« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

今年も一年お世話になりました。

皆様、毎度お世話になっております。
一伸ドライクリーニング店 工藤です。

つい先ほど、本年の営業を終了しました。
今年一年、大変お世話になりました。

今年も、皆様に助けられてばかりで・・・・、感謝の思いでいっぱいです。
厄年厄年と、念仏のように唱えてまいりましたが、今年も相変わらずのやられっぷり。


足がはれて動けなくなったり、薬の副作用で苦しんでみたり、挙句の果てにはパソコンが壊れてしまったり。
いい事もたくさんあったはずなのですが、それよりもインパクトの強い事だらけ。
来年二月で厄も終わるので、本当にいい年にしたいところです。(笑)

パソコンのトラブルは、レンタルサーバーにまで波及をしていまして、今現在、メールでのお問い合わせができない状態になってしまっています。
管理会社とも連絡が取れず、お客様にご不便をおかけしていることもとても申し訳ありません。

ご質問や、集配のご依頼、クリーニングのご依頼がありましたら、こちらまでお願いします。

boribori0510@gmail.com


24時間いつでも見ることができますので、遠慮なくどうぞ。


来年は1月6日からの営業となります。
6日は朝8時からの営業です。


今年ももう終わり、来年、今年よりもいうんといい年にしましょう。


よいお年をお迎えください。

一伸ドライクリーニング店 
工藤 隆史


| | コメント (0) | トラックバック (0)

着る前に洗うから、着たら洗って仕舞うへ。

服の基本として、着たら洗って仕舞う、という大前提があります。


汚れは時間とともに変化をしていくので、変化する前に汚れを落とそう、というのが基本的な考え方なんです。
変化した汚れは落としづらいだけでなく、カビや虫食いの原因になるので、衣替えのときは皆さん洗ってから仕舞います。

今年の秋ころの話。

初めて集配のご依頼をいただいたお客様がいらっしゃいました。

スーツのクリーニングのお急ぎをご希望で、今着るものを洗いたい、というお話で。
前のシーズンに洗ってしまっておかなかったようなんですね。


急ぐのは別にかまいません。
ご希望通りにお届けできますが、しかし、糸の細いいいスーツでしたので、虫食いなどが心配で、お届けにあがったときに少しお話をしたんです。

シーズンが終わったら、クリーニングしてから仕舞うのが基本だという話。
これだけいいスーツになると、洗い方もかなり気を使うので、クリーニング屋さんは選んだほうがいい、という話。


これらに付随する話をしたんです。

ところが。

僕の説明が悪かったんでしょうね、見る見るうちにお客様の顔が不安そうな顔に。
最初は、お届けしたスーツと入れ替えで今来ているスーツのクリーニングをお受けするというお話だったんですが、また連絡をします、という話で、そのまま帰ってきたんです。


情報って、注意情報のほうが多いんですよね。


こうしたほうがいい、ああしたほうがいい、という話の説明には、逆にしないとこうなってしまいますよ、という情報が含まれています。
今まで信用してクリーニングをご利用されていた人には、中には衝撃的な話もあります。


不安にさせたかな?疑われちゃったかな?

なんて思いながら帰ってきました。


結局、それから数ヶ月、ご連絡はありませんでした。
それが先日、お電話をいただきまして、クリーニングの集荷をお願いしたい、と。
お伺いすると、これから着るスーツを急ぎでお願いします、とのお話。


前回同様、お預かりしましてお届けをしました。


・・・・・・、やはりいいスーツなんですよ。
糸が細くて、虫が好むようなスーツなんです。
今までと同じような扱いでは危ないな、と思い、またご説明をしたんですね。


僕も懲りないな、なんて自分でも思いながら。

自分が疑われても、信用がなくなったとしても、言わなければいけないことってあります。
この一言を伝えておけば防げたことだったのに、言わなかったがために虫に食われたりしたら、後悔しか残りません。
一番不幸なのはお客様ですしね。


今回も前回と同じお話をさせていただいたんです。
このスーツはとてもいいスーツなので、洗ってから仕舞わないと虫に食われてしまいます、と。
今シーズン着終わったら是非クリーニングしてからお仕舞いください、と。

すると、奥様から、今着ているスーツはどうしたらいいですか?とご質問が。
クリーニングから返ってきたスーツと入れ替える予定だったようです。

次のシーズンまで着る予定がないのなら、クリーニングしてしまわないとだめです、とお伝えすると、では土曜日に取りに来てください、と。
その言葉を聴いてほっとしました。


クリーニングに出していただければ後は僕らの出番です。
綺麗にして、そのまま仕舞えるようにしてお届けすれば、次のシーズンまで安心していられます。
僕らクリーニング屋さんがしっかり仕事すればいいわけですからね。


これで、スーツが長持ちするな、と思いました。

中々、習慣づいた流れを変えるのは難しいと思います。
クリーニングに出すって面倒だし、洗ってしまっておくと、なんとなく悪くなるようなイメージがあるし。
着る前に洗うほうがきれいなようなイメージがあると思うんです。

でも、本当はその逆で、洗ってから仕舞うほうが断然いい。
理解して実行に移してもらえて本当によかったと思いました。

これから、このお客様のおうちでは、着る前に洗うから着たら仕舞って洗うに変わっていくと思います。
この変化が充実した衣生活の第一歩となりますよ。


常に安心して着る事ができるようになります。
本当によかったなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいお手本がいるから。

お客様とお話をしているときに、クリーニングの上手な使い方や、スーツの上手な着まわし方を説明するときがあります。
スーツを上手に着るのにはポイントが二つあるんです。

ひとつは、着数を持つこと。
もうひとつは、定期的にクリーニングをすること。

この二つをしっかり守ると、スーツは傷まないし長持ちします。
理由は簡単です、もっているスーツの数が少ないと、連続で着ることになり、スーツが休む時間を取れなくなるので、傷むんです。
また、着まわす頻度が高くてクリーニングに出せなくなると、汚れがついたまま着なければいけなくなります。
汚れがついていると、生地が硬くなるので、より傷みやすくなる。

これらを回避しようとすると、スーツの数を増やすのが一番、というわけですね。


昔から言われているごく当たり前の話なんですが、僕らがこれを説明すると、実はなかなか信じてもらえません。

スーツを買えといわれても、無理、とか。
昔の景気がいいときの話でしょ?とか。
そんなに頻繁にクリーニングしたらスーツが傷むじゃない?とか。

景気のいいときの話でもないし、実は今のほうがスーツは安いんですよ。
今の3倍ほど高かった時代でも皆さんスーツの着数はあったんです。
傷む、という話も、都市伝説。
でも、今は、この間違った情報が当たり前になりつつあります。


先日、若いご夫婦のところへ集配にお伺いしました。
今年、ご結婚されまして、それをきっかけにクリーニングの定期集配をご依頼されたんです。
実は、ご両親のおうちにもお伺いしておりまして、そこで、いろいろとお話を教えていただくんですね。


息子さんのところへ初めてお伺いしたときに、いろいろと説明をさせていただいたんです。
スーツの上手な着方、必要な着数などなど。
そして、その後両親のお宅へ集配にお伺いしたときに、奥様から息子さんがスーツを徐々にそろえているようです、と教えていただいたんです。

