« 服への不満。 | トップページ | 服は糸が細くなると高くなる。 »

服の6つの法則。

みなさん、服にはちょっとしたご不満があるようで・・・・。

しわがつくのが嫌だ、汗を吸わないのが嫌だ、ぴたっとするのが嫌だ、毛玉ができるのは嫌だ。


他にもまだあることでしょう。
そして、ほとんどの人がこういいます。

品物が悪いからこうなるのよね、と。


実は服にはある法則があるんです。
これを覚えておくと、嫌なものを選ばずにすむようになりますし、品物にあわせた扱い方がわかるようになってきます。


法則1

糸が細くなるほど服は高くなる。

法則2

糸が細いと汚れやすくなる。

法則3

糸が細くなると修理も難しくなる

法則4

植物系の繊維は千切れやすく、動物系の繊維は丸まりやすく、化学繊維は強い。


法則5

糸の撚りが強いと硬い生地に。弱いと弱い生地に。


法則6

織り方がゆるいとシワになりにくく縮みやすい。織り方がきついとシワになりやすく縮みにくい。

こんな感じでしょうか。
これらが原因でこうなってしまうとか、ああなってしまうとか、あるんです。


一つ一つ説明をしていきましょうかね。

明日から。(爆)

お楽しみに。(笑)


| |

« 服への不満。 | トップページ | 服は糸が細くなると高くなる。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服の6つの法則。:

« 服への不満。 | トップページ | 服は糸が細くなると高くなる。 »