« 新しい洗濯絵表示とJAPANブランド。 その1 | トップページ | 信用がない。(; ̄ェ ̄) »

新しい洗濯絵表示とJAPANブランド。 その2

昨日の話しの続きです。


洗濯絵表示が来年変わります。


今回の改正で、かなりアパレルさんに厳し目の改正となるようなことが分かったときに、若干の不安がよぎりました。
それは、きちんとテストをするのかな?という事と、表示どおりでは洗えません、とつけてくるんではないかな?という事でした。

順を追って説明しますね。


今回の改正では、単に絵表示が変わるだけでなく、絵表示をつけるためのテストの内容も結構違うものになっています。
つまり、今までドライクリーニングが出来る、という表示がついていたとしても、そのまま新しい表示でドライクリーニングが出来る、という表示をつけるわけには行かないんです。


テスト内容が違いますからね。
やはりちゃんとテストをしなければつけることが出来ません。


しかし、今までのことを考えると、ルールはルールだけど・・・・・、とやる業者が出てくるんじゃないのかな?という思いがどうしても頭をよぎります。
そう、いままでも、絵表示を適当につけていた業者、結構いたんですよ。


よくある話が、水洗いできるのに、ドライクリーニングを指定するとか。

本来、洗えるか洗えないか、の表示であるはずなのに、洗えるのに洗えないという表示をつけている服って結構あるんです。
汚れによって、洗い方を変えていると、しばしばこの問題に直面します。
そして、メーカーに電話。
返ってくる答えは、それで水洗いできない表示をつけるなよ、というものばかり。

ルールもへったくれもありません。

そんな思いをしてきているので、若干疑いの目で見てしまう自分がいます。


もうひとつ、もしテストで洗えないという結果が出たら、どうするのか?と思うんですね。
結構厳し目の今回のテスト内容、僕らクリーニング屋さんでも、ここまで激しく洗いません、というような内容でテストをしています。
すると、品物によっては、洗えるという表示がつけられないケースも出てくるんです。

そのとき、アパレルはどうするのか?


洗えないものは洗えないんだから、表示の範囲では洗えないということで、洗えないとつけるのか。


洗えるように商品を作り変えるように研究するのか?


どちらなのか。
今までのアパレルの歴史を考えると、後者は無いんです。

服と言うものは、着用して、洗って、また着用する。
このサイクルを繰り返すように出来ています。
つまり、洗って再生できなければいけないって事なんですね。

すると、この考えで行くと、商品の企画の段階で、洗えるように考えて作られなければいけない、ということになります。
ところが、実際は、というと、洗えないように作られている商品が非常に多い。


何でここにこんな余計なものがついているんだ?というもの。
ここにこれを使わなければ、普通に洗えるのに、というもの。
思いっきり汗がつくのに、水洗いできないっておかしいよ、というもの。


こういう商品が本当に多かったんです。
つまり、洗えるように作られていなかった、ということなんですね。

そう考えてみると、新しい洗濯表示に変わっても、洗えないと平気でつけてくるんではないか?とどうしても勘繰ってしまいます。

そこに、一筋の光明が出てきました。

今回の洗濯絵表示の改正、かなり深くまで突っ込んで作り直されているようなんですね。


新しい洗濯絵表示をつけるための、テストの内容が書かれている文章の中に、こんなことが書かれているそうです。

なるべく洗えない、という商品は作らない、と。

洗えないと安易につけるな、ということらしいんですね。
これはとてもうれしい情報。
表示のルール内では洗えません、後はクリーニング屋さんが判断して洗ってください、こんな事がなくなるわけです。
僕らも安心して洗うことが出来ます。


さらに、もうひとつ突っ込んだ内容が。

品物によって、汚れ方が違うのだからそれを考慮して、作りなさい、と。

これ画期的なんですよ。
どういう事か、と言いますとね、汚れることを想定して、その汚れを落とせるように作りなさい、と言うことなんです。

たとえば、作業着とワイシャツでは汚れ方がぜんぜん違いますね。
同じように洗っていては、作業着はきれいになりません。
ワイシャツに比べ、作業着の汚れを落とすほうが力が必要なので、丈夫でなければいけないんです。

これを見越して、ワイシャツと作業着ではつくりを変えなさい、と言うことなんだと思います。


これをアパレルさんが守ってくれると、服のつくりがガラッと変わります。


企画の段階で、洗うことを想定して、作り上げていきます。
汚れ具合を想像し、その汚れを落とすために必要な洗浄力を考え、必要なだけの強度を服に持たせる。
すると、洗っても平気なよく出来た服が出来上がります。


これって、うまくいけば、アパレルとクリーニング屋のイノベーションになると思うんですよ。


今までの常識を覆す、世紀の発明になるんじゃないか、と思うんです。

汚れを想定して必要な強度を考える・・・・・、これってクリーニング屋さんと協力しないと分かりませんよね?
今まではクリーニング屋さんは、アパレルさんから、川向こうと言われていました。

企画、繊維、染色、縫製などは川上、川中、川下と呼んでいて、ひとつの流れの中にある、と。
それに対して、クリーニング屋さんは、川向こうなのだ、と。
流れの中にいない、と言われていたんです。


それが、今回の改正によって、同じ目的のために協力して製品を作っていけるのであれば、まさにイノベーションになると思います。

クリーニングにイノベーションを、と言う人がちょっと前からいて、その人たちの話に実はなんとなく違和感を覚えていたんです。
そういう人たちが決まっていうのは、クリーニングを必要としない服がイノベーションだ、と。

汚れをはじく、自動的にきれいになる、これらが搭載された服が出来れば、それがイノベーションだと言います。

僕は違うと思うんですね。
それは、一見便利そうだけど、体への負担がまったく考えられていない。

服が汚れないのは理想だけど、逆に服が汚れてくれないと困ることも沢山あるんですね。


汗をかいても服が吸ってくれなければ、体はとても不快感です。
汚れをはじくと言うことは、汗も吸いません。
服が体につく悪いものを吸収してくれて、僕らは快適に過ごせているわけです。

なら、本当のイノベーションとは何なのか?


汚れたものが安心安全にきれいにすることが出来る様になるのが一番だと思うんです。
その本来の機能の上で、着心地や風合い、おしゃれ感などを損なわずに作れたら、最高です。

今までは、何かを得るためには何かを捨てなければいけなかった。


水で洗えるスーツを作ると、デザインがいまいちだったら風合いがちょっとだったり。
安っぽく見えちゃうんですよね。
このように何かを得るためには、何かを捨てなければいけなかったんです。


もし、何も捨てないで、服本来の機能を持ちつつ、さらにおしゃれに出来たなら。
それは、新しいJAPANブランド、と言えるんじゃないか、と思うんですよ。


日本だから出来た技術、やはり日本だ、と世界に誇れる技術になるんではないか、と思います。

本当のイノベーションとは、突拍子も無いものではなく、本来の機能を備えつつ、さらに新しい一歩を踏み出すことではないか、と思うんです。


今回の新しい洗濯絵表示、中々厳しいことが多いですが、一つ一つ乗り越えて、いいきっかけになっていくことを願っています。

願わくば、本当にJAPANブランド、として、世界に発信できるような開発に発展して行ってくれるといいなあと思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。


|

« 新しい洗濯絵表示とJAPANブランド。 その1 | トップページ | 信用がない。(; ̄ェ ̄) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい洗濯絵表示とJAPANブランド。 その2:

« 新しい洗濯絵表示とJAPANブランド。 その1 | トップページ | 信用がない。(; ̄ェ ̄) »