クリーニング屋さんのおかげで、少しずつ変わって来ているみたい、と。

でも、本当は違うんです。
僕は、説明しただけなんです。
本当に息子さんの心に届いたのは、お父さんなんですよね。

お父さん、スーツの着方がとても上手なんです。


僕がお預かりしている中でも、トップクラスの着まわし方。
着数もきちんと持っているし、定期的にメンテナンスされてるし、いつお預かりしても、びしっとしたまんまのスーツなんですね。

僕は息子さんとのお話の中で、お父さんの事を想像してもらったんですね。

お父さんの着ているスーツはきれいでしょう?と。

いつも、何気なく見ていたお父さんの姿が、たぶん脳裏に浮かんだはずです。
身近にお手本がいるんですから、僕が説明なんかする必要はないんですよ。
お父さんの今までを思い返してもらうだけで、OK。
そこに答えはすべて詰まっています。

同じように見えるスーツも、全部違うし、着数も持っている。
同じスーツを着ない、定期的にクリーニングする。
全部お父さんがやられていたことなんですね。

で、その結果も見ているわけです。

お父さんのスーツ姿は、いつ見てもかっこいいんですよ。

ぜひ、お父さんの着方を見習って欲しいな、と思います。

いいですよね、身近にお手本がいるって。
背中で語る、ってこういう事をいうのかな。
僕も、いつか子供たちに、何か感じてもらえたりするんでしょうか。


あー、そう考えると手を抜いてちゃいけませんね。

子供たちが振り返ったときに、気づいてもらえるように。
ちゃんとするのって大人の義務なんでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は暇かな、と思いきや。

おはようございます。

今日は日曜日ですが、年末最後の日曜日は、元気に営業をするのであります。(笑)


今年はねえ・・・・・、日付の影響なのか、とても暇だったんですよ。
本当に年末?と思うくらい。
でも、集配にお伺いすると、いつもより早く仕事納めで気持ち悪いけど、よいお年を、なんて、皆さんと交わしたり。
年末、スーツのクリーニングをする人も本当は多いのに、今年は少ないなあと感じていたんです。

ところが。

昨日の夕方あたりから、ばばっと集まってまいりまして、お店の中を見てみると、なんだかんだいつものような光景になってきました。
ということで、今日もいつものように洗って仕上げていきます。

仕事納めをしたものの、明日も仕事なんだー、という皆様、明日お預かりしたものは年内仕上がります。
夜10時まで営業をしておりますので、ぜひお持ちになってくださいませ。

さー、暖かいかっこうして仕事するぞー。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーツを上手に着る人の習慣。

当店のお客様の中で、ほんの数人、とても上手にスーツを着られる方々がいらっしゃいます。
何で上手に着ていると思うのか?


スーツがぜんぜん傷まないんですよ。

それはもう見事なものです。
何年着ていても、びしっとしたまま。
そういう人たちには共通したことがいくつかあるんですね。


スーツの着数を持っている。


こまめにクリーニングをしている。


これらはクリーニングをご利用していただいていると、なんとなくわかってきます。
ところが、先日、お話をする機会がありまして伺っていると、なるほどなあというもうひとつの習慣を教えていただいたんです。
それを、ご紹介したいと思います。

スーツを上手に着る人の習慣。


家に帰ってきたら、スーツに入っているものをすべて取り出すんだそうです。
お財布はもちろん、ハンカチ、ティッシュ、小銭などなどポケットに入っているものをすべて取り出して、テーブルの上に出すんだそうで。


何でこうするのか?


毎日違うスーツを着ていくので、全部出して入れ替えるために必ずやるそうなんですね。
これをやるメリットは、忘れ物をしなくなること。
さらにすごいなと思ったのは、ポケットに入れるものはその場所も必ず決まっているとのこと。
こうすることで、出し忘れや入れわすれを防ぐんだそうです。

スーツを上手に着ることと関係ないじゃない?と思うでしょ?
これが大きな関係があるんですね。

帰ってきて、ポケットの中のものをすべて出す、ということは、脱いだスーツの中には何も入っていない、ということになります。

すると、クリーニングしようと思ったら、そのまま持っていくことができる状態なんですよ。


これはとても大きなことなんですよね。

みなさん、実は同じことを感じているようなんですが、クリーニングの何がめんどくさいって、ポケットの中のものを出すのが面倒くさいんです。
冬の服になるとなおさら。
コートなんで、1シーズン着っぱなしにしていると、ポケットの中に何が入っているのか?わからない状態の人もいらっしゃるんじゃないでしょうか?


汚れが気になっていても、ポケットの中身を出してほかのものに移して・・・・という作業がとても面倒に感じるんだそうです。

家に帰ってきてから、ポケットからすべてのものを出す、という習慣は、スーツを上手に着るにあたってとてもいい習慣だと思いますよ。


最近、やせている人の習慣とか取り上げられていますが、服を上手に着ている人にも同じような習慣があります。
ぜひ、それを見習いたいものですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう40年。

長くクリーニング屋をしていると、いろんなお客様がご来店下さいます。


新入社員の方もいらっしゃれば、単身赴任の方もいる。
府中で生まれ育ったお客様もいらっしゃいますし、縁あって中河原に来た方もいらっしゃいます。



昨日、馴染みのお客様がいらしたんです。
商店街のスタンプラリーのハンコを押して欲しい、とのこと。
この商店街のお店をたくさん回ってくれたようです。



もうおつきあい長いですね、何て話していると、お客様が懐かしそうにお話をしてくれました。



この商店街でここに来てからずっと通ってるのは、春夏冬さんと養老の滝と、ここくらいなんだよね、と。


NECにお勤めで、若い頃は四谷にある独身寮にいたんだそうです。
二つほど寮をかわって、中河原にマンションを買い、暮らし始めたんだとか。
うちとのおつきあいも、その頃からになります。



お客さん、ざっと計算して、こことは40年の付き合いだな、と。



僕が知ってるだけでも、定年迎えるまで、毎週ワイシャツをこまめにクリーニングし、スーツも定期的にクリーニングし、とても上手にスーツを着ていた方なんです。


僕が今42歳。
僕と変わらないくらい、お店に来てくれているんですね。


うちにはこういったお客様が数人いらっしゃるんですよ。
そのお客様の仕事着を、ずっとお任せしてもらえてたんだなあと思うと、40年という長さにより重みを感じます。


親子三代でご利用してくださっているお客様もいらっしゃいます。

本当に長くおつきあいしてもらってるなあ、と実感。



これからもおつき合いが続くと、これがどんどん伸びて行きます。



ふふふ。
目指せ、100年のお客様。(笑)
お店が100年というのはありますけど、お客様と100年のおつきあいっていうのはなかなか聞きませんね。
孫の代、玄孫の代までおつき合いが出来る様に、がんばって行きたいですね。


当然、うちもきちんと世代交代をしていって。
長く続くといいなあと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

裸族と手紙とももちゃんと。

皆さんのところにはサンタさんはやってきたでしょうか?
我が家にも、昨晩遅くにサンタさんがやってきたようです。


毎年、クリスマスになるといろんな事が起こる我が家。(笑)
ある年は、プレゼントがまったく届かなかったり、ある年はプレゼントが家中に隠されていたり。
手書きのダミーのカードなんていう年もありましたっけ。(笑)


今年はどんなことが起こったのか?
少しだけお付き合いください。

どうもうちの子供たちは、プレゼントをもらう立場のくせに、サンタさんに厳しいんですよね。

何が欲しいのか?まったくいわないんです。
サンタさんならわかるでしょ?といい、何が欲しいかまったくいわない。
大人のいる前で本当にしゃべらないので、サンタさんは本当に困ります。


まあ、大人を疑っているんですよね、結局。


うちの中の大人の誰かでしょ?
サンタクロースなんていないんでしょ?

