« 交換、終了。(^-^)/ | トップページ | 本当の節約は? »

洗える、洗えない、の基準がだんだん難しくなってきてます。

先日、某洗濯機メーカーさんのHPにて、どの衣類がおうちクリーニングできるのか?というような基準を載せているサイトを見ました。


ドライマークが洗える洗剤、ドライマークコースがある洗濯機、これらが出てきて家庭でもどんどん洗う人が増えていっているんですが、同時におうちクリーニングでの事故も起きているので、見分け方を載せてくれたんでしょうね。

以前は、割と簡単に分けていたんですよ。

ドライマークがついていて、なおかつ、水洗いもしくは手洗い表示がついている衣類なら、ドライコースで洗えたんです。


肝は、水洗いもしくは手洗い表示というところで、要は水で洗えるという表示がないものは、おうちクリーニングしないでください、ということだったんですね。

ところは、今回のメーカーさんはそこから一歩踏み込んでいました。
水洗いが出来ないと書いてあっても、出来るものがある、と。
で、その見分け方が書いてあるんですね。
チャート式になっているんですが、それを選んでいくと、洗えるものが分かる、というもの。
早速、見てみたんですよ。


100%物は分かりやすい、でも、特殊な素材が入るととたんに洗えなくなる、なるほどきちんとつぼを心得ています。
また、装飾品や、生地のざっくり感や目の細かさなど、消費者でも分かりやすいような表現でよくまとめられている。
これなら、水洗いできないと表示されているものの中でも、きちんと洗えるものを分けられるかなあ、と思っていたら、うーん、やっぱりちょっと厳しかったです。


でも、ここはもうしょうがないのかもしれない。
僕らクリーニング師でも、ある種の勘のようなもの、経験則だったりするんですね。
それを、明確に文章にしろといわれても、難しいものがあります。


強いて言うなら、危険なにおいがする。

ということなんですよ。
どうしてそんな衣類があるのか?

これは生地の技術の進歩が絡んでるんですね。
今までなら、何の問題もなく洗えていた生地が、技術の進歩により、思いもしない事故が起こりやすくなっていたりします。
最近多いのが、ポリエステルの事故。


ポリエステルは丈夫だから水洗いも平気、という人がいます。
今まではこれは正しかったんです。
それが、技術の進歩で、繊維がものすごく細くなり、今までの常識と違う問題が起こるようになりました。


それが、ポリエステルを洗うと、細かいしわができて、洗っても取れない、という問題。

これ、かなり多いんですよ。
僕らがアイロンを掛けても、元に戻らないものもありました。
そうすると、洗う段階で水は避けなければいけない。
ポリエステルだからと、水で洗えるとはいえないんですね。

お客様がご自分で判断したものは自己責任出るから、仕方がないと思うんです。
でも、洗濯機メーカーが教えたとなると話は別。

やはり、水洗い×の表示は、無理させないほうがいいんじゃないのかなあと思います。

新しく絵表示が改正されることになっています。
改正されると、このような問題は一切なくなります。
製品での洗浄テストを必ずするようになるので、表示どおりに洗っていれば問題がありません。
早く新しい洗濯表示に変わってくれると、消費者の皆さんには分かりやすくなると思うんですけどね。


もうしばらく、我慢してください。

|

« 交換、終了。(^-^)/ | トップページ | 本当の節約は? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗える、洗えない、の基準がだんだん難しくなってきてます。:

« 交換、終了。(^-^)/ | トップページ | 本当の節約は? »