« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

クリーニング屋さんの包装のビニール問題。その1

先日、お客様からこんな質問をされました。


クリーニングから返って来たビニールの袋、外さないんでいいんですよね?

当店では、包装の袋をはずさなくても良いですよ、とお伝えしています。
理由も説明をしているのですが、ここ最近、テレビでクリーニングの話が出るたびに、ビニールの袋は外して保管してください、というので不安になった、とおっしゃるんです。


ここのブログにも、包装の袋を外すか?検索でやってくる人が後を立ちません。
みなさん、本当はどうすればいいのか?迷っていらっしゃるんだと思います。

この問題、僕は根が深いと思っているんですよね。
いま、包装の袋を外してください、といっている人たち、本当ですか?と僕は聞きたい。
というのも、包装の袋を外してください、と言い出したのって、ここ数年のことなんです。
今まで、こんなことは言いませんでした。


包装の袋を外してください、という人たちの理屈はおおむねこんな感じ。


・ 包装の袋は、クリーニング店からお客様のお宅までのほこり除けが目的でつけられているので、保管用ではない。


・ ビニールの袋は通気性が悪いので、湿気がこもってカビが生える可能性がある。

・ 不織布などの袋なら通気性があるので、大丈夫。


こんな感じだと思います。


反論しますね。(笑)


通気性が悪いのなら、どこから湿気がはいてくるのか?
そもそも、通気性があるということは、湿気が出る代わりに尾は言ってくるということ。なら、湿気易いと言う事ではないのか?

ぼく、クリーニング屋さんの中でこの質問をして、答えが返って来たためしがありません。
ある人は、大学の先生に聞いて、外したほうがいいといわれたので・・・・、という中途半端な答えをしてきた人がいましたが、それもどういう理屈で外したほうが良いのか?答えてはもらえませんでした。


そもそも、何でビニールの袋を外したほうがいいという話になったのか?というと、主に二つ原因があります。


ひとつは、袋自体に問題があったため。
もうひとつは、クリーニングの仕方に問題があったため。


この二つが原因なんです。


包装のビニールで保管をしていると、ビニールの状態によって、ある特殊な気体に触れると、黄色く変色をするという報告があるんです。
気体字体、普通に生活をしていると出てくるものなので、外したほうがいい、ということになりました。
今は、包装の袋の状態がどういうときになるか分かっているので、一概に黄色くなるというわけではありません。
そもそも、包装紙を作っているメーカーさんがこのことを問題にすらしていないんですよね。


もうひとつ。
クリーニングの仕上げ工程で、蒸気を多くかけるところがあるんです。
仕上がった後、そのまま包装紙を書けるところがあるんですが、そういうお店の商品は、袋の中に湿気が大量にこもっているので、確かに掛けたままだと危ない。
こういうお店の場合は、家に持ち帰ったら、外してください、というのは正しいんです。


今、袋を外してください、という風になった大元は、大手チェーン店が、外してくださいというようになったからなんですよね。


個人営業のクリーニング屋さんでは、そもそも仕事の内容が違うので、外す必要が無いんですが、いつの間にか業界内で外すことが正しいといわれるようになりました。
でも、その人たちに、説明を求めても、たぶんきちんとした説明が出来ません。
それは、情報をきちんと精査せず、鵜呑みにしているからです。

袋を外すにも、原因と理由があるわけです。
それと自分たちの仕事などを考慮して、自分たちのお店の商品も外して良いのか?考えてお客様に伝えていかなければいけないんです。


実際、僕の周りのクリーニング屋さんでは、外さなくても良いですよ、と僕と同じ事を言うクリーニング屋さんもいらっしゃいます。
こう、はっきりといえる理由は、どういう仕事をしているか?把握しているからなんですね。

包装の袋を外したほうがいいか?はクリーニング屋さんによって違います。
引き取り時に、聞くのが一番です。

・・・・、いまいち説得力に欠けますね。
もうすこし、掘り下げてみましょうか。
つづき、明日書きます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客様と協力して綺麗にしています。

黙って洗えばいいんだよ。

初めて当店をご利用されたお客様が思うらしいんですね。
サービス業なんだから、来た品物を黙って綺麗にするのが仕事でしょう、と。


少々きつい言い方ですが、でも、その通りなんです。
僕らの仕事は、服を洗ってきれいにして、また次、着られるようにする事。
お預かりした服がどんな状態だろうと、最善を尽くして、綺麗にするのが仕事なんです。

じゃあ、分かっていて、何で預かるときに一言言うのか?ってことですよね。


お預かりするときに、当店で何か言われたことがあるお客様がいらっしゃったら、きっとこういう言葉だと思います。

もう少し、早めにお洗いください。

余計なお世話かもしれません。
でも、やはり一言伝えておいたほうがいいかなと思って、お客様に話しています。


たとえば、です。


僕らが医者だとして、具合の悪い患者さんが来ました。
いつも全力で診察し治療をするのですが、症状が進んでしまい、薬だけでは治りそうに無い。
入院、そして手術が必要になります。
手遅れとまではいきませんが、症状が出てからあまり遅くなると、よりひどい状況になることはよくある話。

もし、もう少し早く来てくれていたら。

お薬を処方するだけで治ったかもしれない。
僕らも同じように思うんですよ。


預かった服がどんなに汚れていても、着ることができるように、綺麗にしようとがんばります。
これは、一日着たYシャツでも、一週間着続けたYシャツでも同じです。
しかし、どんなにがんばっても、汚れの具合によっては限界がある。

もう少し早く洗ってくれていたら、綺麗になる。
もう少し早く洗ってくれていたら、もっと長く着ることができる。


いつもそんな風に考えています。


だから、余計なお世話だと思っていても、お客様にも都合があって洗えなかったんだろうな、と思っていても、一言、伝えるようにしているんです。

服を綺麗にするって、僕らだけでは出来ないんですよ。
だって、まず最初に、僕らのところへ服を持ってきてくれないとどうしようもないんですから。
その服を持ち込むタイミングは、お客様のタイミング。
僕らではどうしようもないんですね。


たまに思うんですよ、いつも会っていて、着ている服を見て、それ、そろそろ洗ったほうが良いですね、なんて言えたら綺麗にできるだろうなって。
実際たまにあるんです、お店に来て時に、着ている服の汚れ具合を見て、そろそろ洗ったほうが良いですね、といってその服をお預かりすることが。


その場で脱ぐことが出来る、コートなんかだと出来るんですが、スーツとかだとやはり厳しい。


ジャストタイミングで、クリーニングに出せるように、気になったときはお伝えしています。


一緒に服を綺麗にしましょう、という気持ちをこめて。


お客様と僕らの二人三脚です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人暮らしは危ないんですよ。

今日も暑かったですね。


この暑さ、もう完全に夏でしょ、といわんばかり。
暑さに慣れているクリーニング屋といえども、まだこの時期はそこまで暑さに耐えられません。
配達を回っていても汗だらだら、お店で仕上げをしていても汗だらだら、早く体を夏仕様に戻さなければ。


今年は気温差が激しく、体の不調を訴える方がとても多いですね。
お店にいらしても、調子が悪いという方がかなりいます。
連休に入るので、早めに病院へ行くことをお勧めしていますが、皆さん無理をしちゃうんですよね。

先日、一人暮らしをしているお客様がいらっしゃいました。


今年で二年目。
ようやく慣れてきたかな?というところで、どうも調子が悪いらしい。
会社も休んだとか。


僕ら、こういう話を聞いたとき、必ず言うことがあるんです。


おかしいと思ったら遠慮なく言ってきてね。

一人暮らしって、とても危ないんですよ。
たかが風邪と侮る無かれ、悪化させて肺炎になってしまった人もいらっしゃいます。


一人だと、何にも出来ないんですよね。

買い置きがあるわけでもなく、何か飲みたくても、何か食べたくても、自分が外へ買いに行かなければ手に入りません。
また、案外つらくても耐えてしまうもので、病院はもちろん、救急車を呼ぶなんて絶対といって良いほどしません。