ちっ!かわいげのない子供たちだ。ぷんぷん。


仕事しながら買いに行くのには時間も限られますし、先週土曜日に、意を決して、一言もしゃべらなかった三男に、お父さんもプレゼントを欲しいから、一緒に手紙を書こう、と提案をしてみたんです。
すんなりと、この提案に乗ってくれて、無事に聞き出すことに成功をしたのですが、ほかの子供たちが僕の事を疑うわけですね。


何で、今年に限って自分も欲しいものがあるから手紙を書こうなんていいだすのか?

しごく全うなご意見です。(笑)
今回、どうしても必要なものがありまして、それがパソコンのものだったんですね。
現在まだ苦労していて、完全移行が終わっていません。
今まで使っていたハードディスクを新しいパソコンに取り付けられるように、外付けの製品が欲しかったんです。


名前を、裸族のマンション、といいます。(笑)


ケースにも入れずに、そのままガチャンと入れ替えて使えるという優れもの。
で、これをネタに子供たちに説明をしたわけなんですよ。


今回、お父さんが欲しいものは決まっている。
名前を裸族のマンション、というんだが、サンタさんが間違って裸族の写真集とか持ってきたら困るから、手紙を書くんだ、と。


子供たち、裸族の写真集で大爆笑です。(笑)


そんなもの、本当にあるのかな?と思いつつ、うまくごまかせたからいいや、と思っていたのもつかの間、次男は、サンタさんに書いた手紙をふすまの一番上に貼り付けています。
どうしてそんなところにつけたの?と聞くと、サンタさんにとりづらくさせるため、とのこと。


本当にうちの子はサンタさんにやさしくない連中ばかりだなあ。

仕事の合間に、チョコチョコと買い物を済ませ、プレゼントを隠しておきます。
やはり、家中や探ししまくりますので、そこらへんに隠しておくと、ばれてしまう。
24日の夜、配達があったので、配達終わりにコンビニによって、温かいコーヒーを飲みながら、駐車場でプレゼントを袋に入れていました。


そして、何とかして車から家の中にプレゼントを持ち込み、隠すことに成功。
このときも、三男が妙に怪しがって、なかなか二階に上がらないんですよね。
疑りぶかいったらありゃしない。

そしてそして、やはりなかなか寝ないわけですよ。
こんな日こそ早く寝てくれたほうがいいのに、遅くまでおきているやつはいるは、ちょっとした物音で起きるやつはいるわで、落ち着きません。


やっと寝静まったかな?と思ったのが、深夜の2時過ぎでした。


さて、ここからもうひとつ準備があります。


サンタさんから、子供たちに手紙を書かないとね。(笑)


一人一人、簡単なお手紙を書いたのですが、僕の分のプレゼントは買っていません。
また、毎年あるはずの猫のももちゃんも今年は買ってない。
怪しまれるかな?と、ももと僕の分の手紙も作ったんです。

プレゼントもないのに。(笑)

ももちゃんは、お父さんから逃げすぎです、と。
もう少しかわいくしていないと猫缶上げられません、とお手紙。


子供たち、笑っていたそうです。
手紙の内容がわかるのか、朝からももは挙動不審で逃げ回っていたとか。
プレゼントがないのがわかったんですかね?


そして、僕への手紙は・・・・、やはり、裸族でしょう。(笑)

裸族の写真集が欲しいなんて、いやらしすぎます!
そんなのあげられるわけないじゃないですか!
今年はあげません!!!

と、サンタさんに怒られてる僕の手紙。


子供たち、大喜びだったそうです。(笑)


子供たちにプレゼントがなかった年も、僕とももにはありましたからね、たまにはこんな年があってもいいかな、と思いまして。


嫁さんにも、サンタさんからプレゼントが届き、結局もらってないのは僕とももだけ。
今年一年、一番素行が悪かったんでしょうね。(笑)
来年もらえるようにがんばらなきゃ。

割と、平穏無事に過ごせたクリスマスだったんではないでしょうか。
プレゼントよりも、手紙のほうが面白そうでしたけどね。(笑)
作るほうは大変です。

さすがに、プレゼントが5つにもなると、もって移動するとがさごそ音がなるんですね。
みんなが寝静まったうちの中で、あの音は大きすぎます。
もう、こっちの心臓がバクバク言い出して・・・・。
泥棒ってすごいなと思いますよ、プレゼントを配るだけであんなに神経すり減らすのに、泥棒に入ったら、心臓ばくばくでしょうに。


いやー、大変でした。

無事、クリスマスも終わりまして、一気に年末、お正月モードになってきましたね。
折込のチラシも、お正月用品に変わってきました。


大晦日まで、がんばって仕事をしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始のお知らせです。

今年の年末年始のお知らせです。


残すところ今年も後一週間となりました。
クリスマスで忙しい方、お仕事で忙しい方、大掃除で忙しい方。


クリーニングはまだ間に合いますので、遠慮なくお持ちくださいね。



年末は31日まで営業をしております。
28日の日曜日も特別営業でやっております。
31日はお昼頃に営業を終了してしまいますのでご注意ください。


年始は6日からの営業となります。

年明け、すぐに品物が必要な方は28日までにお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い出し。

この日が天皇誕生日になってから、毎年この時期は仕事が微妙になります。
クリスマスイブ前日の祝日ですから、みなさんイベントや用事が入りやすいんでしょうね。


つまり、割と暇なんです。^_^;



年末になると忙しくなるクリーニング屋さんにもクリスマスは来るわけですね。
夕方、買い物に出かけて来ました。


市場にも寄ったのですが、もうお正月なんですね。
値段も、お正月価格。(笑)
逆に、クリスマスのものは半額くらいになってたり。
お客さんのお子さんへのプレゼントをここで購入。
あの子はこのキャラクターが好きだったな、なんて想像しながらする買い物は、ワクワクします。(笑)


その後、別のお店へ。


うちの子供達、相変わらずサンタさんに厳しいんですね。
今年も、なんとかプレゼントを購入。

後は、どう渡すか?だな。


今年も勝負します。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのクリーニング屋さん、うちのお客さん。

たまに、昔のことを思うことがあります。
思い出す、という感覚にも似てるのですが、正確ではないんです。
子供のころ、見てたことと今、それを比べてるって言う感じでしょうか。

