« うなされる。(笑) | トップページ | 服を長持ちさせるには? »

集配と雨。

当店では、雨の日に品物をお届けしないことがあります。

絶対必要というときはお届けしますが、もし、別の日でもかまわない、お急ぎでない、というときは日にちをずらしていただいて、晴れた日にお届けするようにしているんです。
それは、宅配便で発送するときも同じ。
なるべく、発送するこちら側の天気で雨がなく、お届けのときにお客様の地域で雨がないときを狙って、発送をしています。


何年か前は、週末ごとに雨の予報になり、2ヶ月ほど発送が遅れたことがありました。
冬のコートだったので、着るまで余裕があったので出来たんですね。


最近、品物をお預かりに行くときに、雨を気にされるお客様がいらっしゃいます。


雨が降っていますが、大丈夫ですか?と。

僕は、集荷のときは、お届けほど雨を気にしません。
どうしてか?


それは、お預かりとお届けでは、意味が違うからなんですね。

お届けのとき雨を嫌がるのは、湿気のせいです。
クリーニングから仕上がったものを届けするということは、冬物だったりすると仕舞うものだったりします。
お届けの際、雨が降っていたりすると、服が余計な水分を吸収してしまいます。
その水分が原因で、保管中に何かあってはまずいので、お届けするときは晴れたときの方が良いんです。

では、お預かりのときは?


預かるとき、雨を気にしないのは、これから洗うものだから。
持ち帰るときに、濡れないようにしていますし、多少湿気を含んだとしてもこれから洗うものなので問題はありません。
汚れを落として、乾燥をして、仕上げをするわけですからね。
びっしょりになるなら問題ですが、普通の雨で、濡れないようにお預かりしていくんですから、それくらいでは何の問題もないわけです。


しかし、お客様は雨がとても不安なんですね。
服がおかしくなってしまうんではないか?そう思っているような感じです。

もし、雨に濡れて服がおかしくなるなら、その服は不良品です。
買ったお店で、取り替えてもらいましょう。


着用していて、汗などをかくんです。
そもそも、服は水に対して耐性があります。
濡れてはいけない服があったとしたら、服として機能を果たさないんですよ。


洗濯表示を見てもらっても分かるように、家庭の洗濯機で洗える、手洗いで洗える、という表示がついています。
ということは、水でも洗える、ということ、水は平気ということなんですね。

僕らが、お届けのときに雨に気を使うので、濡れてはいけないんだと思ってしまったのかもしれません。
本当にすいません、理由は違うんです。


お届けのときだから、雨を気にしているのであって、お預かりのときはあまり雨は気になりません。

逆に雨の日は、外に出るのが大変でしょうから、遠慮なく僕らクリーニング屋さんを呼んでください。
喜んでお預かりに伺いますよ。
集配サービスは、そういうときに使ってもらうと良いと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« うなされる。(笑) | トップページ | 服を長持ちさせるには? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集配と雨。:

« うなされる。(笑) | トップページ | 服を長持ちさせるには? »