客観的に自分がどういう状態か分からないから、ひどくても病院へ行かなくて悪化させる人が多いんです。

どこを頼ればいいか分からない、そんなこともあるので、うちでは気になったら遠慮なく言ってきてね、というんです。
ちょっとした買い物なら出来ますし、病院へ付き添うことも出来ます。
ご家族が来るまで位、お付き合いできますからね。

50年以上、クリーニング屋として中河原で商売をしていると、いろんなことを見たり経験したりしています。
危ない場面も見てきましたし、何とか助けることが出来たこともありました。


無理にとは言いませんが、もし、調子が悪くて、誰も頼れる人がいないのなら、遠慮なくいってきて欲しいと思います。

本当に、無理はダメですよ。
何かあったら遠慮なく頼ってください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立 kitchen Baum キッチン バウム

今日も洗濯日和、甘党の皆さん、こんばんわ。(笑)
新しいお店を探してきましたよ。(笑)


たけのこ掘りに行くのに、手ぶらではなんだなあと、配達に出ていた時に気になるお店があったので、買ってきました。


国立にある、キッチン バウムさん。


国立市の有名なケーキ屋さん、レ アントルメの姉妹店です。






手土産にちょうどいいサイズ、お手頃な値段、美味しさ、どれもバランスがいい。
お店の中に入るだけで、ワクワクします。


大きいものから小さいものまで、また、ケーキもあるんです。
今回はお土産用とうち用を購入。


うちのはこちら。









イチゴのバウムクーヘンと、国立バウムの二種類。


両方とも、しっとりとしたバウムクーヘンなんですね。


とても美味しい。
あっという間に、なくなってしまいました。(笑)



これ、ちょっとしたお土産にいいですね。
箱もかわいいし、女性にあげたら喜ばれると思います。
バウムクーヘンは、男性にも好きな人が多いんですよね。


また、お土産に買いましょう。



お隣の、柿屋ベーグルさんも長蛇の列。
この周辺は人気店がおおいですね。


ゴールデンウイーク、お出かけの際の手土産にどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

掘った後は。

たけのこを掘ったあとは、湯がきます。






家庭のガスと違い、薪の火力は半端ない。
ここで湯がくと、ビックリするような柔らかいたけのこになるんです。


やわらかくなるまで、しばし待機。(`_´)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけのこ掘り。

おはようございます。
今朝は八王子のお客様のお宅へ来ております。

仕事ではありません。(笑)



毎年この時期に、たけのこ掘りに呼んでいただきまして、朝から子供達と一緒にお邪魔しています。






どんどん掘れ。(笑)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークのお休みのお知らせです。

今日からゴールデンウィークに突入された方もいらっしゃるとか。
長いお休み、どこへ行かれるんですかね?


当店の今年のゴールデンウィークのお休みのお知らせです。

29日(水)は通常通り営業いたします。
朝8時から夜10時まで。

5月3日(日)、4日(月)、5日(火)は連休とさせていただきます。

6日(水)から通常通り営業させていただきます。


ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。


連休お出かけ前に、冬物のクリーニングをぜひお持ちください。
来週、皆さんをお待ちしております。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目で盗む。

昔から、職人の技術は目で盗め、と言われたもので、うちでも教えられるというよりは見てなさい、といわれてきました。


目で盗めといったって、初めのころなんてせいぜい真似するのがやっと。
しかも、ずっと見学をしているわけでもないし、ポケット掃除や洗い場など、場所がころころ変わるので見ていることも難しかったんです。


たまに、見ている時間が取れたとしても、ただ、綺麗だなあ、とか、早いなあ、とかくらいしか分からなくて、きちんと教えてくれれば早いのにな、などといつも思っていたものです。

目で見て、盗めるのって、同じ技術レベル、もしくは近くまで行かないと分からないんですよね。

だから、入りたてのころなんてまったく分からなかったんだと思います。

今になって。

うちは、メインのアイロン台が一台しかありません。
カウンターの横にある一台だけなので、かわりばんこに仕上げをしています。
父が仕上げをしているときは僕は配達や他の仕事を。
僕がアイロンを掛けているときは、父は配達へ。


僕らの世代は、機械仕上げの世代なんです。
ハンドアイロンも使いますが、機械が主流になっている世代。

父たちの世代は、機械が無く、手仕上げでずっと仕上げ続けた世代です。


年をとったとはいえ、昔取った杵柄、この世代の仕上げはいつ見ても一級品なんですね。


父が仕上げをしている横で、僕が配達の品物を積み込んでいるんです。
横目でチラッと、父の仕上げを見ると、今だからこそ分かる技術が見えてくるんですよね。


先日も、オープンシャツを仕上げている父を見て、ほほー、ここをこうしているのね、と気付いた僕。
ほんのちょっとした、手の位置の違いなんです。
別に僕のやり方でもできているんですが、ためしに今日やってみると、格段によくなる。

今日の仕上げは楽しかったなあ。(笑)


ちょっとした違いに気付くのも、僕のレベルが上がったからなんでしょうね。
入ったころに見ていたものと同じものを見ているはず。
でも、あの時は気付かなかったものが、今ははっきりと気付くことができる。


本当に面白いものだなあと思います。

そして、仕事はいつまで経っても勉強、研究の繰り返しだな、と。
その証拠に、父もいまだにもっといい方法が無いか?模索をしていますから。


この姿勢も見習わないといけません。

やはり、目で盗むのが一番なのかな。
昔の人は、本当にえらいなあと思いますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東地方の方は、冬物をクリーニングに出しちゃっていいみたいですよ。

いまいち気温が安定しない今年の4月。
まだ寒くなるんじゃないか?と、コートやセーターなどのクリーニングをためらっている方が多いと思います。


今朝、メールを見てると、おおっ!と思うニュースが。


気象予報士の方が、冬物をクリーニングに出してもいいですよ、と宣言してくれてました。



関東地方はこれから安定するらしく、朝晩の冷え込みも弱まるみたいです。
この連休前後が、冬物の服の入れ替えにはちょうどいいらしいですね。


気象予報士の方達も、実はやきもきしてたんじゃないかなあ。(笑)
だから、安定するとわかって、クリーニングに!なんで書いたのかも。(笑)


ぜひ、衣替えをしちゃってくださいね。



先日夜、接骨院に行きましたら、お土産を預かってます、とかりんとうをいただきました。







僕、接骨院のブログに登場してまして、仮の名前が、千拓也になってます。(笑)
物語の中の登場人物なんですけどね、先生、うまくつけたな(笑)、と思います。

前にもお菓子をいただいた事もあり、本当に嬉しかったです。
ごちそうさまでした。


かりんとうを食べて、仕事頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

服を長持ちさせるには?

最近、新規のお客様からのご依頼が増えています。

春ということもありますが、原因はクリーニング屋さんがやめていってるんですよね。
そこで、新しいクリーニング屋さんをお探しの方がかなりいらっしゃるんです。
ここ最近、特に多いのが、手仕上げをご希望のお客様。


今までご利用してきたクリーニング屋さんが、手仕上げだったとかで、機械仕上げを嫌ってて仕上げのクリーニング屋さんを探している方が結構いらっしゃいます。
これがまた、手仕上げはほとんど見かけなくなりましたので、皆さん苦労されているようです。


手仕上げ信仰ともいえるほど、手仕上げに心酔なさっている方が多いんですが、今は機械仕上げも十分よくなっているんです。
全部手仕上げが無いように、全部機械仕上げというのもまた無くて・・・。
上手に機械をハンドアイロンを使い分けながら仕上げているので、あまり手仕上げにこだわらないほうがいいクリーニング屋さんを探しやすいのかな?と思います。


で、今日の本題。(笑)

新しくご利用されているお客様と、今日じっくりとお話をしました。
ご主人が、クリーニングにこだわっている、と。
服もこだわっているんですが、ご主人がいつもこうおっしゃるんだそうです。

服はクリーニングすると長持ちする。
でも、クリーニング屋によって、その長さは変わる。

ご主人、バーバリーのコートを15年も着用されていたとか。
バーバリーの本店にそのコートを着ていって、これ15年も着ているんですよ、といったら驚かれたんだそうです。

以前ご利用のクリーニング屋さんがいいところだったんでしょうね。
こういうお話を伺うと、そのクリーニング屋さんの良し悪しがよく分かります。

そう、服って長持ちするんですよ。
きちんとクリーニングをして、お手入れをすると、長持ちするんです。


二年や三年で着られなくなることなんてありません。
もっともっと、長く着ることができます。


たとえば。

10年、その服が着ることができたとしましょう。
すると何が変わるか?

