« 柔道の試合。 | トップページ | 梨とぶどうの季節ですねえ。 »

アフターフォロー。

最近、色んな業種のアフターフォローのすごさに驚くことがあります。


今日のお昼頃、長男が取れちゃった、といきなり言い出したんですね。
何が取れたのかな、と見てみると、今流行りの冷たさが持続するタンブラーの下から、何かが剥がれてる。
ずいぶん使ったからね、なんて笑っていたんです。


すると、嫁さん、メーカーさんへ電話をしたらしい。

剥がれただけで、貼り付ければ性能に問題が無いのか、貼り付けてももう駄目なのか、問い合わせをしたようなんですね。
すると、なんとメーカーさんから、交換したいとの申し出が。
嫁さんは自分で直せるか、聞きたかっただけなので若干面食らったようでした。

サーモスの真空断熱タンブラーなんですけどね、その対応にびっくり。


似たような事例は他でもあります。


iphoneの充電ケーブル、壊れますよね。
あれ、交換してもらえるって知ってましたか?
一年以内なら、交換をしてくれるんですよ。
appleに聞いてみると、無償交換。
宅配便でお届けするので、壊れたケーブルを、そのまま渡してください、と。
本体だけでなく、ケーブルまで補償するなんて、しかも、ここまで至れり尽くせりだなんて、びっくりしちゃいます。


まだまだあります。


コストコ、意外と皆さん知らないようですが、コストコは返金補償をしているんです。
不良品はもちろん、気に入らなかった、満足しなかった、やっぱりいらない、などなどどんな理由であろうと返金をしてくれます。
押ししそうだと思って買ってみたら、おいしくなかった、こんな理由でもOK。
一度食べてしまっても返金してくれるんです。


最初コストコのこのサービスを聞いたとき、そんな馬鹿な、と思いました。
でも、本当なんですよね。
外国から来ているお店ですから、日本とはまた違った商習慣があるんでしょう。

と、このように最近はアフターフォローが充実してきている感じがしています。


サーモスの真空断熱タンブラーの交換の話を嫁さんから聞いた時にね、ふと、アパレルさんも対応してくれたらなあ、なんて思っちゃったんですよ。
僕らクリーニング屋さんが悩む問題の一つに、ボタンを初めとする装飾品の破損があります。

洗っていて、破損をすることもありますが、お客様がなくしちゃっているケースもあります。
そもそも洗っ破損をするって事は、すでに壊れかけていたか、強度がなかったか、と言うことなんですよ。


でも、僕らがいいたいのは実はそこではないんです。

壊れちゃダメだからちゃんと強度の強いのを作れ、といいたいこともあるけど、本当にいいたいのはそこではない。

形あるものは、壊れるのが当たり前なんです。

つまり、壊れたり、紛失したときのために、いつでも交換できるように部品を取っておいて欲しいんですよね。
交換をすれば元通りなんですから、部品さえあれば復活できる。
でも、その部品がないから困るんですよ。

服は、毎年デザインが変わります。
ボタンやファスナーも当然変わる。
変わった後に問い合わせてももう部品がない、と言うことなんですよね。


サーモスやアップル、コストコのように、アフタフォローがクリーニング屋さんとうまく連携できれば、もっとお客様が便利になるだろうなあ、なんて思ったんですよね。

有名ブランドでは、ボタンをくれたりするようです。
ただし、登録しているお客様だけ。
僕らクリーニング屋さんが問い合わせをしてもボタンは譲っていただけません。

もし、クリーニング屋を名乗った違う人が、ボタンを取り寄せて、偽物の服にボタンだけ本物をつけたら・・・・・、大変なことになるでしょう?
コピー商品が出回ることになりかねないので、出来ないらしいんですね。


今は、お客様にお願いをして、ボタンをもらって着ていただいてるんです。


クリーニング屋さんも登録制にしたりして、何とか装飾品・服飾品の補充が出来るようにならないかなあ。
アパレルさんとの連携、出来たらいいなあ・・・・・、とサーモスさんの対応を見て思いました。


ここでこんな事を書いておくと、数年後に、連携が取れてたりしてね。(笑)
あの頃、こんな不便だったんだな、なんて笑い話になっていると、うれしいなあ。


アパレルさん、ぜひご検討ください。m(_ _)m

|

« 柔道の試合。 | トップページ | 梨とぶどうの季節ですねえ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフターフォロー。:

« 柔道の試合。 | トップページ | 梨とぶどうの季節ですねえ。 »