« ドライクリーニングを別の名前に。 | トップページ | 上尾から。 »

喉も渇いていないのに、脱水気味。

先週辺りからですね、接骨院の先生に、脱水気味ですね、とよく言われています。
水分が足りていない、と。
その症状が背中に出ていると、おっしゃるんですね。


右の背中がぽこりと腫れているらしい。


おまけに塩分も足りていないので、少し体をねじるだけで簡単につってしまいます。
治療後に塩あめを舐めて、お水をもらうと落ち着くんです。
体って本当に正直ですよ、舐めた瞬間におさまりますから。

世間様とまったく気候が違うクリーニング屋さん。
ご来店くださったお客様に、今日は暑いですね?と言っても、お宅だけだよ、と言われるくらい(笑)、様子が違うらしいんですね。
でも、僕らからすると、これくらいの気温はなんともない。
確かに汗はかくけれども、大騒ぎするほどではないんですよ。

それがいけないわけですよね。

汗はかいている。
でも、程よく風もあるので気がつくと汗が引いてる。
体の水分が減っているはずなのに、体は苦しくないので水分を取らない。


脱水症状になる。

と言うわけなんですね。
脱水って、物凄く喉が渇いているのに、水分を取らなかったからなるものだとばかり思っていました。
逆に言うと、体が水を欲すれば、喉が渇くと思っていたんですよね。


違うんですよ、水分が足りてなくても、喉が渇かないんです。

夏場のようにずっと暑いわけではなく、夕方涼しくなったりするから、体の暑さは落ち着いちゃう。
そうすると、喉の渇きを感じなくなるんですね。
きっと真夏なら、こまめに水分を補給していると思うんです。


食事する前だって、夏なら食べる前にコップ数杯の水分を補給しますが、今は飲みません。
食べ終わった後もお茶を一杯飲む程度。
それでは少ないんでしょうねえ。

やはり、気温を見て、意識的に水分を補給しないとだめなんでしょうね。
今年は注意したほうがいいなあ。

思い当たる節もいくつかあります。
腕の先や足の先が急に重くてだるくなったり、時折ふらっとしてみたり。
体がつるのもそうですね。

ほら、症状が出てる。

みなさんも、気をつけてくださいね。
喉の渇きと脱水は別ですから。
こまめに水分補給をしましょう。


もし、脱水気味だなと感じたら。

ポカリスウェットなどのスポーツ飲料を、水で半分に薄めたやつを飲むといいらしいです。
販売されているのは濃度が濃いらしいんですよ。
半分くらいに薄めると、吸収が早くなるそうです。
体がつった時に、これを飲むと一瞬でつるのがおさまります。
ぜひ、覚えて置いてくださいね。


| |

« ドライクリーニングを別の名前に。 | トップページ | 上尾から。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喉も渇いていないのに、脱水気味。:

« ドライクリーニングを別の名前に。 | トップページ | 上尾から。 »