僕が子供のころ、うちの父や母からよくこんな言葉を聴いていました。


うちのお客さん・・・・・・。

当店をご利用してくださるお客様を、まるで当たり前のように、うちのお客さん、と呼んでいたんです。
たぶん、その当時はどこのクリーニング屋さんも、自分のお店に来ていただいていたお客様のことを、自分のお客さん、と思っていたと思います。

また、面白いもので、お客様のほうも、うちのクリーニング屋さん、と僕らのことを話してくれたんです。
古きよき時代、という意味ではなく、お互い信頼していたんだと思うんですね。

しかし、最近はこの、自分のお客さん、という言葉、なかなか口に出せないんですよね。
心の中では思っていても、お客様を束縛するようで、なかなかいえない言葉、なんです。

お客様に選択権がある、そういう意識なのかもしれませんね。
うちだけ利用してくれているわけではなくて、ほかのお店も当然利用している。
それなのに、うちのお客さん、と言い切ってしまうのは迷惑なんじゃないのか?そんなことを思ってしまいます。


先日、こんな話を聞きました。


あるお客様のところで、毎年行事のようにやっているイベントがあり、毎年決まった会社にお願いをしていたんだそうです。
たまたま、前の年、その行事をやめたんですが、今年またそのイベントをやる時期になっても、その会社の人が今年はどうしますか?とこられない、とおっしゃるんですね。


いつもお願いをしていて、お互い知った中なのに、時期が着たのに、来てくれないなんて、さびしいわ、とお客様がおっしゃっていたんですよ。


この話を聞いて、なるほどなあと思う自分と、会社の気持ちがわかる自分がいましてね。
少し考えてしまいました。


会社のほうとしては、今の世の中、営業をするのはあまり好まれないんですよね。
せかしているようで、嫌われることが多いので、お客様からのお問い合わせを待つところは結構多いんです。
車のディーラーさんでも、昔のように営業に来るのはほとんどありません。
電話をかけても、自宅には来ないで、ディーラーのほうへお越しください、と案内するんだとか。

その後、お客様のところへお電話するのでさえ、アンケートに質問事項を加えていいか悪いか書いてもらうほど慎重になっているんですよ。

毎年やっていたイベントを前年やめていますし、次の年、今年はどうしますか?といって怒られたらどうしよう?と考えるのはなんとなく想像ができます。


でも、お客様のほうは、毎年お願いをしていて、全部お任せしていたのに、いつもどおり来てくれればいいのに、と。
信用してくれてないの?という感じでした。

で、冒頭の話ですよ。


うちのお客さん、うちのクリーニング屋さん。


クリーニングのコンサルタントの中にも、お客様に、僕らのことをうちのクリーニング屋さんと思ってもらえるようになりましょ、という人がいます。
確かに、それってうれしいことですし、大事なことだと思うんだけど、思ってもらうだけでいいのかな?なんて考えていました。


こちらも、うちのお客様、と真剣に思わないと。
営業ではなくて、お客様への案内だと思ったら、きっとこの会社も普通に声をかけていたんだろうと思います。


なんだかね、もったいない話だなあって思ってしまったんですよ。


お客様に、ここまで思ってもらえていたのにって。
うちも、少し考えなきゃいけないな。


うちのお客様ってもっと真剣に思わないと。
接骨院の院長がよく言ってましてね、愛ですよ、愛、と。
まさに、愛なんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅は餅屋へ。

クリスマス前ですね。
どこのお父さんも、お子さんのプレゼントを買いに走っているのでは無いでしょうか?


僕も買い出し。(笑)


朝ごはんを食べて、子供達に悟られないように車で出かけました。
目的はジャグリングの道具。
娘の要望です。


板橋にある、ジャグリングショップ ナランハさんに行きまして、お買い物をして来ました。


特に指定はなく、道具が欲しい、とのこと。
見ているといろんなものがあるんですよね。
すでに買って持ってるのもあるので、素人がいくら考えてもらちがあきませんから店員さんに相談をしました。


娘の年、もってる道具、何ができるか?お伝えして、選んでもらうことに。
いいのを選んでもらいましたよ。(笑)


僕は買い物にいった時、自分が選べるほど知らない時には店員さんに相談するようにしています。
最後の判断は僕がしなければいけませんが、選ぶために必要な情報は店員さんの方が明らかに上です。

素人が、多少の知識で考えてもいいことはないんです。


どうでもいいものなら別ですよ。
でも、どんなものでも、理由があったり、理屈があったり。
いいもの悪いもの、プロ用、初心者用とありますからね。

相談するのが一番です。



無事にプレゼントを買ったら、これまたお決まりの目の前にある、合格屋さんの大学いもを購入。(笑)
これねえ、ものすごく美味しいわけですよ。

本当にあげたの?と思うくらい、ふっくらで柔らか。
甘さもしつこくなく、さっぱり。
ゴマの風味がきいてます。


買って帰ったらバレるかな?と思いつつ、疑うことなくあっという間になくなったのでよかったです。(笑)



まだまだ、買うものはあります。
クリスマス、間に合うかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩道、綺麗になりましたね。

うちの前の歩道が、綺麗になりました。







何年、工事して、掘ったり埋めたりしてましたかね。
最後、電柱の地中化の工事が終わった時に、歩道がデコボコ。
これ、どうするのかな?と思っていたら、次は、これを直す工事が来ます、と言われて一年は経ったでしょうか。


ようやく直してもらったら、のこの綺麗さ、ですよ。


しかもね、今度の歩道は、歩きやすいんです。
靴に引っかかると言うか、とにかく歩きやすい。
みなさん、同じこと言っています。


駅から、中河原公園のあたりまで工事をしたようですね。


反対側はやるのかな?


街が綺麗になるって、こんなにも気持ちのいいものだとは思いませんでした。
これを維持していかないとダメですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント。





千拓哉です。(笑)



湯江鍼灸接骨院内での別名です。(笑)



今、接骨院で治療をしていたら、プレゼントをいただいてしまいました。


他の患者さんからのプレゼント。
ありがたく、いただきたいと思います。m(__)m


そう、ここでは、なぜか?千拓哉、と呼ばれているんです。(笑)


いやー、嬉しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お店で交換。

ほんの自20年位前はいろんなクリーニング屋さんがありました。

地域色もありましたし、店主さんの方向性の違いなどもありましたっけ。
今みたいにインターネットが無い時代は、そんないろんなクリーニング屋さんがあるなんてなかなか知ることが出来ませんでした。


そこへ、インターネットの時代です。


いち早く、クリーニング業界にメーリングリストを導入してくれた方がいまして、いろんな話をする中で、クリーニング屋さんって、面白い経営をされてる所があるんだなあと、思ったものです。


中には、お店のカウンターの前に、更衣室があるお店もありました。
クリーニングしたものをその場で着替え、今来ている服をクリーニングに出す。
それが当たり前のクリーニング屋さんもあったんです。

これも時代でしょうね。



実は、今日、うちでも同じようなことがありました。



コートのクリーニングをお預かりしていたんです。
そのお客様がご来店。
綺麗になったコートを持って帰ろうとすると、なんとなく、そのお客様が着ているコートが気になったんですよね。


カシミヤ混紡のコートと、一目でわかります。



サイズはちょうどいい、でま、袖のあたりの色合いやシワが気になります。


そのコート、今回出したコートの代わりですか?


