« ブログ、ようやく復活デス。 | トップページ | アイロンの重さ。 »

クリーニング屋がクリーニングの批判をするなよ。(。-_-。)

ありえない話なんですけどね。
クリーニング屋さんがクリーニング屋さんの批判をするんですよ。
下手すると、関連した業種もクリーニングの批判をしたりする。


これ、本当に嫌で嫌で。


あからさまに批判をする人もいるんですが、一番タチが悪いのは、良かれと思って気付かずにクリーニングの悪い噂をしてる人がいる事。
気付いてないから余計タチが悪いんですよね。


お客さんがクリーニングに不満を持ってる、それはいいんです。
僕らが真摯に受け止め、改善をしていけばいいんですから。


お客様は実際にご利用されて感じています。
中には本当におかしい事もあるでしょう。
また、お客様の誤解も当然あると思います。
クリーニングは未だに誤解を多くされていますから。


クリーニングの誤解、例えば、ドライクリーニングは汚れが落ちない、とか、クリーニングすると傷む、とか、そんなのがあるようです。
最初、なんでそんな根も葉もない誤解が広まるのか?不思議で仕方がなかったんです。


お客様が持ってるスーツの着数が極端に減っていたり、洗う頻度が少なくなっていたり、その分痛みの激しいスーツがクリーニングに出るようになっています。
着てる時は気付かずに、クリーニングから返ってきて改めてみるから誤解されちゃうのかな?とか思っていました。

それだけじゃないんですね。
クリーニング屋さんが、自分で言ってる。
本当にありえません。
クリーニング屋をやってるという事は、国家資格のクリーニング師を持ってるという事です。
それが、誤解を生むような発言をするなんて…。
信じられませんね。



洗うと傷むのでデリケートに洗ってます。


こんな事をいけしゃあしゃあと書いてるクリーニング屋さんがいます。
洗って傷むなら、なるべく洗わないよ。なんで、わざわざ傷むようなことをしなきゃならない?

これ、正直な消費者の声ですよ。
傷むなんて言われて、洗うやつはいません。
ドライクリーニングがどれだけそばとに洗えるか?一番知っているのはクリーニング屋さんなのに、わざわざ誤解を生むようなことを言う必要があるのか?本当に不思議です。



ドライクリーニングで汗は落ちません。


なら、クリーニングそのものが必要ないじゃないですか?
なんで、洗わなきゃいけないんですか?


クリーニング屋さん、自分で自分の仕事を貶してる。
本当は言いたいことが違うんですよ。
本当に言いたいのは多分こちら。


汗のたっぷりついた服は、水洗いの方が適しています。
クリーニング屋さんのウェットクリーニングを試してみませんか?


これが言いたいのに、ドライクリーニングでは汗が落ちない、と訳のわからないことを言う。
全く落ちないなら洗うことすら否定されてしまいますけど。


もうね、クリーニング屋さんが自分たちで、ネガティヴキャンペーンをしているのと同じです。


でも、自分たちは、宣伝だと思ってる。
本当にタチが悪い。



こうした誤解を生むような発信は、消費者に不利益をもたらしてしまうんです。
洗うと傷む、ドライクリーニングでは綺麗にならない、こんな間違った話を信じてしまうと、どんなものも洗わなくなります。

ともすれば、自分で洗った方が綺麗になるわ、となんでも自分であらう。
洗えるものもありますが、自分で洗ってしまうとおかしくなるものも。


今、みなさんばれてないと思ってるでしょうが、僕らはちゃんと見てるんです。


大きなシワこそないけど、細かいシワが入った服を着てる人がたくさんいるって。


せっかくのいい服がみすぼらしく見えてしまうんですが、着てる人はばれてないと思うんですよね。
いやいや、しっかりと周りの人は見てますから。



今までなら、クリーニング屋さんに出そう、と任してもらっていたものが、間違った情報で利用されなくなる。
その結果、恥ずかしい思いをお客様がするようになってしまう。


これはダメですよ。
ましてや、この結果に対する原因の一つが、クリーニング屋さんだなんて。
プロとしてやっちゃいけない。



プロがどんどん情報発信をするべき時代です。
でも、間違った情報を乗せるくらいなら書くなっ!
それは絶対やっちゃダメっ!

|

« ブログ、ようやく復活デス。 | トップページ | アイロンの重さ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング屋がクリーニングの批判をするなよ。(。-_-。):

« ブログ、ようやく復活デス。 | トップページ | アイロンの重さ。 »