« 機械の入れ替え。 | トップページ | 相談するならプロがいいじゃないですか。 »

クリーニングから返って来た嫌なにおい、言われたことないですね。

たまーにお電話でお問い合わせをいただいた時に、聞かれることがあります。

クリーニングしたときに、においとかしませんか?

検索でもこういうことを調べてやってくる人が結構いらっしゃるんですね。
クリーニングして返って来た服が、なんか臭う。
不思議だなあ、と思うんです。


宅急便で発送をしたお客様からも、お礼のメールと化いただくのですが、その中でも、クリーニングしたときにする嫌なにおいとかなくて安心しました、とか。


他のクリーニング屋さんで洗うと臭いが出てるのかな?
と、何が起こっているのか?とても不思議なんですよ。
うちではそんなこと言われたことありませんしね。

クリーニングで臭いがつくとすると、いくつか考えられるんです。


ひとつはドライクリーニングの液体が残っているケース。

もうひとつは、汗が落ちていないケース。


主にこの二つといわれています。
ここ数年、皆さん少ない着数で、いやってほど着ておられますよね。
その影響が出ているのは確かなんですよ。
昔に比べて、汗の付着は多くなっていると思います。


でも、汗のにおいならわかるじゃないですか?
なのに、嫌なにおいって、、なんだかわからないといったような表現・・・・・。
すると、ドライクリーニングの液体が残っているのかなあ?なんて思ったりするんですよね。


べったり残っているのではなく、乾燥不足が主な原因だと思うんですよ。


ドライクリーニングの液体も、いろいろ種類がありまして、はっきりと石油臭のするものから変なにおいまでたくさんあるんですね。

もし、これが残留しているのだとすると・・・・・、それはかなりまずい状況だと思うんです。
においの問題だけではすみませんからね。


なんで、乾燥不足なんて起こってしまうのか?
本来なら起こるはずのないものなんです。
クリーニング業界でも、その危険性は盛んに言われていますし、乾燥不足を発見するような機械も導入しているところもあります。


たぶん、仕事場の中で匂いになれちゃっているというのもあると思うんですね。
人間はどうしてもなれてしまいます。
すると、本来なら気付くはずのにおいも、気付かなくなってしまう。
はっきりと濡れていれば乾いていないと判断がつくのですが、ドライクリーニングの液体はさらっとしていてある程度乾くと濡れているのか乾いているのか、分かりづらくなるんです。

クリーニング師が見れば、それははっきりと分かりますが、パートさんなどでクリーニングをしているところだと、その区別は分かりづらいのかもしれません。


お宅は嫌なにおいがしないんですね、なんていわれて、うれしい気持ちもありますが、反面、においがするのがクリーニングだと思われているのも困るなあと思ってしまう。

クリーニングにはまだまだいろいろな誤解がありそうです。


においで困っている方、一度ご相談くださいませ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 機械の入れ替え。 | トップページ | 相談するならプロがいいじゃないですか。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングから返って来た嫌なにおい、言われたことないですね。:

« 機械の入れ替え。 | トップページ | 相談するならプロがいいじゃないですか。 »