と聞いてみた所、そうだ、とおっしゃるんですね。
昔買ったもので、今のリュックとかに合わないのはわかっているんだけど、寒いからね、と。


なるほど、そういう理由なのかぁ、と思ったんですが、気がつくと、こんなことをお客様に話してました。


そのコート、クリーニングしましょう。



汚れの具合を説明し、どれ位きたか?も聞き、そろそろクリーニングの時期ですね、と。
すると、お客様、それならと今持ってかえろうとしたコートを袋から取り出し、今着ているコートと取り替えて、じゃ、これクリーニングお願いします、とおっしゃったんです。


お預かりして、じかに触ったりして見てみると、今しかない、というナイスなタイミング。
クリーニングの頃合いだったんですね。


更衣室はありませんが、受付で着替えて出されて行かれました。(笑)
数年に一回、こういう出来事はあります。(笑)



アウターのクリーニングは、寒くなってくると、つい面倒になりがちです。
それなら、一枚出して、クリーニングが出来上がったものと交換してクリーニングに出すって、ありかもしれませんね。

コートは意外と汚れますから…。


袖のあたりの汗の具合を見ると、よくわかります。


そろそろクリーニング!というサインを見逃さずに、洗うことが出来たら長持ちするようになりますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャックノリスなクリーニング屋さん。(笑)

坐骨神経痛の治療で、接骨院に通っていた時のこと。


治療中に、院長先生がこんなことを聞いて来たんです。


工藤さん、チャックノリスは知ってますか?



チャックノリス、残念ながら僕は知りませんでした。
間髪入れずに、院長が教えてくれます。


チャックノリスの腕立て伏せは、彼の体を押し上げてるんじゃない、彼が地球をおしさげているんだ、と。


な、なにー!
思わず、吹き出してしまいました。(笑)
教えてもらうと、チャックノリスとは、アメリカの俳優さんで、ブルースリーと共演したこともあるとか。


あまりにも強いキャラクターを、ネットでいじって遊んでいるようなんです。


まとめがあるので、気になる方はこちらをどうぞ。



チャックノリス・ファクト



ねえ、すごい人でしょ。(笑)
家に帰って、子供達に教えると、もう大興奮ですよ。(笑)
お父さん、本当?と末っ子には聞かれるし…。(笑)
信じちゃいますよね。



体が病んでると、変なこと考えるんですよね。(笑)



もし、チャックノリスがクリーニング屋さんだったら。(笑)



チャックノリスは洗わない。汚れの方から勝手に落ちていくからだ。


とか。



チャックノリスが視線を送ると、しわくちゃの服はみんな勝手に伸びていく。



とか。




チャックノリスの服は汚れない。チャックノリスの前では汚れは存在すら出来ないからだ。



とか。



チャックノリスはクリーニングなんてやらない。
彼の前に来た服は、汚れが勝手に落ちていき、洗う必要がないからだ。


とか。(笑)



いろんな妄想が頭の中を駆け巡ります。(笑)
チャックノリスがクリーニング屋さんだったら、最強のクリーニング屋になるだろうなあ。(笑)



チャックノリス、疲れた時にどうぞ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えと姿勢。

クリーニング屋さんって、冷えるんですよ。
暖かいイメージがありますよね?

お客様がいらっしゃる時間は暖かいんですよね。
機械が動き出すと蒸気が配管を回るので暖かくなります。


ですが、水洗いの機械がある所や、ドライクリーニングの機械のある所はコンクリートが敷き詰められていて、かなり冷えるんです。


冷えるとですねえ、体に色々悪さするんですね。(。-_-。)



数週間前から母が坐骨神経痛を患っていました。
まはり原因は冷えで、かなり痛いらしいんですね。
洗い場は冷えるからな、と思っていたら、なんと僕も坐骨神経痛に。Σ(゚д゚lll)



どうやら僕はアイロンをかける時の姿勢に問題があるらしい。


どんな仕事でも、体に影響があるもんだと思いますが、おなこ二人で同じ様な症状が出るとそれはいけませんね。

何か対策しないとな。


ということで、本日は、一人で配達に回れないので嫁さんと二人で配達に出ています。

運転はできるんですけどね、お客様の御宅までお伺いが出来ない。


まだまだ、厄年みたいです。(。-_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライクリーニングの機械のお掃除。

今日は朝からドライクリーニングの機械のお掃除でした。



汚れた物を洗うんですから、当然、機械も汚れて行きます。
しかも、ドライクリーニングは洗った時の液体を捨てません。
洗浄液を濾過しながら使うので、カートリッジフィルタを定期的に交換、掃除してあげないとダメなんですね。


このカートリッジフィルタがものすごく重いんです。(笑)
もうね、重労働。
元からとても大きな上に、洗浄液を含んでるもんだから、すごい重いんです。


ひーふーいいながら無事交換しました。


これで、安心してこれから集まる衣類を綺麗に出来ます。
一足早い、大掃除の様な物ですね。(笑)


また明日からばりばり洗いましょう。(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客さんがいっぱい。(笑)

寒い日曜です。



なんとなく、右足に違和感を感じまして、いつもなら平日の夜に接骨院にいくのですが、動けなくなりそうな予感がしたので、お昼頃に湯江鍼灸接骨院さんへ。


ここ数ヶ月、日曜も診療してくださってるので、とても助かります。
忙しくて日曜しか行けない方もいらっしゃいますしね。


選挙の日と言うこともあるんでしょう、待合室には誰もいませんでした。
一人治療中。


先生に挨拶すると、なぜか?僕が来るのを予想してたみたい。

足が痛くて、と言うと、だから言ったじゃないですか、と。
痛み出しますよって。



確かに言われてました。(。-_-。)



程なく、うちのお客様がいらっしゃいました。
少し話してると、また別の患者さんが。
混む前に来れてよかったな、と思っていたら僕の番が回って来たんです。


なんで痛くなったのか、どうして痛くなるとわかったのか、説明を受けます。
納得するしか有りませんね。(。-_-。)


なんとか歩ける様にしてもらって、治療、終了しました。
すると、院長、ここでクリーニングの受け渡しをすればいいんじゃないですか?と。


歩けなくなるからここにいたらいい、ということかな、と思ってると、なんと待合室には受け渡しを当店のお客様がたくさん。(笑)
ああ、そういうことか、とご挨拶。
確かに、ここで店開けそうな勢いでした。(笑)

年末、忙しくなりますからね、治せる時に治しておかないと。


いつもならこの時間、うちの母も来てるんですよね。



本当に、接骨院をジャックできちゃうんじゃねえかな。(笑)
そんな妄想をしてしまう程、お客さんに会う日でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今だ、完全復旧しておりません。(T_T)

