« こんにゃくパーク。 | トップページ | これがルーツなのかな。 »

重い布団。

今日までお休みをいただいております。
明日6日より、通常営業となります。
今しばらくお待ちくださいませ。

昨日まで群馬にいました。
ものすごく寒くて・・・・・、暖房も効かなくて。
東京がいかに暖かいか、帰ってきてから身にしみています。


一晩泊まったわけなんですが、久しぶりにあの感覚を思い出しました。


布団が重いんです。


寝返りが打てないほど。


上からぎゅーっと押さえ込まれている感じ。


この布団で寝ると、ああ、群馬に来たなあと思ってしまいます。
うちの母方の田舎は赤城村という所なんですが、少し山のほうにいくととたんに気温が低くなるんですね。
それはもう、数字では図れないほどの寒さ。
気温だけ見ると、東京のそれと変わらないんです。
でも、体感が違う。


お風呂も温泉と内風呂で、暖まり方が違うでしょ?
あれの逆だと思うんですよね。
同じ気温なのに、群馬は明らかに体が冷える。
そこに来て空っ風が吹いていたもんですから僕みたいなもやしっ子にはたまりません。


家も日本昔話に出てくるような古い家なので、もうとにかく寒かったんですよ。


夜、もう寝ようと布団へ入ると、ズシリと重いんです。
タオルケット、毛布、掛け布団、何枚かけてたでしょうか。
重いんです。

枚数だけの重さじゃないんですね。


寝ているところが寒いので、寝返りを打って布団をはいでしまうと風邪を引いてしまいますから、寝返りが打てないように重い布団を使っているんですよ。


もうね、びしっ!といった感じです。(笑)

この文明の進んだ世の中で、羽毛布団とかもあるだろうに、と思うんですよ?
でも、何せ古いうちなので、布団も古いんです。

ここ数年、あんなにぶるぶる震えながら寝たことはありませんでしたね。


それこそ、おととし、インフルエンザにかかったときでさえ、あそこまで震えていませんでした。
子供のころ、親に連れられて、ばあちゃんちに来たときと一緒。
薄くて重い布団、密度が濃いなあと思うような布団です。


あれも生活の知恵、だったんだろうな。


布団の重みで、昔を思い出すなんて思いもしませんでした。
子供たち、あの布団をどんな風に感じたのかな?
明日聞いてみましょうかね。


さて、レンタルサーバーのメールアドレスがいまだに使えない状況になっております。
お急ぎの用やご質問などありましたら、以下のアドレスまでメールを送ってください。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


boribori0510@gmail.com

|

« こんにゃくパーク。 | トップページ | これがルーツなのかな。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重い布団。:

« こんにゃくパーク。 | トップページ | これがルーツなのかな。 »