買う服が変わるんです。
10年も服が持つのなら、着心地のいい服、デザインのいい服、ちょっと高めの素材のいい服を選ぶようになります。
買うときは多少高いかもしれませんが、結果的に10年も着用してしまうと、ぜんぜん安い買い物になるんですね。


そして、そういう服を買うようになると、服の修理ができるようになります。

安い服はコストカットのため、余裕無く作られています。
そのため、いざ修理しようとしても、出来ないことがあったりするのですが、いい服を買うと余裕があり修理しやすいというメリットが出てくるんです。


ウェストもつめるのはもちろん、逆に出すことも可能。
当店で一番多く出したのが21センチでした・・・・。
すごいでしょ・・・・、出るんですよ・・・・。

服はクリーニングすれば長持ちします。
でも、どこで洗うか?二よって、その年数は変わってきます。
また、洗うタイミングも重要。
シーズン終わりには必ず洗って仕舞うように心がけていただくとより長持ちしやすくなりますよ。

昔の人は、そのタイミングのことを、衣替え、と呼んでいました。

そう、衣替えは、今着る服を出すイベントではないんですね。
今着る服を出すのと同時に、今まで着ていた服をきれいにしてしまうイベントなんです。


ここ、大事ですよ。

衣替えはとても大事です。
洗ってしまいように、習慣付けてくださいね。

目指せ15年!です。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集配と雨。

当店では、雨の日に品物をお届けしないことがあります。

絶対必要というときはお届けしますが、もし、別の日でもかまわない、お急ぎでない、というときは日にちをずらしていただいて、晴れた日にお届けするようにしているんです。
それは、宅配便で発送するときも同じ。
なるべく、発送するこちら側の天気で雨がなく、お届けのときにお客様の地域で雨がないときを狙って、発送をしています。


何年か前は、週末ごとに雨の予報になり、2ヶ月ほど発送が遅れたことがありました。
冬のコートだったので、着るまで余裕があったので出来たんですね。


最近、品物をお預かりに行くときに、雨を気にされるお客様がいらっしゃいます。


雨が降っていますが、大丈夫ですか?と。

僕は、集荷のときは、お届けほど雨を気にしません。
どうしてか?


それは、お預かりとお届けでは、意味が違うからなんですね。

お届けのとき雨を嫌がるのは、湿気のせいです。
クリーニングから仕上がったものを届けするということは、冬物だったりすると仕舞うものだったりします。
お届けの際、雨が降っていたりすると、服が余計な水分を吸収してしまいます。
その水分が原因で、保管中に何かあってはまずいので、お届けするときは晴れたときの方が良いんです。

では、お預かりのときは?


預かるとき、雨を気にしないのは、これから洗うものだから。
持ち帰るときに、濡れないようにしていますし、多少湿気を含んだとしてもこれから洗うものなので問題はありません。
汚れを落として、乾燥をして、仕上げをするわけですからね。
びっしょりになるなら問題ですが、普通の雨で、濡れないようにお預かりしていくんですから、それくらいでは何の問題もないわけです。


しかし、お客様は雨がとても不安なんですね。
服がおかしくなってしまうんではないか?そう思っているような感じです。

もし、雨に濡れて服がおかしくなるなら、その服は不良品です。
買ったお店で、取り替えてもらいましょう。


着用していて、汗などをかくんです。
そもそも、服は水に対して耐性があります。
濡れてはいけない服があったとしたら、服として機能を果たさないんですよ。


洗濯表示を見てもらっても分かるように、家庭の洗濯機で洗える、手洗いで洗える、という表示がついています。
ということは、水でも洗える、ということ、水は平気ということなんですね。

僕らが、お届けのときに雨に気を使うので、濡れてはいけないんだと思ってしまったのかもしれません。
本当にすいません、理由は違うんです。


お届けのときだから、雨を気にしているのであって、お預かりのときはあまり雨は気になりません。

逆に雨の日は、外に出るのが大変でしょうから、遠慮なく僕らクリーニング屋さんを呼んでください。
喜んでお預かりに伺いますよ。
集配サービスは、そういうときに使ってもらうと良いと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなされる。(笑)

天気は荒れ模様ですが、品物は順調に入荷し始めております。
明日の朝あたりで、今年の冬はもう終わりを迎えるような感じ。
本格的に、春から初夏へと移行していくんでしょうか。


今年の冬は、寒かったのか厚手の服がとても多いんですね。
お店の中も、厚い服がたくさん吊るされています。
素材やつくりがデリケートなものが増えていくので、乾燥機に掛けられず、自然乾燥をする品物がたくさん。
洗い場のほうは、天井が見えないくらいになってきています。


それだけ、神経すり減らす品物が増えてきている、ということなんですよね。


まさに、それを象徴するかのような場面に、本日遭遇。(笑)

お昼休憩、少し送れてご飯を食べに居間へ来たら、先に食べた母が横になっていました。
お店の中は気温が高いので、今の時期は体がなれず、とにかく疲れるんです。
なるべく体を休ませるように、仮眠を取ったりしています。


僕がご飯を食べていると、母がなにやらうなされている。
きいていると、こんなことをつぶやいているんですね。

それ、シルクだから!!!


とか

デリケートな品物だから乾燥はダメー!!!


とか
うなされている。(笑)

僕はてっきりおきているものだと思ったので、何が?と聞くと、それはシルク入りだから早く吊るさないと色が移っちゃう、と。(笑)
どうにも話の要点が分からないので、もう一度聞いてみると、いびきが。(笑)


寝言か。(笑)

うなされる気持ち、よく分かりますけどね。
クリーニングは、とにかく注意しながら洗うのが大事なんです。
とくに、冬物はデリケートな素材を多く使っているので、そのままの状態をキープしつつ洗うとなると、神経を使います。


そりゃ、うなされもしますね。

たぶん、僕もうなされてるんだろうな。(笑)
冬物の衣替えが終わるまで、続きます。
みなさん、なるべく早く出してください。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラケット、購入。

昨日、僕の車のタイヤがパンクしました。


その後、仕事をしていまして、長男も帰宅。
仕事が終わって、居間へ行くと、長男が話がある、と。


お父さん、ラケットが、折れた。



いきなり、そんな衝撃的な言葉を投げかけられて、しばし呆然。
卓球のラケットが折れるってどんなのよ?
話を聞くと、ラケットを掃除してるときに、根元からポキっといったらしい。


今朝は、朝一で、タイヤの交換。
結局、古くて交換になりました。
その後、大急ぎで、国立にある多摩スポーツさんで、ラケットの購入を。


昨日は、まさに、なんて日だっ!と言いたくなるような1日でした。(笑)


ラケットを購入したら、今度は次男の映画のお付き合い。
今日は1日大忙しです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンクだっ!

