« 焼きそばがまけちゃう青海苔。(笑) | トップページ | 急がなくていい理由は? »

服を汚さないためには、陽気にあった服装が大事ですよ。

今日はびっくりしましたね。
12月に入ってまさかの20度越え。
東京は24度を記録したらしいです。
半袖でもいけるような陽気に、異常気象という言葉が頭の中をチラッと覗きました。(笑)


みなさん、天気予報はチェックされてるのかな?



そんな心配をするほど、今日の服装はバラバラ。
暑くなる、という予報なのに、分厚いコートを着て歩く人がたくさんいらっしゃいましたね。

かと思うと、半袖でランニングしてるお年を召した方が…。
今日に限ってはこっちの方が正しい服装です。


その日着ていくものを、みなさんおしゃれだけで決めていませんか?
服には、体温を調節する大事な役割があります。
その日にあった服装をすることはとても大事なんです。


あまり聞きなれない言葉ですが、衣服内気候、というものがあります。
服の中の気候がどんな状態か?という話で、湿度や温度など適切なものがほぼきまっています。


あまり暑すぎてもダメだし、湿気があってもダメなんですよ。


無風状態で湿度が55%くらい、気温が31度で、裸でちょうどいい気候らしいです。
服の中がこれに近い状態に出来れば、汗もたいしてかかず、快適に過ごせるようになります。


クリーニング屋さん的には、陽気にあった格好をしないと服が汚れるなあ、と思うんですね。


汗を大量にかけば汚れます。
濡れた生地に埃がついて目の中に入り込みます。
体の皮脂も服につきます。

いいことは少ないんですよ。


体もそもそも辛いですしね。



みなさん、天気予報は必ずチェックしましょう。
季節はいがいと日々変化しています。
風が吹いたり、雨が降ったり、気温が高かったり低かったり。
いろんな条件で着るものも変わりますからせひチェックしてくださいね。

|

« 焼きそばがまけちゃう青海苔。(笑) | トップページ | 急がなくていい理由は? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服を汚さないためには、陽気にあった服装が大事ですよ。:

« 焼きそばがまけちゃう青海苔。(笑) | トップページ | 急がなくていい理由は? »