« 豪雨で出れん! | トップページ | ちゃんぽん食べたか »

クリーニング屋さんが、にまにま。(笑)

クリーニング屋さんって職人っぽいじゃないですか。

染み抜きしたり、仕上げをしたり。
経験と知識を要求される仕事なので、職人っぽい人が確かに多いんです。


職人って結構気難しい人が多かったりします。
僕にもありますし、職人あるあるの話で、仕上げた品物を勝手に持っていかれるとダメなんです。(笑)

アイロンで仕上げた服を目の前に積んでいるんですよね。
で、仕上がった順に包装をしていけばいいんですが、それを途中でもっていかれると、何をするんだ?となるわけです。(笑)
本当はいいことなのにね。(笑)
頭では分かっていても、つい、なにするんだ?となってしまうのは面白いなあと思います。


それでも完全なる職人と言うよりは、営業や経営者とのハイブリッドなので、気難しいと言うよりも変わっている人が多いんでしょうね、クリーニング屋さんには。


実はクリーニング屋さんが、にまにまニヤけてしまう瞬間と言うのがあります。(笑)
どんなときか?

仕上げをしてきれいに仕上がったときなんですよ。

そりゃ、きれいに仕上げれば誰でもなるでしょう?
でもね、中々うまくはいかないんです。
最終的にはきれいに仕上げても、そこへ行くまでの苦労は服ごとにかなり違います。


要は、きちんとした服が結構ない、と言うことなんですよね。

きちんと作られた服ですと、仕上げていくと、きれいにシルエットが出来上がっていくんです。
すでに服が自分の形を知っているんですね。
僕らはそれの手伝いをしてあげればいい。

袖の形も自然な形でカーブしてるし、胸の辺りや方のところも、人間の形に沿っているし。
気持ちよく仕上がるんですね。


しかし、ちゃんと作られていない服だと、これがうまくいかないんですよ。


こことここはつながっているはずだろう?本来なら一直線になるものがなっていなかったり。
立体的というよりは捻じ曲がったような仕上がりで、アイロンを掛けうろシワになってしまうものだったり。
もう、手伝いと言うよりは何とかして言うことを聞かせてやろう、的な仕上げを延々してやっと着れる状態になってくれる、みたいな・・・・・・。


こういう品物を仕上げていると、だんだんいらいらしてくるんですよ。(笑)
まさに職人と言う感じで。(笑)
で、仕立てが悪いっ!と怒り出すんです。(笑)


怒っても仕方ないんですが、職人として、きちんと作っていないことが許せないんでしょう。


だから、いい品物がクリーニングに出ると、ご機嫌なんですよ、クリーニング屋さんは。(笑)
ニコニコしながら仕上げをしている。(笑)

クリーニング屋さんがご機嫌で仕上げているとしたら、いい品物を仕上げているときだと思います。(笑)
そんな場面を見たら、こっそりといい服なんだな、と温かい目で見てあげてください。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 豪雨で出れん! | トップページ | ちゃんぽん食べたか »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング屋さんが、にまにま。(笑):

« 豪雨で出れん! | トップページ | ちゃんぽん食べたか »