« 霧。 | トップページ | クリーニング屋さんがもっと言わないとっ! »

クリーニングの悲しい話。

日曜日に、日本テレビ系列の『ニノさん』と言う番組に、クリーニング屋さんが出ていました。
色んな業種の悲しい話を披露するという企画。
悲しい話をどれくらい悲しいか?札を上げて評価していくと言うないようです。


クリーニング屋さんは、僕も知っている大田区のフルールさんが出ていましたね。
いきなりのトップバッターで、どんな話しをするのかな?と聞いてると、なんと浮気の片棒を担がされた、と言う話。(笑)

うーん、あるある、と思わずうなづいてしまいます。(笑)
いや、そんな頻繁にあることでもないんですけどね・・・・・・、みなさん健全ですよ。(笑)


うちでも、ご主人のスーツのポケットから、イヤリングや宝石などが出てきて、対処に困ったことは何回かあります。
そのままお返しをすればいいのですが、奥さんにお返しをしますから、変なことにならないか・・・・と余計な事を考えてしまったりして、ドキドキしながらお返しに上がった事もありましたっけ。
大体どこの奥様もけろっと笑っておられるんですけどね。


スタジオでは、その話よりも、もうひとつの話に食いついていました。


服についている洗濯表示が間違っている事があり、表示どおりに洗ったのに事故になってしまうことがあり、最終的に触っていたクリーニング屋さんのせいにされてしまうのが悲しい、と。

これもクリーニング屋さんにはよくある話なんですね。


そんなことってあるんですか?と皆さん驚いていたようです。
いや、普通にそんな事はありますから。


僕らの経験や知識のうちで気付く事が出来るものは、対処してしまうので問題はありません。
でも、経験から外れるような商品が出てくると、表示頼みになってしまうことがあるので、悲しい事故が起こることもあります。
本来なら、きちんとした表示をつけなかったアパレル側に問題があるのですが、現行の洗濯表示はクリーニング屋さんに向けて付けられたものではないので、逃げられてしまうんですよ。

最終的な順位は二位。

いい事なのか、悪いことなのか。
でも、表示の事とか、みなさんが知らない事を知っていただけたのは大きいですかね。


ちょっと気を抜けば悲しいことが起こってしまいます。
でも、そうならないのは、日本のクリーニング屋さんの技術レベルの高さ、だと思うんですね。


日本のクリーニングはとても優秀だと思いますよ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 霧。 | トップページ | クリーニング屋さんがもっと言わないとっ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの悲しい話。:

« 霧。 | トップページ | クリーニング屋さんがもっと言わないとっ! »