« 礼服をクリーニングに出してから必要になったらどうしよう? | トップページ | 制服ってすげえなっ! »

服の勉強。

服の勉強って色入りありますね。


生地やデザイン、コーディネート、ブランドまで。
服を作る勉強なんかもあります。

でも、中々、洗う、と言う視点で勉強をされる方は少ないと思うんです。
洗う、と言う視点で勉強をすると、とても面白いですよ。
だって、一番現実的で、今すぐに生活に活用できるんですから。


洗うとことを勉強するんじゃないんですね。
洗う、と言う視点から服のことを勉強する。
すると、同じことなのに、見えてくることが変わってくるんです。



例えば、洗うと言う視点で勉強をすると、服の素材の勉強をします。
単なる素材よ勉強ではなく、強さや弱さ、どんな形だから暖かいとか、さわり心地がいいとかまでわかる。
さらに、そこから、それがどう着用時に影響が出るか?までわかるようになります。


みなさん、一度は経験ありませんか?
いいものと思って買ったのに、良くなかったなあってことが。

洗う、と言う視点から服を勉強するとこういうことが無くなるんですよ。
買う前にわかりますから。

洗う、と言うことを考えて勉強しようとすると、服自体のいろんなことを学ばなければいけないんですね。


繊維のことや生地のこと、汚れ方や、服の強度、組み合わせの悪いもの、着ていて気持ちのいいもの、こんなことを総合的に勉強するようになります。



むちゃくちゃ、生活に密着した、すぐ使える知識だと思いませんか?


では、どこでその勉強をするか?
これがねえ、中々ないんですよ。
そんは本も売ってるの見たことありません。
洗濯本はありますよね?
でも、あれは洗い方を簡易的に説明したもので、どうしてそうなのか?と言う説明までは入らない。
だから、時に、書いてあるようにしても失敗をしてしまうんです。
本が悪いわけではなく、本来、その服に合わせて洗い方を選ぶものですから、洗い方から入ると適さないケースも出てくる、と言うだけのこと。


じゃあ、どこで勉強するか?


クリーニング屋さんで聞くんですよ。
この手の知識はクリーニング屋さんが1番です。
クリーニング屋さんで聞くメリットは、単なる知識だけでなく、その時期の流行や問題点などを知っているからなんです。


最近、このブランドのこの服がおかしいんだよね。


洗ってるとよくわかります。
こんな話、服を毎日洗ってないと分からない話です。
アパレルさんには、クレームがいかないと分からない話。
でも、ほとんどの方が、諦めてクレームを言わないのでメーカーのものさんが気付かないこともよくあります。

そんな話も含めて、クリーニング屋さんには色んな話が詰まってる。
聞き出さない手はありませんよ。


もし、 服にご興味があって、勉強したいなあと思うなら、クリーニング屋さんでもお話を聞いてみてください。
絶対、いい経験になるはずです。

|

« 礼服をクリーニングに出してから必要になったらどうしよう? | トップページ | 制服ってすげえなっ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服の勉強。:

« 礼服をクリーニングに出してから必要になったらどうしよう? | トップページ | 制服ってすげえなっ! »