!

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 東京蚤の市&北欧市。 | トップページ | ワイシャツ、どうだった?(笑) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何でクリーニング屋さんは、他のクリーニング屋さんの文句を言うんだろう?:

« 東京蚤の市&北欧市。 | トップページ | ワイシャツ、どうだった?(笑) »