« すいません、しばらくメールのお返事が出来ません。 | トップページ | ドライクリーニングを別の名前に。 »

ドライクリーニングって言わないとしてくれないんですか?

よく聞かれることがあります。


ドライクリーニングをしてください、といわないとしてくれないんですか?


水洗いをしてください、といわないとしてくれないんですか?

どうもお客さんが洗い方を指定しないと洗ってくれないと思っている方が多いようです。
事実、クリーニング屋さんの中では、わざわざお客様に指定してもらって洗っているお店もあります。


でもね、どの洗い方が適しているか?お客さんはわからないでしょう?
汗を多くかいたから水で洗ってさっぱりさせて欲しい、そういう要望は多くありますね。
でも、水で洗ってさっぱりはするけど、よれよれっとなってしまうリスクまで考えているお客さんは意外と少ない。
よれよれっとしても水洗いでさっぱりしたいのか、ドライクリーニングで汚れが落とせるのか、その判断はお客様には難しいと思うんですよ。


だからこそ、プロのクリーニング屋さんにお任せているわけで。


一番適している洗い方で洗って、と言うのが楽だしいいと思うんですよね。

この話をクリーニング屋さんの友達と話をしていると、みんなうなづきます。
そして言う事も同じ事を言うんですね。


洗い方は任せて欲しい。

クリーニング屋さんの仕事は、洗うことではないんだ、そういいます。
洗ったり染み抜きをしたり、汚れを落とす事で告ぎもまた着られるようにすることなんだ、とみんな口々に言うんですね。


ドライクリーニングしなければ、とか、水洗いをしなければとか、染み抜きをしなければとか、どれかにこだわる必要はないんだ、と。
きれいにして次もまた着ることが出来るようにするために、そのためなら何でもするんだ、といいます。


必要なら水洗いもします。
でも、洗った後の風合いを考えて、あえてドライクリーニングでキレイにする事もあります。
洗うことと、その後の風合いの結果のバランスを考えながら、洗濯方法を選んでいっているんですよ。


だからですね、街中を配達で走っていて、汗抜きとしょうして水洗いを宣伝しているのを見ると、若干違和感があったりするんです。

水洗いをするかどうかは、汚れと服の具合による。
何でもかんでもすればいいというものではないから。

僕らは服を洗っているんですね。
先日も書きましたが、生地ではなく服を洗っている。
そこがとても奥が深く、クリーニング師が国家資格である理由の一つだと思います。


洗い方を指定しなければいけないお店もありますが。
任せていただければ、僕らが適切な方法を判断して洗います。
不安に思わず、遠慮なくお持ちくださって、ご相談ください。


| |

« すいません、しばらくメールのお返事が出来ません。 | トップページ | ドライクリーニングを別の名前に。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングって言わないとしてくれないんですか?:

« すいません、しばらくメールのお返事が出来ません。 | トップページ | ドライクリーニングを別の名前に。 »