配達から帰ってきまして、荷物を降ろしていた時、気付いてしまいした。


パンクしてる。Σ(゚д゚lll)



なわとなく、走りが悪いなあ、と思っていたんですが、パンクしてたんですね。
すでに、凹んだ状態。
これは、やっちゃったかなあ。







見事な凹み具合。
交換します。








交換、終了っ!(`_´)ゞ



今日はこのあとお店で仕上げがあるので、明日、修理してもらいましょう。
最悪、交換だな。(^^;;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お義母さん、丁寧に洗えば大丈夫ですから。

衣替えのこの時期、いろんなお宅に集配へ出かけます。
いつも伺っているところや、久しぶりにお伺いするところ、本当にたくさんお伺いするんですね。


久しぶりにお伺いするところでは、いろんな話を聞きます。
最近はお客様もお年を召した方が増えたのでお体の話や、お孫さんの話し、お出かけをした話などが多いでしょうか。


先日、当店とのお付き合いが40年以上にもなるお客様のお宅へお伺いしたときのこと。
困ってるのよねえ、とご相談を受けたんです。


娘さんご夫婦と同居されているんですが、自分はクリーニングしたほうが良いと思っているのに、洗ってくださいと頼まれるんだとか。
絶対クリーニングのほうが良いのにねえ、とおっしゃいます。

こういう年代差のギャップ、とても多いんですよ。

若くなればなるほど、クリーニングはもったいないとか、家で洗うほうが良いとか思っている人が多いんです。
反面、年齢が高くなると、クリーニングをするほうが長持ちする、自分で洗うと傷む、と思っている方が多い。
クリーニングのことで、喧嘩にはなりませんが、もやもやすることは多いみたいですよ。


この前も、クリーニングに出したほうがいい、と思う服があったようで、婿さんにクリーニングに出したら?といったんだそうです。
すると、婿さん、お義母さんに、こういったんだとか。


丁寧に手洗いすれば大丈夫ですから、洗ってください。

お義母さん、そうはいってもねえ、私が洗うとどんどん傷んでくるのに・・・・・、と。
困ったなあとおっしゃっていました。

どんなに丁寧に洗っても、水の影響ってあるんです。
服によっては、その水の影響ではっきりと変化をすることもあります。
お義母さんはその変化を知っているんですよね、だから、クリーニングしたほうがいいと思っているわけです。

では、婿さんはクリーニングのことを知らないのか?というと、そうでもないんですよ。
以前、ものすごく汚れた作業着をクリーニングしたことがありまして、あまりにも綺麗になったのでびっくりされたんだとか。
お義母さんも、こういうものだから、毎回クリーニングに出せとは言わないけど、数回に一度は出したほうが良いわよ、といったんだそうです。

でも、本人は、いえ、家でいいです、と。


お義母さん、またもやもやです。
クリーニングって、本当に難しい。
綺麗になるからクリーニングに出すわけではないんですよね。
傷むと思ってるから、クリーニングに出さないわけでもない。


たぶん、家で洗うのが普通だという思い込みなんだと思います。

そんなことないんですよ。
上手に使い分けてもらえばいいんです。
家で洗って十分なもの、クリーニング屋さんに出すほうが良いもの。
必ずありますから。


上手に使い分けると、長持ちするし、気持ちよく着ることができるし、なによりお財布にやさしくなります。
間違ったやり方をしていると、いつもいつも服を買い足したり買い換えたりしなければいけませんからね。
そっちのほうがお財布への負担は大きいです。


分け方が分からないときは、クリーニング屋さんへご相談ください。
きちんと説明をしてくれます。
もし、最寄のクリーニング屋さんが説明をしてくれなかったら、当店へご相談を。
いつでもお待ちしてますよ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング学校。

今から21年前、僕はクリーニング学校へ通っていました。


火曜日から金曜日まで、夕方6時から夜9時までの3時間、飯田橋でクリーニングの勉強をしていたんです。
一年間の勉強。

クリーニング屋さんになるのに、学校に行く必要はありません。
実際、僕が今まであって来たクリーニング屋さんの多くが、クリーニング学校は出ておらず、クリーニング師の試験前の講習などを受けて、クリーニング師の資格を取っています。

じゃあ、クリーニング学校の意味はないじゃない、と思うかもしれませんが、やはり一年みっちり勉強をした意味は大きくて、クリーニング屋さんといえでも知識に差があるのはこういうところなんだな、と思うことが今まで何度もありました。


洗剤の知識、繊維の知識、衛生学、アイロンの実技、これらを一年を通してやることで、場当たり的な洗濯からプロのクリーニングへ、技術が昇華して行くんです。
一年掛けてクリーニング学校へ行く意味は、こういう所にあります。

この春から、うちの奥さんがクリーニング学校へ通うようになりました。
資格だけなら、勉強すれば取れますが、自分の意思で一年掛けてじっくりと勉強をしようと思ったらしい。
二十歳そこそこならいざ知らず、体力的にも時間的にも大変なのに、挑戦しようと決意したらしいです。


クリーニング屋さんも千差万別。
たとえば、ただ機械に通していくだけなら、資格も要らないし、勉強もいらない。
機械に服を掛けることをひたすら練習すればいいんですね。

他のクリーニング屋さんなら、それでもいいのかもしれません。

でも、うちではそれはダメなんです。


当店の仕事、目指しているものは、一つ一つの仕事にクリーニング師の目が行き届いていないと。
そうでないと、求める品質にはなりません。


同じ仕事、同じ機械を使っても、きちんと意味を持ってやっているのでは結果が違いますからね。
勉強するってそういうものなんです。


これから一年掛けて、勉強をがんばってもらいます。
僕らも、サポートします。
学校で得られる知識に、現場の知識を足して、いいクリーニング師になってもらわないと。

みなさん、応援よろしくお願いいたします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングする大人感。

先日、面白いブログを発見しました。


芸人さんの江戸むらさきさんの磯山さんのブログ、飛べないボールはただのボール


ここに、クリーニングの話が出ていたんですね。


あるものをクリーニングに出したそうなんですが、出だしが気に入りました。


クリーニングに出すという大人感。

なるほど、確かに大人感ですね。(笑)
自分で洗えるものをクリーニングに出すという、まさに大人な感じ。
さすが芸人さんだなあ、と読んでいたんですが、洗ったのはなんとキャップ。
どう洗っていいのか分からなかったのでクリーニングに出した、との事。


どきどきしながらクリーニング屋さんへ行って、いろんなうわさを聞いて、クリーニングって何でも出来るんだな、と驚いたようです。


もしかすると、今まで読んだクリーニングをご利用した話の中で、一番面白かったかもしれない。(笑)
的を得ていると思うんですよね、どきどき感とか知らなかったこととか。


ぜひ、読んでみてください。


江戸むらさき 磯山オフィシャルブログ 飛べないボールはただのボール
クリーニングに出してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日ケーキ。

クリーニング屋さんは春は忙しいんです。


花見なんて昔はしたことなかったし、ゴールデンウイークなんてまともに休めたことはありませんでした。


ここ数年はそんな事もなく、普通の人と同じように春のイベントが出来るようになりました。


今日、嫁さんの誕生日でして。
つい今しがた、多摩市の聖蹟桜ケ丘にある、ルププランさんでケーキを購入。
立派にお勤めを済ませたところです。







いつも迷惑かけてますし、今年は一年頑張る年らしいので、ケーキとパウンドケーキを購入。
気に入ってもらえるでしょうか?


