« 商売っ気ないなあ、と自分でも思う。 | トップページ | 冷え。 »

売れるのがいいのか、品質を守るのがいいのか。

先日、テレビを見ていたときのこと。
面白い取り組みがある、と言うことをやっていました。


縫製業とデザイナーをマッチングする。


当たり前の話っぽいのですが、今まではある程度のまとまった量を発注しなければならず、それなりにハードルが高かったんです。
それを、縫製業の人に少量でも発注できるようなマッチングサイトをつくり、橋渡しをしている人がいる、とやっていたんです。


個人が一点だけ作ってもらうことも可能とかで、結構面白そうなサイトでした。


アパレルにはアパレルさんの悩みがあります。
本当は企画してからすぐにでも商品化させたいんです。
でも、中々それが出来ないんですよね。
企画をして、デザインをして、いろんなところに発注をかけて、最速で出来上がっても3ヶ月、普通は半年以上かかってしまいます。

もし、これが、半月ほどで出来るとしたら?
アパレルさんには夢のようでしょうね。

毎年、その時期の流行というものは決まっているんですよ。
それにあわせて事前に準備をし、服を作っていくんですが、流行が変わってしまうことがたまに起こります。

今年はやるはずだったカラーが違ったり、デザインが違ったりするともう大変です。
作ってたものが売れなくなってしまいますから。
そういうときに、市場のニーズに合わせてすぐ作ることが出来る、ようになれば本当にうれしいと思うんですね。


マッチングサイトの運営者さんも、今後、ショップのオーナーさんがお客様の要望を聞き、デザインをして一週間ほどで製品化して売ることが出来れば、活性化していくんじゃないだろうか、と期待をしているようでした。

・・・・・・・、ちょっと待ってくれ。(笑)


クリーニング屋さんの立場から見ると、とても怖いんですよ。
早くできることはいい事だけど、それと製品の品質が守られているかは別問題。
どんなに早くても、最低限の品質だけは守って欲しいな、ともうわけです。
僕らのいうところの最低限の品質というのは、洗えるという事。

当たり前のように思うかもしれませんが、あまり製品を早く作ってもしまうとこの当たり前の洗えるという品質も、守られなくなってしまうんですよ。


今までは、製品での洗浄テストはしてきていません。
生地単体でテストをし、それで以上がなければ服にしても問題は無い、そういう判断で作られてきました。
この考え方なら、一週間で作っても何の問題も無いんです。


ところが、これだと問題がいくつも起きてるんですよね。
製品と生地は違うんですよ。
生地は洗えたとしても、製品にすると洗えないことはよくある話。
だから本当は、製品での洗浄テストをしてもらいたいなあ、といつも思っていました。


それが今度のJISの改正により、製品での洗浄テストが決まったんですね。
これで、ぐっと事故は減りますし、安全に洗えるようになります。


しかし、アパレルさんには大きな痛手でもあって・・・・。
コストがかかるし、製品として世に出すために工程がいくつか増えてしまいます。
けっかとして、迅速に商品化するのが難しくなってしまうわけです。


売る、活性化する、ということだけ見ると、すばやい商品化は必要でしょう。
お客様も自分の欲しいものがすぐさま商品になり、買い物が楽しくなるかもしれません。
でも、反面、安全はないがしろにされる可能性もあります。

今まで、時間やコストがかかることで、日本の品質を守ってきました。
それが、守られなくなってしまいます。
しかも、これに気づくのは相当後になってからになるかと・・・・。

昔のほうが品質よかったよね?なんていう会話をするようになってしまうかもしれませんね。


新しい可能性を模索するための、マッチングは僕も大賛成。
さらに品質を守れるように、工夫してくれるとうれしいなと思います。


|

« 商売っ気ないなあ、と自分でも思う。 | トップページ | 冷え。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れるのがいいのか、品質を守るのがいいのか。:

« 商売っ気ないなあ、と自分でも思う。 | トップページ | 冷え。 »