パソコンが壊れてからかなり経ちました。
なんとか、パソコンは調達したのですが、メールの移行がうまく行っておらず、相変わらず完全復旧には程遠い状態です。


古いパソコンを使っていたのも問題だったんでしょうね。
データは残っているんですが、新しいパソコンへ移行させようとすると、これがまたうまくいかない。

借りてるサーバーの方のメールが未だに送受信出来ない状態が続いてるんです。


この間、お客様からのお問い合わせや、クリーニングのご依頼など来ているかと思うと、流石に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


大手プロバイダのメールは普通に送受信出来るんですけどね。
なんでかなあ。


お急ぎでご相談や、クリーニングのご依頼がありましたら、こちらの方へご連絡ください。


お問い合わせ先メールアドレス


Gmailです。
こう言う時、Gmailなんかはとても役に経ちますね。
なんか、色々と考えさせられるなあ。
連絡先とかもう一度見直さないといけないのかも。


明日は1日おやすみです。
こもって復旧に勤しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシミヤの偽装。

先日、お昼ご飯を食べながらテレビを見ていると、カシミヤ製品の偽装の話が出ていました。


普通にカシミヤ100%で売られているのに、パーセントが少ないだけでなく、時にはまったく使われていなかったり、時にはアクリル100%だったりと、すごい状況になっているようです。
しかも、驚くことに、値段だけでは本物か偽者かわからない、といいます。


実際、番組で購入してきた、カシミヤ100%のセーターで、1980円で本物があったり、19000円で偽物があったりしていたようです。

表示を信じれないっていったい何を信用すればいいんでしょうか。


当店は、ネットでカシミヤ・アンゴラなどの高級獣毛製品のクリーニング専門店をやっています。
そこに送られてくる品物は、カシミヤ製品が多いのですが、たまに、あれ?妙に硬いな?と思う品物もあったりするんです。

当店では、おかしいな?と思ったときにはお客様にいろいろとお聞きしています。

買ってからどれくらいたっているか?


着用の回数は?


着用の頻度は?


以前クリーニングしたことは?


利用していたクリーニング屋さんの営業形態は?

主に、こんなことを質問するんです。
もちろん、質問にはそれぞれ意味がありまして、正直に答えていただけると、大体真実に近づけるようになっています。

ほかの繊維が混ざっているから硬い、ということももちろんあるんですが、それ以外にも硬く感じる原因はあるんですね。

汚れていても硬くなりますし、洗い方乾かし方でも難くなることもあります。
そうなると、どんなクリーニング屋さんが洗ったのか?はとても重要な情報だったりするんですよ。


また、硬いだけではないんですね。
逆に妙にやわらかくなってしまった、そんな商品が送られてくることもあります。
このケースは、特殊な薬品を使って、肌触りの向上を狙っているんですが、元のカシミヤの風合いとかけ離れてしまうので、結構お客様が嫌がる加工なんです。
でも、この加工をやるクリーニング屋さんはいるんですよね・・・・・・、やめればいいのになあ。

番組では、巧妙な手口も紹介していまして、カシミヤに似せるために、ウールの表面にある、スケールという髪の毛のキューティクルのようなものを薬品で溶かしてしまう、といっていました。
これを溶かすことで、引っ掛かりがなくなり、カシミヤのようなすべすべ感が出るんだとか。


でもねえ、この加工、こんな事のためにあるものではないんですけどね、本当は。
この加工の本当の目的は、縮ませないようにすることなんですよね。
スケールが絡まって縮むウールの特徴を把握して、原因のスケールを溶かしてしまおう、といって開発された技術なんです。


それを偽装のために使うなんて・・・・・、そこまで手間をかけるなら、ちゃんとした商品だそうよ、といいたいなあ。

カシミヤ製品を買うときには、柔らかさをきちんとチェックしてくださいね。
硬いな?と思ったら、ほかの商品と比べてみましょう。


いいカシミヤが買えますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならはさんのいちご大福でしょっ!

師走に入ると気になるものがいくつか出て来ます。
その中の一つ。


ならはさんのいちご大福。


配達の途中で寄りました。








今まで食べたいちご大福の中で、一、二を争う美味しさ。(^-^)/



これ、まだ食べたことない人は損してます。
そこまで言い切ってもいいような商品です。


これから寒い間、お世話になります。
子供達ように、いくつか購入。(笑)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーテンのクリーニング。

今日は朝からばたばたした日でして。


年に一度のカーテンのクリーニングの日だったんです。

毎年、この時期になると、カーテンのクリーニングをされるお客様がいらっしゃいます。
朝一でお伺いし、カーテンをお預かりしてきて、クリーニング。
仕上げて、夕方お届けする、というもの。


簡単に言うと、カーテンのクリーニングの予約をされていたんですね。


一年に一度のクリーニングですから、当然汚れています。
一日で返すって結構大変で、しかも、カーテンは想像しているよりもかなり汚れています。
洗い方、汚れの落とし方をよく考えないと、夕方までお届けできなくなってしまうんですね。

カーテンの入荷とともに、まずは表面の汚れを落とします。


洗う前に表面のほこりなどを落としておかないと、洗ってもまた汚れがついてしまうんですよ。
だから、洗う前のこの仕事はとても大事になります。


その後、クリーニング。


一度ではきれいになりませんから、数回クリーニングをして、乾燥。
そして大急ぎで仕上げて、夕方納品となりました。

洗いあがったカーテンを見て、さっぱり、きれいになったね、と一言。

このカーテンを部屋にかけたら、一気に部屋の中が明るくなるんです。
それはもう、掃除するよりも、部屋を明るくする効果はカーテンを洗うほうが何倍もあるんですよ。
それだけ埃でくすんでいるということでもあるんですけどね。


レースのカーテンなんかですと、家でも簡単に洗えるわよ、そうおっしゃるお客様もいらっしゃいます。
洗って脱水して、そのままかけて乾かせばアイロンなんて要らないし、と。
自分で十分に洗うことができる、そうおっしゃるお客様がいるんですね。


そりゃ、洗えるでしょう。
でも、僕らが洗ったのとは雲泥の差です。
その差は仕方ないんですよ、僕らはきれいにするために必要なものをすべてそろえているんですから。


以前ね、レースのカーテンのクリーニングをご依頼されたことがあったんです。


お引越しをされるので、カーテンが使いまわせたら、と引っ越す前に当店にクリーニングのご依頼があったんですね。

いつものようにクリーニングをしてお届けにあがると、第一声が、これうちのカーテンじゃない、だったんです。(笑)


あまりに白くきれいになったので、自分のうちではない、と思ったらしいんですね。
でも、正真正銘、お客様のうちのカーテンなんですよ。(笑)
お客様はご存知だったんでしょうね、どれだけ汚れていたか、その汚れが普通は落ちないということが。


クリーニング屋さんだからこそ、ここまできれいにできる、気づいてもらえたようでした。

カーテンのクリーニングは、㎡で計算をします。
お値段は結構しますが、もしかするとクリーニングするものの中で、一番その効果を目の当たりにすることができるアイテムかもしれませんね


はっきりと、きれいになったのがわかりますから。

部屋を明るく、きれいにしたいのなら、年末のこの時期にぜひカーテンのクリーニングをお勧めします。
この忙しいし明日の時期、きれいになりにくいカーテンを自分で洗う必要はありません。

