« お見舞いに。 | トップページ | 2016年のカレンダー、まだですか? »

プロが必要な理由。

クリーニング屋はなくなるんじゃないか?


そんな話が出る事があります。
新しい洗剤ができ、洗濯機も自動化され、ほとんどのものが洗えるようになると、クリーニング屋をわざわざ利用する事はなくなるんじゃないか?
もし、利用する事があったとしても、代行業として、忙しくて自分で洗えない人の代わりにやるくりいじゃないか、そんな話が出る事があるんです。


クリーニングだけに言える話ではなくて、たぶんどんな業種にも言える事だと思うんですよね。

今、家庭で簡単に言うできるものが増えてきてます。
そうすると、いままであったお店などはひつようなくなるんじゃないか?そんな危機感があるんです。



プロが必要な理由。


それは、やはり専門的な知識を持ってるという事だと思うんです。
簡単にできるようになる、とは言っても、作業として簡略化してるだけで、細かな理由は誰も知らないままでする事がほとんどです。
すると、その作業に合わないものも出てくる事があるわけですね。

理屈や理由を知っていれば、合わせて作業を変えたり、やり方を変えれば済むんです。
でも、理屈や理由を知らないと、対応する事ができなくなる。


イレギュラーはどんなものにも存在します。
それに合わせられるのはやはり適切な知識と経験を持つ、プロなんですよね。


また、そもそも、どれが合っていて、どれが合っていないか、その判断すらないつかないというケースもあります。


この洗剤で洗えるのかなあ?

この洗濯機にお任せで洗えるのかなあ?


この判断そのものがつかない事もあるわけです。
こんな所もプロは適切に判断します。

だてに国家資格をもってないわけですね。


もう一つ、プロが必要なのには理由があると思うんです。


それは、プロの見地から適切なアドバイス、処理方法を提案する、と言うもの。


みなさん、簡単に済ませたい、と思うんです。
ちゃっちゃとやって欲しいとか、簡単でいいよ、とか、こんな感じでいいでしょ、みたいに。

でも、汚れの具合や、生地の強度から見て、必要な物ってあるんですね。


こうしておかないと危険ですよ!
正しい知識を持っているからこそ、正しい取り扱いを知っているので、それを伝える義務がプロにはあります。

簡単に済ませたい、のは僕らも同じです。
理想は、買って着て、メンテナンスフリーでそのまま着続けられるのが楽チン。
でも、そんなのあるわきゃないんですね。

きたらどうしても汚れるわけですよ。

で、みなさん、洗うのをためらい、タイミグがどんどん遅れて行って服がダメージを負っていくわけです。


また、間違った情報が多く出回っているという事もあります。


洗いすぎると傷むとか、洗ってはいけないとか。
そんな言葉に惑わされてる人がたくさん。
その人達に、正しい情報を伝えていくのはプロの仕事。
プロならでは、ですよね。



どんな仕事も奥が深いじゃないですか。


専門でやってると、ものすごい細かい理由でいろんな事をやっている。
はたから見れば簡単な作業にも、深い理由があってしていて、それはとても大事な事も多くあります。


家庭の家事もおなじです。
奥さんたちは、家族のために、勉強し、手間を掛けて毎日家事をしているんです。

それと同じですよ。
一生懸命だからこそ、細かい奥の深い理由があってやってる。
自分の知らない事を、プロがやってくれるんですね。


だから、プロは必要なんです。
どんな職業でも、ですね。


責任も重大ですが、僕らプロにしかできない事をどんどん伝えていかないといけないなと思います。

|

« お見舞いに。 | トップページ | 2016年のカレンダー、まだですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロが必要な理由。:

« お見舞いに。 | トップページ | 2016年のカレンダー、まだですか? »