« スーツの表面だけでは分からない事。 | トップページ | 吉祥寺 アテスウェイのモンブラン。 »

高いスーツはお手入れに大変?

先日の、スーツの話。
水洗い出来るスーツの是非、年齢や地位に応じたスーツの話などありましたが、そこのコメントで気になるものがありました。


高いスーツはお手入れが大変なんだよ、と。
クリーニングに出さなきゃいけないから、大変なんだよ、と。


確かに、水洗い出来るスーツは自分で洗えると書いてあるわけですからね。
書いてないスーツはクリーニングに出さなければいけないのであれば、大変に思っちゃうんのかもしれません。


みなさん、一つ勘違いされていることがあるんです。


クリーニングに出すことは大変ではないんですよ。

何でそれが大変に思うか?それは、スーツの着数が少ないからなんですよね。
だから、洗う時間が取れない、汚れきってからクリーニングに出しに行かないといけない、など大変になってしまうんですよ。


私服は何着も持っているのに、スーツが圧倒的に少ないんですよね。


逆に言うと、スーツの着数が少ないから、水洗いできるシャワースーツが必要なわけで。
帰ってきてから、すぐシャワーで洗い流せないと、困るわけですね。

では、シャワースーツはクリーニングが要らないか?と言うと、やはりクリーニングは必要なんですよ。
僕はここでよくかきますが、洗えるのと、着る事が出来るのとは違います。
また、汚れにあわせた洗浄方法を選ばないといけません。
すると、どうしても、必要に応じてドライクリーニングもしなければいけなくなるんです。

結局は、クリーニングが必要なんですよね。

高いスーツはお手入れが大変、クリーニングに出さなきゃいけないから大変、そう思われているようですが、ちょっと視点を変えてみてはどうでしょう?

クリーニングすることで、甦るんです。
再生ですね、クリーニングと言うのは。


とかく、汚れを落とす事ばかり目が行きがちですが、汚れを落として、汚れのせいで失われていた機能を回復し、スーツ本来の型にもどしてくれる。
だからクリーニングすると、着易くなるんです。

水洗いできるスーツも、高級なスーツも、形を整形する作業は必要です。
デザインの問題ではなく、型が崩れていると、着づらくなり、疲れやすくなります。


実は、高いスーツの方が形を維持しやすいんですよ。
体の形に合わせて立体的に縫製されているので、いいスーツになればなるほど、自然と形が決まってくるんです。
むしろ、仕上げが必要なのは、安いスーツの方なんですよね。

お手入れを手軽に済ませたいのなら、水洗い出来るスーツよりも、着易いスーツを多く持つこと。
着数を増やすと、お手入れの手間がぐんと減ります。
傷まなくなるしね。


必要最低限、必要以上に持つのはもったいない、そう思うかもしれませんが、実はこれが一番のお手入れ法です。


ね、信じてみて。
絶対、変わりますから。
楽チンになりますよ。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« スーツの表面だけでは分からない事。 | トップページ | 吉祥寺 アテスウェイのモンブラン。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高いスーツはお手入れに大変?:

« スーツの表面だけでは分からない事。 | トップページ | 吉祥寺 アテスウェイのモンブラン。 »