カーテンこそ、クリーニング屋さんにお任せを。
ご依頼、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプラリー、5百円のもらい方。

ただいま、中河原の商店会では、スタンプラリーを実施しています。

今年で3年目くらいですかね?
それまでは他の府中市内の商店会と同じように、ガラガラの抽選会をしていたんです。


お醤油が当たったり、ティッシュが当たったり、自転車が当たったり。
それはそれで面白かったのですが、今はスタンプラリーに変わったんですよ。


中河原のスタンプラリーの特徴は、もらえる金額が大きいこと。
貰うまでのハードルが意外と低いことにあります。(笑)


買い物をしてもらうと、スタンプを押してくれます。
3店舗分溜まると、5百円の金券をもらえるんですよ。


ねえ?この換金率の高さ。
貰わない手はありませんよね。


しかし、ここ数日、当店にいらっしゃったお客様に、スタンプラリーの用紙を渡そうとすると、いく所がないからいらないわ、というお客様が結構いらっしゃるんですよね。


いやー、もったいない。
これを機に、いろんなお店を回ってもらいたいものです。


そこで、僕がお勧めする、五百円をもらうとルートをご紹介したいと思います。(笑)


まず、ぜひ当店へクリーニングするものを持ってお越しください。(笑)
全てはそこから始まります。(笑)

スタンプラリーの用紙をスタンプを押してお渡しします。


さて、次ですが、たまには外食なんていかがですか?
お隣、らーめん花月さんもよし、天下一品さんもよし、孔雀さんもよし、春夏冬さんもよし。
北京家庭菜さんもいいですね。


お昼ご飯を美味しく食べていただいたら、次は夜のお父さんのお酒のつまみをぜひ。
ヤキトリヤさんで、白レバをお土産に買いましょう。( ´ ▽ ` )ノ


お父さん、ご機嫌ですよ。(笑)

これで簡単に3店舗、回ることが出来ます。


中河原、ラーメン食べ尽くしツアーなんてのもいいですね。


日用品を買い揃えるのも良さそう。
中河原薬局で買ったり、高野米店でお米を買ったり。
ほかべえさんでお弁当を買うのもいいなあ。


こんな人もいました。


朝、喫茶ぶんぶんさんでモーニングを食べて、お昼らーめん花月さんでご飯食べて、夜はヤキトリヤさんで一杯。

3店舗なんて簡単だよ、って。



ぜひ、中河原のお店を制覇しちゃってくださいね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングしてあるからそのまま着ることができます。

いやー、ここ数日の寒さは厳しい。


四国では大雪になり、日本海側も降ってます。
土曜日、八王子でもちらついたと聞きました。
府中、降ってはいないんですが、寒さはだんだんと厳しくなって来ていますね。



暖かい仕事場の僕らクリーニング屋でも流石に冬用の服を取り出して来ました。
今までは、仕事さえ始めれば半袖でも十分だったんですが、このくらいの寒さになるとダメですね。


しまっておいた所から取り出して、袋を破って着ます。



暖かい。(笑)



やっと、冬の準備をしたなあと言う感じがしますね。
これから、徐々に冬物を出してこないと。



僕らの服も、しまう時にはクリーニングをするんです。
しまう前にクリーニングをするから、取り出してすぐ着ることができるんですよね。

どこにしまってあるか?覚えてさえおけばすぐきれます…、問題はどこにしまったか?忘れちゃうことなんだけど。(笑)


クリーニングしてしまわないと、いざ着ようとした時に、変な匂いがしたり、黄色くなってたりして、そのまま着れない事が起きてしまいます。



しまう時はクリーニングしてから。



忘れないようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風花。

人生二度目の経験です。


風花だ。


風花、ご存知ですか?
雪が舞ってるんですよ。
でも、降ってるわけではないんです。


降ってるのはもっと山の方。
風に乗って、雪がしたの方に舞い降りてくるんです。



空はピーカンの青空。
でも、チラチラ雪がまう、不思議な感じ。

この辺の人には当たり前なんだろうなあ。
僕にはとても新鮮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬価格。

おはようございます。
今朝は群馬に来ています。


お墓参りや買い物などを兼ねて、冬用タイヤへの交換です。(笑)


赤城について、まず寄る所は、農産物直売所。
頼まれた野菜をしこたま大人買いです。(笑)






買った野菜。

かぶ 2つ
玉ねぎ 1袋
長ネギ 2束
レタス 3個
キャベツ 3個
にんじん 1袋
白菜 3個



白菜やキャベツは、府中で見たことないくらい巨大でした。(笑)


さて、いくらでしょう?



これだけ買って、2230円なり。



普段、野菜なんて買わないので相場がわかりません。(´・_・`)
新鮮なのは間違いなし!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き菓子工房 ポムムさんのりんごのマカロン。

今日も洗濯日和、スイーツ同好会の皆様。(笑)
大変長らくお待たせしました。

新しいスイーツの情報をゲットしてきました。


国立市にある、焼き菓子工房 ポムムさんのりんごのマカロン。
テレビにでたり雑誌に出てで、今注目のお菓子です。
米倉涼子さんが美味しいと紹介してたとか。

なんと、僕のTwitterのフォロワーさんがここでお菓子を作るお手伝いをしてるらしく、調べたら国立だと言うので、ぜひ行って見たかったんですよ。


ようやく、念願かなって、寄ってきました。











普通の民家で作られてるんですよね。
東京駅でも売ってるらしく、そっちの方が確実に買えるようです。
それくらい人気商品なんですね。

あまり数が無かったらしいのですが、無理言って譲っていただきました。







こんな感じの可愛らしい商品。(笑)
早速、持ち帰って一ついただきました。


おいしい。
マカロンって、甘くて、男の人には微妙なものが多いんですが、このリンゴのマカロン、ちょうどいい甘さにリンゴの酸味、とてもおいしい。
すぐなくなってしまいました。


これは、食べた方がいいですね。(笑)


スイーツ同好会の皆様、ぜひ一度、食べてみてくださいね。


あ、一つ注意があります。
食べる時は、ピスタチオに感謝の気持ちを持って食べていただきたく思います。
気持ちが入ってますからね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっ!白くなったねっ!

