« お引越しの相談。 | トップページ | 感謝の横断幕。 »

つながる話。

おととい、一本の電話が入りました。


お客様がなくなったと、奥様からお電話をいただいたんです。


昨日、集配が終わってから母と二人でお邪魔しまして、線香とお花を上げさせてもらいました。

クリーニング屋に限らず、町の商店では割りとあることなのかもしれません。
こうして、お客様に不幸があったときに、ご連絡をいただくことがあります。
お店とお客様、という関係なんですが、町の商店らしく、時にはそれ以上のお付き合いをさせていただくことも多々あります。

仕事のお話を聞いたり、身の上話を聞いたり、ご相談を受けたり。

ここ数年は、歩くことがままならず、僕が集配にお邪魔していました。
うちで出しているカレンダーが大のお気に入りで、11月にはいると、必ずお電話をいただきまして、2本とっておいてください、といわれるんです。


12月にはいると、そのカレンダーをもって、僕がお届けにあがります。


これじゃないとね、ダメなんだよ。

いつもお渡しすると、屈託のない笑顔で笑われるんです。
とてもまじめな方で、晩年、怪我で歩くのが大変でしたが、大好きな山にいけるようにとがんばっていたのが思い出されます。


最初はうちのお店へ来ていただいてたんですね。
そこでいろいろお話を伺っていたり、ご相談を受けたりしていました。
今回、奥様とお話をさせていただいて、僕らとお客様との出会い、どんな話をされていたか、奥様と話していると、今まで僕らの中だけだった話が、奥様のお話と合わさって、一気に広がっていくんですね。


当時の故人が何をしようとしていたのか、何を考えていたのか、手に取るように分かるんです。

そして、故人の人柄や優しさも同時に強く思い出されます。

ご相談を受けますが、全部僕らに話してくれているわけではないと思ってたんです。
でも、今回お話をしていると、一切嘘もなければ隠し事もありませんでした。
本気でご相談されていたんだなあと思います。


もう、お客様のシャツを、ダウンを、ズボンを、洗うことがないと思うとさびしく思います。

ぜんぜん、違うんだよ!

そういってくれた言葉が今でも思い出されます。


今頃、大好きな山に登っているでしょうか。
僕らが洗ったダウンやシャツを着ていってもらえないのは残念ですが。
思いっきり、好きなだけ登ってください。


ご冥福をお祈り申し上げます。


|

« お引越しの相談。 | トップページ | 感謝の横断幕。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つながる話。:

« お引越しの相談。 | トップページ | 感謝の横断幕。 »