本当に、クリーニング屋さんも変わったよなあ。
この時期に、誕生日ケーキを買いに行けるなんて。
実はそこにもびっくりしてます。(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事で大事なのは・・・・・。

僕がクリーニングの仕事について、何を学べばいいか?考えたことがあります。
クリーニングって、仕事内容が多岐にわたるんですよね。
また、個人店なので、仕事だけでなく、お店の方向性や宣伝など考えることややることは一杯。
今まで、やってきた方向性も視野に入れて考えなければいけないので、自由なようで自由ではないんです。


クリーニングといっても、いろいろありますよね。

いわゆるチェーン店のような仕事ですと、いかに大量に品物をさばくか、これが重要になってきます。
同じクリーニングでも、量を捌くとなるとまた別の技術が必要で、迅速に、間違わずに、洗い仕上げてお届けするためには、管理の技術も問われるわけです。

また、職人系の仕事になると、洗いの技術、仕上げの技術、染み抜きの技術などなど、全般的に必要になります。
また、チェーン店では対応できないような品物も集まってくるので、それに対応するだけの知識も必要。


そうそう、知識はとても大事だと思っていました。
クリーニング学校に通っているときに、とにかく知識を詰め込んでおかないとダメだな、と猛勉強をしてましたね。
おかげさまで、クリーニング学校は優秀な成績を収められたので、よかったんですが、家で仕事をしていて、知識だけではダメなんだな、と思うようになったんです。

チェーン店でも、うちのような個人店でも、クリーニング屋さんで大事なこと。
それは、見立てです。


見立てが一番大事なんですよ。


見立て・・・・・、汚れ具合とか、どのくらいの着用がされているかとか、洗ったことがあるかとか。
ある程度どのくらいまで綺麗になるか?の見立ても大事。
品物の価値を見抜く目も大事ですね。


そして、その服の元の形を見抜く目が一番大事。

結局、これが一番大事だと思ったんですよね。

で、この見立てから、綺麗にするべく、元の風合いに戻すべく、知識や技術を使いながらクリーニングをしていくわけです。
逆に言うと、この見立てが間違っていると、知識や技術があっても、綺麗にならなかったり風合いよくあがらなかったりします。


最初はね、技術でしょ、知識でしょ、と思っていたわけです。
でも、仕事をしているうちに、はたと気付いたんですね。


最初に見抜けなければ、知識も技術もへったくれもない、と。

前にも書いたことがありますが、うちのお店の中で、必ずやるのが品物の情報の交換です。
気になる商品があると、必ずその場で会議がおこなわれます。
仕事をしていても中断(笑)、集合がかかり、品物の見立てを各々話し始めるんです。


これがこの服の大事なところだから、ここを中心にして洗ったほうが良い。


とか。

いや、ここは耐久性があるから十分洗えるレベル、普通に洗える。


とか。

各々の見解をそこで話し合い共有します。
うちでは、これを繰り返すことで、仕事している人間が共通した見解を持てるようにしているんです。


ですから、うちの場合、誰がお店で受付をしていても、同じ説明になるわけですね。
重要なポイントはみんな分かっていますから。

見立てには知識が必要なんです。
でも、見立ては知識よりも前に来ます。


なぜか?

クリーニングの本や繊維素材の本にはないようなものが出てくるから、なんですよ。
本や情報として回ってくるのは、実は少し遅れてやってきます。


新製品が出回って、どこかのクリーニング屋さんでトラブルが起きて、それの原因つが解明されて晴れて僕らのところへ情報として回ってきます。

それでは遅いんですね。
だって、もしかしたら、初めてが僕のところかもしれないじゃないですか。


よく知っている繊維でも、降り方や作り方でまったく違う性状を示すことはよくあります。
だから、見立てが大事なんですよ。


はじめてみるものでも、感じ取る力が。


これ、危ないぞ、と感じることが大事なわけです。
感じることが出来るから、安全なやり方でクリーニングも出来るわけで、お客様の元へいつもどおりにお届けできるわけですね・

見立て・・・・、どこの職業でも同じかもしれませんね。
その仕事に精通すればするほど、こだわればこだわるほど、見立てが大事なのかもしれません。


見立ての勉強は、ずっと続きますしね。
これで終わり、ということはありませんから。
常に勉強の毎日です。


寒の戻りでまだ寒いですが、それでも衣替えはどんどん進んでいきます。
今年も、新しい冬物が集まってきていますね。
一つ一つ、丁寧に見立てをして、クリーニングしていきたいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市場調査。

昨夜、といっても日付が変わってからですが、とある事情から朝まで出かけておりました。
さすがに、この年になってくると、なんちゃって徹夜だとしても体はつらくて。(笑)
今日、立てていた予定をキャンセルしてお昼過ぎまで横になっていたんです。


午後、時間が空いたので、ぶらっと出かけることにしました。

僕、時間があるときには、なるべくいろんなお店に行くようにしているんです。
クリーニング屋さんを見に行くんではなく、配達などでお近くを通ったときに気になっていたお店とかなんですよ。
あるときはパン屋さんだったり、ケーキ屋さんだったり、文房具店だったり。

今日は、多摩のスーパーをめぐってきたんです。
ある人はこれを市場調査といいます。(笑)

最近は男の人もスーパーに行く人が増えましたね。
今日も、男の人が結構いらっしゃいました。
また、年配の方もたくさん。


三軒回ったんですけどね、一見は聖ヶ丘にある24時間営業のスーパー。
たくさんのお客様がいらしてましたねえ。
品揃えも、豊富で、これで24時間なら何かのときに重宝しそう。
中河原は西友が24時間営業をしていますからそれでも十分なんですが、多摩のほうへ行って帰りが遅いときなどは使えるような気がします。


その後、永山周辺のスーパーへ。


野菜や果物、お肉や魚などを一通り見て回ります。
どんなものを仕入れているか?で、そのお店の特徴が分かるんです。
僕がスーパーを見て回るときに、必ず探すものが二つあります。


ひとつは、ピーナッツクリーム。
もうひとつは、うどんのだし。


とあるメーカーのこの二つがおいてあるか?確認するんです。(笑)
今までいろんなお店を見てきたんですが、この二つが置いてあるお店は商品にこだわりがあるんですよ。

お惣菜に力を入れるお店、とにかく安さを売りにするお店、商品の新鮮さを売るお店、いろいろですね。
自分たちの業種でないから、見えてくるものもありますし。
素直になれるんですね、お客さんとして。
クリーニング屋さんを見ると、どうしても突っ込んでしまうので、ダメなんです・・・・・。

クリーニング屋さんを見学するときは、なるべく同業の仲間と一緒のときにしています。(笑)

午後から夕方まで、ぶらっと出かけてきました。
最後に、尾よ?こんなところにケーキ屋さんが?というお店を発見。
ためしにいくつか買ってきてみました。
家族には好評。
また、ここでご紹介できると思います。


市場調査は大事ですね。
時間があるときはなるべく外に出ようっと。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れに差はありません。

急に寒くなってきてます。


先週までの暖かさがどこへやら、まだ冬に逆戻りしてしまったかのような気温にびっくりしています。
暖かくなったから、冬物はクリーニングへと全部出してしまった人は今週は困ってしまったんじゃないでしょうか。
実際、今日も配達へ出ると、一度洗ったものを引っ張り出してきてました、というお客様がちらほら。
この陽気ですからね、仕方がないと思います。


この寒さでもやはり4月、もうクリーニングに出したいんですよね。

目の前にコートなどがあるのが嫌らしく、クリーニングを取りに来て、というご依頼があるんです。
お伺いすると、そこでどれを出そうか?ご相談を受けます。


まだ寒い日があると困るから、と一枚だけ冬物を取っておきたいんですが、皆さんどれを残そうか?迷うんです。

コート、ダウン、ジャンパー、ストール、どれを残せば良い?

