« お弁当を宅配。 〜 劉記 | トップページ | 死ぬまでに一度は洗ってみたい繊維。 »

乾燥機で溶けているのは?

ここ一年ほど、気になるキーワードでやってくる方がいらっしゃいます。


ナイロンが乾燥機で溶ける。


もしくは、


ポリエステルが乾燥機で溶ける。


そんな事はないと思うんですが、検索される方がいると言うことは実際に起こっていることなんでしょうね。
考えられることは主に二つ。


ひとつは乾燥機の故障。
温度の管理がうまくいかず、高温にあがってしまっている可能性を疑います。
でもね、これって現実的ではないんですよ。
ポリエステルやナイロンってとても強い繊維なんです。
ナイロンやp利エステルにも種類があるので一概には言えませんが、およそ200度を超えないと溶け出しません。
こんな温度まで乾燥機が上がったら、溶ける前にとても危険。
ほぼありえないと思います。

では、現実的に考えるとどういうことなのか?

もしかして、プリントが溶けてませんかね?


これがもうひとつの可能性です。
ナイロン製品やポリエステル製品には、プリントされているものが多々あります。
このプリンtの、要は接着剤でつけられているので、熱に弱い。
乾燥機に耐えられるものもありますが、中には乾燥機で溶けてはがれてしまうことがあるんです。
はがれたプリントが絡まって服がくっついちゃうこともあるんですよ。


一番正解に近いのはこれなんじゃないのかなあ、と。


ここでもよく書きますが、素材だけで洗えるとは限らないと言うのはこういうことなんですね。
プリントや刺繍、ボタンやバックルなどの装飾品、洗ったり乾かしたりと言うのはそういうことをすべて含めておこなうので、たとえ生地が洗えても他の要因で洗えないということがよくあります。


もし、ポリエステルが溶けた、ナイロンが溶けた、と思った方は、プリントを疑ってもいいかもしれません。
もし、プリントがなくて、溶けた、と思ったのなら、その溶けたと言う現象をもう一度考え直してみてください。

本当に溶けているのか、乾燥する前と違う感じになったので溶けたと思い込んでいないか。
これもよくあるんですよ。


分からないときは、自分で判断せず、クリーニング屋さんへ相談しましょう。
それが一番正解に近くなります。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« お弁当を宅配。 〜 劉記 | トップページ | 死ぬまでに一度は洗ってみたい繊維。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

今、まさしくポリエステルを乾燥機にかけてしまって不安になっていました。タンブル乾燥禁止、と書かれているものを厚手のバスタオルと一緒に四時間も乾燥機に…別にしていて筈なのに紛れ込んでいたみたいで、私、ションボリしています。

赤ちゃんのよだれかけだったので、変質していないか心配でした。たまたま「ポリエステルは溶けない」という記事を見てすごく安心したのでコメントをさせて頂きました。プリントも溶けた形跡がないので、今回はセーフだったのかもしれません。

タンブル乾燥禁止、メーカーからしたらそう書けば保険になるかもしれませんが、消費者からしたら混入は日常茶飯事のこと。かけてしまったらどういう危険があるのかまで書いて貰えると慌てたり誤解をしなくて済むのに、とおもいます。でも難しいのでしょうね。

投稿: ナカガワ | 2016年5月17日 (火) 21時50分

追伸、表生地綿100、裏ポリエステル100、リブ綿100のよだれかけはなぜタンブル乾燥禁止なのだと思いますか?

投稿: ナカガワ | 2016年5月17日 (火) 22時15分

ナカガワさん、コメントありがとうございます。
明日のネタにさせていただきます。
少々お待ちくださいませ。

投稿: boribori | 2016年5月18日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾燥機で溶けているのは?:

« お弁当を宅配。 〜 劉記 | トップページ | 死ぬまでに一度は洗ってみたい繊維。 »