« あの日の感謝は今も。 | トップページ | 洗ってみたら、ほら! »

制服のyシャツを毎日クリーニングしていたら。

先週、僕はとにかく忙しかったんです。
一年で一番忙しい週、と自分で言っていますが、まさにそんな感じなんですよね。


一週間の中に、イベントと展示会が二つ入り込んでる。
出掛けるためには仕事も終わらせないといけないので、一日の仕事量がぐんと増える。
イベントに向けて製作物もあるしで寝れない日々をすごしていました。

木曜日、JAPAN SHOPに出かけてきました。
水曜中に、主な仕上げはすべて済ませ、Yシャツは金曜にまとめてやろうとしていたんです。

ところが、なんと長男のYシャツが間に合わなかったらしく、急遽、嫁さんが仕上げをしたらしいんですね。
普段、Yシャツの仕上げはしないうちの嫁さん、たぶんうちの母に教えられながら仕上げたんだろうと思います。

翌朝のこと。

もう最悪だよー!という長男の怒った声。

朝から何を騒いでいるのやら、と思っていると、どうやらYシャツに不満があるらしい。
こんなシワなのを着ていかなくてはいけないのか、と怒っている、との事。
ぷんぷんしながら学校へ行ってしまったんです。


後で嫁さんと母に聞くと、別におかしくはなかった、との事。
気になったので長男が学校から帰ってきたら聞いてみようともいました。


学校から帰ってきた長男を捕まえ、どうしたのか?聞いてみます。

とにかくシワだったんだよ、と。


どんな風に、具体的に?ときいても、シワでいつもみたいにピシッとしていなかった、というんです。
なんとなくどんな様子か分かったんですが、ふと、面白いもんだなあと思ったりもして。


当たり前に着ていたアイロンのかかったyシャツ。
自分では、別に洗いざらしでもかまわないようなことをたまに言っているんですが、毎日アイロンのかかったYシャツを着ていて、それが当たり前になったんでしょうね。
で、ピシッとしていないYシャツは気持ちが悪くなったんでしょう。

かねてから、思っていたことなんですが、クリーニングをする人って年齢や収入にあまり関係ないんですよね。
収入がある人のほうが利用しやすいのは間違いないんですが、それよりも意識のほうが大事な気がするんです。


たとえば、大学に通うために上京して一人暮らしをする子がいます。
クリーニングする子は、一人暮らしをしていても、季節の変わり目にきちんとクリーニングに出しにいくんです。
よくよく話を聞いてみると、お母さんがクリーニングに毎回出してきちんとしていた、とおっしゃる子が多いんですよね。

いいクリーニングを体感してきたから、自分が一人暮らしを始めてもクリーニングを利用するんだなあと漠然と思っていたんです。


で、我が家の長男。
服に無頓着だし、制服もその辺に投げてあるし、きちんと教え込まなきゃなあ、と思っていたんですが、毎日Yシャツをクリーニングすることで、少しですが服を綺麗に着る意識というものが芽生えてきているようです。


よれよれやしわくちゃなものがおかしい、と思えるのはとても大事なこと。
今は大人でもしわくちゃのまま平気でどこへでも着て行ける人が多くなってきていますから。


一年近く洗っているとこう変化するんだなあと実感することが出来ました。


学校のYシャツを毎日クリーニングすることを推奨しているわけではないんです。
ただ、ちゃんとした身なりをさせる、ということを覚えさせるのは、意外と難しいことなんですね。
日々の生活の中で、僕ら親がきちんとさせるところを見せることで、子供は育っていくのかなあと思います。

子供の制服のyシャツ、アイロンかけてあげてくださいね。
自分でかけさせてもいいです。(笑)


身なりを整える、これを覚えさせてあげるのは大事だと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« あの日の感謝は今も。 | トップページ | 洗ってみたら、ほら! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制服のyシャツを毎日クリーニングしていたら。:

« あの日の感謝は今も。 | トップページ | 洗ってみたら、ほら! »