« 冬ですか? | トップページ | 脱臼、もどき。 »

なにと一緒に洗われるのやら?

たまに、クリーニングしたくない、と言う人の話しで、こんな事を言われることがあります。


どんな衣類と、一緒に洗われるか、分かったもんじゃない。
怖くてクリーニングになんか出せない。

たしかに、クリーニングは、多くの人の衣類をまとめて洗います。
同じような衣類をまとめて洗うことで、コストダウンをはかっている、これは紛れもない事実です。
一点洗いが多い当店でも、まとめて洗う品物はありますし、一点よりまとめて洗うことに意味のある衣類も存在するんです。

他の人の衣類と一緒に洗われたくない、と言うことは、汚れのひどいものと一緒に洗われたくない、と言うことだと思うんですね。
心配されるのは、仕方がないのかもしれませんが、僕らのほうとしてもこういう見方をされているのか、と思うと少し悲しくなります。

ここでも、何回か書いていますが、クリーニングする時に、衣類は選別しているんですよね。

柔らかいものは柔らかいもの同士で、出来るだけ色も同じ同士で、素材によっれは一緒に洗う量も調節をしているんです。
これがクリーニング屋さんのスタンダートな仕事。


さらに、ここに汚れ具合、と言うものも加味しながら選別をするんですよ。


たとえば、汗や泥汚れのひどい作業着があるとします。
これとスーツは一緒に洗わないんです。
作業着自体、水洗いと言う事もありますが、水洗いと言っても、作業着とyシャツは一緒に洗いません。

どうしてか?

僕らクリーニング屋さんは、一回に洗う洗濯機の中の状態を考えながら洗っているからなんですよ。

洗っているときの洗濯機の中の状態は、密閉された空間です。
ここに、洗剤や汚れているものが一緒になって存在しているわけです。
洗剤の効果や、量、温度や時間、水の量、など、汚れ落ちに影響する事が沢山あるんです。
僕らは、これを見極めながらクリーニングをしているんです。
すると、同時に洗えないもの、と言うのが出てくる。


それが汚れのひどいものなんですね。

きれいにするために洗っていますが、汚れのひどいものは、洗濯機の中の状況を難しくさせてしまいます。
時には、落ちた汚れが他の衣類へ影響する事も。
そういう事が無いように、汚れのひどいものは別洗い、が基本。
一緒に洗うものは、汚れの具合が同じようなものを選んで洗っているんです。

お客様は、クリーニング屋さんに集まる衣類がとんでもなく汚れている事を想像されると思います。
でも、実際は、頻繁にクリーニングを利用される方の汚れは、みなさんが想像しているような汚れは一切ないんです。
定期的に汚れを落としているからでしょうね、みなさんキレイにしていますよ。


逆に、たまにご利用されるお客様の衣類は、汚れがひどい。
汚れが溜まったなあ、と言う印象を受けます。

何と洗われるか?分かったもんじゃない、と洗うのをためらうよりも、定期的にクリーニングする方がよほどきれいに保てると思いますよ。

一点で洗って欲しい、と言う要望もありますが、一点洗いはコストが物凄くかかります。
だって、一回10着や20着で洗うところを、一着で洗うんですから。
クリーニング代が10倍ほどになってしまうかもしれません。

なにより、一点で洗わなければいけないほどデリケートなものは、クリーニング屋さんがそのように判断をします。
それ以外の、割と丈夫に出来ているものは、他の衣類と一緒に洗うほうがキレイになってくれるんです。
まとめて洗うほうがいい事もある、と言うこともお忘れなく。

雨が物凄くなってきました。
明日、起きる頃にはあがってるんだろうな。
みなさん、気温の変化にご注意を。
体調悪い人、増えてるようですよ。

|

« 冬ですか? | トップページ | 脱臼、もどき。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なにと一緒に洗われるのやら?:

« 冬ですか? | トップページ | 脱臼、もどき。 »