確かに悩みますよねえ。
どれを残しても良いと思うんですが、ひとつだけ言える事があります。

それは、汚れているものに差はありません、ということ。

一シーズン、着てきた服ですから、どれもそれなりに汚れている。
一番汚れてなさそうな服を選んで・・・・という気持ちは分からなくはないですが、残念ながらどれも同じように汚れているものです。
そこで優劣をつけて、洗うものと残すものを決めても、ここまで来てしまうとあまり意味のあるものではありません。


万が一のために残しておくものですからね、すぐクリーニングに出すことになるんですから。

一時的に気温が下がったときなどのために残してある、ということは、気温が安定したら必要なくなる、ということ。
もう4月の中旬に入りました、あっという間にゴールデンウィークに突入します。
そうしたら・・・・・気温なんてあっという間に安定し始めます。

この時期の数週間の違いなんて、差にならないほどの誤差でしかないんです。
それよりも、自分がよく使うシーンを思い浮かべて、それにあわせて一枚残すほうが余程使い勝手の良い一枚を選べると思います。

どれもこれも、汚れていますから。
汚れは一緒、差はありません。

使いやすい一枚を残しておくようにしてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖師ケ谷大蔵 オレンジカウンティ

すべての甘党に捧げます。(笑)








今、毎週金曜日に、祖師ケ谷大蔵まで配達に行ってます。
調布、三鷹からビューんと祖師ケ谷大蔵まで。


先日、面白いお店を見つけたんです。



オレンジカウンティ



クレープ屋さんなんですね。
店内でも食べれますが、テイクアウトもできます。


今回頼んだのが、チョコバナナ生クリームカスタードの1ギガ盛り。


てんこ盛りなんですよ。
最大、3ギガでありまして、高さが20センチにもなるとか。



春休みに子供を配達に連れてきて、食べさせたんです。
あまりにも美味しくて、今日は一人で配達に出てますが、途中でテイクアウトして来ました。



甘党の人、ここは行かないとダメですよ。(笑)
オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配型のクリーニングトラブルについて。

ここ一月ほど、いろんなところでニュースとして見かけることがありました。


宅配便を使ったクリーニングのトラブルが多発している、との話。

つい先日は日経にも出ていましたっけ。
各地方自治体の消費者センターからも注意喚起が出ているようです。


一昨年あたりから急速に出てきた、宅配便を利用したクリーニング。
家にいながらクリーニングに出せて、保管までしてくれて、なおかつ安い。
あまりにも便利で、安くて、皆さん心が揺れた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
当店のお客様からも、あれってどうなの?ときかれることが結構ありましたしね。

今回、注意情報が出回っていて、見ていると宅配便を利用したクリーニングの問題なのかな?というのが僕の率直な感想なんです。
というのも、問題とされているものが、宅配便を利用しているから起こったというものではなく、今までも通常のクリーニングで起こりえるトラブルだな、というものが多かったんです。


対面で、お互い商品を確認しながらクリーニングに出しましょう、と締めくくってあるのですが、それでもトラブルってあります。
よくあるのが、ドレスかワンピースか、という問題。


お客様はワンピースのつもりでも、クリーニング屋さんではドレス扱いだったり。

yシャツとオープンシャツも、料金がぜんぜん違い、お店によって分け方が違うのでお客様には分かりづらく何で???となることがよくあります。


これらは対面でも、今まで起こっていたトラブルなんですよね。
別に宅配便のクリーニング特有の問題ではないんです。


たぶん、利用者がぐっと増えたので、トラブルが表面に出てきたんだろうと思います。
また、もうひとつ、気になることがあります。


これはネットでのクリーニングだからこその問題だと思うんですが、クリーニングの評価が明らかにおかしいケースがあるんですね。

某ネット通販ショップでは、利用者が評価するシステムがあります。


クリーニングで検索をすると、宅配型のクリーニングがたくさん出てくるんです。
そこの、評価を見ていると、おかしなことに気付くんですよ。

ほとんどの人が、クリーニングの仕上がりについて話してないんです。
皆さん、話しているのは、つめ放題の袋の大きさについてだったり、送ってくるときの梱包の仕方についてだったり。

クリーニング本来の、綺麗になっているか?という評価を見かけることがほとんどありません。


でも、評価はものすごくたくさんついていて、みんなが最高の評価をしている。
これ、ある意味異常なんですよね。
他の商品を検索してみても、どんなに評判のいい商品でも、みんながみんな最高の評価はしていないんです。
なのに、クリーニングの特定の業者は、何であんなに評価されているの?という疑問が残ります・・・。


クリーニングは普通の店頭型でもネット型でも、中での作業はまったく見えません。
ネットのほうは写真などを使って、綺麗に見せていますが、実際そういう工場でやっているか?分かりませんよね。
写真はいくらでも持ってこれますから・・・。


同じクリーニングなんです、でも、中身はぜんぜん違うんですよ。
本当はこういうところを評価に書いて欲しいんですね。
袋の大きさや梱包の仕方ではなく。

僕の友達がやっているネットの宅配便を利用したクリーニングでは、品物が届くと全部検品をして、お客様に電話を掛けて確認をするそうです。
つめ放題で、たくさん入ってくるそうですが、お客様に不安を取り除くために、全部確認をしていると。
そして、お客様と確認が取れてからクリーニングをするといっていました。


こういうクリーニング屋さんもあるかと思うと、何にも連絡が来ないで、ある日突然品物が送られてきた、料金も最初と違った、なんていうことがあります。

本当に、クリーニング屋さんは千差万別。

ネットでも、リアルな店舗でも、この違いはどこでもありえます。

今回のニュースに違和感を覚えるのは、やたらめったらネットのクリーニングを悪いような印象で語るところです。
問題はそこではありませんよね。


今回のところで、もし、何か出来ることがあるとするなら、利用された方が、品質について書き込んであげるのがいいと思うんですね。

洗い上がりのよさや、対応のよさ、本当に利用した人だからこそ分かることを書いてあげるといいと思います。
もし、悪いところがあったとしても、きちんとしているところなら底を修正してきます。
どんどん利用しやすいサービスに変わっていくでしょう。


クリーニングについて書かれているブログには、最近特に怪しいものが潜んでいます。
これ、もしかして広告じゃないの?と思うようなものがちらほら・・・・。

それも宣伝のひとつといってしまえばそれまでですが、利用者が健全に利用できるように、本当にご利用いただいたお客様が、情報を発信していくのが一番いいと思います。


じゃないとね、本当に便利でいいクリーニングが合っても、今回のニュースでだめになるかもしれませんから。

悪化は良貨を駆逐する、といいますが、ごく少数の変なクリーニング屋さんのせいで、消費者の皆さんに不安が広がり、利用をためらうようになってしまっては、お互い良い事はないと思うんです。

闇雲に不安にならないように。

本当に利用したお客様が、ぜひ情報を発信してくださると良いと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見てもらえますか?

洗っていいのか?洗ってよくないのか?見てもらいたいことってありますよね。

僕、よくお客様に呼ばれるんです。
来てもらっていいですか?と呼ばれるので、お伺いすると、品物があります。
お話を伺うと、出先で汚してしまった、と。
なんとかなるか?見てもらってもいいですか?との事。


ダメならあきらめるし、綺麗になるならお願いしたいし。
でも、その判断を、お客様がするってかなり難しいと思うんですね。
そこで、僕の出番、というわけです。(笑)


また、お電話をいただいて、見てもらっていいですか?というお問い合わせもよく戴きます。


お電話の場合は、大抵トラブルの臭いがしてみたり・・・・・。
洗ってみたらおかしくなってしまったとか、他店で洗ったんだけど、これでいいのか見てもらいたい、とか。


こういうケースって、きっと悪いうわさに翻弄されているからなんだろうなあと思うんですね。
皆さん、スマホを持っていますし、パソコンも使うし、情報の入手は僕らよりも早かったりします。
何か疑問に思ったら、さっと調べると思うんですね。

かく言う僕もそうですし。
気になったら、その場でさっと調べます。


でも、調べてると、気付くことがあるんですよ。
ネットの情報って、いい情報よりも、注意喚起のほうが多いのかなって。

こういうことがあるので気をつけましょう、こんなことがあります!みたいな、ね。


悪いものにあたらないように、とか、いいものに出会えるようにとかいう思いで書いてあるのかもしれませんが、こういうものがいいものだ、というよりは、こういう危険があるので注意、というほうが多い気がします。
また、そういう情報のほうが拡散しやすいんですよ。


クリーニングもね、こういうのに注意、というのはよく見かけますが、こういうクリーニングがいいよ!というのはいまだかつて僕は見たことがありません。


そういう情報に触れていたら、ちょっとした変化にも、神経質になってしまいます。


もし、不安に思ったら、僕らクリーニング屋さんに相談して欲しいんです。

一番いいのはご利用いただいたお店です。
でも、言いづらいな、と思ったら、他のお店へ行って相談してみてください。
いくところがないなら、僕のところへ。


第三者的な立場で、プロの目で、ご説明します。


おかしいのか?おかしくないのか?
こういうものなのか。

分かりませんよね?
自分でも気付かない理由から、そうなっているということもあるんです。
でも、相談も出来ずに自分で判断すると、クリーニングしたのでこうなった、と間違った方向へ誤解をしてしまうことも多々あります。


本当にクリーニングに問題があるならいいんですが、もし誤解だったら、その後の衣類のメンテナンスに影響を及ぼすこともあるかもしれません。


怖くて洗えなくなるとか、ね。

それはとても残念な話。


僕らに、相談してくれることは、やぶさかではないんです。
どんどん遠慮なく相談して欲しい。

自分がクリーニングしたわけでもないのに?
何の徳があって?

