« 夏休みの自由研究、クリーニングにしてみませんか? | トップページ | 涼しい。(笑) »

20年前を思い出す。

今年は終戦70年目ですか。
暑くて気温ばかりに目が行っていますが、テレビでそういっていたので思い出していました。

今から20年前、終戦50年目の年にバイクで九州一蹴をしていたんです。
ちょうど8月6日に、さだまさしさんが長崎で無料のコンサートを開いているので、それを見に行ったことがあります。


何で覚えているか?


無料のコンサートでしたから、前日から人が並んでいたんですね。
僕らもご他聞に漏れず、並ぼうと会場まで行くと、そこで二人の女の子に会いました。
で、意気投合して一緒に見ようと並んでいると、なんと台風が近づいていると言う予報が。
ここで一泊するのは危ない、としないまで移動して僕らは一泊したんです。
その子たちはどうしてもその場にいる、と残っていたんですよ。
無事に、一晩明かせたらしいですが、よく考えると怖い出来事で。

そして、当日、並んで待っている間に漫画を買って読んでいたら、数日前に酔った知覧の特攻隊の話が出ていたんです。

終戦50年目出、企画されていたんでしょうね。


じりじりと照りつけるお日様に、セミの声、暑いはずなのにどこか別世界にいるような変な感覚。
僕にとって意図しないで酔った知覧の資料館での出来事があまりにも強烈だったので、漫画だったとしても他人事とは思えなかったんだと思います。
さだまさしさんのコンサートも平和を願ってのものだったのもあるんでしょうね。

台風や近嵐の話や、平和のコンサートのことなどが鮮明に頭の中に残っているんです。

あのころに比べて、報道に上がる話は少なくなっているけど、ただつらい思いをしないようにとか、平和に、とか、あいまいな表現から少しだけ前に進んだような気がしています。
少ない中で、もっと考えよう、と言うメッセージを出す人が出てきているのがちょっとうれしかったり。


僕は、20代の前半、思いがけずに知覧の特攻資料館へ行くことが出来ました。
そこでの衝撃的な展示は、その後の僕の考えをがらりと変えてしまったといっても過言ではないと思います。


だらだらと過ごしていていいのか、と、強く思うようになっていきました。
そして、子供たちにも、いつか見せてあげたいなあと思うようになっていきました。


今長男が中学二年生。
あと数年すると、特攻でなくなった方たちの年齢と同じになります。
いつかは・・・・・、と言っていたのがその時期はもうすぐなんだなあと思うんです。


初めて見たとき、彼はどう思うのかな?
タイミングが悪いと架空の話のように捉えてしまわないだろうか?

いろんなことが頭をよぎりますが、信じて見せてみようと思います。


たぶん、大人と子供の狭間にいるといて悩んでいる時期がいいと思うんですけどね。
原爆資料館など、戦争を忘れないためのものも見せたいけど、僕は特攻資料館を見せたいと思います。


それは、過去の出来事をしり、今の自分を省みて、この人たちの分もがんばらなきゃと思わせてくれるからです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 夏休みの自由研究、クリーニングにしてみませんか? | トップページ | 涼しい。(笑) »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年前を思い出す。:

« 夏休みの自由研究、クリーニングにしてみませんか? | トップページ | 涼しい。(笑) »