« 洗いが違うとこんなにも差が出る。 | トップページ | 頂き物。 »

ドライクリーニングのデマ。これは嘘ですよ。

ドライクリーニングって、かなり誤解を受けています。
特に最近は、スーツの取り扱いを説明しているサイトで、いろんな間違いを見かけます。

もうね、僕らクリーニング師が見たら、鼻で笑っちゃうような話ばかり。
何でそんな話になる?どこから仕入れてきたの?知ったかぶりをしてるでしょう?

そんな話ばかり。

クリーニング屋さんもね、そういう記事を見かけたら、見逃さないで訂正してあげればいいのに、と思います。
また、書く側も、もう少しきちんと調べてから書くようにすればいいのになあ、と。

先日見つけて何を言ってるんだ?と思ったのはこれでした。

ドライクリーニングには何種類かあって、品物によって使い分けている、と。

確かにドライクリーニングには種類があります。
その種類とは、洗う液体が違うんです。
僕らは、洗う液体の事を、溶剤、と呼びます。
汚れを溶かすために使う液体のことですね。
これに、種類があるんです。


万能タイプのものから、汚れに強力に効くもの、デリケートなものに特化しているもの、各々特徴があるんですね。
しかし、どれも一長一短があるんです。


もし、使い分けることが出来たら、確かにいいのかもしれません。
でも、実際はドライクリーニングの機械を複数所有しているクリーニング屋さんは、大手チェーン店だけです。
しかもかなり大きな。

どうしてか?


ひとつは、ドライクリーニングの機械、とても高いんですよ。
何台も買うなんて大変。
全部を満遍なく使えればいいんですが、どうしても品物は偏ります。
必要だけど、機械を買うと割高になってしまう、と言うことが起きてしまうんですね。


もうひとつ、機械を設置する場所がないんです。
地方へ行くと、個人のクリーニング屋さんでも広い工場でやっているところがありますが、やはり少数派。
その町の大手といわれるクリーニング屋さんでも、工場は狭かったりするので、ドライクリーニングの機械を複数所有するのは難しいんです。


デカいんですよ、ドライクリーニングの機械って。
簡単に入れることは出来ません。


では、扱いの違う品物をどうやって洗っているのか?


クリーニング屋さんは選んだ溶剤の種類にあった機械を一台所有しています。
それを使って、上手に洗っていくんです。
洗浄時間を変えたり、溶剤の温度を調節したりすることで、洗うのが難しい衣類を洗えるようにしています。
また、洗浄力をあげる為にドライクリーニング用の洗剤を開発したりして、洗浄力をあげているんです。


前にも書きましたが、ドライクリーニングでは汗の汚れは落ちません、とよく見かけますが、これもデマ。
このデマのひどいところは、クリーニング屋さんも言っている人がいるところなんですね。
もうね、自分が言ったことに責任を持ちなさいと説教したくなるくらい。


ドライクリーニングで汗が落ちないと言っている人たちは、ものすごく汗で汚れた服はドライクリーニングでは落ちません、と言ってるんです。
そりゃ、そこまで汗で汚れきった服は、水洗いのほうが適しています。
でも、普通に汚れている服ならドライクリーニングで十分きれいになります。


逆もいえるんですよ?


油汚れがついた服を水洗いするときに、少しなら十分水でも油汚れは落とすことが出来ます。
でも、油まみれになっている服だったら、ドライクリーニングで洗えば一発、です。


ドライクリーニングと水洗い、各々得意分野があるので、得意分野の汚れが大量についているときは、その効果を如何なく発揮しますが、普通のものならどちらでも落とすことが出来るものなんですよ。


クリーニングを、単なる感覚で、よく知りもしないでやっている仕事だと思われているのかなあ、とたまに思ったりします。
どの職業もそうですが、いまや科学的な根拠があって、いろいろ判った中で仕事をしていると思うんです。

何でかわからないけど、こうなんだよね、と言うことはほとんどありません。
新しい発見をしたときはありますが、すぐにその理由は解明されます。


どんな仕事もそうですけど、勉強は常にしていないとだめですし、長年の経験や勘も大事、さらにそれを補助する科学的な知識も大事、になってきているんだと思いますよ。

服が縮むのにも原理があります。
理屈があるんです。
汚れが落ちるのにも理屈があります。
これらをきちんと学んで、クリーニング師として働いているんですよ。


もし、疑問に思うことがあったら、クリーニング屋さんに聞いてみてください。
できれば、個人で経営されているお店で。
パートさんやアルバイトでは関っていると言うだけで、きちんとしたことを知らない人もいます。
クリーニング師の国家資格を持っている人なら、普通に答えてくれますから。


ネットの情報もね、せっかくいいものを作ろうとしているんだから、もっと調べてからやればいいのに。
似たようなサイトから引っ張ってきてよく考えもせずに載せるから間違いがどんどん広まって言っちゃうんですよね。


そんなの、ダメダメ~。
ちゃんとしたサイトが出てきてくれることを祈ってます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 洗いが違うとこんなにも差が出る。 | トップページ | 頂き物。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングのデマ。これは嘘ですよ。:

« 洗いが違うとこんなにも差が出る。 | トップページ | 頂き物。 »