« 突然の訃報。 | トップページ | シワをとるのも、伸ばすのも、整えるのも、自由自在。 »

門前の小僧。(笑)

今日は作業着が山ほどありました。
朝から夜までずっと作業着。
今年は暑くなるのが早いですよね、たぶんそのせいで着替えるタイミングが早くなっているんだと思います。
いつもの倍くらい、出ていますから。


作業着のクリーニングって、どんなイメージでしょうか?


おおきな洗濯機でガラガラ洗っているイメージ?
近いものはあるんですが、意外と作業着のクリーニングは繊細。
汚れの質がみんな違うので、そのときの汚れにあわせて、洗剤を変えたり洗浄方法を変えたりします。

さらに、うちでは作業着は手仕上げ。


機械仕上げをしているクリーニング屋さんもありますが、作業着はポケットがいろんなところについていて、機械での仕上げには無理があるんです。
どうせ汚れるものだし、人に見せるものでもないし・・・・・、なんて考えている日といらっしゃるでしょうか。


いやいや、今は工事現場も変わってきていて、施主さんが見に来ていたり作業着といえども身だしなみは大事になってきています。


人に見られる、と思うとこちらも丁寧な仕事をしなければ、と手仕上げになる、ということです。


そんな作業着の仕上げが夕方終わり、やっと普段どおりのワイシャツの仕上げを始めたころに、子供たちがご飯だよといってきました。
嫁さんがクリーニング学校に通っているので、最近晩御飯の準備は子供たちのお仕事。
準備が整うと呼びにきてくれるんです。


今日は三男が呼びに着てくれました。

まだ仕上げが残っていて、食べにいけない僕の横で、じーっと仕上げを見ています。
あっという間に仕上がるyシャツ。(笑)
三男にとっては、すごい光景なんでしょうね。


お父さん、すごい!


初めて褒められました。(笑)
三男は、見て覚えるタイプらしく、またいろいろ質問をしてくる子なんです。


何でボタンのほうを先に掛けるの?


なんで、穴のほうを後に掛けるの?


裏側は掛けないの?

質問攻めです。(笑)
仕上げをしながら、三男の質問に答える僕。
こうして、なんとなくクリーニングの仕事というものを覚えていっちゃうんですよね。
先日のアイロンがけの話ではありませんが、こうしてみていることで、目で、耳で、体に覚えこませていってしまうんです。


門前の小僧というのはこういうものなんでしょう。

どうも手伝いたい様子の三男。
といっても、今子供に手伝ってもらうような仕事はありません。
アイロンを掛けるのは無理ですし・・・・・と思っていると、ひとつだけありました。
ワイシャツの襟に紙を入れるんですが、それをやってもうことに。


襟が寝ないように、厚紙を入れているんですね。


でも襟ってとても大事な場所なんですよ。
僕らも一度仕上げたら、あまり触らない場所なんです。
べたに触っているとシワがついてしまって仕上げなおしになるから。

もし、三男が下手こいたら、もう一度仕上げなおしなんです。


もう、どきどき。

でも、三男はもっとドキドキ。(笑)
呼吸が急に荒くなって、はーふーはーふーいいながら、慎重に紙を入れていきます。
子供心に分かるんでしょうね、これは仕事であり、大事なモノだって。

無事に入れられた後の、自慢げな顔。(笑)
うれしかったんだろうなあ。


僕が子供のときは、仕上がったワイシャツを包装していました。
子供のころからやっていたので、今でも早いんですよ。(笑)
これから三男も、どんどん手伝うんでしょうか。
それとも嫌がるようになるかな?


やってもやらなくても、体がクリーニングを覚えていくでしょう。
将来がちょっとだけ、楽しみかなあ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 突然の訃報。 | トップページ | シワをとるのも、伸ばすのも、整えるのも、自由自在。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門前の小僧。(笑):

« 突然の訃報。 | トップページ | シワをとるのも、伸ばすのも、整えるのも、自由自在。 »