そういう人も中には居ますね。
でも、僕らには自分のお店の利益だけでなく、お客様の衣生活を守るという社会的使命があります。
お客様のご相談を受けるというのは、大事な仕事なんですよ。


今の時期、洗おうか洗うのやめようか、迷っている方がたくさんいると思います。
遠慮なく、お問い合わせください。
お待ちしてますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

服を傷めたくないなら、もっと着数を持とう!

クリーニングすると、服が傷む、と思っている方がいらっしゃいます。
だから、なるべく洗わないようにしている、そんな方もいらっしゃいます。

服も物ですから、当たり前の話ですが、着用しているとダメージを受けますね。
もし、ぜんぜん傷まない服というものがあったとしたら、体がおかしくなります。
皮膚に擦れの怪我を負うでしょうね。
皮膚の弱い方などは着ているだけで、まっかっかになるでしょう。


強い弱いの差はありますが、だんだんと劣化していくのは間違いがないんです。


でも、これを出来る限り遅くさせる方法は存在します。


ひとつは、連続して着用しないこと。

連続して着用すると、休む時間がなくなるので、どんどん痛んでいきます。
そして、汚れ具合もひどくなっていきますよね。

もうひとつ、汚れたまま着用しないこと。
汚れがついたまま着用し続けると、どんどんダメージを負うんです。
髪の毛を思い出してください。
一日頭を洗わないと、脂っこい気がしませんか?
翌日頭を洗ったときの気持ちよさ、軽さといったら、はっきりと体感できるほどです。
髪の毛も服の繊維も同じなので、服の上では同じことが怒っているということになります。
髪の毛ほど露骨ではありませんが、汚れがついていくと、洗ってない髪のように重くなっていくんですね。


服の着数を増やすのが一番なんですね。


一着や二着で、着まわしていては、どんどん服が傷んでいきます。
もう少し着数を持って、休ませてきていくと、洗っても傷まなくなっていきます。


上に書いたもの全部が、着数を持つことで解決するんですよ。

服を休ませることが出来る。
洗う時間が取れるので、汚れたまま着ることがなくなる。
ある程度の着数を持っていると、洗う回数や着る回数がぐっと減り、長持ちする。

僕、自分でテストをしています。


連続着用した場合と、数着を着まわした場合と。
すると、圧倒的に、連続着用をしたケースのほうが傷みやすいし、すぐ黄ばんでくる。
数着を着まわしていると、きていられる年数がぐっと延びるんです。


これ、本当の話。

普段着をいくつも買うように、外に行くように、仕事用に、きている服ももう少し着数を増やしてみてください。
年間の、衣服代がびっくりするほど変わりますよ。
お試しあれ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替えの時期に修理もしてしまいましょう。

品物が集まってきました。


まだ本格的な衣替えに突入とはいえないんですが、やはり暖かい陽気が続くと冬物がどかっと集まってきます。
また、この時期になると、新社会人の子もやってきますね。

今日は僕らからの提案なのですが、衣替えのこの時期に、傷んでいる服をクリーニングと同時に修理をしませんか?というご提案。
みなさん、一冬着続けて、オーバーやコート、冬物のスーツがどれくらいいたんでいるか?ご存知でしょうか?
意外と気付いていない方が多いんですよね。


たとえば、ほつれ。
どこかに引っ掛けたりして、糸がほつれたりしていませんか?


ファスナーが壊れている。
ごまかしごまかし使っていて、気がついたら春が来てた、そんな人もいると思います。


擦れによる穴。
ズボンの裾など、巣伝切れてしまっているところとかはありませんか?

これら、着用している最中は、どうしても修理する時間がなくて放置しがちなんです。
冬物を洗うこの時期がねらい目なんですよ、修理の。


洗うんですから、そのまま修理をして、次のシーズンに備えませんか?


クリーニング屋さんは、修理を請け負うところが多いんです。
当店でも、修理を承っております。

丈詰めからウェストだし、ウェスト詰め、穴の修理、ファスナーの交換。


簡易的なものからきちんとした修理まで、幅広くお預かりしています。
きちんと直して欲しいという要望がある反面、ちょっと修理してあれば十分だよ、という声が多くあるのも事実。


ファスナー交換なんかも、以前なら全交換で時間もかかるし費用もかなりかかっていました。
それが、今はファスナーのスライダー部分だけの交換というものが出来ろようになりまして、費用も1000円未満でできるようになりました。
お時間も全交換に比べて圧倒的に早い。
翌日にはお渡しできちゃうんです。


衣類についているファスナー、かばんについているファスナー、シーツについているファスナー、どれでも出来ます。
一度、ご相談くださいね。


場所によりますが、実は修理をする前にクリーニングが必要なケースがあるんです。
一度クリーニングをして、伸びたところ詰まったところを適正に戻してからでないと、適正な修理が出来ないことがあります。


だから、クリーニングに出すこの時期に、修理が一番適しているんですね。


ぜひ、この時期に、クリーニングと修理、お任せください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆走注意と桜。

恒例の水汲みに来ています。



やはり山梨は東京に比べて、若干気温が低い。
今朝は、ものすごい濃霧で、富士山が全く見えませんでした。


代わりに、きれいな桜がちらほらと。



東京では、若干終わりが見え始めていますが、こちらは満開。
きれいな桜色です。


きれいな桜ともう一つ気になったものがありました。


先日の群馬でも見かけたんですが、高速入り口で、逆走を見かけたら連絡を、という表示。


ニュースなどで逆走がある、と見てましたが、どうやら事は深刻なようです。
ここまで表示されてるということは頻繁にあるということなんでしょうね。


分かりづらい道路も確かにあります。
気をつけないといけませんね。



ただいま、談合坂で朝食。
ここもメニューが変わりました。
ご飯食べたら気をつけて帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の節約は?

最近、面白いアンケートをよく見かけます。(笑)


人に言えない節約は?

