« 集配と雨。 | トップページ | 関東地方の方は、冬物をクリーニングに出しちゃっていいみたいですよ。 »

服を長持ちさせるには?

最近、新規のお客様からのご依頼が増えています。

春ということもありますが、原因はクリーニング屋さんがやめていってるんですよね。
そこで、新しいクリーニング屋さんをお探しの方がかなりいらっしゃるんです。
ここ最近、特に多いのが、手仕上げをご希望のお客様。


今までご利用してきたクリーニング屋さんが、手仕上げだったとかで、機械仕上げを嫌ってて仕上げのクリーニング屋さんを探している方が結構いらっしゃいます。
これがまた、手仕上げはほとんど見かけなくなりましたので、皆さん苦労されているようです。


手仕上げ信仰ともいえるほど、手仕上げに心酔なさっている方が多いんですが、今は機械仕上げも十分よくなっているんです。
全部手仕上げが無いように、全部機械仕上げというのもまた無くて・・・。
上手に機械をハンドアイロンを使い分けながら仕上げているので、あまり手仕上げにこだわらないほうがいいクリーニング屋さんを探しやすいのかな?と思います。


で、今日の本題。(笑)

新しくご利用されているお客様と、今日じっくりとお話をしました。
ご主人が、クリーニングにこだわっている、と。
服もこだわっているんですが、ご主人がいつもこうおっしゃるんだそうです。

服はクリーニングすると長持ちする。
でも、クリーニング屋によって、その長さは変わる。

ご主人、バーバリーのコートを15年も着用されていたとか。
バーバリーの本店にそのコートを着ていって、これ15年も着ているんですよ、といったら驚かれたんだそうです。

以前ご利用のクリーニング屋さんがいいところだったんでしょうね。
こういうお話を伺うと、そのクリーニング屋さんの良し悪しがよく分かります。

そう、服って長持ちするんですよ。
きちんとクリーニングをして、お手入れをすると、長持ちするんです。


二年や三年で着られなくなることなんてありません。
もっともっと、長く着ることができます。


たとえば。

10年、その服が着ることができたとしましょう。
すると何が変わるか?

買う服が変わるんです。
10年も服が持つのなら、着心地のいい服、デザインのいい服、ちょっと高めの素材のいい服を選ぶようになります。
買うときは多少高いかもしれませんが、結果的に10年も着用してしまうと、ぜんぜん安い買い物になるんですね。


そして、そういう服を買うようになると、服の修理ができるようになります。

安い服はコストカットのため、余裕無く作られています。
そのため、いざ修理しようとしても、出来ないことがあったりするのですが、いい服を買うと余裕があり修理しやすいというメリットが出てくるんです。


ウェストもつめるのはもちろん、逆に出すことも可能。
当店で一番多く出したのが21センチでした・・・・。
すごいでしょ・・・・、出るんですよ・・・・。

服はクリーニングすれば長持ちします。
でも、どこで洗うか?二よって、その年数は変わってきます。
また、洗うタイミングも重要。
シーズン終わりには必ず洗って仕舞うように心がけていただくとより長持ちしやすくなりますよ。

昔の人は、そのタイミングのことを、衣替え、と呼んでいました。

そう、衣替えは、今着る服を出すイベントではないんですね。
今着る服を出すのと同時に、今まで着ていた服をきれいにしてしまうイベントなんです。


ここ、大事ですよ。

衣替えはとても大事です。
洗ってしまいように、習慣付けてくださいね。

目指せ15年!です。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 集配と雨。 | トップページ | 関東地方の方は、冬物をクリーニングに出しちゃっていいみたいですよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服を長持ちさせるには?:

« 集配と雨。 | トップページ | 関東地方の方は、冬物をクリーニングに出しちゃっていいみたいですよ。 »