« 汚れと子どもの成長。 | トップページ | お年寄りの服。 »

女性物のクリーニング。

クリーニングと言うと、どんなものを洗っているイメージですか?


やっぱり、スーツ、コートなどの男性が着るもののイメージが強いでしょうか?

確かに、男性物が割りと多と思うんですけどね、女性のものも結構あるんですよ。
最近は女性も仕事をしている人が増えてきましたし、女性のスーツも沢山出ています。
また、女性は特に多いのがセーター、ブラウス。
男性と違い、襟元よりもわきの下の汗の汚れが結構目立つんですね。


たぶん、男性よりも日常で神経使っているんじゃないかなあ?
緊張していたりするんじゃないかと思うんですね。


クリーニングしていて、男性と女性はここが違うなあと思う点がいくつかあります。

一つ目、胸のラインが違う。


どうしても男性よりも立体的になるので、胸の辺りのラインが全然違うんです。
男性のシャツはのぺっとしていてスーッとアイロンを掛けられるのですが、女性物はそうは行きません。
胸のラインを計算しながらアイロンを当てないときれいに仕上がってくれないんですよね。


もうひとつ、男性物よりも、手間が物凄くかかるものが多いんです。


男性のものって、割とシンプルなのが多いんですね。
昔に比べれば男性のものもおしゃれになって着ましたが女性の服に比べれば月とすっぽん。
全然違いますよね。

女性の服の方が、おしゃれだし、作りも複雑だし、洗うのも仕上げるのもとても苦労します。
その代わり、ちゃんとクリーニングした女性物の服はとてもきれいなんですよ。


洗い方で一番差が出るのが女性物だと思うんです。


家でも洗える素材も出て着ましたが、実際に洗うと古着のようになってしまうのも女性物に多いですね。
反面、そんな服でもきちんとクリーニングをして、アイロンをかけると、見違えるようになるのも女性の服に多いです。


つまり、ちゃんとすればきれいに着ることが出来るもの、と言えると思います


そして、もうひとつ、重要なことがあるんです。
女性もの変な洗い方をすると一発でわかってしまうものが多いんですよ。

僕が感じるのは、色使いのせいだと思うんですよね。
元からカラフルなのもあるんですが、女性が好む色って、洗濯やクリーニングが難しいものが多いんです。

たとえば、薄いブルー。
たとえば、ピンク。


きれいにしておくと、とてもいい色なんですが、反面、ちょっと失敗すると、途端に着たくないような色に変化してしまうんです。


両方とも、キレイだと、鮮やかだったり発色のいいものだったりします。
が、ダメになると、途端に古着のようになってしまう色なんですよね。


むかし、クリーニング屋さんの良し悪しを見分けるのに、白を出すといいなんていわれたことがありましたが、僕は薄いブルーとピンクが一番分かりやすいと思います。
これがきれいに仕上がるクリーニング屋さんはとても上手なクリーニング屋さんだと言えますね。

女性物の服は、きちんとすればきれいに着ることが出来ますよ。
それも、自分で洗うよりも、かなり印象が違って見えるはず。
人に合うような服は、クリーニングの方がいいと思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 汚れと子どもの成長。 | トップページ | お年寄りの服。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性物のクリーニング。:

« 汚れと子どもの成長。 | トップページ | お年寄りの服。 »