というアンケート。
いろんなものが出ているんですね。

一番多かったのが、街頭で配っているティッシュをもらいまくって節約、というもの。


僕はくるまで配達をしているので、ティッシュをもらうことがほとんどありません。
ちょっとだけいいなあと思ってしまいます。(笑)


他にも、無料でもらえるものをうまく使って節約、というのが結構多いんですね。
スーパーやコンビニで割り箸を大目にもらってくるとか、ビニールの袋を再利用しているとか。


番外編で、クリーニングに出さないで自分でスーツやドレスなどを洗濯しています、というのがありました。
意外といけるんですよ、というコメントが。


スーツやドレスを自分で洗う、節約術はあまりお勧めしませんねえ。
理由は簡単、今までの節約術は人に見られることなく、自宅でこっそりとやるもの。
そこには見えも何もないわけですね、使えればいいというケースがほとんどだと思うんです。

片やスーツやドレスというのは、人に会うときに着ていくことが多いもの。
そこで、変な節約でおかしな風になってしまったら、取り返しがつかなくなることもありえます。


お金で解決することは簡単ですが、人の印象やイメージなどはお金では買えませんから・・・・・。
身だしなみがその後、その人との付き合いを決めてしまうこともあるんですよ。

こういう節約術で、クリーニングに関して怖いなあと思うのは、これで十分!となってしまうところなんですね。

本当ならおかしいんです、でも、自分でやったのならこれで十分、とハードルが下がっていき、結果的に人から見て不思議なものが出来上がってしまうことはよくあります。


どうせ着ていれば、シワがつくんだから、洗ったままでも多少シワがついていても平気平気・・・・・・。

ぜんぜん平気じゃないですから。

周りは絶対気付いています、しわくちゃだって。
ちょっと節約したつもりが、逆に大損するパターンですよね。

スーツも、洗えるように作られているものは、洗っても形が崩れにくくなっているので大丈夫なんです。
洗えるように作ってないものをやってしまうと大変。


ネットで、簡単に出来ました、意外とでいけますよ?なんていうコメントを信じてやっちゃう人が出てくると困るので、クリーニング師としてやめておいてください、と一言申し上げます。

本当に節約をしたいなら、大事な服やめったに着ない服こそ、着たらクリーニングして仕舞う事。


一見、クリーニング代がかさむように思えますが、きちんと洗ってしまっていることで次ぎもまた着ることができ、イベントがあるたびに新しい服を買い換える必要がなくなります。


結果的に、これが一番の節約になるんですよ。


服を大事にしましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗える、洗えない、の基準がだんだん難しくなってきてます。

先日、某洗濯機メーカーさんのHPにて、どの衣類がおうちクリーニングできるのか?というような基準を載せているサイトを見ました。


ドライマークが洗える洗剤、ドライマークコースがある洗濯機、これらが出てきて家庭でもどんどん洗う人が増えていっているんですが、同時におうちクリーニングでの事故も起きているので、見分け方を載せてくれたんでしょうね。

以前は、割と簡単に分けていたんですよ。

ドライマークがついていて、なおかつ、水洗いもしくは手洗い表示がついている衣類なら、ドライコースで洗えたんです。


肝は、水洗いもしくは手洗い表示というところで、要は水で洗えるという表示がないものは、おうちクリーニングしないでください、ということだったんですね。

ところは、今回のメーカーさんはそこから一歩踏み込んでいました。
水洗いが出来ないと書いてあっても、出来るものがある、と。
で、その見分け方が書いてあるんですね。
チャート式になっているんですが、それを選んでいくと、洗えるものが分かる、というもの。
早速、見てみたんですよ。


100%物は分かりやすい、でも、特殊な素材が入るととたんに洗えなくなる、なるほどきちんとつぼを心得ています。
また、装飾品や、生地のざっくり感や目の細かさなど、消費者でも分かりやすいような表現でよくまとめられている。
これなら、水洗いできないと表示されているものの中でも、きちんと洗えるものを分けられるかなあ、と思っていたら、うーん、やっぱりちょっと厳しかったです。


でも、ここはもうしょうがないのかもしれない。
僕らクリーニング師でも、ある種の勘のようなもの、経験則だったりするんですね。
それを、明確に文章にしろといわれても、難しいものがあります。


強いて言うなら、危険なにおいがする。

ということなんですよ。
どうしてそんな衣類があるのか?

これは生地の技術の進歩が絡んでるんですね。
今までなら、何の問題もなく洗えていた生地が、技術の進歩により、思いもしない事故が起こりやすくなっていたりします。
最近多いのが、ポリエステルの事故。


ポリエステルは丈夫だから水洗いも平気、という人がいます。
今まではこれは正しかったんです。
それが、技術の進歩で、繊維がものすごく細くなり、今までの常識と違う問題が起こるようになりました。


それが、ポリエステルを洗うと、細かいしわができて、洗っても取れない、という問題。

これ、かなり多いんですよ。
僕らがアイロンを掛けても、元に戻らないものもありました。
そうすると、洗う段階で水は避けなければいけない。
ポリエステルだからと、水で洗えるとはいえないんですね。

お客様がご自分で判断したものは自己責任出るから、仕方がないと思うんです。
でも、洗濯機メーカーが教えたとなると話は別。

やはり、水洗い×の表示は、無理させないほうがいいんじゃないのかなあと思います。

新しく絵表示が改正されることになっています。
改正されると、このような問題は一切なくなります。
製品での洗浄テストを必ずするようになるので、表示どおりに洗っていれば問題がありません。
早く新しい洗濯表示に変わってくれると、消費者の皆さんには分かりやすくなると思うんですけどね。


もうしばらく、我慢してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交換、終了。(^-^)/






群馬に来ています。Σ(゚д゚lll)



昨日、仕事をなんとか終わらせまして、朝一で群馬へ。
田舎への用事と、夏用タイヤへの交換をしにやってきました。


で、どうやら、今日の僕はついてないみたい。


寄ったお店が全滅。
商品がなかったり、休みだったり。


タイヤ交換は終わりましたけど。
これから、もう少し、用事を済ませてからお店に戻ります。

何時頃、帰れるだろうか。


今年は、どこにいっても桜が綺麗です。
群馬も、山を彩る桜がたくさん。
仕事がありますからねえ、帰らないといけませんが、のんびりできるなら花を見ながらゆったりとしたいところ。


さて、次へ移動します。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでもパリッとしてるなあ。

友達とあうと、いつも思っていることがあるんです。


いつも、シャツをパリッと着ているなあ。


見とれちゃうんですね、いつも。
きっと本人は、僕がそう思っているなんて気付いていないと思います。
いや、もしかすると、僕がじろじろ見ているのを内心嫌がっているかもしれない。(笑)


その人、クリーニング屋さんなんですよね。(笑)

勉強会やイベントで一緒になるんですが、いつもYシャツがパリッとしている。
硬いというのではなく、張りがあって、かっこいいんですね。


アイロンがかかったYシャツのかっこよさ、きれいさ、ご存知でしょうか?_
本当に見とれちゃうんですよ、気持ちよさそうだなあって。
見ていて分かるんです。


僕はクリーニング師ですから、余計見とれちゃうんでしょうけど、それにしてもいつもちゃんとしているなあと感心します。

クリーニング屋さんにも二種類いましてね。

出かけるときに、きちんとアイロンを掛けた服を着ていく人と、洗いざらしをだらっと着ていく人といます。
昔は、年に一度の大展示会でも、Tシャツにサンダルなんていう人が結構いましたが、今はスーツがほとんど。
しかも集まっているのがクリーニング屋さんですからね、手を抜けません。(笑)


さらに、展示会の運営に携わっているクリーニング屋さんたちは、白のブレザーなんですね。
これ、どういう意味か分かりますか?

プロなら、白を白く保て!

という意味なんだそうです。
どんなに着ても、きちんと汚れを落として、いつも白い状態をキープできるのがプロだ、ということのようです。

よく勘違いされている方がいらっしゃいますが、いいスーツをおしゃれに着ることがいいわけではないんですね。
身だしなみを整えて、着ることが大事だと思うんです。


きちんとクリーニングし、アイロンを掛けてある服を着ると、清潔感が漂います。
周りにいる人も、気持ちいいでしょう。

新品の服でも、似たような雰囲気を作りますが、いつもというわけにはいかない。


日ごろのメンテナンスが、周りへいい印象を与える事につながるんだと思います。

僕も出かけるときには、アイロンを掛けて。
いつも着ているシャツも、これだけでよく見えちゃうから不思議です。


もしかすると、クリーニングって一番手を抜いちゃいけないんじゃないのかなあ、と思いますね。
怠けて、洗わないでおくと、よくないんでしょうね。

みなさん、洗いましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »