« 低血糖。 | トップページ | Yシャツは、クリーニングと洗濯、どっちが長持ちする? »

クリーニングすると、キレイになっちゃうのよね。

先日、府中市内のお客様の所へ集配へ出かけました。
毎週、ワイシャツをお預かりして、お届けしています。


通い出だしてからずっと洗っているYシャツがありまして、その中の一枚がそろそろ限界だなあと思うようになって着ました。
ボタンホールのある方が、強烈に縮むんです。
これは、はじめっからこんな様な状態でして、クリーニングするたびに伸ばして仕上げていたんです。
これがね、物凄い力が必要で。
毎回毎回、汗かきながら力入れながら仕上げをしていました。

何で縮んでしまうのか?理由は簡単、芯地がダメなんですね。
生地と言うのは構造上、多少縮むように出来ています。
クリーニング屋さんでは、その縮みを計算して伸ばしながら仕上げているんです。


よく、テーラード仕上げ、アパレル仕上げ、と言うような言葉を聞くかもしれませんが、本来クリーニング屋さんの仕上げ方とは違うものなんですね。
一部のクリーニング屋さんでは、立体的に仕上げる事をこのように表現をしているようですが、クリーニングしたものを仕上げるのと、服を作って仕上げをするのとでは意味合いが違います。

どちらが優れている、と言うのでではなく、状況にあわせている、と言うのが正解。
縮んだら伸ばさないとね。(笑)


今回のYシャツは、縮み方が半端なく、前たてが2センチ弱も縮むほど。
その都度直してきましたが、芯地よりも生地の方がダメになってきたので、買い替えをおすすめしなきゃいけないな、と思っていたんです。


世の中ではYシャツの耐用年数って、どれくらいでしょう?
以前、聞いた話では、二年ほどで買い替え、なんていう話も聞きました。


その数字はどこから来たんだろう?(笑)


なんていう突っ込みは心の中にしまっておいて(笑)、その数字に当てはめるとすると、このyシャツはその数倍永く着ていらっしゃいます。
もう、仕事を全うしたと言ってもいいでしょうね。


お客様からも以前から、クリーニング屋さんから見てそろそろ買い替えかな?と思うようなものがあったらいって下さいね、といわれていました。
先日の集配で、そろそろこのYシャツは交換だと思います、と伝えた時に、いわれたのがタイトルの言葉。


クリーニングすると、キレイになっちゃうのよね。


白くてきれいだから、つい着させちゃう、と。


クリーニング屋冥利に尽きますね。
僕らの仕事はきれいにして再生する事。
また着れちゃう、なんていうのは最高の褒め言葉です。


それでも、ぐっとこらえてお伝えをしなければいけません。
一見、キレイになってはいても、伸ばしているとはいえども、襟や前立ての縮みは着用している人にとってはとても不快。
着心地もよくなくなってきていると思うんです。


ここらが限界だなあと思います。

また、新しくやってきたYシャツを、うんと長持ちさせますから。
そろそろお役ごめんにさせて上げましょう。


次は何年着れる様にしましょうかね?
楽しみだわぁ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 低血糖。 | トップページ | Yシャツは、クリーニングと洗濯、どっちが長持ちする? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングすると、キレイになっちゃうのよね。:

« 低血糖。 | トップページ | Yシャツは、クリーニングと洗濯、どっちが長持ちする? »