クリーニング屋さんが気になることは、何もシミだけではないんですよ。


目立つ汚れはシミが多いのですが、それよりも気になることがあるんですね。


それが、服の色、なんです。


僕らの目標は、買った時の色合いですから、白はより白く、色は買った時の色合いに近くなる様に洗います。


服の色が変わるのには幾つか原因があるんですね。


汚れで変わったり、洗い方で変わったり、元の色が壊れてしまってたり。
様々な理由か、元の色と変わってしまっているんです。



最近、新規のお客様がいらっしゃいます。


ワイシャツやスーツをお預かりすると、うーん、色が悪いんですね。
汚れているのもあるんですが、人によってはへたって来た、と言う人もいるかもしれません。

気に入らないんですよね。
これ、もっと綺麗になるよな、と思うんです。


さあ、クリーニングしましょう。(笑)



洗ってみると、ワイシャツは白くなる。
そうそう、こうでないと、気持ち良くないし。(笑)
さらにアイロンをかけると、白さに磨きがかかります。

ワイシャツはOK。


スーツは、と、一回ではまだ色がくすんで見えます。
納得がいかないので、もう一度クリーニング。
二回目のクリーニングで、ようやく色が蘇ってきました。

ワイシャツと同様、アイロンをかけると色合いがもっと良くなります。


お客様も、驚く方が多くて。
こんなに違うんだ?びっくりしました、そういう方がとても多いんですよね。


クリーニングって、こう言うものなんですよ、と少しドヤ顔。(笑)



これを知らない人がまだまだ沢山いると思うと勿体無いですね。
クリーニングは綺麗になるのに。


ぜひ、体感して欲しいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年のカレンダー、配ってます。

今年もこの時期になりましたね。
今年もとても大好評のカレンダーを配り始めました。


サイズといい、メモ欄といい、主婦の方々から絶大なる人気を誇っている、不思議なカレンダー。
いつもあっという間になくなってしまいます。


さらに、クリーニングの一口メモも大好評。
毎月一つずつ読んでると、衣類の正しいメンテナンスの知識が覚えられるんです。


某電気会社の集金係の方は、自社のカレンダーと引き換えにうちのカレンダーを持つまで行きますからね。(笑)

わざわざ、この時期に、狙っていらっしゃるお客様もいるくらいです。


欲しい方、お早めにご来店ください。
ぼくも、車に積み込んで集配に出ています。


今なら、集配のご依頼をいただければ、カレンダーお渡しできますよ。
遠慮なく言ってくださいね。


なくなり次第終了。
限定100ぶのカレンダー。
みなさんのご来店、お待ちしております。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんに来れない理由。

クリーニングのご利用の頻度って、割と決まっているんですね。


毎週ご利用するお客様。


週の間、数回いらっしゃるお客様。


季節の変わり目に、衣替えの時にいらっしゃるお客様。


年に一度、いらっしゃるお客様。



クリーニングを利用するリズムみたいなものがあるんですよね。
しかし、ときに、あれ?いつもならいらっしゃるお客様が今年は来ないな?なんて思うときがあります。

一年くらいだと出し忘れかな、と思うんですが、それが2年、3年と続くと、なにかあったのかな?と心配になるんですよね。



うちの仕事に飽きたのなら構わないんです。
他のクリーニング屋さんで、もっといいところを見つけた、そう言う理由なら全然構わない。


一番心配になるのが、体やトラブルなんですよ。



実は結構多いんですよね。



ご家族に重病の方が出た、とか、
事故に遭われた、とか。
自分が大病をしていた、とか。



ここ数年、本当にそう言うのが増えて来ているんです。


品物をお預かりのまま、数年いらっしゃらないので、どうしたのかな?と思ってると、お電話をいただいて事情をお聞きしたら倒れていた、とか。


本当に多いんですよ。



時間があいてもご来店くださって、事情を説明していただくと、ありがたいと思うと同時に、大変だったけど無事で良かったな、と思うんです。



これも高齢化社会の影響なのかなあ。



時代を反映してると思うと、家族で話してたんですね。



昔は、子どもが家出して来て、気になって声をかけて保護したとかありました。


今から15年ほど前は、よる女性が駆け込んで来たものです。
知らない男性につけられてる、助けてください、こんな話が年に数回あったんですよ。


今は、病気で入院や救急車で運ばれたりと、そう言うのが多い。


それに付随して、介護や病人の世話で、つきっきりの人も出て来ました。



みんな色々起こるんですよね。



助け合いは大事だな。


僕らで出来ることはなんでもしますよ。
ちょっとした事でも、任せることで楽になることはあります。
助け合いましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウンジャケットをクリーニングして見た結果〜こんなことになってしまった!

ここ数日、ダウン製品のクリーニング及び引き取りが増えて来ています。



ダウンジャケットを初めて洗う人が結構いらっしゃって、洗う前にお問い合わせをいただくこともあるんです。


ダウンは洗えますか?


もちろん、洗えるんですよ。


先日、初めてダウンジャケットをクリーニングに出したお客様がいらっしゃいました。
お預かりする時に、洗い上がりにびっくりしますよ?とお伝えしておいたんですね。


お渡しの日。


お客様がご来店くださって、クリーニングしたダウンジャケットを見てびっくり。


モコモコになってる。(笑)


膨らむんですよ。
こんなにダウンは膨らむんだ?と驚きの表情。
そうなんです、これがそもそものダウンジャケットの大きさで、これで初めてフルに保温性能が発揮されるわけです。


これね、羽毛布団なんかだともっと嵩が増すんですよ。
買った時の袋に収まり切らないくらい膨らむんです。


最近はウルトラライトダウンがはやってて、ダウンでも薄めのものがあります。
それでも、必要なだけの厚みは必要で、きちんと膨らんでないと全然暖かさが発揮されなくなるんですよね。



ダウンジャケット、クリーニングしたらふくらんだ!(笑)



明日から急に寒くなるらしいですね。
膨らんだダウンが効果を発揮してくれるはず。

やっぱりクリーニングしないとね。^_^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由に見て回る。

さて、土曜日曜と、東京ビッグサイトにて、クリーニングの展示会に行って来ました。


年々減っていく出展者は世の中の景気に沿っているかもしれませんが、そんな中集まってくるクリーニング屋さんはやる気満々です。(笑)


久しぶりに見かける人、多数。
でも、ほとんど声はかけず、かけられず。(笑)
なにかあるんでしょうか。(笑)


日曜も友達と何人もすれ違いますが、ちょこっと話してはバラバラに。



自由なんですよね、みんな。


展示会に来てるのは遊びではないので、皆さん何かしらの目的を持っている。
つまり、見るものがあるわけです。


新しい機械を見に来た人。
新しい技術を見に来た人。


様々です。
各々目的が違うので、一緒に行動できないんですよ。


だから、バラバラになるんですね。


会場内でちょっと会うと、気になるものをお互い報告。


あれ、見た?


なんて言われると、急いで見に行ったり。
人によっては気になるものが違いますから、教えてもらうととてもいい勉強になります。



結果的に、一日中歩いてることになるんですね。



そして。
日曜の夜は、姫路の友達と横浜の友達と、愛知の友達とで懇親会。
いろんな話をしました。


みんな、一つ一つ、目標を持って仕事をしています。
それが形になるとまた次の問題が出てくる。
壁にぶつかるわけですね。
具体的な解決方法よりも、考え方や捉え方など、思考の仕方を学ぶことができます。


これが、帰ってから大きく役に立ったりするんですよね。


以前、ちょっと書きましたけど、伝えるのは技術ではなく、心、気持ち、考え方。
それらをベースに、時代に合わせ、自分のお店の色に合わせ、目指したいものに合わせていくといいんです。


自営業者が本当に学ぶことってそう言うことだと思います。


僕はどうもついてるらしく、毎年、こう言う機会に恵まれるんです。

今年もたくさん話が出来ました。


今年も残すところあと一月。


気を引き締めて頑張りましょう。
また来年、みんなと会えるように。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »