« 型崩れ?いえいえ。 | トップページ | 東京蚤の市&北欧市。 »

アイロンって必要?

服を洗って、アイロンをかけるのって面倒に感じるんじゃないでしょうか?
アイロンを何でかける必要があるのか?
洗いっぱなしでもいいじゃないか?
誰しも一度は思ったことがあると思います。

ええ、僕も思ってましたから。(爆)
今は違いますけどね。(笑)


どうせ着ればしわが付くんだし、洗いっぱなしのしわと、着用で出来たしわと、区別つかないだろう、と。

まったく違うんですけどね。
着用中に出来たしわは、それほど気になりませんが、洗いっぱなしで出来たしわはとにかく気になります。
不自然につくからですね。
着用で付くしわは、体を折り曲げる所に付きます。
でも、洗いざらしのしわは、場所など関係なくつく。


襟が不自然にしわが付いていたり、横に線が入っているとおかしいと感じると思いますよ。

しわがみっともないから、アイロンをかけましょう、そういっているわけではないんです。
みっともない、と感じるのはとても大切ですが、それ以前にアイロン掛けは必要だと思うんですよね。

皆さん、服を洗うとどうなるか?考えた事ってあるでしょうか?

汚れが落ちるだけではなく、服を洗うことで様々な変化が起きているんです。
アイロンはその変化を直す為に必要だったり、整える為に必要だったり、着心地をよくするために必要なんですね。

服は着ている最中に変化しています。
まず、既製品の服は、体にあっていないので、どこかしら着用中にゆがむんです。
服が体に合うんですよね。
どこかが引っ張られて伸びているんですが、これが洗うと元のサイズに戻ります。
縮むのとは違い、元に戻ろうとするんです。

しかし、形状記憶ではないので、完全に元に戻ると言うわけでもなく、元の所までなんとなく戻った感じ。
つまり、まっすぐに戻らず、その周辺は波打っていたりするんですよ。


体に一番負担がかからない状態って、裸だと思うんですよね。
環境にも左右されますが、そういうのを度外視した時に、体へ負担がかかる状態って言うのは、体に接触するものだと思うんです。

つまり、服にしわがついてい手体にむやみやたらに接触をすると、気がつかないうちに疲労が溜まって行きます。
元に戻ろうとした糸が波打っているとそれは負担にしかなりません。
着心地も悪くなりますしね。
これをアイロンで直してあげる必要がある、と言うわけです。

また、洗うと元に戻るだけでなく、着用中に起こった変化も出てくるんです。


着用していると、こすれた部分が毛羽立ってきます。
肉眼で見分けがつくほどではないのですが、こすれた部分だけが、毛羽立っていくんです。
紺色の服が、こすれる部分だけ白くなってしまうのは、かばだっている証拠。
その証拠に、この白いのを直すには、表面の毛羽を寝かしてあげると元の色に戻ります。

実際には、毛羽と本当に色落ちをしていることもあるので、それだけでは完全に修復は出来ないのですけどね。

着ている間は、こすれて毛羽立っていたものが、汚れと共にあるので目立たないんです。
ところが、洗って汚れが取れると、途端に毛羽が目立ち始めます。

服の色合いも微妙に変わるんですよ。
時に、色が薄くなったような感じを受け、時に、急に古ぼけたような感じになって着たくなくなる。
もう捨てちゃおうかな?と皆さんが嫌になってしまう理由の一つはここにあります。


これね、アイロンをかけると復活するんですよ。


先ほども書きましたが、細かい毛羽が原因。
アイロンを掛けてあげると、毛場が寝て、色合いが復活。
また、細かい毛場が寝ることで、体への負担が減ります。
疲れにくくなりますよ。

そして、全部に共通する事でやはりこれが一番大事かな、と思うのが、洗いざらしのしわは、体に負担がかかる、と言うことでしょうね。
もう、そこに尽きるんじゃないのかな、と。


何回も書きますが、体へ負担がかかるのは、接触が増えるからです。


着用中のしわは、体の動きにあわせて付いたものなので、いわゆる流れに沿っていますからそれほど負担になりません。
しかし、洗いざらしのしわは、体に沿って付いたものではないので、とにかく負担が大きい。
洗いざらしの、違和感、皆さん感じているはずですよ。
でも、着ているうちに直っちゃうだろう、とたかをくくって着ていると思うんです。


洗いざらしだけを着ていると気付きにくいけど、アイロンのかかった服を着ると、驚くほど体が軽く感じます。
また、変に体に触れないので、涼しく感じるんですよね。

どうせ着ていればしわが付くんだから、しわなんて、区別つかないでしょ?なんて思っていてはいけません。
そのしわは、体に負担がかかり、疲れやすくしていますから。
見た目も悪いですしね。


僕も、独身の頃はアイロンなんていらないと思っていました。
クリーニング屋さんも、自分の服にアイロンを掛けない人は結構います。
医者の不養生ってやつで、めんどくさいんですよね。(笑)
ここは皆さんと一緒です。
アイロンは面倒くさい。

でも、体の事、服の事、色々考えると、洗いざらし出来るのはあまりよくないんですよね。
面倒でも、ちゃんとアイロンをかけたほうがいい。


服も長持ちしますし、体も楽になる。


豊かな気持ちになる、と言う人がいますが、正にそれを体感できると思います。


気持ちいいっ!!

洗いざらしに慣れないで、アイロンのかかった服の良さに気付いてもらえたな、と思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 型崩れ?いえいえ。 | トップページ | 東京蚤の市&北欧市。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイロンって必要?:

« 型崩れ?いえいえ。 | トップページ | 東京蚤の市&北欧市。 »