« 粉末洗剤と液体洗剤、落ちが違うのはなぜ? | トップページ | 正しい情報が必要なわけ。 »

アイロンの持ち方の研究。

僕、どうも右手の手首が外れるらしいんですよね。


自分では自覚はありませんが、接骨院へ行くと、ポキッと手首をはめられます。
先生いわく、右手があらぬ方向へ向いている、と。
どうやらアイロンに問題がありそうです。


先生と話をしていて、アイロンの握り方にそもそも無理があるんじゃないか?という話になりました。
確かに振り返ってみると、握り方もそうですし、アイロンの使い方もそう。
結構、普通ではありえないような動きをしていると思います。


そんな中、院長先生からこんなお話しを聞きました。

はさみの持ち方って知ってる?

皆さんは、はさみの持ち方を知っていますか?
僕は、残念ながらこの年まで正しいはさみの持ち方を知りませんでした。
正しいはさみの持ち方をすると、びっくりするほどはさみが安定して、切りやすくなるんですよ。

これ、知ったら、絶対一度もってみたくなりますので、皆さんはさみのご用意を。(笑)


はさみの正しい持ち方

びっくりでしょう?
病院や床屋さん、美容師さんなどは正しい持ち方をしているようですね。


この話を聞いて、アイロンの持ち方を研究してみたら?と院長先生にアドバイスをいただきました。


何気なく使っていて当たり前に握っていたアイロン。
いろいろと考えて試行錯誤しながら握り方を変えています。


やはり慣れないので、どの握り方をしても、違和感しかありません。
でも、どれか手にあってる握り方があるはずだ、と試行錯誤すること三日。

新しい形に慣れてきたな、と思ったら、なんとアイロンの速さが速くなったんです。
これには自分でもびっくり。
業務用のアイロンはとても重いのですが、重さもそれほど感じず、動きも割りと軽快。
まだちょっと使い慣れていませんが、少し様子を見てみることにしました。


これで、体のほかのところに問題が出なければオッケー。
今日、治療をしてもらいにいったところ、右の腰のしたあたりが出っ張ってきている、と。
その辺、痛かったんです。


握り方を変えたのでおかしくなったのか、いつものように悪くなったのか。
もう少しやってみないとわかりませんね。

なれない動きで、全身の動きも少し変わっている自覚もあるので、一度体を慣らしてみないとなんともいえないなあ・・・・。


親父たちの世代の人は、みんなアイロンをずっと掛けてきたせいで、体が独特な形をしているんですよ。
首が落ちてる人、右腕に痛みを感じている人、僕も左よりも右のほうが肩から腕が大きいらしいですよ。
若いうちはいいですけどね、年をとったときに怪我につながらないように今から研究をしておかないと。


最後は、アイロンの形自体を変えてみたら?と院長が。
そういう研究も面白そうです。


まだまだ、やれることはありそうな気がします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 粉末洗剤と液体洗剤、落ちが違うのはなぜ? | トップページ | 正しい情報が必要なわけ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイロンの持ち方の研究。:

« 粉末洗剤と液体洗剤、落ちが違うのはなぜ? | トップページ | 正しい情報が必要なわけ。 »