« 洗うと分かる品質。 | トップページ | 打ち上げ。 »

仕舞う時の環境って大事です。

五月らしからぬ暑さが続き、皆さんお疲れではないでしょうか?
僕らも、お店の中の暑さにまだ慣れていないので、ちょっと体がつらい。
ここから、徐々に体を慣らしていって、夏の暑さを乗り切るようになっていきます。

その前に、梅雨が来ますね。

一昔前の梅雨の時期は、少し肌寒かったんですね。


衣替えでクリーニングに出したものを、もう一度引っ張り出してきて着るようなことがよくありました。
しかし、ここ数年は、梅雨の時期は気温も高く、じめじめしがち。
一気に不快指数も上がって、夏に次ぐ厳しい季節となっています。


この時期、クリーニングから返って来た服や自分で洗った服などをしまいますよね。
みなさん、いろいろ注意しながらしまっていると思います。


虫に食われないように防虫剤を入れたり。
カビが生えないように除湿剤を入れたり。
余計な畳みジワが入らないように吊るしてしまったり。
丁寧にたたんでしまう方もいらっしゃると思います。


服をしまうとき、ちょっとだけ注意して欲しいことがあるんです。


それは、雨が降っている日には仕舞わない事。

雨が降っていると、どうしても湿気が多くなります。
そんな日にしまってしまうと、湿気も一緒にしまうことになってしまう。
クローゼットなど、場所によっては普段から空気の入れ替えがうまくいかないところもありますので、そんなところに不要な湿気を入れてしまうと、カビの生える原因を作りかねません。

特にここ数年の梅雨時期の高温はかなり問題なんですね。


湿度というのは相対湿度といわれていまして、気温との密接な関係のある数値となっています。
気温が上がると湿度は下がり、気温が下がると湿度が下がる。


気温が高く湿度が高い日の空気は、大量の水分を保有しているんです。
その空気が冷やされると、空気中に保有できる水分量が減ってしまい、結露してしまうんですね。

梅雨時期の雨の降った気温の高い日に、衣類をしまうと、その後気温が下がったときに結露を起こし、カビが生えてしまう、というわけです。


ですから、衣類をしまうときは、晴れた日に、が鉄則。


今日は雨でお出かけできないあkら、服の入れ替えをしましょうね、というのはちょっと待って!
そんな日はあえてほかの事をしましょう。
服をしまうのは晴れた日に一気にやると良いですよ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 洗うと分かる品質。 | トップページ | 打ち上げ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕舞う時の環境って大事です。:

« 洗うと分かる品質。 | トップページ | 打ち上げ。 »